HOMEアサーティブを深めたいトレーナーブログ > 桜沢信江

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

自分を救うひとつの方法

カテゴリー:桜沢信江

2016.08.16

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の桜沢信江です。

実はここ数週間の間に、プライベートな場面で辛いことや悲しいことや悔しいことが立て続けにおき、正直結構凹んだ日がありました。

嫌な事や辛いことがあった時に「これはアサーティブチャンスだ」と思えてすぐに行動に移せる時もあれば、「いや、今回はまじめにまいった」と中々切り替えられずぐずぐずな時もあります、人間ですもの。今回は自分の不甲斐なさを痛感し後者の方でした。

でも私は、くずぐずしている自分を救う方法の一つとして「走る」という方法がある、と知っています。

落ちこむ時は誰にもあるし、その程度もその時によって様々。その都度どうやって自分らしさを取り戻していくか、その対処法を自分で知っていることは大切なこと。

私の場合は、普段は信頼できる誰かに話を聞いてもらって(相談して)また少しずつやってくかと思えることが多いのですが、正直話す気力さえもない時もあります。そんな時は、話す気力もないほど辛いんだなと自分の気持ちを誠実に認めてあげながら「瞑想ジョグ」へ出かけます。「とりあえず走ろうじゃないか」と自然と体が動きます。習慣ですね。

音楽も聞かず頭を真っ白にしてただ前を見て走り汗をかく。
たんたんと走っているだけなのに体温と同時に気持ちも徐々に上がっていくのが実感できるから不思議です。
前へ前へと進むことで無意識的に「過去の出来事に執着するよりも未来を見据えて行動していこう」と思えるのかもしれません。

私の場合、この瞑想ジョグがきっかけとなり、じゃあ今後どうしようか、諦めずにアサーティブに話し合っていくためにはどうしたらいいだろうか、など、徐々に前を向いて考えていけるようになっていくのです。

今回も瞑想ジョグがきっかけとなり、じっくり考え周囲にも相談した結果、まずは一人の方と、アサーティブな対話の一歩を踏み出すことができました。まだ全てが解決したわけではありません。が、凹みながらも少しずつでも行動に移せている自分にOKが出せています。

凹んだ時の自分に優しく出来る方法、自己信頼を取り戻すきっかけとなる方法を、自分なりに持っておくことの大切さを、今回改めて感じることができました。

アイコン
フレームアンダー

相手の態度がどうであれ

カテゴリー:桜沢信江

2016.03.23

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の桜沢信江です。

先日友人と二人で、お互いの誕生日を祝う会と称して、いつもより少しだけ高級なレストランで食事をしました。

「いらっしゃいませ」と迎えて下さった方は、おそらく20代後半~30代前半の女性、ところが彼女に笑顔はなく、ちょっと怖い感じ、真剣そのものという様相だったので、友人は席に着くなり私に「予約時間に遅れてないよね」と心配そうに話しかけてきました。

アサーティブを知らない頃の私なら「遅れてないよ、まったくもっと愛想よくしてほしいよね」と言っていたと思います。が、その時は「このレストラン少し高級だし失礼のないようにって緊張してるのかもよ、一生懸命なのかもしれないね」と笑って友人に話しました。友人も笑って頷いていました。

その後、又々真顔でオーダーを取りに来た彼女に、私たちは「どれも美味しそうで迷っています、お勧めは何ですか?あなたはどのメニューが好きですか?」と気軽に話しかけ、食べた後には「ほんと美味しいですね」と笑顔で話しかけていたところ、彼女の表情は徐々に和らぎ笑顔が見られるようになりました。

帰り際に「色々とアドバイスしてもらえたおかげで美味しくいただけました」と伝えると「そう言って下さると救われた思いです。まだまだ至らない所だらけで申し訳ございません。またのご来店を心よりお待ち申し上げております」と笑顔で応えてくれて。「その素敵な笑顔でこれからも頑張ってください」と伝え友人と満たされた気持ちで帰りました。

もちろん接客のプロとしてはどうなのか、という意見もあるでしょう。
それは承知の上で、今回は相手の態度がどうであれ「自分はどうしたいのか」に焦点を置き、対等な態度で率直に表現していくことで、相手に何かしらの変化がおこることもあることを友人と共有できた有意義な時間でした。

アイコン
フレームアンダー

医師と交わしたさわやかなコミュニケーション

カテゴリー:桜沢信江

2015.11.17

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の桜沢信江です。

先日、右目が飛蚊症(黒い線状の物がちらちら見える)かもしれないと軽い気持ちで眼科を受診しました。
すると検査で網膜に穴が開いている状態の網膜裂孔だと判明。すぐにレーザー手術で周囲を固める必要があるとのこと。

「え? これからすぐ手術ですか?」
「そうです、網膜剥離にならないために今すぐやります。1か月は激しい運動は控えてね」
「え! 実は10日後に夫と一緒にマラソン大会で走る予定があるんです。この日のために練習を積んできたので、どうしても参加したいんです。手術はマラソン後にできませんか」
と私は必死にお願いしました。

すると医師からこのような返答が。

「夫婦2人で走るの! それは楽しみだよね。何とか出場させてあげたい。でもね、手術の延期はできないよ、今日行うことは決定、これは譲れない。明日にでも網膜剥離になる可能性はあってそうなったら入院して手術でとても危険です、理解してもらえますか?」と。
 
「確かにそうですね、わかりました、手術は今日お願いします。ただ10日後の大会出場は絶対に無理なことでしょうか?」と聞きました。すると、

「1か月運動がだめという規定があるわけではない。だから1週間後に経過が良好かどうか確かめて大丈夫だったら私の判断でOKしましょう。但しこの1週間は絶対走っちゃだめ、大会に出られたとしても全力はだめ、途中で異変を感じたら棄権すること、約束できますか?」と。
「はい、約束します!」ということで即手術の運びとなりました。

私はこの時の医師との後味の良いコミュニケーションをとても嬉しく感じました。

医師は私の気持ちを尊重しきちんと受け止めてくれた上で、医師として今とるべき行動を明確に示して下さった。私は説得させられた感は全くなく、今回大会を諦めることになっても仕方ないと覚悟でき、納得した上で手術に臨むことができました。

患者は医師からこうして下さいと強く言われた場合、自分の気持ちを正直に言えず何も聞けず気持ちがざわついたまま過ごす時があると思います。もちろん役割上は専門知識をもって治療をする医師とそれに従う患者という上下関係はあります。

ただ、医師や患者である前に一人の人としてお互いを尊重し合った態度で誠実に率直に対話ができたなら、患者としては無理やり説得されたと沈むことなく、そういうことならと納得できる結果が得られるのだということを実感できた出来事でした。

お陰様で経過良好につき夫と二人ゆるゆると楽しみながら走れたマラソン大会。とても嬉しかったです。
素晴らしい医師との出会いに感謝します。

アイコン
フレームアンダー

「すみません」から「ありがとう」へ

カテゴリー:桜沢信江

2015.04.22

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の桜沢信江です。

同居をしていたとても元気だった義母(87歳)が昨年9月、突然この世を去りました。
「ピンコロ(ピンピンコロリ)で逝きたい」と常々話していた義母。
彼女の願いは叶えられましたが、残された家族はあまりにも突然すぎて暫く現実を受け入れられず深い悲しみに浸りました。

義母との同居期間は4年と短い期間でしたが、その間私は彼女から沢山のことを学びました。
中でも「人として対等に向き合う」ことの大切さ。
人間関係を築く上で本当に大切なことだと教わった気がします。

同居を始めて以来、私が仕事で出かけている間、義母は家族全員分の洗濯や掃除を自ら率先してやってくれていました。
それが同居中の嫁としてはとても申し訳なく思えて、「いつもすみません、すみません」と
「すみません」ばかりを繰り返していたある日、義母が私に言いました。

「そんなにすみませんって謝られると、何か悪い事をしてる気がするな。適度な運動になると思って好きでやってること、謝らなくていいよ」と。

責めるのではなく穏やかな口調で。
私の「すみません」の連発が義母を心苦しく思わせていたことに、その時初めて気づきました。

誠実に率直に、そして対等な姿勢で気持ちを言葉にしてくれた義母。

それ以降、私は「すみません」ではなく「いつもありがとうございます」と伝えることに決めました。

そうすると義母も今まで以上に張り切って色々取り組んでくれている感じがしたし、私も嫁だからと必要以上に自分を下に置くことなく徐々に同じ女性どうし対等な姿勢で接することができるようになった気がします。その結果、日々起こる様々な問題にも腹を割って話し合える関係性もできたように感じていました。

「すみません」を「ありがとうございます」に変えることで、対等な関係性への第一歩を踏み出していくことができる、これは義母から学んだ一番のアサーティブだと感謝しています。

義母が天国からいつも見守ってくれていることを感じながら、ありがとうございますの言葉を胸に、これからもアサーティブな日々を心がけていこうと思います。

アイコン
フレームアンダー

突然の批判を受けた時こそ、アサーティブチャンス

カテゴリー:桜沢信江

2014.10.17

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の桜沢信江です。

先日実家に立ち寄った時のことです。
突然何の前置きもなく83歳の元気な父から
「もう走るのはやめろ!自分が何歳かわかってるのか!」
と怒鳴られました。
「え?」...一瞬私の頭は真っ白に。
私はここ数年、年に1度のフルマラソン大会に出場することを楽しみに日々少しずつジョギングをしています。それを一方的にやめろとはどういうこと?と。

突然攻撃されたり批判されたりすると、何も言えずに落ち込むか、あるいは「倍返しだ!」とこちらも攻撃的になり言い争いになるというパターンが多いと思います。

私はどちらかというと「何も言えずに落ち込む」傾向が強かったのですが、なぜか父に対してだけは攻撃を攻撃で返すパターンで喧嘩になることが多かったので、昔の私なら「ほっといてよ!」と強く言い返していたと思います。
ですがこの時の私は、気持ちをクールダウンしつつ
「それはショックだなあ。理由があるなら教えてくれる?」
と落ち着いてきくことができました。

すると父は冷静さを取り戻し
「仕事もして体は大丈夫なのか。もう心配で心配でしょうがない」
とのこと。

あぁそうか。心配している気持ちをどう表現していいかわからなかったんだ。

私は、心配してくれて嬉しかったこと、ゆるく走ることは私のストレス発散法の1つだし若返りの秘訣でもあること、走ることを楽しんでいること、そして
「こういうこと、もっと早く話しておけばよかったね。ごめんね」
と伝えました。
すると
「そうか。じゃ、ちゃんと自己管理しながら走りなよ」
と穏やかに言った父。

突然の批判には一度受け止めた上で、疑問点は落ち着いてきいてみること。
その上で自分の伝えたいことはアサーティブに伝えること。
そうすることで相手との関係性にも何かしら良い変化が起こる。

この出来事を通じて、そんな大切なことを再認識させてくれた父に、感謝したいと思います。

アイコン
フレームアンダー
  1 / 2  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る