HOMEアサーティブを深めたい > AJ代表日記

AJ代表日記

アサーティブジャパン代表の森田汐生が、講座での感想や、日々の生活の中で感じたアサーティブネスにまつわるエピソードをアップしていきます。
過去の記事はこちらからどうぞ。

自分の本当の望みを言葉にする

カテゴリー:講座から

2013.05.23

アンさんのイベントが4月末に終了し、余韻に浸る暇もなく、すぐに理事会、通常総会でした。18日に総会が終わり、やっと一息ついています。私自身はアンさんの一連の講演会、ワークショップに通訳として同行しましたので、彼女の一言ひとことをかみしめながら参加することができました。

アンさんのアサーティブの理論の深さはもちろんなのですが、やはりワークショップで参加者の方々が前に出て行うロールプレイは、どの事例をとっても圧巻でした。それぞれの人が自分自身の課題に向き合い、自分の内側の声を取り戻して言葉にしていくプロセスは、見ている側にとっても深く心を揺さぶられる体験となりました。

身につまされたのは、アンさんが何度も問いかける質問に対する答えでした。アンさんはロールプレイの行為者に、くり返し同じ質問をしていました。

「あなた自身は何を感じているの?」
「あなたは本当に何を望んでいるのですか?」

この質問に答えることが、本当に、本当に難しいのです。

というのも私たちは、「この場で何を言うべきか」「相手がどう変わるべきか」ということばかりに意識が行ってしまい、自分自身が本当に何を感じ、何を求めているかを深く問うということをしなくなっているからです。

あるべき答え、求められる言葉、望まれる対応を考えて、相手との関係を悪くしないように、相手にイヤな思いをさせないように、自分の言葉を発してしまうクセから、一体どのようにすれば抜け出すことができるのか。それは、アンさんの質問を自分に深く問い直すことからしかないのでしょう。

この質問を受けて、一人ひとりが、心の中の自分の望み、自分の深い願いに向き合おと葛藤します。あるべき答えでも相手を変えることでもなく、自分自身が望んでいる希望や願い。それは時には、自分自身からも隠されていたり、見えなくなっていたり、どこかで捨ててしまったりしているのです。アンさんの問いは、自分自身の「本当の声」に耳を傾け、それを丁寧に言葉にする扉を開いてくれたのでした。

自分の本当の望みを言葉にする、ということは、「あなたに変わってもらいたい」とか「あなたは△△すべきだ」という、攻撃的な主張にはなりません。「私自身がこう感じている」「私はこんなことを願っている」。等身大の自分としての誠実な言葉、相手も同じ人間であるという対等な立場に立った、率直でアサーティブなコミュニケーションになるのです。

6年前にアンさんが来日したときの最初の講演会で、一人の方が質問をしました。
「アンさんにとって、アサーティブとは何ですか」
それに対して、彼女はしばらく考えたのち、
「"自分自身にとって真実である"ということでしょうか」
と答えたのを覚えています。

"自分にとって真実である"とは、自分の中の本当の声に耳を傾けて、それを相手への思いやりを忘れることなく言葉にできるということなのでしょうね。その時には意味を十分理解できなかったのですが、今回まさにそのことなんだなと実感することができました。

まだまだお伝えしたいことがありますので、時間を見てエントリーを書いていきたいと思います。

アイコン

アサーティブを「生きる」

カテゴリー:講座から

2013.04.09

新年度に入り、新しい人間関係や仕事の中で心新たに過ごす季節となりました。私たちアサーティブジャパンでも、昨年12月に第9期のトレーナー養成講座が一旦終了し、先週末から最終プレゼンテーション研修が始まっています。

プレゼンテーションの中で「アサーティブとは何か」ということを各自語っていただく部分があるのですが、皆さんの発表を聞きながら、私自身にとっての「アサーティブとは何か」ということをじっくり考える機会をいただいております。

アサーティブなコミュニケーションは、対人関係のコミュニケーションのスキルであると同時に、対等で相互尊重の人間関係を促進するための心の姿勢でもあります。「言いたいことがうまく伝えられない」から、「伝わるように話す」ためにアサーティブのスキルを学ぶのではありますが、私自身がアサーティブを学び続けている理由はもっと根本的なところにあるようです。

1948年に採択された世界人権宣言の第1条には、「すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である」とあります。同様の内容は日本国憲法にも謳われています。法律上では、すべての人間は自由平等であるとされ、そうあるべきだと頭では理解していても、現実を見れば、差別や格差が存在し、人種や信条、性別や社会的地位によって人の扱いは異なり、「すべての人が平等である」という地平にはまだまだ遠い道のりです。

法律や制度はできても、人の心は簡単には変わりません。先の大戦から60数年がたち「権利」は当たり前のものとして生まれ育った世代が中心となりましたが、それでも、所有している物や知識、立場やバックグラウンドによって、相手を上に見たり下に見たり、自分を下に置いたり上に置いたりして、コミュニケーションをしているのも事実でしょう。私たち自身が、人間の価値に上下があるかのような振る舞いを続けているのです。

「人としての平等」が保障される社会にしていくためには、法律や制度を整えると同時に、私たち自身が日常の中で「平等を促進する行動」を取らない限り、本当の意味での平等な社会を創っていくことはできないのではないでしょうか。

アサーティブとは、法律上、制度上の「人間の自由や権利、平等や尊重」の概念を、私たち一人一人が、日常の中で行動し、振る舞いながら、足元から平等な社会を創っていくための指針だと思うのです。私たちが、本当の意味で「自分も相手も尊重した」態度やコミュニケーションを取り、そうした人間関係を現実的に作ることが、世界の法律が高らかに謳っている社会の平等や人間の尊厳を、土台から作っていくことになるのではないか。

アサーティブのトレーナーは、それを実践する人であり、身をもって伝える人でもあります。だからこそ、言葉でアサーティブの理論を伝えるだけではなく、私たち自身がアサーティブを「生きる」必要がある。人と人との対等な関係を作るコミュニケーションを伝える私たち自身が、言葉通りのことを日々の中で生き、実践し、簡単には変わらない現実に葛藤し、それでも、黙ることもなく、誰かを責めることもなく、あきらめることなく、静かに対話を続けていく。そうした力を持って生きていくことこそが、トレーナーに必要な力ではないかと思うのです。

以上のようなことを、週末の研修の最後に思わず熱くなって語ってしまいましたが、私自身はそこのところを心の底から信じてやみません。トレーナーを目指すすべての人に、自分の現場でアサーティブであり続けることを実践していってほしいと願っています。

「伝え手」であることに誇りをもって、自信をもって、悩みながら葛藤しながらしなやかに粘り強く、日々を生きていくことを続けていきましょう。トレーナー養成講座のみなさん、引き続きがんばってください。

アイコン

「違う」ことから始める

カテゴリー:事務局から

2013.03.25

アサーティブなコミュニケーションは、お互いのことがよくわかっている会社の同期や近しい友人の間で、というよりも、価値観や考え方の「異なる」人との間でこそ有効に活用できるものです。それは、「正しい自分」v.s.「間違った相手」という対立項から、攻撃的に自己主張をする方法ではなく、立場の違う相手とも対等に話し合って、お互い納得いくまで時間をかけて、一緒に問題を解決するという、静かな自己主張です。

この数年で、組織の中でも様々な立場の人たちが増えてきて、これまでとは考えられないほど多様な人たちが同じ職場で働き、コミュニケーションを取り、人間関係を保ちながらプロジェクトを進行していく時代になってきました。

しかしながら、今でも私たちの意識の中のどこかで、「これくらい、言わなくてもわかって当然」、「言ったんだから、わかるはずでしょ」と思い込んでいる部分があります。「わかって当然」という意識の底には、「だって、みんな同じなんだから」という考え方が潜んでいる気がします。

しかし、これほど多様化してきた職場の中で、「わかって当然」という意識そのものが、お互いの理解を阻害してしまうのではないでしょうか。

肌の色も言葉も文化も同じという国の中で生きていると、どこかで「同じことが当たり前」という意識になるのは当然のことかもしれません。でも、相手と自分とは本来違う人間であり、どんなに言っても話しても分からない部分はあり、だからこそ言葉を尽くして話し合って一緒に問題を解決していく必要があります。私たちが腹をくくって、本気でそこに立つためには、まだまだ時間がかかる気がします。

日本も今、徐々にグローバル化の波にのまれつつあり、これまでとは違う方向に変わっていかなければいけない時代にきています。とはいえ、私たち個々の意識は、一体どの方向に変わっていけばよいのでしょうか。社会のグローバル化に対応することが必要であるとはいえ、実際にどのようなスタンスが必要になるのでしょう。

一つ言えることは、グローバルな時代に生きているからこそ、アサーティブなマインドが役に立つということです。国籍、価値観、バックグラウンドの異なる人とも、対等に、誠実に、率直に、粘り強く話し合いをする姿勢。「同じだから」ではなく、「違うからこそ」、相手を対等な一人の人間として向き合って、一緒に問題解決をしていくスタンス。

話を「聞く」という姿勢としてはすばらしい力を持っている日本の多くの人は、だからこそしっかりと対等に自己主張をして、アサーティブな姿勢で対話ができる力を、これからはつけていきたいものだと思います。

来月の4月12日には、アン・ディクソン氏による『グローバル時代のアサーティブ』が開催されます。どんな話になるのか、私も今からとても楽しみです。ご興味のある方、ぜひご参加ください。

アイコン

自己肯定の力

カテゴリー:事務局から

2013.02.15

素敵な話を聞きました。小さな子どもを持つお母さんのための講座を担当した講師が、参加者の方から聞いたお話です。その方は、子どもを2人持ち、ものすごく忙しい日常の中、毎日2,3時間くらいしか眠れない日々を過ごしていたそうです。

「自分がやらなければならない」。そう思って、一人で頑張り続けていたのですが、アサーティブの講座で、「一人でできない時は助けを求めてもいい」ということと、率直に「手伝ってほしい」と頼む"伝え方"を知って、早速夫に助けを求めたそうです。言われた夫は、「手を貸してほしくないのかと思っていた」と驚き、すぐに手伝ってくれるようになった、ということでした。

私たちは自分の頭の中で「相手はきっと〇〇に違いない」と思い込んで、自分の言葉を飲み込むことがあります。しかし、ちょっとしたことでも率直に頼んだり、伝えてみたりすることで、実はお互いの理解がぐっと深まり、協力できる関係を作ることができるのだという、心あたたまるお話でした。

そんな「小さくても大事な一歩」の話を聞くたびに、私はとてもたくさんの勇気をもらいます。最近はネガティブなニュースばかりが耳に入り、日本の未来に対して絶望的になる時があるのですが、こんな風にあきらめることなく、自分のニーズや思いを率直に言葉にして、問題解決していくお話を聞くたびに、「そうよね、自分から変化を起こすことは可能なのよね」と、気持ちが明るくなるのです。

そんな「小さな変化」を生み出し、今の難しい時代を生き抜いていくための、大事な「力」があると私は思っています。

一つは、自分はこのままでも大丈夫と思える、自己肯定の力。どんな時の自分もOK。失敗しても、うまくいかなくても、「そういう時もあるし、それでも自分は大丈夫」と思えること。

もう一つは、自分は一人ぼっちではないと、他者を信じる力。「どうせ言っても無駄」「わかってもらえない」と最初からあきらめるのではなくて、「それでも大事なことだからわかってほしい」と、自分と相手を信じて思いを言葉にしていく力。

そして、「自分は何かを変えることができる」と思える力。社会に対して全くの無力ではない、どんな小さなことでも自分で選び、自分から変えることができると思える貢献の力。

小さいことだから「大したことない」と飲み込まないで、それでも言葉にしてみる。あきらめないで、心の中のモヤモヤを表現してみる。その時に、誰かのせいにすることなく、「私は〇〇を望んでいる」とまっすぐ言葉にする。そんな小さくても大事な取り組みが、自分を変え、関係を変え、周りを変えていく力になるのではないか。

そうだ、そうだ、と、心が明るくなった、今日のお話でした。

アイコン

アサーティブはパワハラ防止にどのように役立つのか

カテゴリー:事務局から

2013.02.08

タイトルのようなお問い合わせをいただくことが、最近多くなりました。

「パワハラ」という言葉が認知されるようになって久しくなります。「パワハラはよくない」「パワハラにならないように」という認識は広がってきたものの、職場の環境整備やマニュアル作りは進んでも、「どうしたらパワハラにならないで部下を指導することができるのか」というコミュニケーションの具体的な方法は、まだまだ知られていないというのが現状ではないでしょうか。

パワハラの原因としては様々に存在しますが、原因のレベルとしては3つに分けられるといいます。一つは「人権侵害に該当するレベル(明らかに差別するなど)」、もう一つは「法律的な知識を知ることで回避できるレベル」、そして最後に「コミュニケーションで解決できるレベル」があるということです。

長年パワハラ等の相談を担当してきた社会労務士のSさんは、「上記①から③のうち、①はほとんどなく、②は2割程度、ほとんどのケースが③にあたる」と言います。要は「言った/言わない」「そんな言い方をしてほしくなかった」など、コミュニケーションがうまく取れないために、「パワハラだ」となってしまうケースです。

以前に比べて組織内では、じっくり人間関係を築いていく時間も余裕も少なくなってきました。「あの人はこんな言い方をするけれど、根はいい人だから」というような、その人なりを知った上でつき合うということは難しくなってきています。人間関係ができていれば、多少きついことを言われても、「確かにそうですね」と受け取ることができるけれども、人間関係ができていない中では、ちょっとしたきつい言葉を言われるとカチンときたり傷ついたりということは、十分あり得ることなのです。

アサーティブは、自分も相手も大切にして、コミュニケーションを取る考え方とスキルです。「相手の権利を侵害しない限りにおいての自己表現」とも言われるように、自他の権利の尊重を土台とした、対等なコミュニケーションのあり方です。その意味では、アサーティブの考え方そのものが、お互いの人権を尊重した関わり合いをしようとするものであり、パワハラとは対極にあるといえるでしょう。

同時に、アサーティブ「トレーニング」の中では、実際に相手を前に自分の意見や思いを言葉に出して伝えたり、相手の言葉を受け取ったりする訓練をします。パワハラを防止するには、個人レベルでは「伝える側」も「受け取る側」も、このようにお互いの人格を尊重したコミュニケーションのスキルを持つことが必要となるでしょう。

相手にとって耳の痛いことを言う場合も、相手を尊重しながら明確に伝えられるスキル。相手の人格を尊重しつつもまずい行為に対してはきちんと「ダメだ」と伝えることのできるスキル。同時に、相手からきついことを言われて「傷つけられた」と受け取る前に、「この人は何を言いたいのだろう」「同意できる部分はないだろうか」と考えてみる姿勢と、問題は何なのか具体的に聞き出すスキルなど。

職場のハラスメントをなくしていくことは、息の長い取り組みになるでしょう。しかし、問題解決に向けて当事者同士が腹を割って話し合い、理解し、和解していくプロセスは大変重要なことではないでしょうか。そういう場面でアサーティブを活用できるように、私たちも日々学んでいきたいと思います。


アイコン
前のページへ   1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る