HOMEアサーティブを深めたい > 事務局ニュース

事務局便り

イベントの告知や講座の報告など、事務局からの最新ニュースをお届けします。
過去の記事はこちらからどうぞ。

「パートナーとの関係・互いの<ちがい>を乗り越えるために」
     __【ケンカにならない夫婦関係2時間講座】レポート

カテゴリー:講座の報告

2015.03.31

フレームトップ
さる3月21日(土)に都内で開催した2時間講座「けんかにならない夫婦間のコミュニケーション」には、たくさんの方にご参加いただきました。
おかげさまで秋葉原の会場は満員御礼! 
皆さんありがとうございました。

アサーティブの講座ははじめてという方も多かったこの講座、やはり夫婦関係やパートナーシップへの関心の高さがうかがえました。

講座終了後は参加された方から
「30年前にこの講座を受けたかった!」
という声が出たほど(笑)。

身近であるがゆえに、より感情的になりやすいのがパートナーとの関係。

過去に戻ってやり直すことはできないにしても、今この瞬間からできることは実はたくさんあります。
今回の講座で学んだポイントを、少しずつ2人の関係の中で活用していただけることを願っています。

IMG_7941.jpg


今回の講座の中で特に盛り上がったのが「夫婦関係、その理想と現実のギャップ」について参加者の皆さんとわいわいとおしゃべりした瞬間でした(会場は爆笑と共感の渦!)。

人によってその理想像がちがっていたり、自分の高すぎる理想に思わず苦笑したり、女性と男性では価値観がずいぶんちがっていたり、そのちがいをどうしても受け入れられなくて相手に押し付けたり、逆に相手の言いなりになっていたり...。

夫婦間のコミュニケーションがうまくいかなくなる最大の要因は、この「ちがい」をいかに取り扱うかにあります。

ささいなことにカチンときたり、イライラしたりうんざりしたりあきらめてしまったり。

このような自分の感情の動きに丁寧に耳を傾けて、自分が実現したい理想と相手が実現したい理想とをすりあわせていく作業が、互いを尊重した関係を築いていくために大切な一歩となります。

相手との関係で感情が動いたら、それは2人の「ちがい」を知らせてくれる大切なサイン。

そのサインを受け取ったあとの具体的なコミュニケーションの仕方は、アサーティブの得意分野です。
時々私たちの講座やトレーニングに参加して、アサーティブを活用していただけることを心から願っています。

■参加者の感想より

「職場での関係に比べて、夫婦間は感情的になりやすい分難しいなあと感じて参加しました。でもその感情が教えてくれるメッセージや、2人の価値観のちがいがコミュニケーションのキーポイントになることが学べたことが、何よりの収穫です」

「アサーティブに伝えることだけではなく、問題を<すぐに解決してしまおうと焦らないスタンスも大事>とのお話に目からウロコでした」

「知らず知らずのうちに相手に合わせてばかりで我慢している自分に気づきました。自分の気持ちも大事にして相方との合意点を見つけていきたいです」


   _________________________


「けんかにならない夫婦間のコミュニケーション」、次は大阪で開催します!

♦「けんかにならない夫婦間のコミュニケーション講座」(開催予定)

 開催予定日:2015年10/3(土)13:30~15:30
   場所 :CANVAS谷町(大阪府大阪市)
   費用 :一般 5,400円(税込)
       +Aメンバー(基礎講座修了者) 4,320円(税込)

関西地域の方、ぜひスケジュール帳にチェックしておいてくださいね。
アサーティブがまったく初めての方も大歓迎です。

講座お申し込み等詳細については、のちほどウェブ上やメルマガにてご案内いたします。
どうぞお楽しみに。


アイコン
フレームアンダー

「キツい批判にどう向き合うか?」
__大好評の【メンタル対策にも活かせる2時間講座】のご報告

カテゴリー:講座の報告

2015.02.25

フレームトップ
先日とある市民向けのアサーティブ講座でのこと。
講座の最後に質疑応答の時間をとったところ、会場からは「批判された時にどう対応したら良いのか?」という質問が大半をしめました。

「批判されるととにかく自分の努力を全否定された気がして、逆上してしまうんです」
「その場では頭が真っ白になって何も言えず、そのあと何日も引きずってしまうんです」
「言われた言葉には同意できるけど、相手の言い方にカチンときてしまうんです」

こんなふうに、批判的な事を言われると誰しも心穏やかにはなれないもの。
みんな困っている事は一緒なのだなあと思いながら、会場の方としばし批判をめぐるアサーティブな対応についてお話をさせていただきました。

さて、そんな「批判への対応」に焦点を絞った2時間講座を先月都内で開催いたしました。

▼2時間講座「前向きな気持ちを失わない!キツイ一言への対処法」
  (2015年1月17日(土) 15:30~17:30 開催)

写真-2.jpg

↑写真は上司からの強烈なダメ出しにあたふたする部下のロールプレイの様子。

満員御礼となったこの講座。
やはり「批判」というテーマへの皆さんからの興味関心の高さがうかがえました。

批判されるとつい感情にふりまわされた言動になってしまいがち。
でも職場でのやりとりでは、感情ベースではなく、事実ベース・問題解決ベースで話をすすめたいもの。
その際の感情の整理と簡潔な伝え方のコツをお伝えいたしました。


■参加者の感想より

「重いテーマにも関わらず、寸劇ありグループワープありの体験型で楽しく学べました」

「これまで自分がうまくいかなかったのは、自分の気持ちにこだわりすぎていたからだということがよくわかりました。自分の気持ちをどうはらすかではなく、問題の共有と解決にフォーカスする方法を学べた事が収穫でした」

「仕事上の批判の場面、どの事例も思い当たる事ばかりで勉強になりました。今度はプライベート編もぜひ開催してください」

   _________________________


さて、批判されると大きな影響を受けがちなのがメンタルヘルスの問題です。

同じ日の2015年1月17日(土)に、メンタル対策をテーマにした2時間講座も開催しました。

▼「メンタル対策に活かす 適切なコミュニケーションの取り方」
  (2015年1月17日(土) 13:00~15:00開催)

IMG_3461.jpgのサムネール画像


こちらの講座もビジネスにアサーティブを活かしたい参加者の皆さんで会場はいっぱいになりました。


この講座でお伝えした事は...

・メンタル不調者を出さないために、普段から気をつけておくべきコミュニケーションとは?
・職場で抱え込みがちなスタッフに、どのような声かけができるのか?
・自分自身がメンタル的にぎりぎりになってしまうが、それを言いづらい。どのように助けを求めればよいのか?

体力精神力ともに弱っていると思われる相手もしくは自分自身が、実現可能な一歩を踏み出すための具体的方法(伝え方)を具体事例で体験しながら2時間で学びました。

■参加者の感想より

「部下のメンタルを傷つけないようにやさしく言えば言うほど伝えたいポイントが理解してもらえず困っていました。相手への配慮の仕方にアサーティブなやり方があるのを知り、早速活用したいと思いました」

「自分は抱え込みがちなタイプなので、もっと早い段階で上司に仕事量の相談ができるようになりたいと思って参加しました。具体的な相談の仕方を学ぶことができてとても役に立ちました」

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!


「ビジネスパーソンのためのアサーティブ2時間コース」、次の開催は3月21日(土)の午後に都内で開催いたします!

次回は
「ストレスをためない!上司とのコミュニケーション講座」
【ワークライフバランス編】「けんかにならない夫婦間のコミュニケーション」
というテーマでお送りいたします!

この機会にぜひご参加ください。
詳しくはこちらをどうぞ↓↓



アイコン
フレームアンダー

「上手な叱り方・怒り方」 -- 2時間で学ぶアサーティブのエッセンス(講座の報告)

カテゴリー:講座の報告

2015.01.23

フレームトップ
昨年11月よりスタートした新企画「2時間コース」は毎回ほぼ【満員御礼】となり、大好評をいただいております。

短時間の講座にも関わらず、秋田、新潟、山形、富山、三重、熊本など全国各地からご来場
いただき、「アサーティブを学ぶのは初めて」という方も多数ご参加いただきました。

今回はその様子をダイジェストでご紹介いたします。

IMG_9047-1.jpg



第1回≫「パワハラにならない!上手な部下の叱り方」2014年11月29日(土) 13:00~15:00開催


部下や後輩を指導する際に、こちらの意図を理解してもらえなかったり、相手のモチベーションを下げる結果になったり、ハラスメントと受け取られてしまうような言い方になってしまったり...一体どのように伝えたらいいのか...?

そんな悩みに応えるべく、「パラハラにならない叱り方」をテーマにした第一回講座。

講座の中では基礎知識としてのハラスメント、企業におけるハラスメント問題の現状などを踏まえたうえで、大きな問題になる前に予防策としてのコミュニケーションについて具体事例の演習も交えながら進めました。

IMG_6484.jpg



■参加者の感想より

「これまでハラスメントについての知識はあったけど、ではいざ現場でどう伝えたら良いのか、どうふるまえばよいのか、具体的な方法を学べる機会がなくて困っていました。この講座では具体事例に則した伝え方を学ぶことができたので、大きな収穫でした」

「会社で同僚の言動がパワハラではないかと気になっていることがあったので、解決につながるヒントを得ることができました」

「短い時間にもかかわらず具体事例のロールプレイまで体験できたことで、すぐに実践に活かせそうです。自分の注意の仕方だけではなく、他の人の注意の仕方が不適切な場合の介入の仕方にも役立ちました」

 -----------------------------------------------

第2回≫「ビジネスパーソンの怒りの表現法」2014年11月29日(土)15:30~17:30開催

職場での『怒り』をどう整理していかに表現するかは、本当にむずかしい問題です。

実際によくありがちなのは、怒りを抑えながら話し合いを続けて良い結果につながらなかったり、自分の怒りに気がつかないまま注意や指導をして相手を萎縮させてたり反発を招いてたり...。

今回の講座では「そんなとき、アサーティブならどうする?」というテーマで進めました。

参加者の皆さんが仕事上で怒りを感じる場面を実際にうかがいながら、表現の選択肢を持つことの大切さや、アサーティブな対処方法を学びました。

『怒り』という重いテーマにもかかわらず、受講者の皆さんの熱気あふれる参加型のなごやかな雰囲気の講座となりました。


■参加者の感想より

「自分では別に怒っていないつもりだったのに、実は内心ものすごく怒っていたことに気がつきました。まずはその場の自分の感情を的確に把握できるようになることが大切!と思いました」

「怒りがわいたその場で、『安全に短く伝える表現』の具体的方法を学べたのが何よりの収穫でした」

「職場ではもちろん、プライベートでも充分に活用できる内容でした。次回は職場の階層別対処法なんかもあるとうれしいです!」

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。


これらのテーマでの講座開催は、ご要望が多ければ引き続き開催していく予定です。

 -----------------------------------------------

引き続き1月に開催した2時間コース↓
第3回≫「メンタル対策に活かす 適切なコミュニケーションの取り方」
第4回≫「前向きな気持ちを失わない!キツイ一言への対処法」
(ともに2015年1月17日(土)に開催終了)のレポートについては、また後日アップいたします。どうぞお楽しみに。

「ビジネスパーソンのためのアサーティブ2時間コース」、次の開催は3月21日(土)の午後に都内で開催いたします!


次回は
「ストレスをためない!上司とのコミュニケーション講座」
【ワークライフバランス編】「けんかにならない夫婦間のコミュニケーション」
というテーマでお送りいたします!

この機会にぜひご参加ください。
詳しくはこちらをどうぞ↓↓


アイコン
フレームアンダー

2015年もアサーティブな日々を【年頭のご挨拶】

カテゴリー:アサーティブあれこれ

2015.01.07

フレームトップ
新しい年がスタートしました!

私たちアサーティブジャパンは、2015年も全国各地にアサーティブトレーニングをお届けしてまいります。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、写真はアサーティブジャパンの事務所がある東京国立市の新年の街頭です。
毎年この時期に掲げられるのは国立(くにたち)の子どもたちによる書き初め。

IMG_4013.jpg


新年からどーーん!と「未来」の文字が目に入る駅前。
思いっきり書いた文字がのびのびしていて素敵。
子どもたちにとってやさしい未来がつくれるといいなあ!という気持ちになります。

一方こちら↓↓は「ひたすら前進!モチベーションアップ!」系の書き初めですね。

IMG_4777.jpg

今年も子どもたちの「やってみたい!」を応援できる大人でありたいものです。

とはいっても景気が冷え込む昨今、大人たちは仕事も人間関係も冷え込んで、ますますストレスフルな状況に陥りがちです。
その鬱憤やとばっちりを子どもたちや高齢者、マイノリティの方々に向けるのではなく、まずは私たちが人間らしさ取り戻し、尊重し合える関係を少しずつ作っていく方向にエネルギーを使っていきたい! そんなことを思った2015年初頭でした。

今年も自他尊重のコミュニケーション=アサーティブをもっともっと広げるために、皆さんの街にも出かけていきます。

2015年もどうぞよろしくお願いいたします。


アイコン
フレームアンダー

2014年・アサーティブを巡る今年1年は...

カテゴリー:事務所あれこれ

2014.12.25

フレームトップ
2014年もそろそろ終わりに近づいてきました。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?


本日アサーティブジャパンは年内最後のミーティングを行い、来年の企画についてスタッフ同士で激論?をたたかわせた後、気分を切り替えて「2014年お疲れさまバイキングパーティ」を行いました。

DSCF8163_cakes.JPG


一見普通のケーキに見えるのですが、これは卵、乳製品、白砂糖を一切使っていない自然素材を使ったケーキです。
うちはアレルギーのあるスタッフや自然志向のスタッフもいるので、クリスマスケーキも万全の配慮で調達。

バイキングパーティは自然食の中華料理店や天然酵母を使ったピザ屋さんからケータリングしました。

DSCF8162_lunch.JPG

ちょっと見た目は地味目な写真ですが、からだにやさしい素材と味付けの料理たち、そして何よりもスタッフ同士のおしゃべりが最高のごちそうです。

1年のあれこれをふり返ったり、ねぎらったり。
お昼の短い時間ではありましたが、こんな会話ができるチームで働けていることに心から感謝したくなる瞬間でした。


今年2014年は、これまで以上に企業や自治体からの「ハラスメント予防」「メンタルヘルス向上」をテーマとした実践的なトレーニング依頼が殺到した1年となりました。
それほど職場の対人関係が硬直してストレスフルな状況になっているということなのでしょうか。

逆の見方をすれば、ハラスメントやメンタルヘルスという言葉の認知度がかなり広がり、関心を持つ方々が増え、課題に取り組もうという意欲が高まってきたということも言えるかもしれません。

この機運をきっかけに、いじめのない職場、人権侵害のない組織、そして人が人として尊重されるような家庭や地域が実現されることを願ってやみません。

今年法人設立10周年を迎えた私たちは、ますますパワーアップしつつも、常に原点を忘れず人権尊重の立場に立った活動を続けていきたいと思っています。


ちょっと早いですが、2014年、皆様には大変お世話になりました。
また新しい年も、どこかの会場でお会いできますように!

アイコン
フレームアンダー
前のページへ   1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る