HOMEアサーティブを深めたい > 事務局ニュース

事務局便り

イベントの告知や講座の報告など、事務局からの最新ニュースをお届けします。
過去の記事はこちらからどうぞ。

一歩ずつ前に進む釜石の女性たち 〜アサーティブ講座in釜石〜

カテゴリー:講座の報告

2013.11.15

フレームトップ
さる2013年11月5日(火)6日(水)の2日間、釜石市教育センターにて開催しました 『上手な気持ちの伝え方のコミュニケーション講座 〜アサーティブトレーニング〜』(主催:釜石ママハウス 後援:釜石市教育委員会)は、2日間でのべ30名の市民の方にご参加いただきました。

参加者は若い世代から最高齢は70代の女性まで、妊娠中の方、子育て中の方、求職中の方、親の介護のために関東から引っ越してこられた方など幅広い層の皆さんに、楽しみながらアサーティブコミュニケーションについて学んでいただきました。

IMG_5165.jpg

↑講座風景。釜石市内だけでなく大槌町からの参加もありました。

講座では、年齢や立場をこえてわいわいとおしゃべりしながらトレーニングを進めましたが、被災地特有のコミュニケーション上の課題をひしひしと実感することもありました。

たとえば...
・被災地支援をしてもらっているから、支援者側にこちらの要望を言いづらくてつい我慢してしまう。
・狭い仮設の中で暮らしているので、家族にはささいなことでつい感情的な言い方になってしまう。
・働きに出たくても保育施設が少なく子どもを預ける場所がない。被災後は近所付き合いも変わってしまったので、子どものことを頼みづらい。
・自分は波をかぶっていないので(家を流されていないので)、会合ではつい遠慮がちになってしまう。
・たまには自分のために趣味の時間をとりたいけど、まわりから贅沢っていわれそうで出かけるのは気が引けてしまう。

などなど、皆さん話し出したら止まりません。
「ああそうそう」「わかるわかる」と、世代をこえて地域をこえて話がはずみます。

IMG_8946.jpg

講座のなかではまずは「まわりを気にして我慢してしまうのではなく、自分の気持ちを適切に表現する方法がある」ということを学んでいただきました。

ストレスをためこまず、まわりにぶつけるのでもなく、アサーティブなコミュニケーションの力を使って少しずつ自分を表現できるようになることで、参加者のみなさんはますます元気に笑顔に。

IMG_0469.jpg

↑困っている場面をロールプレイで再現し、伝え方のトレーニング中。

講座を終えて、「アサーティブのポイントを冷蔵庫に貼って毎日忘れないようにしたい」という方や、「新しく暮らし始めた地域だけど、少しずつ自分の気持ちを伝えられそう」という方、「釜石でアサーティブを伝えていきたいー!」という方まで、さまざまなうれしい反響がありました。


1年ぶりに訪れた釜石の街は、少しずつ新しいビルが建ち、復興に向けて一歩また一歩と進んでいる姿が印象に残りました。

IMG_9373.jpg

↑釜石港の夕暮れ

これからはビルや建造物などの形ある復興だけではなく、人と人のつながり、より余裕をもって子育てや仕事をしていける環境づくり、そして助け合い協力し合えるコミュニティをふたたび築いていくことがますます必要となっていくことを実感しました。


それにしても今回特に印象に残ったのは、前にもまして元気に前向きに、目の前の問題解決に向かってしなやかに取り組んでいる釜石近郊の女性たちのパワーです。

IMG_1567.jpg

↑笑顔いっぱいの釜石の女性たちと記念写真

特に子育てしながら市民活動をしているママさんたちのパワーは素晴らしかったです。

「ここで子育てをしていく」
「ここで家族と、地域と、良い人間関係を築いていく」
「そのために皆で協力して話し合って、前に進んでいく」

皆さんのそんな覚悟を感じました。


彼女たちがいれば、きっと大丈夫。
これからもずっとエールを送っていきたいと思いました。

前年に引き続き今回もアサーティブの講座開催を企画してくださった「釜石ママハウス」の元気なママサポーターの皆さんとスタッフの皆さん、そして参加いただいた皆さんに、心から感謝いたします。
アイコン
フレームアンダー

今年も釜石の皆さんにアサーティブトレーニングをお届けします

カテゴリー:お知らせ

2013.09.25

フレームトップ
猛暑続きだった夏もいよいよ終わり。
朝夕の涼しさに、ほっとひと息ついている方も多いのではないでしょうか。

秋はアサーティブトレーニング・シーズンです。
9月以降は北海道から九州まで全国各地で、様々な立場の方を対象にしたトレーニングを子なう予定です。
皆さんの町でお会いする機会もあるかもしれません。

さて今年の秋(11月)には、宮城県釜石市にアサーティブをお届けに行くことが決まりました。釜石での開催は、昨年に引き続き二回目となります。

IMG_4870.jpg
前回私たちが釜石で子育てをしているママたちにアサーティブトレーニングをお届けしたのは、2012年5月のことでした。

講座当日は、各地の仮設住宅からたくさんの子育てママたちが集まってくださり、アサーティブな自己表現を実際に体験していただきました。



当時の講座の様子はこちらをご覧下さい。


下記は今回のアサーティブ講座を主催する釜石ママハウスのスタッフ&ママサポーターの方々が地域のママたちから拾ったお声の数々です。

「毎日いろんなことがあって、そのたびに『いつか言おう、いつか言わなきゃ』と思っているうちに、いつのまにか自分の中が一杯いっぱいになってしまって、ストレスが爆発しそうになります。
あーこんなとき、さらりと自分の気持ちを伝えられたらどんなにラクになれるか。
自分を大切にして自己表現するアサーティブの考え方は、我慢強いと言われる東北の女性たちにこそ必要なのではないかと思います」

「今はライフラインも食べ物もあるけれど、それでも復興にはまだ遠いです。
新しく暮らし始めた地域の人々との関係づくり、同居を始めた義父母との関係、また震災後に慣れない仕事を始めた夫と、育児で精一杯の私とでついケンカになってしまったり。
もっと余裕をもって、身近な人とコミュニケーションできるようになりたい。
我慢しすぎないコミュニケーションの取り方を学びたいです」

140418ママハウス.jpgのサムネール画像

そんな皆さんのお役に立てるよう、今年もアサーティブジャパンは、復興支援の一環として、釜石の皆さんに自他尊重のコミュニケーション=アサーティブをお届けにまいります。

 『上手な気持ちの伝え方のコミュニケーション』in 釜石
   ~  良好な人間関係を築くために  ~

日時:2013年11月5日(火)6日(水) 時間:10時〜12時 の2日間
会場:釜石市教育センタ−(予定)
対象者:釜石市内のみならず、興味がある方は遠方からでもご参加いただけます。
お問い合わせ先:釜石ママハウス http://mamahouse.jimdo.com/

今後詳細が決まり次第、情報をお知らせいたします。

IMG_3495.jpg
アイコン
フレームアンダー

連日の猛暑お見舞い申し上げます

カテゴリー:お知らせ

2013.08.08

フレームトップ
暑中お見舞い申し上げます。

連日連夜、猛暑日が続いていますが、皆さんご無事でしょうか。

IMG_9054.jpg


(写真は先月アサーティブ研修で訪れた鹿児島県の港からの風景です)

夏バテ寸前の方も多いと思いますが、もうすぐお仕事の夏休みに入るという方もいらっしゃるはず。
ゆっくりからだを休めたり、楽しみなイベントに出かけたり、家族とのコミュニケーションを深めたりetc...充実した夏の時間となることを願っています!

さて私どもアサーティブジャパンの事務所は、8月13日(火)~18日(日)まで夏季休業とさせていただきます
講座のお申し込み、本のご注文、お問合せ等には、8月19日(月)以降に順次対応させていただきます。何卒ご了承いただけますようお願いいたします。

IMG_6717.jpg

ところで、夏のお休み中には、旅行先やご家庭で、いつもとはちがうコミュニケーショントラブルも起こりがち。

でも、そんなときこそアサーティブを思い出してくださいね。きっとお役に立つはずです。


(左の写真は同じく鹿児島の開聞岳。美しいお姿です!)

それでは皆様、良い夏の思い出を。



アイコン
フレームアンダー

「職場や家庭にストレスやうつで悩んでいる人がいたら」

カテゴリー:お知らせ

2013.07.05

フレームトップ
メンタル不調で休職する人が増えています。

企業・自治体側も組織として様々な対策に追われている様子で、私たちアサーティブジャパンにも、社員のメンタルヘルス疾患予防のためにアサーティブトレーニングを導入したいというご依頼が増えてきています。

前回のメルマガで1冊の本をご紹介しました。

 ---------------------------
 「職場や家庭にストレスやうつで悩んでいる人がいたら」
   ー あせらずゆっくりたしかな一歩になる本 ー
               産学社(発行)
 ---------------------------

ISBN978-4-7825-3348-2.jpg
著者は産業医として数々の企業で活躍されている医学博士の清水隆司先生。
清水先生はメンタルヘルス疾患の予防として早くからアサーティブトレ
ーニングに着目して企業内研修にアサーティブを導入された方であり、
アサーティブジャパン設立時からの理事でもあります。

・家族や身近な人がメンタル不調に悩んでいる
・職場の管理職として社員のメンタル面もサポートしなければならない
・企業の健康管理に携わっている
・自分自身が仕事や家庭での悩み・心の不安を抱えている

そんな方々が「次の一歩」を踏み出すために役立つ情報満載の書籍です。

メルマガ読者10名の方にプレゼントとご案内したところ、100名近くの方からご応募があり、関心の高さをあらためて感じました。

メンタル不調に陥る前にできること。
もし病気になってしまったときに回復に向けてできること。
個人としても組織としても、これから健康で働き続けていくためにはこのような知識がますます必要とされている時代なのかもしれません。

おすすめの一冊です。

■書籍の内容等詳細はこちらをどうぞ。

■産業医・清水隆司先生の公式サイト「うつ病社員ゼロ計画」はこちら

アイコン
フレームアンダー

読者からのおたより~「自分が攻撃的になっているときは他の誰のせいでもない、自分自身が心細いんだ...」

カテゴリー:アサーティブあれこれ

2013.06.06

フレームトップ
毎月一回のペースで発行しているアサーティブジャパンのメールマガジン(メルマガ)。
はやいもので発行はすでに50号をこえました。

先日ある読者の方から、長文の感想メールをいただきました。
ご本人に承諾をとったうえで、その一部をご紹介いたします。

______________________________


いつもメルマガを送っていただきありがとうございます。
メルマガ49号の「今月の一言」に「とっても共感しました」とお伝えしたく、メール差し上げました。

「攻撃的になるのは、自信があるからではなく不安があるからだ」

ほんとうにそうですね。

少なくとも我が身に照らして考えてみると、悪態をついたり、つっけんどんな雰囲気を醸し出したり、ファイティングポーズでリングに上がっているようなときというのは、冷静に振り返れば、いつだって自己防衛に外ならない。

自分を守っている「つもり」でいながら、結局は後で(場合によっては後々まで)疲れてしまうんですよね。

自分の不安に気が付くことが、解決の小さな一歩! と自分を励ましつつも、二歩目を進めることはそうたやすくはないのが現実...それを支えてくれるのが「アサーティブ」かなぁとの思いで、私は勉強を続けているのだと思います。

「攻撃性は、恐れや不安の感情と密接に関係がある」と知り、ようやく理解できるようになったのは、アサーティブ講座での学びを通じてに他なりません。

「自分が攻撃的になっているときは、他の誰のせいでもない、自分自身が心細いんだ...」と思えることで、自分を客観視でき、そんな自分に寄り添える。
それだけで破壊的な行動をとらずにその場所を立ち去ることができる...

アサーティブを知っていたから「自分を大切にできた」「救われた」と思うシーンがほんとうにたくさんあったと思います。

アサーティブネスを知り、心平らかにコミュニケートしていける人が、一人
でも増えますように!次号も楽しみにしております。

(メルマガ読者 Iさんより)

______________________________

Iさん、すてきな感想をありがとうございました。

これからもみなさんの日々のアサーティブに役立つ言葉をお届けしていければと思っております。

041410葉桜.jpg


アイコン
フレームアンダー
前のページへ   3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る