HOMEアサーティブを深めたい > AJ代表日記

AJ代表日記

アサーティブジャパン代表の森田汐生が、講座での感想や、日々の生活の中で感じたアサーティブネスにまつわるエピソードをアップしていきます。
過去の記事はこちらからどうぞ。

「ノー」はいつ、どのように判断したらいいのか

カテゴリー:汐生の思い

2011.10.09

アサーティブトレーニングでは、「ノー」の伝え方について学びます。相手の気持ちや価値観を尊重しながらも、自分の「ノー」を率直に伝える、伝え方の具体的な方法についてロールプレイをくり返して身につけていきます。

「ノー」と伝えることで、相手が拒絶されたと思うかもしれない、傷つくかもしれない、反発や攻撃されるかもしれないということを覚悟の上で、率直に誠実に伝えるためには、「伝え方」そのものを日ごろから訓練しておくことがとても大事になります。

しかしながら、実は一番難しいのは、自分の「ノー」の判断そのものではないかと思う時があります。いつ、何について、どこまで、なぜ、自分は「ノー」と言うのか、ということです。

例えば。

自分の身近な人が好ましくない行動をとっている(お金の使い方や食べ物、嗜好品など)。その時、いつ、なぜ、何について、自分は「ノー」を言うのでしょうか。「これ以上はダメだ」「もうやめてもらいたい」という「ノー」の線は、いったいどのように判断すればいいのでしょうか。

相手から好ましくない行動をとられている(理不尽な批判、個人的な質問の数々、必要のないものを勧められる、など)。その時、いつ、なぜ、自分は「嫌だ」という線を引くことができるのでしょうか。相手が善意の場合はどうでしょう。また、悪意の場合はどうでしょう。

業務のようにきちんとコストや期限の限界が明示されていれば、その判断はしやすいのですが、こと人間関係においてのそれぞれの境界線や価値観が関わるとき、その判断はぐっと難しくなるのです。

つまり、ノーの「伝え方」も重要ではありますが、ノーというタイミングや理由の「判断」そのものについても、しっかりと考えておく必要があるのではないかということです。

「これ以上はノーだ」と自分の境界線や限界について伝えるとき、自分の中の「大丈夫な線」と「大丈夫ではない線」を一体どこで引くのかという判断は、すぐにわかるものではありません。

アサーティブなコミュニケーションでは、なるべく早い段階で小さな「ノー」を確実に伝えよう、とお勧めしています。早いほど問題が小さいため、言葉にすることが容易になり、引き延ばせば引き延ばすほど言葉にするのが難しくなるからです。

しかし、その「ノー」の判断をするのは、私たち自身。そこが実はとってもとっても難しいわけです。

まあいいか、これくらい大丈夫、自分はこれくらいだったらできる、と、イエスと言い続けた挙句に、気づいたら心が折れる寸前だったということにならないように、ノーの伝え方とその判断については、日ごろから意識して訓練しておくことが必要になるのでしょうね。

アイコン

異文化の理解は難しい

カテゴリー:出張から

2011.10.07

前回のエントリーからあっという間に1か月がたってしまいました。皆様ご無沙汰しています。国立のメインストリートのイチョウや桜の木々が、うっすらと色づき始めています。

急に涼しくなり「秋」を感じるようになったので、ふと秋のエピソードを思い出しました。

アサーティブは「ことばの力を使って」、対話を重ね問題解決をしていくものですが、「ことばの力」で伝わるものと伝わらないものがあるということを痛感することが時々あります。とりわけ、文化の違いによる「美しさ」の概念を理解し合うというのは、本当に難しいですね。

先月のことです。その日は「異文化コミュニケーション」というテーマで夜まで研修があり、私はアメリカ人講師と一緒に研修を担当していました。研修が終わって外に出ると、東の空にぽっかりと美しい月が。その日は「中秋の名月」にあたり、月がいつもに増して輝いている夜でした。

私:「ほお、月が、きれいですね」
相手:「ええっ、月の何が?」
私:「ほら、あの空の月、9月の月は本当にきれい」
相手:「うーん、そうですかねぇ・・・」

"Beautiful"をくり返しても、「日本には"中秋の名月"を愛でるという文化があるのだ」と伝えても、文化の存在については理解してもらえても、実際の月の"美しさ"そのものを理解してもらうことは空振りに終わりました。

美しさを感じるのは、たぶんに私たちの生まれや文化、何をもって美しいと感じるのかという刷り込みによるものなのでしょうね。どの国の人が見てもすばらしいと感じる世界遺産もありますが、中秋の名月の美しさについては、かなりの部分、日本の文化の刷り込みによるのだなと痛感しました。

後日の会議で、一人のスタッフが「あの夜はとっても月がきれいだったので、お団子を食べながらじっと月を愛でていた」という話にスタッフ全員がうなずいていて、言葉を介しなくとも共通理解が得られることと、異文化理解の難しさについてしみじみ感じたのでした。

言葉の力を尽くしても、理解しあえないものはあります。それが良い、悪いではなくて、「違う」ということそのものを受け入れ、葛藤し、それでも一緒に生きていくことを選択する。異文化理解、相互理解というものは、そうしたことの積み重ねの上にあるのでしょうね。

中秋の名月の体験から、もう一度そんなことを感じた夜でした。

アイコン

「アグレッシブ」の本当の意味

カテゴリー:講座から

2011.08.28

先日のアドバンス講座では、自分のネガティブな感情を他人のせいにしない、ということについて話し合いました。

私たちが日常で取りがちな、アサーティブではない振る舞いには、攻撃的、受身的、あるいは作為的な態度があります。その中でも、攻撃的なコミュニケーションは基本的に、「あなたが悪い」「自分が腹が立つのは相手ののせいだ」というスタンスに立っています。

それでは、常に自分を責め、「自分さえ我慢すれば」「相手が〇〇だから仕方ない」と思いがちな受身型のコミュニケーションはどうなのでしょう。あるいは、言葉ではなく態度で相手をコントロールする、作為的なコミュニケーションはどうでしょうか。

アサーティブなコミュニケーションが取り扱うものの一つに、対立状況の中で私たちが持たざるを得ない不安や恐怖があります。新しい事態への不安、立場の違う人と向き合う時の不安、対立状態になった時の恐怖、失敗や拒絶の恐怖。つまり、相手と向き合って話し合う前に、まずは自分が向き合うものは、自分の中の恐怖や不安なのです。

受身型のコミュニケーションは、一見「自分が悪い」ということで、相手を責めていないように見えますが、実は、自分の不安は相手によって引き起こされている、相手によって自分は損している、困っている、苦しんでいると、問題を引き起こしている原因は相手にあると考えていることには変わりありません。

実はこの、「自分は被害者」「相手は加害者」という思考パターンが、対等な話し合いを阻害している要因の一つなのです。コミュニケーションの表現の仕方が攻撃的か受身的かは、単に「表れているものが違う」だけであり、誰かを加害者にして責めているということには両者は同じスタンスにあります。

アン・ディクソン氏が来日した時、「アサーティブとはaggressiveではないやり方を選択し続けることだ」と、何度もくり返し話していました。英語の「aggressive」を訳すときに「攻撃的」と訳してしまうと、本来の意味から外れてしまうのだということを今さらながら反省しています。攻撃的であるというのは、表現の仕方がきついとか一方的であるということではなくて、相手を加害者にしているマインドそのものを指すからです。

私たちは、つらいとき、嫌な思いをするとき、自分の感じている嫌な思いは誰かのせいでもたらされたのだと思いがちです。そのほうが簡単だし、自分は無実でいられるからです。しかし、自分の怒りも嫌な気持ちも、誰かが意図的に起こしていることはまれで、自分の感情は誰かに持たされた、のではなくて、自分が感じている。それだけなのです。

相手を悪者にしない。ましてや加害者にしたり「敵」にしない。相手は、自分と同じ血の通った一人の人間であり、目の前の問題解決のパートナーである。「加害者」に見えたとしても、相手もまた「被害者」であるかもしれない、という事実に目を向けること。

本当に問題を解決していくためには、心の中の攻撃性と折り合いをつけていくしかないのかもしれません。

アイコン

社会的責任がついてくる

カテゴリー:汐生の思い

2011.08.16

北川達夫さんの『不都合な相手と話す技術』(東洋経済新報社)を読み終え、グローバルな視点にたってのタフな「対話」の意味を深く考えさせられました。

「対話」とは、「わからないこと」を前提とした「戦わないコミュニケーション」であると北川さんは何度もくり返します。まさに、「闘い(fight)」でも「逃げる(Flight)」でもない、自分も相手も尊重して対話を継続していくというアサーティブのスタンスと、とても共通点の多いものでした。

その中でも、一つ大変心に突き刺さったものがありました。

それは、学校教育の現場で「意見を言わせる」ということと「本心を問う」ことの違いを明確にするというくだりについてでした。少し長いですがここに引用したいと思います。

-------------------
日本的発想が「意見を言わせる教育」において危険な鈍感力を生み出している。内心と言動を切り離して考えることができないためなのか、平気で子供たちの本心を聞き出そうとしてしまうのである。先述の落書き問題であれば、「あなただったら学校の壁に落書きをしますか?」、安楽死問題であれば「あなただったら自分の両親を安楽死させますか?」、臓器移植問題であれば「あなただったら臓器提供しますか?」。つまり一定の条件や情報の下で立場を明確にするだけではなく、個人的な意見決定をするところまで求めてしまうのである。

これは思想や信条にかかわる「内心の開示」を求めるものであり、先生のそれを聞く権利もなければ、子どもにそれに答える義務もない。はっきり言って人権侵害なのだが、まじめで熱心な先生ほど鈍感力を発揮するあたりが恐ろしい。
-------------------

アサーティブトレーニングではロールプレイを行いますが、練習の場面でこの点は大変重要な視点になる部分です。

アサーティブは、「言いたいことを言う」のではなく、「本当に伝えたいことを、相手に伝わるように話す」という努力をして話します。自分が「本当はこれを伝えたい」「これについて話し合いたい」ということを、誠心誠意、相手に伝わる適切な言葉にするのです。

しかしこれは、「本心を開示すること」では、必ずしもありません。どんな本音があったとしても、言葉にした段階で社会的責任が生じます。自分の発する言葉を丁寧に選びながら、相手を一方的に責めたり傷つけたり、相手の表現の権利を侵害することにならないように、言葉にしていくのです。

したがって、相手に向き合おうとしたときにドロドロの気持ちが湧き上がってきたとしても、あるいは、これまでの傷ついた感情をぶつけたくなったとしても、言葉として口から出すときには、相手の権利を侵害しない範囲において、将来についての建設的な提案としていく必要があるのです。

自分と相手の内心の思想信条の自由を守りながらも、社会的に発せられる言葉にはきちんと責任を持つ。そのことを忘れないでいたいと思いました。

アイコン

口を開く「前に」

カテゴリー:汐生の思い

2011.08.03

アサーティブなコミュニケーションでは、相手をとんでもない「悪者」や「敵」と定めて、「やっつけてやろう」「非を認めさせてやろう」というところから、話し合いを始めることはしません。自分と相手との間に存在している問題を、一緒に解決するための「協力者」として見ることから、対話を始めます。

相手を「悪者」や「敵」として見ないということは、どういうことなのでしょうか。

対立するものがやってきたときの、動物の最初のリアクション(反応)は、反撃です。自分のテリトリーに入ってくるものは、まずは威嚇し攻撃します。闘争本能ですね。もう一つは、尻尾をまいて逃げることです。これは防衛本能です。動物のサバイバルの本能として、とても重要なものです。

しかし、複雑な利害関係のからむ人間関係の中で、攻撃か逃げることばかりを続けていては、本当の問題解決にはなっていきません。闘いでも逃げるでもない、「話し合い」という方法とプロセスを経て、問題解決をする力があるのが人間の特性だからです。

話し合いの中でも、アサーティブでは、行動や振る舞いを「選ぶ」時に、相手も自分も責めない第三の方法を選びます。「あなたが悪い」でも「自分が悪い」でもなく、自分と相手の間にある「本当の問題は何か」、そして、その問題を一緒にどう解決していけるだろうかというスタンスで、話し始めるのです。

問題は、このスタンスを明確に意識しないままで「アサーティブな」スキルだけを使って伝えてしまうことです。「あなたが悪くて、自分は絶対に正しい。だからあなたが全部変わるべきだ」というスタンスのまま、「事実」→「感情」→「要望」と伝えてしまうと、冷静に優しく相手の首をしめてしまう、非常に攻撃的な伝え方になってしまうのです。

一番大事になるのは、「口を開く前に」自分に問うてみることでしょう。相手を悪者にしていないだろうか、自分自身を正当化していないか、相手が100%悪くて自分は100%正しい、というスタンスに立ってはいないか。それ自体を、話し合いの「前に」検証することなのです。

不思議なことに、そうした「スタンス」、別の言葉でいえば「心の中の姿勢」は、言葉以上に相手に伝わってしまいます。相手を対等に見ているか、誠実に向き合っているのか、本当に問題を解決しようと真摯に努力しようとしているか。

言葉の背景にある、わたしたちの「まなざし」は、特に力関係で"弱い"立場にある人にはよく見えてしまうということに対しては、意識的になるといいかもしれません。

この夏休みにもう一度、アサーティブの原点に立ち戻るということを、考えてみたいと思います。

アイコン
前のページへ   5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る