HOMEアサーティブを深めたいトレーナーブログ谷水美香 > 『本当に伝えたいことは何か』を考える

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

『本当に伝えたいことは何か』を考える

カテゴリー:谷水美香

2017.03.27

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の谷水美香です。

アサーティブトレーニングの講師をしていると、常にコミュニケーションが完璧だと思われることがあります。
確かにアサーティブのことを知らない方より、「何をどう伝えるかなどの方法」や「相手に向き合う心の姿勢」は、意識し実践しようと努めてはいますが、人間ですので、「あれ?こんなはずではなかったのに・・・」と思うことも多々あります。

ある日のことです。
我が家では家事を分担していて、食器洗いはパートナーの担当なのですが、前日使用した食器やお鍋などが残ったままになっていたことがありました。私はお弁当を作らなければならず、時間がなくて急いでいたのため、洗っていない食器やお鍋が邪魔でうまく作業ができずイライラ・・・

その時、私がパートナーに言った言葉は
「なぁ~なぁ~~、これ洗ってないねんけど!嫌がらせぇ~?!」
でした。

言ってしまった後にハッとしましたが、たまたま遠くにいたパートナーには聞こえていなかったようで、ほっとしました。

そこで、落ち着いて、『本当に伝えたいことは何か・・・』と考えると、

「朝、キッチンを使おうとした時に、シンクに洗い物が残っている状態では作業がしにくくて困る。だから、次からは、朝6時までには食器等を洗って、シンクに物がない状態にしておいてもらいたい」

でした。

もちろんパートナーのほうにも食器洗いができなかった事情があったのかもしれない。
そのへんも事情も汲みながら話をしてみると、特にケンカになることなく、落ち着いてパートナーと話しあうことができました。

アサーティブを知っていて良かったのは、マズいと気付き、本当に伝えたいことを考えられること。
そして、どのように伝えればいいのかをわかっていることです。

講師といえども、このようにちょっとした失敗を繰り返しながらの毎日です。

この話を講座でした時に、参加者の方が帰り際に感想を話してくださいました。
「1回伝えて、マズかったと思ったら、もう1回伝えなおせばいいんですね。気持ちが楽になりました。」と。

大切なのは、お互いに話し合える関係性が保たれていること、話し合いの扉が開かれていることです。そのためには、伝える側のコミュニケーションの責任を忘れずにいることかと思います。
このように、行きつ戻りつしながら、何度もチャレンジする日々です。

自分にもストレスが溜まらないように、そして自分のコミュニケーションの取り方によって相手にもストレスをかけないことを最近はとても意識しています。

アイコン
フレームアンダー

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る