HOMEアサーティブを深めたい > AJ代表日記

AJ代表日記

アサーティブジャパン代表の森田汐生が、講座での感想や、日々の生活の中で感じたアサーティブネスにまつわるエピソードをアップしていきます。
過去の記事はこちらからどうぞ。

本物の自己信頼を

カテゴリー:汐生の思い

2011.07.05

最近、「自己信頼」という言葉をもう一度かみしめています。

自己信頼の定義にはいろいろありますが、一つは「等身大の自分を受け入れられること」と言えるかもしれません。挫折や失敗をしても、拒絶にあっても、凹んでも、そんな自分を受け入れて大切にしたいと思えること。つらい時に無理に我慢するのではなく、誰かに相談して助けを求めることができること。疲れたら休みをとり、強くなれない自分でも許してあげること。そんなものであると思っています。

しかしながら、最近、「自己信頼」とは全く異なる、表面的な「自信のふり」もよく見られるようになってきました。「自信のふり」というのは、自信満々に見えながらも、実は心の底に不安や恐怖を抱えているという、偽物の自信のことです。

例えば、自信満々の振る舞いをしつつも、相手の反応が自分の期待とは違ったときに、相手を上から見下して否定するとか反撃するとかという行動に出てしまう。これは、「自己信頼」では全くありません。

自分の自信や威厳を、他人を見下すことでしか保てないとすれば、その人の「肝っ玉」の小ささが目立つだけです。敬意を得るどころか、人間の小ささが際立ってしまうでしょう。本来の「威厳」=dignityとは、静かで深い自己信頼と他者への敬意から成り立っているものだと思うのですが、そうした静かで謙虚な自己信頼からではなくて、目立ちたがりでうるさいのが、「自信のふり」なのです。

本当の自己信頼の土台がないと、人からどう見られるか、どういう扱いを受けるかが、即自分の評価につながってしまいます。「この人がこう言うのは、自分を評価していないからだ」と認識してしまう。目の前にある本当に解決すべきものや取り組むべき問題ではなくて、自分の利害しか見えなくなって、防御するか反撃に走ってしまう。

そんなちっぽけな自己防御の自信ではなくて、深くて揺るぎのない本物の自信を、時間をかけて築いていきたいものです。自分のありように謙虚に向き合い、他者の言葉に丁寧に耳を傾けられるようになって、誠実で対等な人間関係を広げていけるようになりたい。他者の痛みや悲しみにも、寄りそって耳を傾けられるようになりたいと思うのです。

社会の不安が増大するにつれ、ますます自己信頼の土台は試されるようになるでしょう。先が見えないからこそ、一人ひとりが時間をかけて深い自己信頼を築き、互いを尊重しながら対話を続け、これからの社会をどう作っていくかを考えていけるようになりたいと思います。

アイコン

建設的に批判する

カテゴリー:講座から

2011.06.07

震災からもうすぐ3か月になろうとしています。放射能という「見えないもの」を意識するようになったことと並行して、これまで見えなかったものがくっきりと「見える」ことにも気づきます。

「見えるようになったこと」とは、例えば、何を大事にしているのかの価値観の相違であったり、不安に相対したときの身の処し方であったり。身近な人の何気ない言葉に「ええっ!こんな風に考えていたの?」と驚くこともあれば、「震災後にさらにお互いが近くなった」という夫婦の関係もあるようです。

このような、相手と価値観が対立してしまう時に、アサーティブに振る舞うということは、いったいどういうことなのだろうかと、震災以来ずっと考え続けています。その中で特に感じるのが、「自分と違う考え方を持った人たちへの批判のしかた」を、私たちは身につけていく時期にあるのだろうなということです。

意見が対立した時に、「あなたは間違っている」と相手を非難、攻撃したり、反対に「あの人は、どうしようもない」と相手を無視したりというような行動を、この間ところどころで見たり聞いたりしました。「和」を大事にし、「出る杭は打たれる」的な日本の文化の中で、お互いを攻撃するのではなく、違いを尊重して、話し合いの中から問題解決に動いていくという術を、私たちはこれまで身につけてこなかったのだなと、つくづく思うのです。

アサーティブトレーニングの講座の中でまず学ぶのは、「フィードバック」です。フィードバックとは、相手の人格と行動とを分けて、人格は尊重しつつも相手の行動や態度に対して、「ここはとてもいい、でも、ここについては○○のほうがさらによくなる」という、具体的で建設的な批判を"プレゼントする"作業です。

私自身、1991年にイギリスでアサーティブトレーナー養成講座を受けた時も、アサーティブな理論の伝え方やロールプレイのファシリテーションの前に、徹底的に訓練されたのは、「建設的なフィードバックの出し方」でした。フィードバックを適切に具体的に相手に届くように言葉にすることを、くり返し、くり返し、練習したのをよく覚えています。

最近も、とある英国人講師と一緒に仕事をしたときに、このことを痛感しました。彼は本当に、フィードバックが上手なのです。相手を尊重してほめるところはほめるけれども、まずいところはまずいと、具体的に、本人が納得する形で伝えることができるのです。受け取った側も、「なるほど」と理解し、行動に移そうと思うのです。

彼が、ということよりも、私はイギリスの教育現場での訓練の結果ではないかと思います。「人」にフォーカスして責めるのではなく、「事」にフォーカスして改善点を具体的に述べるというスキルを、私たちはもっと意識して身につけていくべきなのでしょう。

相手の行動や態度、考え方や振る舞いなどで、まずはどこを「よい」と思うのか、そして、どこを具体的に変えたほうがいいと思うのか。相手が理解し、納得して行動に移せるようなフィードバック=建設的な批判は、日々の仕事や家族の関係の中で意識して取り組んでいくしかありません。その日々の積み重ねから、対話の土台はできていくのではないかと思うのです。

アイコン

「場」の持つ力

カテゴリー:事務局から

2011.05.26

週末のもう一つのイベントは、「ワールドカフェ」の体験でした。アサーティブジャパンの長年の協力者である、大川恒さんをお呼びしての「一日ワールドカフェ・ファシリテーター養成セミナー」。会員さんたち25名でとても楽しい一日を過ごしました。

前日のカタリバの活動と今回のワールドカフェの2つの場を学んで、いろんな気づきを得ることができました。その中でも、「対話の場を作る」ということの重要性については、本当に深く考えさせられました。

私たちアサーティブジャパンの活動は、「個人が対話をしていく力をつけること」を活動のミッションとしています。そのためには、率直に対等に話をすることのできる場を作っていく「ファシリテーター」が必要となるため、「アサーティブトレーナー」を養成することは、大切な柱の一つです。

一人ひとりが「アサーティブに生きる」ことで周りによい影響を与え、多くの人たちが「自分も相手も尊重する」力をつけることで、社会はよくなっていくんじゃないか。そうした「個人の内側の力」をつけることに、この間全力を注いできました。

今回の体験で思ったのは、「場」を工夫することで、対等な対話を促進することが可能であること。ファシリテーターが安全で対等に話せる場を作っていくだけではなくて、「場」自身が対等性を育んでいく力を内包しているということ。

個人が「点」として社会を変えていくには、時間がかかります。点が線になり、線が面になるまでには、長い長い時間がかかる。アサーティブを学んでも、数か月したらすっかり忘れてしまったり、アサーティブなんてとてもなれない現実の中で一人葛藤するうちに、「アサーティブに生きる」ことをすっかりあきらめてしまう。受講生の方々のそんな声を聞いていると、時々、目の前の道の長さに気が遠くなります。

しかし、今回の「場の力」の持つ可能性を目の当たりにして、点だけでなく面から変えていくことも可能であることを痛感したのでした。

大震災後の復興と原発の問題に直面している今の時代、もはやこれまでの「正しい答え」はどこにもなくなってしまいました。これからは、私たち自身が主体となって、答えを探求してく時代になっています。これからも対話をしながら共に試行錯誤を続けていくこと。そして、そのプロセスの中で、効果的な仕組みや方法を新しく生み出していくしかないのかもしれません。

私たちは何を求めているのか、どんな社会を作りたいのかを、一人ひとりが自分と向き合いしっかり考えていく、そして他者と対話をしながら考えていく。それと並行して、対話の生まれる場やしくみを作り出していくことも、これからはやっていきたいと思います。

そんな様々な可能性を考えながら、もう一度希望を感じることのできた週末でした。

アイコン

双方向のエンパワメント

カテゴリー:事務局から

2011.05.26

先週末は第7回アサーティブジャパンの総会がありました。全国各地から会員の方々が駆けつけてくださり、活発な議論で盛り上がりました。

総会の後、記念講演として特定非営利活動法人NPOカタリバの方にご講演をいただきました。タイトルは「ナナメのコミュニケーションとは」です。

社会は『人がつくるもの』だということ。この社会に生きる私たち一人ひとりが、今よりも少しずつ自分や周りの人に対する優しさと責任感を持ち、働きかけられる社会になれば、もっと元気な社会になるのではないか」。このことを実現するために、高校生に自分を考える機会を提供する、大学生の先輩たちがその機会のお手伝いをする、そんなしくみをつくりだしたNPOです。

なによりもすばらしいなと思ったのは、受け手も与え手もどちらもがエンパワーされる「しくみ」でした。私たちNPOの活動は、サービスの「受け手」がエンパワーされることを目的として活動を進めていきますが、"カタリ場"では、サービスの「与え手」自身もものすごくエンパワーされる。高校生も元気になるけれど、高校生と対話をした大学生(大人)自身が、「言葉が通じた」と涙を流し成長していく。他者と真剣に関わろうとすることの中から信頼関係が生まれ、大学生(大人)自身も自己信頼を取り戻していく。

「受け手」と「与え手」の双方向で対等なかかわり合いが、「やってあげる」という一方通行の"上から目線"からではなく、対等な視線で信頼関係や希望、生きることの意味を、一つひとつつむぎだしていくというプロセス。

NPOが提供する"サービス"は、おそらく、"完成された物を提供すること"ではなくて、先駆的で実験的で創造的なもの、社会の問題を解決するための手探りの"何か"を、作り手と受け手が対等に関わりながら作り出していくもの、なのだと思います。希望とか信頼、可能性という新しい価値を、試行錯誤で見つけていくプロセスそのもの、と言ってもいいのかもしれません。

「大人になりたくない子供たちが、大人になりたくなる。」

絶望の波に飲み込まれそうな環境の中で、大人と関わることから、子どもたちが希望をもって「生きていこう」と思えるようになる。

そうした「場」を、クリエイティブな形で、たくさんの協力者を得て、広げていっているカタリバの活動に、心が震えました。世の中まだまだ捨てたもんじゃないな、この社会をよくしていきたいと真剣に考えている人たちがたくさんいるんだな。そうした希望を、私自身もたくさんいただくことができました。

カタリバは、今回の震災で被災孤児になった子どもたち、及び被災地の子どもの心のケアに合わせ、学び・自立の機会を継続的に提供するための「ハタチ基金」を設立しています。

アイコン

「共感する力」をつける

カテゴリー:汐生の思い

2011.05.06

3月11日から2か月。震災地との物理的距離や、実際にボランティアに行ったか、知り合いがいるかどうかで、被災地との「温度差」がどうしようもなく生まれている時期にあるような気がします。「一つになろう」「一緒にがんばろう」というかけ声は少し小さくなって、今は一人ひとりの「ケア」や「回復」のあり方にシフトしつつあるのかもしれません。

「一緒に」「がんばろう」というメッセージで自分を鼓舞してきたけれど、震災から2か月たって、少しずつ疲れが出てきているのもまた事実のようです。私自身も4月後半から体調を壊し、気持ちがずっと落ち込んでおりました。ゴールデンウィークでお休みをいただいて、やっと回復してきたところです。

そんな中で、考え続けているのが「共感する」ということです。

震災後の今、私たちが「思いを寄せる」「心がそばにいる」という共感の力を持つことが、日本全体が回復していくプロセスとして、とても重要な要素となっている気がします。

とはいえ、「自分は現地に行っていないからわからない」、「現地を知らないあなたにはわからない」ということで、現地との距離があたかも共感の距離であるかのようなつぶやきも、所々で聞こえてきます。

しかし、共感は「被災地の人たち」だけに感じるものではありません。「弱者」とか「当事者」と呼ばれる人たちは、私たちの周りに当たり前に存在しています。隣に座っている人、一緒に仕事をしている同僚も、実は故郷を失ったり、大切な人を亡くしたということで、心の中で涙を流しているかもしれないのです。

そうした「日常に私たちの周りにいる当事者」に意識的にかかわっていくことが、私たちの「共感する力」をつけていくことになるように思います。自分と違う「他者」の心の痛みや、怒りや、喜びに思いをはせて、心を共に震わせる力を持つ。それを日常の中で続けていくことが、震災地に直接関係がなくても日々の中でもできることではないでしょうか。

共感する、ということは、決して相手の気持ちを「わかる」ことではありません。「わかろうと努力し続けること」の中にこそ、共感は生まれるのだと思います。津波で家族を失った方々の気持ちや、すべてを奪われたという方の気持ちを、私が「わかる」ことはないでしょう。「わかる」と思えば思うほど、「実はわからない」という自分の無力感や距離感に直面することになるだけです。

そうではなくて、「わかろうと努力し続ける」こと。わかりたいと思って、わからないけれども自分の想像力をフル回転しながら、努力し続けること。そして同時に、自分が生きる現場での「私という当事者」も大事にすること。

心の力をつける。私たちの社会の「共感する力」や「他者への寛容さ」をはぐくんでいくのではないかと、思えてなりません。

アイコン
前のページへ   6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る