HOMEアサーティブを深めたい > AJ代表日記

AJ代表日記

アサーティブジャパン代表の森田汐生が、講座での感想や、日々の生活の中で感じたアサーティブネスにまつわるエピソードをアップしていきます。
過去の記事はこちらからどうぞ。

アジアの女性リーダーとの時間

カテゴリー:講座から

2013.10.07

大変ご無沙汰しています。前回のエントリーから、なんと2か月もたってしまいました!この間は、新しい本の作業に追われておりました。新刊のタイトルは『怒りの上手な伝え方』になります。発売は今月末です。お楽しみに!

さて、本題です。先週、大変面白い講座を担当させていただきました。
IDACA(アジア農業協同組合振興機関)で、アジアの農村女性のためのアサーティブトレーニングの1日研修を担当させていただきました。

226.JPG

今回の参加国は、カンボジア、インド、インドネシア、ラオス、ミャンマー、ネパール、タイ、ベトナムの8か国。農村の協同組合のリーダーや国の農林省などの女性マネジャーとして、主に農村の女性たちを組織する仕事をしている女性リーダー11名でした。私自身は、こちらの研修の担当は今年で5回目となりますが、毎回担当する度に、とてもとてもエンパワーされる体験をします。

彼女たちは、自国を離れて1か月以上日本に滞在し、農業の現場を見ながら、コミュニティを作っていくことや、起業の仕方、組合の運営方法などを学んでいくのですが、英語のレベルもさることながら、年齢もキャリアもまちまちの皆さんが、お互いとても協力的で、熱心で、親身に助け合いながら研修に参加されています。

224.JPG

先日は、ロールプレイの含めた「アサーティブトレーニング」を、農村女性のエンパワメントの一環として行いました。「アサーティブ」は、20年、30年前は「社会の中でものを言う権利を持たない」人たちが、"自分の自己主張の権利を認識して自分と仲間のために立ち上がる"ために使われていたことがありました。その、"アサーティブの原点"を、彼女たちは身に沁みて感じ取ってくれます。というのも、彼女たちだけではなく、自国で出会う農村の女性たちのほとんどが、自己主張ができないまま、日々の生活や教育不足に悩み、政治に参加できないまま、苦しんでいるからです。

多くの社会では、女性差別がまだまだ一般的です(最近出版された、シェリル・サンドバークの『LEAN IN女性、仕事、リーダーへの意欲』でも、アメリカにおける女性の低い地位に関する実態を指摘しています)。女性であるがゆえに、発言権がない、決定権がない、家事育児は当然のことながら女性だけが負っているという現状の中で、「自国の女性たちのためにこそ、アサーティブを身につけなければ」という切実な思いと真剣に取り組む姿に、毎回本当に心を打たれます。笑いあり、涙あり、憤りを共有したり励まし合あったりなど、様々な感情を共有しながら時間を忘れて一緒に学んでいくプロセスが、本当に「アサーティブの原点に返った」という気持ちにさせてくれたのでした。

225.JPG

彼女たちに語りかけながら、『12の権利』を読みながら、ロールプレイを一緒にしながら、彼女たちの後ろに立っている数多くの「物言わぬ」女性たちの姿が垣間見えるようで、私自身も真剣に心を込めてお話をさせていただきました。

写真をご覧いただくと、柔らかで素敵な笑顔がたくさんあります。こんな笑顔に励まされて、私もがんばらなくちゃと思いました。本当にありがとうございました。

アイコン

相手には相手のストーリーがある

カテゴリー:講座から

2013.08.04

相手の行動や振る舞いにカチンとくるとき、「なんで自分にだけ」「自分は敵意を向けられたのか」と感じてしまう時があります。

例えば、
同僚に話しかけてもよそよそしい感じで、なんとなく避けられている感じがする
上司が自分の仕事にいちいち口出しをしてきて、うるさい
取引先のお客さんが、明らかに上目線で話しかけてくる
パートナーがいつもと違ってイライラしている、話しかけても上の空

それに対してカチンとくると、開口一番「なんでなの?!」とついついケンカを売ってしまうことになるでしょう。
 
そんな時に覚えておくといいのは、「相手には相手のストーリー(事情)がある」、ということです。

相手がある振る舞いをするからといって、必ずしも自分に敵意がある、とは限りません。相手には相手の事情やストーリーがあり、その事情はこちらの思いも及ばないところにあるのかもしれません。その場の行動や言葉尻をとらえてむかっ腹を立てるのではなく、一呼吸おいて「相手には相手の事情がある」と考えてみるのも、怒りをしずめる一つの手です。

例えば、前述の事例であれば、
同僚に話しかけてもよそよそしい ⇒同僚は今の担当業務について深く悩んでいる
上司がいちいち口出しをしてくる ⇒異動してきたので自分と関係を作ろうとしている
取引先のお客さんが上目線で話す ⇒その人は誰に対してもそんな態度を取る人かも
パートナーがイライラしている  ⇒今日は仕事で大変なことがあって疲れている
ということなのかもしれないのですよね。

相手の行動や振る舞いによって、「自分は被害者になった」と感じるのは、腹も立つし傷つくものです。しかし、そこで一呼吸おいて、「相手には何か事情があるのかも」、「その人はそもそもそういう人で、自分だけが対象ではないのかも」と思うことで、怒りに足元をすくわれることを避けることができます。

相手によって自分の怒りが「引き起こされた」と感じると、自分は「被害者」となり相手が「加害者」になってしまいます。自分が被害者になると、自分では何もできない"無力な自分"になるので、傷つき、腹がたつのです。

そうではなくて、相手には相手のストーリーがあるということ。相手によって自分の怒りが引き起こされたのではなく、自分が相手に反応しているだけ。だから、ちょっと心の距離をとってみようと意識すると、状況は違って見えてくるかもしれません。

相手によって引き起こされた怒りに支配されて、無力な被害者になるのではなく、自分の怒りは自分のモノ、出すも出さぬも自分が決める、くらいに腹をくくると、状況に振り回されない自分になることができるかもしれませんね。

アイコン

心のまなざしは相手に伝わる

カテゴリー:講座から

2013.07.22

伝えるためのスキルは、自分の思いを相手に理解してもらうための重要な要素です。しかし、どんなにロジカルに話しても、"きれいに""スムーズに"伝えてみても、私たちが相手を見ている「こころのまなざし」がアサーティブでなければ、こちらのメッセージは相手の心に届いていきません。

先日担当したある研修の場面で、受講生の一人の方の言葉にハッとしました。

「(ロールプレイをして)アサーティブに伝えてみると、言い方がはたどたどしくなったけど、むしろこちらの誠実さが伝わって、相手の心に届くのがわかった」と。

相手を理屈で説得しようとか、抑え込もうとか思っていると、相手はこちらの心の姿勢を敏感に見抜いて、心に防御線をはってしまうのですよね。でも、相手も自分と同じ、対等な一人の人間だと思って、自分の思いを誠実に伝えてみると、相手が心を開いてこちらのメッセージを受け取ってくれたという事例でした。

私たちは、つい自分のフィルターに通して相手を見てしまうことがあります。
「いい加減な上司」「やる気のない後輩」「困った人」などと、初めから心の中で見下したりバカにしたり、レッテル貼りをしていることはないでしょうか。

そうすると、話し始めの時に、
「〇〇さんって、いつもマイペースですよね」
「君は、いつも物事を否定的にとらえるよね」
「あなたは、いつだって自分の思い通りに物事を進めるじゃない」
などの表現となって現れ、「あなたは悪い」「間違っている」という無言のメッセージとなって相手に伝わっていくのです。私たちの心の中の決めつけやレッテル貼りは、声のトーンや振る舞いから、必ず相手に伝わっていくからです。

話し始める段階で、私たちの姿勢が"闘いモード""説得モード"になって、心のこぶしが「グー」となった姿勢でかかると、進むはずの話し合いも進んで行きません。

そんな時は、二つのことを思い出すといいと思います。
一つは、話し合いのそもそもの目的は何かを思い出すこと。
もう一つは、その問題に取り組む相手は、自分と同じ人間であるということを心に刻むこと、です。

アサーティブでは、ケンカを売らないし、売られたケンカも買いません。

対峙しているのは、"相手"ではなくて"問題"です。どんなに腹が立つ相手であっても、相手という人間に対峙するのではなく、横に座って、一緒に問題に向き合うという協力体制を取るのです。相手は「敵」ではなくて、問題解決の「協力者」。役職や責任の大きさは違っても、よりよい仕事をしていきたい、よいチームを作っていきたいという思いは共通している、ということを、忘れないでいたいものです。

私自身、研修の場で、アサーティブの大事なポイントを何度も教えてもらいます。それを胸に、日々「こころの姿勢を正す」ことを意識していこうと思います。


アイコン

日々を大切に生きる

カテゴリー:汐生の思い

2013.07.05

7月に入り、双子も1歳5ヵ月になりました。離乳食も進み、夜はぐっすり眠ってくれるようになり、私自身も夜にちゃんと休むことができるようになってきました。

思えば昨年の今頃、産休明けの4月から9月くらいまでの間、夜は何度も起こされ、明け方にフラフラになりながらも、出張に出かけていた日々を思い出します。子どもたちが元気でいてくれたことも助かりましたが、家族の手を最大限に借りながら、日々を駆け抜けていた、という感じです。

正直のところ、昨年1年間の記憶はほとんどありません(笑)。

それでも。
保育園では、乳児の部屋で泣いていた二人が、お兄ちゃんお姉ちゃんに交じってハイハイするようになり、今では公園を小走りで歩き、すべり台をきゃっきゃ言いながら滑り降り、片言ながらも言葉を発するようになってきたということに、本当に驚きます。どんなに転んでも立ち上がり、前を向いて歩こうとする彼らに、私も負けないで前を向いて歩かなくちゃねと、たくさんの勇気をもらっている毎日です。

世の中のワーキングママに比べれば、私はずいぶん恵まれているといえます。自宅から保育園までが5分、保育園から職場までが5分という距離。もちろん出張の時は夜遅く帰るので寝顔しか見られないという日々もありますが、日常業務で事務所に出勤する日は、朝の登園の送りも夕方のお迎えも問題ないし、急な発熱でも素早く対応ができるのです。職場にもワーキングママ経験者がおりますので、子どもをもって働くことの理解はとても大きくて助かっています。

こんな恵まれた環境であっても、小さな子どもを抱えて仕事をするのは大仕事。なので、通勤時間が1時間とか1時間半というケースで、家族の協力が得られないという場合、本当に本当に大変なことだと思います。朝子どもを保育園に預けて、足早に駅に向かう保護者の顔を見ながら、本当に毎日お疲れ様ですと頭を下げています。

私自身のアサーティブなコミュニケーションはどうでしょうか。

家族との会話が増えましたが、同時にケンカも増えました。家事育児に関することについて、私はついつい口も手も出し過ぎてしまうので、意識して「口も手も出さない」ようにしています。ケンカといっても日常のちょっとしたイザコザや思い違いなので、翌日には「一体私は何に腹を立てていたのだろう」と不思議に思うほど。ま、こんな感じで発散しながら、子どもとの時間を最大限楽しもうと心に決めて、毎日を過ごしております。

高齢の親の元に生まれてきた双子。一緒にいられる時間は、もしかするとあまりないかもしれません。だからこそ、日々のやり取りや一緒にいる時間を大切にして、楽しみながら子育てを続けたいと思います。

アイコン

Noを伝える時には、自分のYesから出発すること

カテゴリー:汐生の思い

2013.06.05

最近読み始めた本に、『The Power of a Positive No』(William Ury)(邦訳は『最強 ハーバード流交渉術―仕事が100倍うまくいくNoの言い方』)があります。

著者の過去2冊の本は、交渉術に係る文献として数年前に読みましたが、本書は対等に交渉をするために、まずは個人が身につけておく必要のあるコミュニケーションの力:相手を尊重しながら自分のNoを適切に伝える力、についてです。これがまさにアサーティブなNoなのですね。読みながらなんだかワクワクしてきました。

中でも、「No」を伝える時には、まずは自分自身の「Yes」をしっかりの認識する必要があるというくだりには、まったくその通りだと思わずひざをたたいてしまいました。

私たちはなぜ、何のために「No」を伝えるのでしょうか。

アサーティブトレーニングの講座でも、相手の〇〇にノーと言いたい、というように、まずは相手ありき、というノーの事例がたくさん出てきます。しかしながら、相手の行動が自分のノーの理由だとすると、結局は相手に振り回されてしまうことになるのですね。

自分の「ノー」を伝えるためには、まずは自分の中の「イエス」を確認することが出発点になります。自分のイエスとは、言い換えれば自分自身が何を大事にしているのかということ。自分の優先順位は何かがわかっていること。だからこそ、明確な境界線と自分の軸をもった、アサーティブなノーを伝えることができるのですね。

自分にとっての一番大切にしているニーズ、価値観、自分の人生のコアの地点から、「ノー」を明確に伝える、とは、どういうことなのでしょうか。

その象徴的な話が、ネルソン・マンデラ氏です。「彼はアパルトヘイト反対の道を歩いていたのではない」と著者は述べています。「自由に向かっての道」を歩いていたのだと。彼が深くコミットしていた価値とは、自分の自由と仲間の自由、そして敵として対峙している相手にとっての自由、だったのです。だからこそ、多くの人々の共感を得ることができ、共に闘う人たちが集ったのでしょう。ノーの根底に愛情や希望、権利や自由などがあれば、そのノーに対しての共感を得ることができるのです。

私にとってのイエスは、例えば何でしょうか。今は食事会等のお誘いは全てお断りしているのですが、そこでの自分のイエスは、「小さな子どもたちと一緒にいる時間を最大限確保したい」ということです。それを今は優先順位の一番上に置いているからこそ、泊りの出張や夜のおつき合いをお断り、ということになるのですね。

相手に対する怒りや反発、復讐心や罪悪感からノーを発動させるのではなく、自分自身の大事にしている価値からのノーを出発点とすること。ノーを伝える前に、自分は本当に何を望み、何を大事にしているのかを明確にしてみること。その上で、自分の価値を相手に伝えて、ノーの交渉に臨む。それが、相手に対する思いやりをもった、対等なアサーティブなノーになっていくのだろうと思います。

ノーを言う前に、自分の中の「イエス」を探ってみましょう。自分が大事にしているものや関係を、まずは明確にして、その上で前向きなノーを伝えられるようになっていけたらと思います。

アイコン
前のページへ   1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る