HOMEアサーティブを深めたい > 事務局ニュース

事務局便り

イベントの告知や講座の報告など、事務局からの最新ニュースをお届けします。
過去の記事はこちらからどうぞ。

「職場や家庭にストレスやうつで悩んでいる人がいたら」

カテゴリー:お知らせ

2013.07.05

フレームトップ
メンタル不調で休職する人が増えています。

企業・自治体側も組織として様々な対策に追われている様子で、私たちアサーティブジャパンにも、社員のメンタルヘルス疾患予防のためにアサーティブトレーニングを導入したいというご依頼が増えてきています。

前回のメルマガで1冊の本をご紹介しました。

 ---------------------------
 「職場や家庭にストレスやうつで悩んでいる人がいたら」
   ー あせらずゆっくりたしかな一歩になる本 ー
               産学社(発行)
 ---------------------------

ISBN978-4-7825-3348-2.jpg
著者は産業医として数々の企業で活躍されている医学博士の清水隆司先生。
清水先生はメンタルヘルス疾患の予防として早くからアサーティブトレ
ーニングに着目して企業内研修にアサーティブを導入された方であり、
アサーティブジャパン設立時からの理事でもあります。

・家族や身近な人がメンタル不調に悩んでいる
・職場の管理職として社員のメンタル面もサポートしなければならない
・企業の健康管理に携わっている
・自分自身が仕事や家庭での悩み・心の不安を抱えている

そんな方々が「次の一歩」を踏み出すために役立つ情報満載の書籍です。

メルマガ読者10名の方にプレゼントとご案内したところ、100名近くの方からご応募があり、関心の高さをあらためて感じました。

メンタル不調に陥る前にできること。
もし病気になってしまったときに回復に向けてできること。
個人としても組織としても、これから健康で働き続けていくためにはこのような知識がますます必要とされている時代なのかもしれません。

おすすめの一冊です。

■書籍の内容等詳細はこちらをどうぞ。

■産業医・清水隆司先生の公式サイト「うつ病社員ゼロ計画」はこちら

アイコン
フレームアンダー

読者からのおたより~「自分が攻撃的になっているときは他の誰のせいでもない、自分自身が心細いんだ...」

カテゴリー:アサーティブあれこれ

2013.06.06

フレームトップ
毎月一回のペースで発行しているアサーティブジャパンのメールマガジン(メルマガ)。
はやいもので発行はすでに50号をこえました。

先日ある読者の方から、長文の感想メールをいただきました。
ご本人に承諾をとったうえで、その一部をご紹介いたします。

______________________________


いつもメルマガを送っていただきありがとうございます。
メルマガ49号の「今月の一言」に「とっても共感しました」とお伝えしたく、メール差し上げました。

「攻撃的になるのは、自信があるからではなく不安があるからだ」

ほんとうにそうですね。

少なくとも我が身に照らして考えてみると、悪態をついたり、つっけんどんな雰囲気を醸し出したり、ファイティングポーズでリングに上がっているようなときというのは、冷静に振り返れば、いつだって自己防衛に外ならない。

自分を守っている「つもり」でいながら、結局は後で(場合によっては後々まで)疲れてしまうんですよね。

自分の不安に気が付くことが、解決の小さな一歩! と自分を励ましつつも、二歩目を進めることはそうたやすくはないのが現実...それを支えてくれるのが「アサーティブ」かなぁとの思いで、私は勉強を続けているのだと思います。

「攻撃性は、恐れや不安の感情と密接に関係がある」と知り、ようやく理解できるようになったのは、アサーティブ講座での学びを通じてに他なりません。

「自分が攻撃的になっているときは、他の誰のせいでもない、自分自身が心細いんだ...」と思えることで、自分を客観視でき、そんな自分に寄り添える。
それだけで破壊的な行動をとらずにその場所を立ち去ることができる...

アサーティブを知っていたから「自分を大切にできた」「救われた」と思うシーンがほんとうにたくさんあったと思います。

アサーティブネスを知り、心平らかにコミュニケートしていける人が、一人
でも増えますように!次号も楽しみにしております。

(メルマガ読者 Iさんより)

______________________________

Iさん、すてきな感想をありがとうございました。

これからもみなさんの日々のアサーティブに役立つ言葉をお届けしていければと思っております。

041410葉桜.jpg


アイコン
フレームアンダー

2013年度通常総会を開催しました。

カテゴリー:イベント

2013.05.21

フレームトップ
さる5月18日(土)に、特定非営利活動法人アサーティブジャパンの2013年度第九回通常総会を開催いたしました。

日頃からアサーティブジャパンの活動をを支えてくださっている会員の皆さんに全国から集まってもらい、昨年度の事業報告と今年度の事業計画について忌憚のない意見交換を行いました。

130518総会1.jpg

ここ数年、アサーティブという言葉の認知度はぐっとあがってきました。
企業でのメンタルヘルス予防研修として、自治体や病院、福祉施設等で働く人たちのコミュニケーショントレーニングとして、そして男女共同参画分野での活用や、男性・高齢者・ティーンエイジャーの皆さんのエンパワメントの一環として。

多様性を大切にしたいと思っている私たちは、さまざまな地域のいろんな立場の方々に、今年度もアサーティブの考え方と方法論をお届けしていきます。
またトレーナー会員の皆さんには、日本全国各地域にて、アサーティブの「伝え手」として地道な活動を担っていただいております。
久しぶりに再会した皆さんの近況をききながら、幅広い年齢や職業の多様な立場の「伝え手」に支えられているアサーティブジャパンという団体を、ほんとうに誇らしく感じた瞬間でした。

これから先、アサーティブの考え方が、多々あるコミュニケーションスキルのひとつとして消費されていくのではなく、人として尊重される社会(地域や職場、家庭)を築いていくための方法論としていかに伝えていくことができるか。そんなテーマを中心に据えて、今年も会員の皆さんと熱いディスカッションを行うことができたのはこのうえないしあわせです。

ともあれ新しい年度はスタートしました。

今年度もアサーティブジャパンの活動を、どうぞよろしくお願いいたします。
アイコン
フレームアンダー

アン・ディクソン氏来日ツアー終了しました【皆さんの感想より】

カテゴリー:講座の報告

2013.05.10

フレームトップ
4月12日からスタートした、イギリスにおけるアサーティブの第一人者であるアン・ディクソン氏による来日講演・ワークショップは、おかげさまで北海道から沖縄までのべ約350名の方々にご参加いただき、大盛況のうちに終了いたしました。

DSCF7112.JPG

アサーティブが全く初めての方からトレーナー資格を持つ方まで、様々な
立場の皆さんがそれぞれの現場においてアサーティブのエッセンスである
「真に自分自身であること。そして人と対等に向き合うこと」
を学ぶ機会を提供できたことはこのうえない喜びです。

DSCF7150.JPG

(↑大阪講演会でのロールプレイ「職場での注意」の場面)

今回の来日ツアーで印象に残ったのは、
「人と対等な地平に立つためには、自分自身の内側にある怖れや不安という感情から目をそらさず向き合う必要がある」
というアン・ディクソン氏によるメッセージでした。

DSCF7110.JPG

以下に、参加いただいた方々から寄せられた感想の一部を掲載いたします。
感想の中からアン・ディクソン氏のメッセージを感じとっていただければ幸いです。

「『対話の扉は自分から開く』ことの大切さを学びました。
誰かに心配をかけるから、誰かの反応が怖いからと自分の思いを言葉にしないことが、結果として自分の自己信頼感を低めていたことにあらためて気づきました。どんなに自信がなくても、自分から話し始めることが自信につながることも」

「批判をすることは相手を罰することではなく、それは贈り物であるということ。
相手からの批判を受けとめる際には、無理に同意したり自分をごまかさなくていいということ。自分の気持ちに誠実になって、揺れている気持ちはそのまま表現すればいいんですね」
(ワークショップ「批判へのアサーティブな対処」)

DSCF7231.JPG

(↑東京講演会でのロールプレイ「世間話の中の悪口にどう対処するか?」)

「不安を隠そうとするとますます不安になる。
不安や恐れを避けるのではなく、友だちとなって自分の気持ちを率直に伝えてみることでかえって不安がなくなっていくという不思議な体験をすることができました」
(大阪講演会)

「企業文化にはアサーティブなコミュニケーションがなじまないのではないかと思っていました。しかしアサーティブのアプローチを使えば、企業内で起きている様々な問題を具体的客観的な言葉にして職場で共有することができる。問題が起こるたびに誰かを責めたり不満をため込むことなく、話し合って解決に向けた新しいステップに踏み出せる可能性を強く思いました」(東京講演会)

130414アン会員研修1.jpg


「アサーティブとは相手と対等に向き合って立つための扉だということを再認識することができました。しかし何度かアサーティブに対応しても変わらない関係もあるということを受け入れる必要性があることも」

「自分の存在が対等に扱われなかった時は、何よりも自分自身が自分を対等な存在として敬意を持って扱うこと。そして黙さずに声を発すること」
「私のからだと友だちになって、からだが何を望んでいるのかに耳を傾けること。それが自己信頼を持って年を重ねるということ」
(「ワークショップ「エイジングと自己信頼」)

DSCF7024.JPG

アサーティブのエッセンスをあますところなく伝えてくださったアン・ディクソン氏と、関心を寄せていただいた皆さんに心から感謝いたします。

アイコン
フレームアンダー

アン・ディクソンさんの日本ツアー、残りわずかとなりました

カテゴリー:講座の報告

2013.04.25

フレームトップ
現在来日中のアン・ディクソンさんの日本ツアーはすでに5つのワークショップと講演会を終え、残すところ東京での講演会と2日間ワークショップのみとなりました。

これまでに遠くは九州・沖縄から北海道まで延べ約190名の方々にご参加いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
アンさんには、「グローバル時代のアサーティブ」「エイジングと自己信頼」「職場に活かすアサーティブ」「身近な関係に活かすアサーティブ」など多岐にわたるテーマでアサーティブのエッセンスを伝えていただきました。

140425アン会員2.jpg

これまでいただいたワークショップの感想・アンケートから一部を抜粋してご紹介します。


『ほんとうに「すごかった」というのがワークショップの感想です。
「よかった」とか「感動した」とかを越えていました。
問題に直面すると、「どうせ無理」「何も言わないほうが安全」というところにすぐに行ってしまう自分は、どこかで自分の内側にある力を信頼していなかったのだと思います。そして「どうせ無理」と卑屈になりながらも、いつも心の中では(時には相手に向かって)ぶつぶつ文句や不満を言っていました。自分の力をそんなふうにマイナスな使い方をしていたことに初めて気がつきました。
これからは自分の力をもっと信頼してアサーティブに使っていきたいです』(Mさん・女性)


『「自信ができてから言おう」ではなく、「自信はないし怖いけど、それでも話始めてみよう」というメッセージと勇気をいただきました。話そうとするとき、何が自分にストップをかけさせているのかと考えた時、その背後いつも何かに対する恐怖があることに気づきました。恐怖を避けるのではなく、自分の中の恐怖と向き合って「話始めてみる」ということ。それが「内側にある力」を使って生きて行くことなのだと』(Wさん・男性)

140425アン会員3.jpg


『ロールプレイで「人と人との対等性ってこういう感じなんだ!」というモデルをたくさん見せていただきました。みんなの前でロールプレイをやってくれた人たちからは、たくさんの勇気をもらいました。早速職場に戻ったときに、自分から行動を起こしてみました。相手から察してもらったり動いてもらうのを待つのではなく。
自分にとっては小さな変化だけど、それがこれからの何か大きな変化につながっていく予感がしています』(Yさん・男性)


『ワークショップの翌日、上司と超ド級の対決場面がやってきました。ロールプレイに挑んだ皆さんの姿とアンさんのコメントを思い出し、後押しされ、なんとか「話し合う」ことができました。
上司(あるいは組織・会社)とは考え方や価値観に大きな溝があり、私が話し合いで伝えたことはほんの小さな石を投げ込むような行為すぎないと思います。
でも、それをあきらめないで続けていけば、もしかしたら水の流れは少しはおだやかになるかもしれません。
たとえ小さくても、一石を投じてみたことで自分にも自信がつき、そのことで「自分が本当に大切にしたいものをあきらめなくていい」と思えたことも収穫でした』(Rさん・女性)

140425アン会員1.jpg

アン・ディクソンさんによるトレーニングは、残すところあとわずか。
東京の講演会のみ、3名様分の空きがあります(2日間ワークショップはすでに満員御礼です)。
4月26日(金)の午後4時半まででしたらお申し込みが可能ですので、この機会にぜひご参加ください。


(写真はすべて「トレーナー対象の2日間トレーニング」より)

アイコン
フレームアンダー
前のページへ   3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る