HOMEアサーティブを深めたいAJ代表日記 > 出張から

AJ代表日記

アサーティブジャパン代表の森田汐生が、講座での感想や、日々の生活の中で感じたアサーティブネスにまつわるエピソードをアップしていきます。
過去の記事はこちらからどうぞ。

等身大の人に勇気をもらう

カテゴリー:出張から

2016.05.12

先日アメリカで受けた研修の中で、とても印象的なビデオを観ました。

中学2年生の子どもたちの様子を撮影した、ドキュメンタリーです。

10代の子どもたちにとって「ピアプレッシャー(同質からの圧力)」は、本当に大きなものです。はねのけるには巨大なエネルギーが必要なる。それに直面するティーンズの様子を撮影したものでした。

実験はこんな風に進みます。

教室にいる二十数名の生徒たちは、3つの図形を見せられます。3つの選択肢の中にははっきりとわかる正解が一つあります。しかし、最初にサクラとして存在する数名の子どもたちが間違った答えを発表すると、他の生徒のなんと7割が、サクラの生徒と同じ答えを言ってしまうのです。違うということがわかっていても、です。

そこに、もう一人のサクラ生徒が出てきます。彼(彼女)は、誠実に、でもはっきりと「自分は違う」と発言します。3つの選択肢の中の正しい答えを示して「自分はこれだと思う」と発言するのです。

そのあとが面白い展開となります。

他の生徒たちにもう一度、「どれが答えだと思いますか?」と尋ねると、今度は次々と正しい答えを発言し始め、全体の9割の子どもたちがこれまでの意見を覆して正しい答えを出す結果になりました。

子どもたちにとってピアプレッシャーがどれほど大きいかということ示すビデオであると同時に、例え他の生徒と違っていたとしても自分の考えをはっきりと主張できる生徒が一人いれば、他の生徒たちも同じように自分の考えを伝えられるようになる、というビデオだったのです。

決して大声で居丈高に伝える必要もなく、正しさを証明するために説得調になる必要もなく、ただアサーティブに落ち着いて、「私はこう思います」と発言するだけ。性格がどうかという問題ではなく、自分の意見の伝え方は、学習することで身につく。その重要性を、改めてかいま見ることができました。

目に見えるモデルの存在はとても重要です。「自分の望みは○○だ」「自分は○○を求めている」と、等身大で表現する姿を間近で見ることは、本当に、本当に勇気をもらうことになる。

アン・ディクソンさんが来日した時に、「変化を起こすためには、私たちにはインスピレーションが必要だ」言っていたことを思い出します。インスピレーションとは、自分が刺激を受け、勇気をもらえる人やストーリーのことです。

私自身を振り返ってみても、アサーティブの原点はそこにあります。とても近しい友人が、権威ある人(その時は医師)に向かって、攻撃的でも受身的でもなく、自分の存在の権利を認識したうえで、誠実に対等に話をする姿を見たことが、私にとってのアサーティブを形作る象徴的な出来事となりました。その場の光景は20年近くたった今も、まざまざと思い出すことができます。

ひとが自分を信頼して立ち上がる姿を目の前で見ることは、「わたしも自分自身でいいんだ」と思えるきっかけと、「自分も発言してみよう」という勇気を与えてくれるものですね。それは、決して有名な人でも、地位や年齢の高い人や、学歴が高い人、経験が多い人のことではなくて、ごく普通の人が、自然にできていることが、周りを変えていく力になるのでしょう。

AJではそうした、身近なインスピレーションを与える人たちを増やしていきたい。

アメリカ滞在を通じて、さらに強く感じました。来週には総会があります。深い議論になるとよいなと、願っております。

アイコン

時代の変化を肌で感じて

カテゴリー:出張から

2016.05.02

新年度となりました。皆様ご無沙汰しております。

ほぼ半年の間、こちらのエントリーに書くことができませんでした。実は昨年冬にプライベートでとても大変なことがあり、息つく暇もないほど忙殺された数か月を過ごしておりました。やっと落ち着きましたので、久しぶりにブログを再開したいと思います。

さて、先週私は、アメリカ西海岸のサンディエゴで、ユニークな研修を受けておりました。それについては、また改めてご報告をさせていただこうと思います。

短い滞在期間ではありましたが、とても新鮮な体験をいたしました。今流行りのAirBnB(民泊)をしたことも新鮮でしたし、ホストのインド人IT技術者にスマホを駆使した様々なことを紹介してもらったこともとても刺激的でした。

その一つに、Uberというタクシーサービスがありました。

「タクシーで市内を移動するならUrberが一番だよ」。そう彼が言うので、言われるままにスマホにアプリをインストールし、指示通りタクシーを呼び、近くのビーチまでUberを使って観光に行きました。運転手さんがとても楽しく道案内してUberの仕組みを教えてくれたので、「なるほど〜」と感心することしきり。観光先も良かったのですが、Uberシステムの便利さには心底驚きました。調べてみれば、欧米で拡大しつつあり、従来のタクシー業界を破壊しかねない存在だとか。

そもそも空港からホスト先にタクシーで行く段階で、運転手さんが「行き先の住所を入力して」とスマホをポンと渡してくれ、そこにホストの住所を入力して連れて行ってもらったことも驚きでした。市内観光もすべてがスマホによるナビでの移動。下車後に送られてきたメールには、正確な移動のルートが示され、現金のやり取りはなく、領収書も工程もメール、しかも通常のタクシー利用の半額程度で済んだのでした。

いやはや、本当に、本当に驚きます。

地図が頭にあり、道と運転のプロとして抜け道をすいすい行くのが常識だと思っていたのですが、どっこい今や、「はい、これに入力して」と差し出されるスマホに乗客が自分で住所を入れ、それを運転席がそばに置いて運転する。それがもう当たり前の風景として展開していることに仰天しました。

そこで思い出すのが、ロンドンの素晴らしいタクシー運転手さんたち。ロンドン市内の道を隅から隅まで知っている紳士的なロンドンキャブの運転手さんは、まさに「その道のプロ」です。でも、そうした運転手さんは、今後スマホを使ったナビシステムを活用する人や車にとって代わっていくのでしょうか。

久しぶりのアメリカ滞在で、信じられないくらいの社会の変化を肌で感じて、これからどうなっていくのだろう、われわれはどの方向に進んでいくべきなのだろうかと、本来の研修と同じくらい、深く考えさせられた数日間となりました。

なお、近くのビーチで見たのが、アシカたち。とてもとても癒されました。

seals.jpg

アイコン

異文化の理解は難しい

カテゴリー:出張から

2011.10.07

前回のエントリーからあっという間に1か月がたってしまいました。皆様ご無沙汰しています。国立のメインストリートのイチョウや桜の木々が、うっすらと色づき始めています。

急に涼しくなり「秋」を感じるようになったので、ふと秋のエピソードを思い出しました。

アサーティブは「ことばの力を使って」、対話を重ね問題解決をしていくものですが、「ことばの力」で伝わるものと伝わらないものがあるということを痛感することが時々あります。とりわけ、文化の違いによる「美しさ」の概念を理解し合うというのは、本当に難しいですね。

先月のことです。その日は「異文化コミュニケーション」というテーマで夜まで研修があり、私はアメリカ人講師と一緒に研修を担当していました。研修が終わって外に出ると、東の空にぽっかりと美しい月が。その日は「中秋の名月」にあたり、月がいつもに増して輝いている夜でした。

私:「ほお、月が、きれいですね」
相手:「ええっ、月の何が?」
私:「ほら、あの空の月、9月の月は本当にきれい」
相手:「うーん、そうですかねぇ・・・」

"Beautiful"をくり返しても、「日本には"中秋の名月"を愛でるという文化があるのだ」と伝えても、文化の存在については理解してもらえても、実際の月の"美しさ"そのものを理解してもらうことは空振りに終わりました。

美しさを感じるのは、たぶんに私たちの生まれや文化、何をもって美しいと感じるのかという刷り込みによるものなのでしょうね。どの国の人が見てもすばらしいと感じる世界遺産もありますが、中秋の名月の美しさについては、かなりの部分、日本の文化の刷り込みによるのだなと痛感しました。

後日の会議で、一人のスタッフが「あの夜はとっても月がきれいだったので、お団子を食べながらじっと月を愛でていた」という話にスタッフ全員がうなずいていて、言葉を介しなくとも共通理解が得られることと、異文化理解の難しさについてしみじみ感じたのでした。

言葉の力を尽くしても、理解しあえないものはあります。それが良い、悪いではなくて、「違う」ということそのものを受け入れ、葛藤し、それでも一緒に生きていくことを選択する。異文化理解、相互理解というものは、そうしたことの積み重ねの上にあるのでしょうね。

中秋の名月の体験から、もう一度そんなことを感じた夜でした。

アイコン

当たり前の言葉を忘れない

カテゴリー:出張から

2010.09.23

先日、大阪のある会社で研修を担当させていただきました。大阪の下町である専門の商品を作っている社員30数名の小さな町工場です。

会社の文化はトップの人柄がとても影響しているといつも思います。誠実で物腰の柔らかな社長を支えるように、30代のがんばる男子と心やさしくてあったかな年配のパートのおばちゃんたちが、毎日一生懸命仕事をしている、そんな様子が見て取れました。

壁には手作りの「改善シート」がたくさん張ってあり、現状の問題点と改善の提案が手書きで書いてありました。工場の中ではスリッパも椅子もきちんと並べられ、しっかりと丁寧に仕事をしようという気概が、そこここに漂っておりました。

時には取引先からの納期や業務量の厳しい仕事もあり、上司はそれをチームメンバーに伝えていかなければなりません。「忙しい時にもっと忙しくなるのがわかっていても、それでも頼まなければならないこと」というのが、実際に日々の業務の中にたくさん転がっているわけです。

そんなときに、上から目線で「これやっといて」というのでは、通じません。そんな「指示言葉」ばかりが続くと人間関係は疲弊していきます。自分も人間、相手も人間。人間としての「気持ち」や「思い」を無視して依頼・指示をしているだけでは、協力関係は育っていきません。

私がそこでとても感心したのは、特に年配のパートさんや社員さんが「ごめんな」、「ありがとな」、「悪いねえ」などの言葉を、自然に心からかけ合っていたことでした。チームで仕事をするとは、「お互い様」のことなのです。お互い迷惑をかけ合って、無理を承知でお願いしあって、それでもより良い製品を作るために、もっといい会社にするために、声をかけ合って協力しているわけです。

「ごめんな」「ありがとな」という心のこもった一言が、協力関係の土台を作っている。

大阪弁だったのもあるのかもしれませんが、マクドナルドなどのチェーン店での機械のような「ありがとうございました」に慣れている身としては、ずっとずっと心のこもった言葉に聞こえました。そんな風に言われると、こちらも「お互いさまよ、一緒に頑張ろうね」と自然に言いたくなります。

指示や指導、注意や評価にかかわるコミュニケーションは、理論的でかつ具体的なものが求められるでしょう。しかし日常の「ごめんね」「ありがとう」「悪いねえ」などの人間としての思いやり(共感)の部分が土台にあってこそ、初めてその上の「コミュニケーション」が成り立つのではないでしょうか。

当たり前の言葉を大切にしたい。そんな大切なメッセージをいただいた貴重な一日でした。

アイコン

出張中の醍醐味

カテゴリー:出張から

2010.06.28

6月半ばから8月まで、立て続けに出張が続いています。先週の奄美大島を皮切りに、長野、岐阜、山口、長崎、三重、伊豆、大阪、福岡、鹿児島、北海道と、全国各地を巡業中です。

先週行った奄美大島は、短い時間ではありましたがとても心温まる時間を過ごしました。何よりも、時間の感覚がゆったりしている。人の言葉に"とげ"がなくてあたたかい。いつも走るように歩き、時間に追われてきりきりしている自分自身を振り返って、かなり反省しました。

夏の太陽にきらめく海や山を見、心が洗われるような気持ちになりながら、夕方の飛行機に乗りました。

そんなちょっとした出会いや気づきが、出張の醍醐味です。

もう一つは、移動時間を利用した読書。読みたい本を数冊抱え、どっぷりと本の世界に入ります。とりわけ去年からはまっているのは、オーディオブックを「読む」こと。最近では『The Lexus and the Olive Tree(邦題『レクサスとオリーブの木』)に始まるThomas Friedmanの一連の書籍と、『ミレニアム』シリーズ(Stieg Larsson)を一気に読みました。

紙の本もいいのですが、重たい単行本やビジネス書はもっぱらiPodを愛用しています。しかも著者自身が読んでいる書籍は、著者の思いも伝わってきて大変面白い。くだんの『The Lexus and the Olive Tree』はフリードマン自身が読んでいて、とても説得力があります。物語をイギリス英語で「聞く」のも、アメリカ英語と違ってこれまたよい。これまでは重い本を敬遠して文庫本ばかりでしたが、iPodのおかげで、読む本のジャンルが一気に広がりました。

忙しい毎日ではありますが、日々のちょっとした楽しみを見つけていきたいと思います。

アイコン
  1 / 2  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る