HOMEアサーティブを深めたいみんなのアサーティブ日記率直に頼む > PTA役員会で気まずい雰囲気に...

みんなのアサーティブ日記

日々アサーティブに生きたいと願う人々による、リレー日記形式の「ちいさなつぶやき」「ささやかな実践記」です。「アサーティブネスっておもしろい!」「自分のことがだんだん好きになってきた」という「うふふ」なものから、「アサーティブに生きたい!のに、なぜかトホホな日々…私って変?」「もっとアサーティブにコミュニケートしたいな♪ と思っていたのに、おっと大失敗!」という「とほほ」な声まで、定期的に更新していきます。たまにはずっこけながら、それでも楽しんでアサーティブに生きていきたいあなたのためのコーナーです。どうぞお楽しみに!
過去の記事はこちらからどうぞ。

PTA役員会で気まずい雰囲気に...

カテゴリー:率直に頼む

2017.03.14

フレームトップ

私は息子が通う中学校でPTA役員(委員長)をやっている。

『あと少しで息子も卒業。3年経つのは早いな~』

と思いながら役員会に出席したところ、今回の議題は
"卒業式で先生方への謝辞を述べる父母代表決め"。

司会者が立候補者を募ったが、役員一同下を向き、教室内はしーんと静まり返り、気まずい雰囲気に。

そんななか校長先生が
「どなたでも結構ですが、今までは委員長が引き受けられることが多かったです」
とのお言葉。
その瞬間、みんなの視線が私に集中した。

うううう。場の雰囲気的に、私が引き受けなきゃいけない空気に...。
正直、どうしも気が進まない...
でもここでもめるのもいやだしなあ。
そもそも謝辞って絶対にやらないといけないの?

などと一瞬あれこれ悩んでしまったのだが、ここはアサーティブの使いどころ。
率直に校長先生に尋ねてみた。

「謝辞は絶対にやらないといけないものなんですか?」

すると意外にも
「いえいえ、謝辞ですから、こちらから強制するものではありませんよ。皆さんにお任せします」
という返事が返ってきた。

なーんだ。正直拍子抜けした。

毎年、卒業式のプログラムに入っていたから、やらなければならないと思っていたけど、『やらない』っていう選択肢もあるんだ。
訊いてみてはじめてわかった。

そこで思い切って提案してみることにした。

「今回は謝辞は行わず、各自でお世話になった先生方に挨拶をするのはいかがですか?」

すると校長先生も他の役員の方々もすんなり賛同してくれ、卒業式での謝辞は行わないことになった。良かった!


卒業式まであと少し。
子どもたちや先生方や保護者にとって、思い出に残る式となるようがんばろうと思う。
アイコン

フ
レームアンダー

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る