HOMEアサーティブを深めたいみんなのアサーティブ日記怒りの感情 > 絶対謝らせてやる!と思ったとき

みんなのアサーティブ日記

日々アサーティブに生きたいと願う人々による、リレー日記形式の「ちいさなつぶやき」「ささやかな実践記」です。「アサーティブネスっておもしろい!」「自分のことがだんだん好きになってきた」という「うふふ」なものから、「アサーティブに生きたい!のに、なぜかトホホな日々…私って変?」「もっとアサーティブにコミュニケートしたいな♪ と思っていたのに、おっと大失敗!」という「とほほ」な声まで、定期的に更新していきます。たまにはずっこけながら、それでも楽しんでアサーティブに生きていきたいあなたのためのコーナーです。どうぞお楽しみに!
過去の記事はこちらからどうぞ。

絶対謝らせてやる!と思ったとき

カテゴリー:怒りの感情

2017.06.16

フレームトップ

コンサートに行くため仕事帰りの彼と駅で待ち合わせていたんだけど、時間になってもなかなかこない!しかも電話もメールもなく開演時間が迫っている!

「一体どういうつもりなの!? ほんとに非常識なんだから!」
正直私はかなりイライラしていた。

その時、先に会場に入っていた友人から、彼が会場にいるとの連絡があった。

「ええええ!? なんで? どうして連絡しないの!」

頭の中は怒りでいっぱい。どうやって反省させてやろうか謝らせようかと考えをめぐらせながら会場に急いでいると、怒りは増幅するばかり。
雨の中ひとり坂道を登る私の怒りはどんどんエスカレートしてゆく。
... そのとき、ふとアサーティブのことを思いだした。

「あ。またやってるわ。私(苦笑)」

このまま話をするとぜったい険悪なけんかになってしまう。これはいつものパターン、もうくり返したくない。
過ぎてしまったことは変えられないよね。
でも「次からどうしてほしいのか」を落ち着いて、的を絞ってアサーティブに伝えることはできそうだ。

ひょっとしたら彼にも何か事情があったのかもしれない。仕事のことでいっぱいいっぱいで勘違いしたり、連絡のことがふっとんでいたのかもしれないし...彼だって完璧な人間ではない。彼にも間違う権利があるんだ。
などと相手の立場に思いを巡らせてみたら、だんだん落ち着いてきた。

会場に着く頃には、ドッカンの顔ではなく、かなりアサーティブな顔つきになっていたような気がする。

話してみると、案の定、彼は待合せ場所を勘違いしていたみたい。
じゃあ今後こんな行き違いをなくすためにはどうしたらいいか、コンサート後にご飯を食べながら話すことができた。

頭ごなしに責めなくてほんとに良かった。

アイコン

フ
レームアンダー

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る