HOMEアサーティブを深めたい > AJ代表日記

AJ代表日記

アサーティブジャパン代表の森田汐生が、講座での感想や、日々の生活の中で感じたアサーティブネスにまつわるエピソードをアップしていきます。
過去の記事はこちらからどうぞ。

傷つきやすさは大事なこと

カテゴリー:汐生の思い

2015.02.05

大変ご無沙汰しております。前回のエントリーから、なんと半年以上もたってしまいました。今年度の夏から秋にかけて出張続きで、ゆっくり息をつく暇もなく、2015年の新しい年になってしまいました。

今年の抱負は、「最低月に1回(できたら2回)はブログを更新する!」に、いたします。

今年最初のエントリーは、ちょっと長いものになります。ご了承ください。

先週末に、アサーティブジャパンの会員合宿研修がありました。私は2日目に参加して、「ゆるセクシュアリティ」というテーマで、皆さんと一緒に取り組みました。私自身がとても大切にしてきたテーマを、久しぶりに皆さんと分かち合った1日となりました。

セクシュアリティとアサーティブ、一体どのような関係があるのでしょうか。不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。ここで少しだけ、説明をしてみます。

アサーティブなコミュニケーションのスキルは、今では圧倒的に職場の場面で活用されています。立場の上下がある職場で、職位の上下はあったとしても、お互いを対等に尊重しながら、率直に誠実にコミュニケーションを取っていくことです。職場でのアサーティブは、ある程度"型"を学べばできます。伝え方のノウハウもそろってきて、「こんな風に言葉を選べば、かなりの確率で相手に伝えることができる」というものになってきました。

その一方で、今もなお難易度の高いテーマがあります。身近な関係の中でのアサーティブです。職場のように"役割"でもって話をするのは、ある意味簡単です。しかしながら、役割からではなく「はだかの自分」、つまり「素の自分」でもって、自分も相手も尊重しながらアサーティブに振る舞うというのは、とってもとっても難しい。それは、相手との関係の中にある、言葉にならない思い、蓋をしてしまった過去、見ないふりをしてきた怒りや悲しみにまで触れてしまうような、傷つきやすいテーマが多く隠れているからです。

傷つきやすく、無防備であることを、英語では、vulnerableと言います。この言葉は、セクシュアリティのテーマを語るときに、とても言い当てていると思います。

セクシュアリティでカバーするものは、多岐にわたります。自分の体のこと、自分自身の感情、年齢のこと、年を重ねていくことの不安、パートナーとの関係のあり方、変化を受け入れること、子どもを持つのか持たないかに係ること、どんな人を好きになるのか、どんな生き方を選ぶのか...。まさに、私たちの"生き方"と"自己信頼"そのものに真正面から向き合うことばかりです。

同時に、あまりにも個的な領域であるにも関わらず、一旦外に出ると、容赦のない評価や序列のまなざしが向けられてしまうのも、このテーマの特徴です。体のこと一つとっても、「何が良い/悪い」「美しい/醜い」という評価に、あっという間にさらされてしまう。

自分にとって、とても、とても大事なことなのに、それを言葉にすることは、批判にさらされるリスクが高く、しかも傷つきやすい(vulnerable)ものばかり。だから、誰にも言わないで、心の中にしまっておく、隠しておく、ないふりをする、平気なふりをしてしまうのです。社会の"普通である"ことのプレッシャーの中で、そこから外れたとたんに、すぐに自分と他者の間に上下関係が出来てしまうことになる。だから、語ることも取り組むことも難しくなるのですね。

アサーティブは、そこの部分を避けて通ることなく、向き合います。アサーティブの土台にある"自己信頼"や"内側の力"は、外にある社会的な上下の価値観を取り入れて自分と他人を比べてしまいそうな時にも、その"はしご"を相対化し、他者と本当の意味で対等にかかわる力を取り戻すことにあります。

そのためには、自分の中の「傷つきやすい(vulnerable)」部分について、評価したり比較したりするのではない、安全な安心な場所で、自分が抱えてきた悲しみや怒り、恐れや不安、喜びについて、語り合えることが必要になります。そういう場を持たないと、永遠に大切で傷つきやすい自分の一部を、他者と分かち合うことができなくなってしまうのです。

言葉にすることで初めて、私たちは自分の中の"はしご"を相対化することができます。相対化することで初めて、「自分もつらかった」、と同時に「あなたもつらい体験をしたんだね」と、共感する地平に立つことができ、必要なことはもう一度大切に扱い、必要でなくなったものは手放す、ことができるのではないでしょうか。

話し始めると止まらなくなるこのテーマですが、皆さん深いところで心を開き、語り合い、分かち合い、自分の"今"と"過去"を振り返りながら、やっぱり前向きに生きて行こうと思うことのできた1日となりました。

私自身にとっても、自分の人生の中で何を大切に生きていきたいのかを、美しい自然の中で、改めて考える時間となりました。ご参加の皆さま、素敵な時間をありがとうございました。


アイコン

フラットな組織こそアサーティブを

カテゴリー:事務局から

2014.05.21

最近ご縁があって、外資系の企業の人事の方と社内のコミュニケーションの課題についてお話をお伺いする機会が立て続けにありました。最近増えてきた、ハラスメント予防やメンタルヘルスの一時予防に関するコミュニケーションの課題は、どちらかと言えば上下関係のはっきりした旧来の日本型組織でよく見られることです。「立場が上」の上司が「立場が下」の部下に、(ハラスメントになることなく)相手を尊重しながらはっきりと注意をする必要性については、上下関係のある組織において管理職に共通した課題のようです。

ところが最近は、上下関係をむしろ排除した"フラットな"組織の中でのコミュニケーションの課題が注目されるようになってきました。肩書や力関係がそれほど明確ではない組織、社員の関係がフラットであり、管理職の肩書があったとしてもそれほど意味をなさない組織などで、実は「ものが言いづらい」という問題が起きているのです。

従来の日本の組織はいくつもの階層に分かれ、上下関係が明確であり、上司が部下を指導するというヒエラルキー型です。上司が部下に対して「相手を尊重しながらもきちんと叱る」という場面で、アサーティブの持つノウハウが大変役に立ちます。「立場でものを言う」ことは、その立場の人が腹をくくって、言いづらいことを言い、嫌われることを覚悟で伝えることを含んでいるからです。その意味で、これは「簡単」、なのです。

ところがフラットな組織では、立場の上下がないために、かえってモノが言いづらくなっているというのです。

フラットな組織でのコミュニケーションの課題は大きく分けて二つあります。一つは、友だち同士のように率直に言い合える関係であるにも関わらず、肝心なことが言えない、という課題。親しい関係であるがために、余計に注意をしづらくなっているケースです。もう一つは、独立した対等な関係であるために、お互いの専門性に踏み込めず、会議の場で誰も発言しないという課題。いずれにしても、立場の上下がないために、お互いに踏み込みあえなくなるケースです。

欧米式のフラットな組織のあり方を日本に導入することは、大いに賛成なのですが、日本の伝統的なマインドを払しょくすることなく組織形態だけを導入することには、大きなリスクが伴うのだということを、深く考えてしまいました。上下関係があるからこそ、実は言える場面がたくさんあるのですよね。上は上なりに、「上司だから仕方がない」と腹をくくって話さざるを得ず、部下も「自分は部下だから仕方ない」とあきらめがつくことがあるわけです。

ところが上下関係がない場面では、本当の意味でお互いが自律した「個」として、対等に率直に、建設的な形で意見を述べていかないと、業務の進行、及び組織の成長につながっていかない。「相手にどう思われるか」「場の空気を壊さないか」「関係が悪化するのではないか」という怖れに振り回されていては、本当の意味で成長することができない。アサーティブに、自分の意見を堂々と伝え、相手の意見をきちんと受け止める覚悟とマインドがあってこそ、フラットな組織を日本という場で運営することができるのかもしれません。

たとえ対立しても、一時的に関係が悪化しても、それでもお互いを尊重しながら言うべきことをアサーティブに伝えることを、組織のメンバーの一人一人が"腹落ち"して取り組む必要があるのでしょう。

アサーティブなマインドとスキルは、フラットな組織でこそ必要なのかもしれません。メンバーそれぞれが、本当に自立したアサーティブな人間であること。そんなことも、これからはご提案していきたいと思います。

アイコン

要望は一つ、肯定から始める

カテゴリー:講座から

2014.05.07

アサーティブであるということは、相手に受け取ってもらえる肯定的なメッセージだけを伝えることではありません。相手には受け取りづらいネガティブなメッセージや否定的な感情でも、相手を人として尊重しながら、「建設的に」伝えらえることです。

とはいえ、この「建設的に」というのは、アサーティブなスキルの中でも最もハードルの高いものです。とりわけ昨今は、ハラスメントになってはいけないというプレッシャーのために、管理職の人たちは、むしろ遠回しになったり言わないまま飲み込んでしまったりで悩んでいるようです。

しかしながら、言うべきことははっきりと相手に伝えなければなりません。あいまいで遠回しな言い方は、こちらの意図が相手に伝わらず、むしろ不愉快な気持ちにさせたり誤解を生んだりするからです。

耳の痛いことを伝える時の原則は、二つです。

肯定から初めて、肯定で終わること。
否定的な要望(相手に変わってほしいこと、これはダメだということ)は、具体的にして、「一つだけ」伝えること、です。

この、「肯定から始める」ということと、「要望は一つだけにする」というのが、実は一番難しい。感情的になると、どうしても「そもそもあなたは...」という決めつけや「いつも〇〇だ」と否定から始めたくなりますし、一旦口を開くと、あれやこれやを言いたくなってしまうからです。

肯定から始めるということは、決して「最初に持ち上げてから落とす」ことではありません。私たちがそもそも何のために仕事をしているのか、なぜ一つ屋根の下でともに暮らしているのか、お互いの信頼関係を築き、協力して進みたいからこそ、何かを変えていくことが必要になるのですよね。

だからこそ、「あなたのことは、いつも本当に感謝しています」というポジティブなメッセージから始めてみるのです。そうすれば、「相手をやっつけてやりたい」「相手に非を認めさせたい」という心の中のこぶしがふっとゆるんで、攻撃や非難ではない形で会話を始めることができるでしょう。

まずは相手を認める。
相手の人となりを心から尊重する。
そして、自分自身の気持ちや要望を明確にして、自信を持って言葉にする。

これを忘れて話し始めると、メッセージは相手の胸に届きません。相手のことを本当に理解しようとする気持ちがあってこそ、こちらのことも理解してもらうことができるのだということを、どんな時でも忘れないでいたいものです。

アイコン

不安をコントロールする

カテゴリー:汐生の思い

2014.04.24

職場での上下関係(上司と部下)、役割上の力関係(親と子)、社会的通念としての上下関係(年齢の差、性別の差)、知識や情報の量の違いなどによる上下関係...。このように、力関係や上下関係が存在する相手と対立するような状況になった時に、アサーティブに振る舞うことのハードルはぐっと高くなります。そんな時でも、相手に敬意を払うことを忘れることなく、誠実に対等に向き合って話し合うためには、何が必要となるのでしょうか。

対立する状況や感情的になりそうな場面で、最初に対処するべきものは、自分自身の「不安」です。心の中に生まれる不安に対して、自分がどのように向き合うかが、その後の私たちの行動を決めてしまうからです。

不安を感じる場面に直面すると、私たちは最もなじんでいる行動パターンを取ります。不安を隠そうとして相手を攻撃するか、不安に飲まれて口をつむぐか、の二つです。そこで、不安である自分の感情をきちんと認めた上で、振る舞いやコミュニケーションをコントロールし、自分も相手も責めない行動を選ぶことが、アサーティブな態度であるといえるでしょう。

意識したいのは、次の二つです。
「ここで反撃しない」、「ここで黙ることはしない」と、自分自身の中で覚悟を決めること。そして、難しい局面でも、誠実に、対等に話をする具体的なスキルを身につけていることです。
勇気とスキルのどちらが欠けても、アサーティブな選択はうまくいきません。

ずいぶん前のことになりますが、障害を持った私の友人が、緊急入院をした時のことです。彼女の容体に対しての医師の指示は、本人が望むものとは正反対のことでした。医師は居丈高な様子で一方的に指示を出し、それに対して私は反発、彼女の家族は言葉を飲み込んで黙るというものでした。

その場で友人は、大変アサーティブな対応をしました。ケンカ腰になることもなく黙ることもなく、静かに落ち着いた声で、相手の顔を見ながらしっかりとコミュニケーションをとったのです。

「〇〇先生のお気持ちはよくわかります。ただ、私としましては△△を望んでおります。ご検討をお願いできないでしょうか」
確か、そんな主張だったように記憶しています。

その時の友人の態度は、今も忘れることができません。医師に比べて自分が"弱い立場" (患者・障がい者)であったとしても、自分自身に対する誇りを失うことなく、相手を責めることもなく、落ち着いて、しっかりと顔を見てコミュニケーションを取ったのです。その結果、ドクターと友人は対等に話し合うことができました。

自分自身に敬意を払い、相手にも同様の敬意を静かに求めると、立場の違いよりも人間としての対等性の方がより鮮明に見えてくるのかもしれません。対等になりづらい関係であっても、相手の立場や価値観を尊重し、相手の人間である部分をしっかりと見据えたうえで、誠心誠意こころを傾けて話をすることで、人間としての対等なかかわりと対話の扉が開くのだということを、その友人の勇気ある行動から私は学ぶことができました。

不安な時こそ、不安から目をそらすことなく、勇気とスキルをもって向き合うこと。それを常に自分自身で意識したいと思います。

アイコン

相談できる人を持つ

カテゴリー:講座から

2014.04.07

ありのままの自分を受け入れること。
失敗をしても、拒絶にあっても、そんな自分を受け入れて大切にしたいと思えること。
つらいときに無理に我慢するのではなく、誰かに相談して助けを求められること。
疲れたら休みをとり、強くなれない自分でも許してあげられること。

自己信頼があるとは、そんなことかもしれません。難しい人間関係にアサーティブに対処するためには、長期的に自己信頼を築いていくことが必要になります。中でも、一人で抱え込むことなく、困った時に相談できる人を持っていることは、とても大事です。

これは私が以前、仕事に疲れ果てて燃え尽きたときのことです。

厳しい上司に毎日のようにひどく叱られ、いつまでたっても仕事が終わらず、睡眠時間を削る日々が何年も続いていました。だんだん体がしんどくなり、自分でも何を感じているのかわからなくなり、心のマヒ状態となっていました。ある日、とうとう職場で涙が止まらなくなり、「ああ、自分は壊れてしまうのか」と思ったときがありました。

ある日私は決心して、上司に3ヶ月の休職を願い出ました。
「どうがんばっても今は仕事を続けることができません。お休みをください」と。

上司は理解し、私は3ヶ月のお休みをいただきました。3ヶ月たって職場復帰し、仕事のステップアップをして、その後はすっかり元気になりました。

さて、その間、私のつらい気持ちに耳を傾け、相談に乗ってくれたのは、ある友人でした。私が落ち込んで泣いてばかりいたときにも、「そうか、つらかったんだね。でも、あなたは大丈夫よ、どうであっても私たちはあなたを好きだからね」と言い続けてくれました。

仕事の自分がボロボロになっていても、ありのままの自分を本当に好きでいてくれる友人たちに、私は救われたのです。

・一人で抱え込まないこと。
・しんどくなったら早めに相談すること。
・そして、相談できる人間関係を日ごろから作っておくこと。
そうしたことを心がけていれば、思いもかけないことで足をすくわれても、大変な失敗をしてどん底に落ち込んでも、必ずはい上がることができることを知りました。

アサーティブであることは、スーパーマン/スーパーウーマンになることでも、落ち込んだ時に平気を装うことでもありません。ありのままの自分を認め、弱さも至らなさもすべてひっくるめた自分自身にOKを出し、自分の悩みや葛藤から逃げることなく向き合う力をつけることが、私たちの「人間としての強さ・奥深さ・他者への寛容性」をつくってくれるのではないでしょうか。

自己信頼を高め自分を大切にできるようになれば、相手を対等なひとりの人間として尊重することができます。自分の権利を尊重することができれば、他人の権利が侵害されたときに気づくことができます。そして、攻撃的になることも卑屈になることもなく、おかしいことにはおかしいと、誰をも責めることなく、誠実に、対等な立場から主張することもできるようになるでしょう。

人間関係はすぐには変わりません。長い目で自分を大切にすること、相手を大切にすることにあきらめず向き合っていくことが、自己信頼に基づいたアサーティブな人間関係を生み出していくことになるのです。

アイコン
前のページへ   1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る