HOMEアサーティブを深めたいトレーナーブログ矢田早苗 > ふと顔をあげたときに見えたもの

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

ふと顔をあげたときに見えたもの

カテゴリー:矢田早苗

2014.07.17

フレームトップ
こんにちは、アサーティブジャパン専属講師の矢田早苗です。

みなさんは落ち込んだとき、どんなものから励まされ、力をもらっていますか?
友人や家族、ペットの存在に励まされることもあるでしょうし、スポーツ選手の頑張りをみて力をもらうこともあるかもしれません。

私は、意外と景色から励まされることが多くあります。
地面にめり込むほど落ち込んだとき、ふと顔をあげたその先に・・・きれいな富士山が。
そうすると、その雄大さにふっと肩の力が抜けるのです。もう少し、どーんと構えて、腹を据えてみようかなと。

また、前職では都内のお客さんのところへ訪問することが多かったのですが、お客さんに怒られたときなどは帰り道にしょんぼりしてしまい、とぼとぼと下を向いて歩くことがよくありました。そんなとき、ふと、交差点を曲がると、都心のビル群の中で、すっくと立っている東京タワーが・・・。その立ち姿に励まされ、背筋を伸ばしたことが何度もあります。

最近ではこんなこともありました。病気の母を沖縄旅行に連れて行った帰り道、リムジンバスの車窓から観覧車の夜景が見えました。母との旅行はきっとこれが最後。観覧車のきらめきが、最期まで自分らしく生きようとする母と重なり、涙がでてきました。そして、命には限りがあること、私には母の残り少ない時間を支えることしかできないということを、静かに決意させてくれました。

落ち込んだときに、一人で抱え込んでしまうとなかなかそのループから抜け出せなくなってしまうものです。そんなときほど周りの助けが必要です。自分に力を与えてくれる"人"や"物"のほかに"景色"というのも加えると、思わぬところであなたを励ましてくれるかもしれません。通勤電車の窓から見える景色でもよし、遠くにそびえる山でもよし、風雪に耐える樹木でもよし。意外とあなたの心にフィットする景色が身近にひそんでいるかもしれません。ぜひ探してみてください。

アイコン
フレームアンダー

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る