2022/6/23 講座の報告

「アサーティブとは、自分と異なる人と近づくことでもある」...【第14期養成講座】いよいよ終盤です!

2022年6月からスタートした第14期トレーナー養成講座は、10月のカリキュラムが終わると、あとは最終プレゼンテーション(審査)を残すばかりとなります。

 

先月(2022年9月)に行った第7回・第8回講座では、具体的な事例を使ってアサーティブのスキルとマインドを伝える訓練に入りました。

 

具体的な事例、といっても、講座に参加されている方の年齢層、職種、立場などによってピンとくる事例と、ピンとこない事例があります。

なるべくシンプルでわかりやすく、そして少しだけ難易度が高い(伝えづらいと思える)事例にするのはどうしたらよいのか? その事例を通じてアサーティブのどのポイントを理解してもらうのか? etc…

 

9月の講座では、そんな様々な視点から「アサーティブをわかりやすく伝える・アサーティブの深みを理解してもらう」ことに取り組みました。

 

▼講座の様子(一部抜粋)

スクリーンショット 2022-10-04 090610.jpg

 

次回の講座では、様々な対象者(会社員、主婦、学生、看護職、支援職、高齢者、子育て中の方々等)が抱えているコミュニケーション上の課題を探り、対象の方々に合った適切な事例の選び方と、伝え方の工夫について取り組みます。

 

今回の講座の中で出された、印象的な言葉がありました。

 

「アサーティブとは、自分と異なる人と近づくことでもある」

 

そうなんです。

自分が見知っている安全な領域から一歩出て、自分とは異なる立場、職種、年齢、ジェンダーの方々と勇気をもって向き合い、近づき、理解しようと試みる、ということでもあります。

 

2022年12月の最終プレゼンテーションまであとわずか。

トレーナーの卵の皆さんに、心からエールをおくっています。