HOMEアサーティブを深めたい > アサーティブトレーニング 基礎講座体験レポート/Aさん(40代女性)

体験レポート 基礎講座

講座に向かう前の気持ち

当日、ドキドキして目が覚めました。知らない人と2日間も過ごすなんて大丈夫かな...、内容についていけるかな...と不安な気持ちでした。でもせっかく申し込んだんだからと自分を励ましつつ会場へ向かいました。

研修会場に入ってみて

kiso01.jpg緊張しながらエレベーターに乗り、おそるおそる教室に入ったら、受付でスタッフの人が「おはようございます。ようこそお越しくださいました」と笑顔で声をかけてくれました。ここでまずホッとできました。
開始まであと15分。テキストやパンフレットを読んだり、お茶コーナーでチョコレートをつまんだりしている間に開始時刻の10時に。ものすごく緊張したけど、ニックネームをつけたり、隣の人と話したり、場が和むスタートだったので徐々に緊張はとけていきました。


自分のクセをふり返る

kiso02.jpgまずは自分のコミュニケーションのクセをふり返ることからスタート。ちょっとした診断テストのようで楽しかったです。1時間前に初めて出会ったとは思えないほど、隣の人と盛り上がりました(^^)。

私は職場ではオロロタイプ(受身的)で、家ではドッカンタイプ(攻撃的)でした。自分では我慢して言えていないと思ったけど、身近な人には遠慮なく言っていてことに気づき、これは新たな発見でした。このクセを練習で変えていけるとのこと。まだまだ疑心暗鬼な気持ちもあったけど、参加したからにはなんとか身につけたい、とやる気もあがってきました。


お茶やお菓子が用意されたサロンコーナーでなごむ

kiso03.jpg会場にはコーヒーや紅茶を自由に飲めるサロンコーナーがあったので、休憩時間も手持ち無沙汰にならず助かりました。おいしいクッキーやおせんべいなど5〜6種類のお菓子があるので、お昼前の休憩では食べ過ぎ注意です(笑)。


「頼む」テーマでロールプレイに取り組んだ

kiso04.jpgあと、午前中はアサーティブの土台となる考え方を学びました。午後は自分の事例でのロールプレイ。私は職場での事例に取り組みました。
はじめは緊張したけど、何度も繰り返すうちにできるようなったのには驚きました。それに同じグループのメンバーが親身になってフィードバックしてくれたのがとても嬉しかったです。


2日目の朝は?

kiso05.jpg昨日の緊張がウソのように解け、他のメンバーも笑顔・笑顔。今日一日でこのメンバーとお別れすると思うと寂しいくらいでした。昨日の心地よい疲れとともに、今日一日がんばるぞと前向きな気持ちでスタートが切れました。


「断る」テーマでロールプレイ!

kiso06.jpg昨日すでにロールプレイを体験しているので、楽な気持ちで取り組めました。やればやるほど上達したので、「練習によってクセは変えられる」これって本当なんだ!と感動。もしかしたらこれからの自分はもっと楽にコミュニケーションが取れるかも、そんな予感につつまれつつ2日間が無事に終了。本当に楽しかったです。


今後の抱負

kiso07.jpg今でもメンバーの笑顔を思い出しては、励まされている毎日です。さっそく1週間後にロールプレイで練習したことを実践してみました。思ってたよりスッとできて、相手もすんなり受け取ってくたので拍子抜けするくらい...。アサーティブを忘れないように、できたら近いうちに応用講座を受けようと思っています。

TOPへ戻る



アンディクソン氏紹介

ニュースレターバックナンバー

トレーナーになりたい


このページの先頭へ戻る