HOMEアサーティブを深めたい事務局ニュースアサーティブあれこれ > アサーティブジャパンのユニークな講座の数々をご紹介

事務局便り

イベントの告知や講座の報告など、事務局からの最新ニュースをお届けします。
過去の記事はこちらからどうぞ。

アサーティブジャパンのユニークな講座の数々をご紹介

カテゴリー:アサーティブあれこれ

2017.04.04

フレームトップ
4月になり、やっと春らしい陽気が訪れてきました。
ここ東京・国立(くにたち)も桜が見頃となっています。

新年度がスタートし、職場も学校も新しい体制になりますね。関係者の皆さんは今まさに大忙しのシーズンだと思います。

私たちアサーティブジャパン(AJ)も年度替わりとともにスタッフの一部が入れ替わり、新体制でのスタートとなります。
2017年度も皆さんにさまざまな形でアサーティブトレーニングをご提供していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

AJでは様々な立場、職業、年齢の皆さんにアサーティブをお伝えしていますが、今回はその中でもちょっとユニークな講座の一部をご紹介したいと思います。


「U29のためのアサーティブトレーニング」

DSCF9399.JPG

仕事やバイト先、サークル関係友人関係家族関係でのやりとりなど、20代の学生、社会人はコミュニケーションもいろいろ大変。

そこで、U29(アンダー29)世代の皆さんにアサーティブトレーニング。

この世代ならではのコミュニケーション上の課題を出し合い、仲間同士でわいわいとおしゃべりしながらアサーティブを学びました。

DSCF9405.JPG

↑「いや〜上手に断るのってむずかしい!」リアルにロールプレイ中。

最後はみんなで記念撮影。

DSCF9410.JPG

若い世代にこそ、どんどんアサーティブを活用して可能性を広げていってほしいものです。


「小児がん経験者のためのアサーティブ講座」

 小児がんを経験された皆さんが、就労時にぶつかるであろう様々な課題について、コミュニケーションでどう解決していけるかをテーマにアサーティブトレーニングを担当いたしました。

IMG_20170404_141420.jpg

たとえば、受診するために休みがほしいことを上司に伝える時。
病気の症状によって仕事中に配慮が必要なことを、具体的に伝える必要がある時。
「申し訳ない、迷惑をかける」という思いで、伝えたいことをついガマンしてしまう時。

自分のからだを大切にしながら仕事をしていくために、アサーティブなコミュニケーションが役に立ちます。

IMG_20170404_141529.jpg

病気を抱えながら仕事をす続けていくのは不安なものです。
しかし、アサーティブという伝え方の選択肢を持つことによって、少しずつ自信をもってまわりに協力を得られるようになります。


「アジア諸国の農村女性のためのアサーティブ」

アジア農協振興機関(IDACA)からのご依頼で、アサーティブトレーニングを担当しています。

225.JPG

参加者はインド、インドネシア、カンボジア、ミャンマー、タイ等から研修のため来日しているNGO、政府関係の女性管理者たち。

224.JPG

国は違ってもコミュニケーション上の悩みは意外と共通しているもの。

アジアの女性たちがもっと自分らしくリーダーシップをとっていけるように、アサーティブなコミュニケーションを学んでいただきました。
この講座については代表ブログ「アジアの女性リーダーとの時間」でも内容を紹介しております。



アサーティブジャパンでは、上記講座の他にも

「薬物依存症の家族のための講座」
「上司をうまく巻き込むアサーティブ研修」
「障がい当事者の就労に活かすアサーティブ」etc...

などなど、多様なテーマで皆さんのニーズに合ったアサーティブ講座をお届けしております。

また機会がありましたら随時ご紹介していきたいと思います。
今年度もどんな出会いがあるのか、ほんとうに楽しみです!



アイコン
フレームアンダー

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る