HOMEアサーティブを深めたい > 事務局ニュース

事務局便り

イベントの告知や講座の報告など、事務局からの最新ニュースをお届けします。
過去の記事はこちらからどうぞ。

ビジネスの現場に大変有効! 「1日ビジネススキルアップ講座」とは?

カテゴリー:お知らせ

2012.06.20

フレームトップ
アサーティブジャパンが提供するアサーティブトレーニングは、企業内研修や自治体の職員研修においても多数ご依頼をいただいております。

そう。アサーティブの考え方と方法論は、ビジネスの現場にとても有効なのです。

さて、どのような場面で?

・部下に対して感情的にならずに注意したいとき
・上司に対して建設的な提案をしたいときに
・同僚や他部署に対して率直に仕事を依頼したいときに
・価値観や意見が対立する場面で、冷静に反対意見を伝えるときに
・スタッフのモチベーションを下げずに指導したいときに

1日ビジネススキルアップ講座は、職場で起こりがちなさまざまな課題を取り上げ、アサーティブの基礎を1日で学べるように工夫したプログラムです。

アサーティブジャパン代表の森田汐生が講師を担当する数少ない講座の一つでもあります。
ぜひこの機会に講座への参加をご検討ください。


■1日ビジネススキルアップ講座(東京)

【※受講後は応用講座へお進みいただけます!】

場所: 女性就業支援センター(東京都港区)
時間: 2012年 8/3(金)9:30~18:30
対象: 職場におけるアサーティブを学びたい方
費用: 45,000円
定員: 16名
講師: 森田汐生(アサーティブジャパン代表理事)

講座内容の詳細はこちら

お申し込みはこちらからどうぞ


アイコン
フレームアンダー

子育てママたちへ! 【託児付き】アサーティブ講座へどうぞ

カテゴリー:イベント

2012.05.31

フレームトップ
ー 「0歳児の虐待予防&養育支援プロジェクト事業」のご案内 ー

このたびアサーティブジャパンでは、都内で子育て支援を精力的に行っている団体である『NPO法人ウィズアイ』主催の「0歳児の虐待予防&養育支援プロジェクト」事業に協力し、トレーニングプログラム提供をすることになりました。
都内(清瀬市)で子育て中の母親を対象に、託児付きアサーティブトレーニングを提供いたします。

0〜3歳の子育て中のママさんは、ぜひこの機会にアサーティブ(自分も相手も尊重するコミュニケーション)を体験してみませんか?
子育てママが「自分自身を本当に大切にする」時間を持つことで、子どもともっと笑顔で過ごせるはずです。

この講座は、独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業によるものです。
NPOウィズアイでは、この他にも「24 時間無休:緊急一時保育」や子育てネットワークの運営など多様な子育て支援を行っているNPOです。

この機会に、ぜひコンタクトをとってみてくださいね。

講座のチラシはこちら

講座のお申し込み先はNPOウィズアイのメールアドレスまでどうぞ。

お申し込み先はアサーティブジャパンではありませんのでご注意ください

主催団体のNPO法人ウィズアイのページはこちらです。

________________________

「子育てママの自分力アップ・気持ちを言葉にして伝えよう!」講座 

対象:0~3 歳未満の子どもを育てている母親 
実施場所:清瀬市男女共同参画センター
実施時間:9 時 45 分 ~ 12 時 15 分 (保育のお子さんは、昼食を持たせて下さい)
参加費:300 円(1 回につき)(※保育は無料)
定員:20 名      
お申し込みはウィズアイへ♪ with_eye@yahoo.co.jp
講師:NPO法人アサーティブジャパントレーナー

第 1 回:6 月 20 日(水)「自分のコミュニケーションを振り返ろう」
 ~コミュニケーションの"くせ"を知る~

第 2 回:6 月 27 日(水)「困っていることを頼んでみよう」
 ~言いにくいことを伝える方法を学ぶ~

第 3 回:7 月 4 日(水)「気持ちを伝える/NO と言って断ってみよう」
 ~ロールプレイで練習する~

第 4 回:7 月 11 日(水)「自分自身を大切にしよう」
 ~余裕を持って子育てするために~

アイコン
フレームアンダー

NHK・Eテレで高校生向けのアサーティブトレーニングが紹介されます。

カテゴリー:お知らせ

2012.05.22

フレームトップ

NHK・Eテレで高校生向けのアサーティブトレーニングが紹介されます。

番組名は「オトナへのトビラTV」

若者に人気のタレント:有吉 弘行さんが進行をする高校生を中心とした10代向けの番組です。

気になるテーマは...『きらわれない"本音術"』。

アサーティブジャパンが実際に現役高校・大学生に集まってもらい、アサーティブのミニセミナーを開催した様子が放映されます。

番組の解説によると...

『今回のテーマは言いづらいことをどう伝えるか。
言いづらいことをきちんと伝えるための、オトナのスキルや心構えを、身につけよう!
スタジオでは厳しい芸能界を生き抜いてきたMC有吉弘行さんの極意が聞ける...かも。』とのこと。
さてどうなりますか?放映日が楽しみです。

放映日時は下記のとおりです。
_________________å

NHK・Eテレ 
 5月24日(木)午後 7時25分~7時54分
【再放送】5月29日(火)午前 0時30分~0時59分(月曜深夜)
― 出演 ―
有吉 弘行 西川 瑞希


_________________

きらわれたくないけど、ホンネでいきたい!
大事な人間関係だからこそ、うそをつかずにつきあいたい。
そんな皆さんに、(年齢を問わず)おすすめいたします。
是非ご覧いただき、感想などお寄せくださいませ。

アイコン
フレームアンダー

被災地で生きる女性たち -釜石でアサーティブトレーニング開催しましたー

カテゴリー:講座の報告

2012.05.08

フレームトップ
さる4月25日・26日の二日間、岩手県釜石市教育センターにて「自分も相手も大切にするアサーティブコミュニケーション」が開催されました。

主催団体は、釜石市の仮設住宅を拠点に支援活動を展開している釜石ママハウス。アサーティブジャパンが被災地支援として全面協力し、トレーニングを提供いたしました。

kamaishi4.jpg
↑平田仮設住宅にある「釜石ママハウス」

最初にメールでご依頼をいただいたのち、お電話にて釜石の被災状況や、仮設住宅で暮らす子育て中のお母さんたちの現状についてお話をうかがい、やりとりを続けた結果、「ぜひ講座開催に協力させてください!」ということになり、釜石市教育委員会のご協力も得て、開催が実現しました。

kamaishi2.jpg
↑ママハウスの素敵な面々。気さくで明るい雰囲気です。

2日間で約21名の方に参加いただきました。

参加者の中には、仮設住宅で暮らす方、震災後に義父母との同居や引っ越しを余儀なくされた方、子育て中のお母さん、求職中の方、地域活動のリーダーさんなど、年齢も立場もさまざまな女性たちが集まってくれました。

kamaishi10.jpg
↑この日のために、遠い地域からかけつけてくれた参加者も

最初はぎこちなかった参加メンバーの皆さんも、しばらくするとぽつぽつとおしゃべりが始まり、

「どこの仮設ですか?」
「ああ、あそこは被害が大変でしたね...」
「引っ越してから言葉がよくわかんなくて、知り合いもいなくて...」
「このまえ、久しぶりにヨガをしに行ったんですよ」
「え?どこどこ?」
など、だんだんなごやかな雰囲気に。

kamaishi1.jpg
↑Babyも一緒に参加中。

東北の女性は我慢強いと言われています。
そのうえ震災後の厳しい状況が加わって、ますます我慢とストレスをため込んでしまっている人も。

「みんなが大変な思いをしているんだから、これくらい辛抱しなきゃ」
と、ぎりぎりまでがんばり過ぎていたり、

「自分だけわがまま言っちゃいけない」
と、困っていたりつらい気持ちを見せないように明るくふるまっていたり、

「夫だって疲れているんだから、家事・育児に協力してなんてとても言えない」
と、あきらめていたり。

女性であること、そして被災していることの二重の抑圧の中、
ギリギリのところでがんばってふんばって、それでも一歩前進
しようと葛藤している皆さんの姿には胸を打たれました。

kamaishi5.jpg
↑ロールプレイで「伝え方」を楽しく練習中!

講座では実際にアサーティブなコミュニケーションを体験していく中で、いろんな方と交流して共感したり笑ったり。
一方で張りつめていた気持ちがふとゆるんで、思わず涙があふれる瞬間もあり、ゆったりとあたたかな講座となりました。

「仮設に子どもと篭りっきりの日々だったけど、今日はたくさんの人とおしゃべりできて、1人じゃないって思えた」
「困ったときは助けを求めていいって思えたら、涙がでちゃった」
「自分のこと、もっと大切にしていいんですね」
「こんな伝え方があるなんて!もっと早く学べば良かったなー」
「久しぶりに自分の正直な気持ちに触れた感じ。」
「震災後、住む地域がばらばらになって知り合いがいなくてさびしかったけど、いろんな地域の方と知り合いになれて本当にうれしかった!」
(講座の感想より)

震災から1年以上たった今でも、現地を歩いてみると、復興に至るにはまだまだ時間がかかるであろう現状を目の当たりにしました。

kamaishi7.jpg

kamaishi9.jpg

引き続き息の長い支援と「忘れてないよ。 応援しているよ」というメッセージが、もっともっと必要です。

そのためにできることを、続けていきたいです。



アイコン
フレームアンダー

釜石市内にてアサーティブトレーニングが開催されます!

カテゴリー:お知らせ

2012.04.19

フレームトップ

釜石市の仮設住宅を拠点に支援活動を展開している釜石ママハウスからのご依頼で、4月25日・26日の二日間、子育て中のお母さんたちを対象としたアサーティブトレーニング講座を開催協力することとなりました。

・我慢しすぎないで、頼んだり断ったりしたい。
・疲れているときに、ちょっとだけ手伝ってとお願いしたい。
・感情的にならずに、素直に気持ちを伝えたい。
・自分を大事にしながら、まわりの人ともいい関係を築きたい。

そんな子育て中のお母さんたちを対象にした、自分も相手も尊重したコミュニケーション=アサーティブの講座です。

NPO法人アサーティブジャパンが被災地支援としてトレーニングを提供します。
この機会に、ぜひご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「自分も相手も大切にするアサーティブコミュニケーション」

開催日時:
2012年4月25日(水) 13:00-15:00
2012年4月26日(木) 10:00-12:00

定員:25名程度
対象者:子育て中のお母さん
会場:釜石市教育センター5F研修室
主催:釜石ママハウス 後援:釜石市教育委員会 協力:アサーティブジャパン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講座のチラシがPDFでご覧いただけます。

お申込みお問い合わせは、釜石ママハウスまでどうぞ。
電話・FAX:0193-55-5422
メール:mamahouse_heita@yahoo.co.jp

アイコン
フレームアンダー
前のページへ   6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る