HOMEアサーティブを深めたいトレーナーブログ谷水美香 > 気になることは、自分の中にしまい込まずに言葉にしてみる

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

気になることは、自分の中にしまい込まずに言葉にしてみる

カテゴリー:谷水美香

2016.07.14

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の谷水美香です。

この4月からお料理教室に通い始めました。
料理の内容に興味があるのは当然ですが、そこで一緒に学ぶ人たちとのコミュニケーションもとても興味深いものがあります。

ある日のこと。後片付けの時間に、洗った食器を私が拭き、Aさんがそれを戸棚にしまう作業をしていた時のことです。

AさんがBさんに目配せし、食器を指して少し困った顔をされました。
それを、とっさに察知した私。

私:    「拭けてないですか?」
Aさん:(少し申し訳なさそうに)「私も以前小さな布巾を持って来ていたのだけど、どうやら間にあわないので、普通のタオルにしているの〜。コレ使う?」
私:    (明るく)「ありがとうございます。お借りします!」

どうやら私が拭いた食器は、拭きが足りなかったらしく、少し食器に拭きあとが残っていたようでした。私の持っている布巾が、水をあまり吸わない状態になっていたためでしたが、感覚の違いもあり、自分では許容範囲内でしたので、気にも止めていませんでした。(苦笑)

この一連の出来事で、ちょっとしたコミュニケーションについて考えました。

Aさんは、注意をすることになるのが言いにくかったようで、私から「拭けてないですか?」と声を掛けなかったら、この状況を知ることなく、私は同じことをこれ以後も繰り返していただろうと思います。
またAさんとBさんのやりとりを見てはいても、あの場で何もきかずに言葉をのみ込んでいたら、2人をなんだか嫌な雰囲気の人と決めつけていたかもしれません。

何か起きているけれど、「わからない」と思った時にすぐ、アサーティブに訊ねることができて良かったと思いました。

気になることは、自分の中にしまい込むのではなく外に出すこと。わからないことは訊ねること。何か違うな〜〜なんて思ったら率直に言語化することで、相手と対話ができ、その後の結果も全く違ってきます。

このことがあってから私は、薄い布巾ではなくタオルを食器拭き用に持参し、しっかり水滴を拭うことができていますし、人間関係にストレスを溜めることなく、楽しく教室に通っています。

日常のほんの些細なことから齟齬が生じ、それがストレスとなってしまうことは、このように身近なところにあります。
小さなストレスを積み重ねないためにも、率直に伝えるアサーティブなコミュニケーションは本当に役立つとしみじみ感じました。

アイコン
フレームアンダー

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る