HOMEアサーティブを深めたいみんなのアサーティブ日記 > 四つの柱

みんなのアサーティブ日記

日々アサーティブに生きたいと願う人々による、リレー日記形式の「ちいさなつぶやき」「ささやかな実践記」です。「アサーティブネスっておもしろい!」「自分のことがだんだん好きになってきた」という「うふふ」なものから、「アサーティブに生きたい!のに、なぜかトホホな日々…私って変?」「もっとアサーティブにコミュニケートしたいな♪ と思っていたのに、おっと大失敗!」という「とほほ」な声まで、定期的に更新していきます。たまにはずっこけながら、それでも楽しんでアサーティブに生きていきたいあなたのためのコーナーです。どうぞお楽しみに!
過去の記事はこちらからどうぞ。

不機嫌な部下にオロオロ

カテゴリー:四つの柱

2015.03.12

フレームトップ

1か月前に年上の女性の部下が他の部から異動してきた。
仕事は確実で早いのだが気分に波があるのが難点。

先日「このデータを今日中に集計するのをやってもらえますか?」
と頼んだら「無理なんですけど。忙しいんで」と不機嫌にばっさり断られた。

は〜・・・(ため息)。そんな言い方はないでしょうに・・・。

彼女の機嫌を損ねると今後いろいろやっかいだと思い「そうですか」とすごすご引き下がり、結局別のスタッフに依頼。

でもこのままじゃまずいよね。
気のせいか課内の雰囲気も微妙に悪化しているような・・・だって彼女だけ腫れ物に触るような特別扱いじゃあ、他のスタッフも不満に思うのも無理はない。

ここはひとつ、誠実に、率直に、アプローチしてみよう。
ええと、アサーティブアサーティブ・・・なんとかやり方を思い出しながら、腹を据える。

「忙しいのはわかる。でも今回はこの仕事のほうが重要なので優先してほしい。
仕事が早くて確実なあなただからこそ頼みたい。もし量的に難しいのであれば、どれくらいであればできるのか相談してほしい」

そんな内容を、率直に、まっすぐ目を見て真剣に話をした。

「えーそうなんですか。わかりました」とぶすっとしながらもと引き受けてくれた。
え? ちょっと驚いた。

まあ「ぶすっとしながら」という態度にはおおいに引っかかるが(笑)、とりあえず引き受けてくれたことには感謝。

アイコン

フ
レームアンダー

押し問答で険悪になったときのこと

カテゴリー:四つの柱

2014.03.13

フレームトップ

病院で看護師として働いています。

他部署のAさんに検査の依頼を回したところ、こちらはちゃんと伝えたはずなのに、実際に患者さんが検査に行ったら話が通っていなくて、患者さんをお待たせすることになってしまったんです。

その場でAさんとは「言ったはず」「聞いてない」の押し問答になってしまい、やや険悪なムードに...。

あとで冷静になって考えてみたら、わたしも忙しい中で伝えたので、相手にわかるように落ち着いて伝えられたかというと、正直自信のない部分もありました。

こんな状態では今後も患者さんに迷惑をかけてしまうので、もう一度Aさんと話し合うことにしました。

その話し合いで「あのときは私の伝え方がわかりにくかったのかもしれません」と最初に自分の非を認めたら、すごく気がラクになって、意地の張り合いではなく今後に向けての具体的な改善案を話すことができました。

何よりわだかまりがとけたことで、ずいぶんと気持ちが軽くなりました。自分の責任も認めてみるって、勇気がいるけど大事なことですね。

アイコン

フ
レームアンダー

長話は私のせい?

カテゴリー:四つの柱

2011.02.04

フレームトップ

朝の忙しい時間に限って、サークル仲間が電話をかけてくる。

お天気の話から、お隣近所のこと、ペットのことに、テレビドラマのこと、
知人の噂話ととどまることを知らない。

早く用件を言ってよ、と心の中で叫びながら、1時間も経ったころにやっと、
サークル活動の日時が変更になったことなど大切なことが伝えられる。

だから途中で切れないんだよなあ、大事なことは最後に言うから・・・と思ってきたが、
ある日アサーティブネス講座で教えてもらった自己責任と言う言葉で、ふっと気づいた。

私、相手の話にあわせていたけど、こちらからは、
今は忙しいとか、10分くらいの時間だったら聞けるよ、とか、
先に用件を聞きたい、とか言ってこなかったなあ。

次からは先にこちらから聞いてみよう。
「10分程度しか時間がないんだけど、用事はなあに?あなたの近況も心配だから、
その話は夜の8時過ぎだったらゆっくり聞けるわよ」

そうだ、私、彼女が辛い思いをしているのを知っているから、
話し相手にもなってあげたかったんだわ。
自分がしっかり落ち着いて、話を聞けるときを伝えるほうが誠実よね。

これからも仲良しでいられるように。

アイコン

フ
レームアンダー

同窓会が苦手

カテゴリー:四つの柱

2010.01.22

フレームトップ

もう20年近くも続いている、高校時代の同窓会。
なつかしい友だちにも会いたいしいろんな近況もききたいし、楽しみな気持ちももちろんあるけど・・でもここ1?2年は、同窓会のことを考えると、正直ちょっとだけブルーな気持ちになる。

同世代の女性たちが、やりがいのある仕事をして充実したアラフォー生活を楽しんでいる姿とか、結婚して子どももいて幸せいっぱいの姿とかを見ていると、なんだか妙に引け目を感じてしまうのだ。
(ちなみに私はアラフォーではありますが、シングルで子どもなしで特に素敵なパートナーがいるわけでもなく、仕事だって地味で不安定な身。もちろん経済的に余裕もないし、おしゃれにお金なんてかけられませ?ん!)

そんな私だもの。なんだかキラキラと輝いているように見える同窓会の彼女たちと一緒にいると、あとで妙に落ち込んでしまうのだ。(こんなことでへこむ自分も情けなかったりして?・・・)

きっと私は、結婚してるとかしてないとか、子どもいるとかいないとか、職業とか年収とか、そういうことで比較して自分で自分を「下」においているだけのことなんだ。人の属性だけを見て、人間の価値までを「下かも・・・」なんて決め付けているのは、他の誰でもない私自身。
そうなんだよなあ。わかっちゃいるけど・・・。

そこでふと、こんな心の声が聞こえてきた。
「おいおい。こんな私こそが、自分の味方になってあげなくてどーする!?」

・・・そうだよね。
どんなときでも自分が自分の味方でいなくちゃ、自分がかわいそすぎるではないか。

まずは「へこんでいる」自分に対して、やさしくしてあげることにした。どんな自分にでも、「よくがんばっているよ。それでOK!」と、敬意を持ったまなざしで。

今日は帰りに好きな花でも買って帰ろうかな。
そんなことを考えていたら、なんだか急に同窓会に参加したくなってきた。
不思議だけどほんとうの話。

アイコン

フ
レームアンダー

  1  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る