HOMEアサーティブを深めたい > AJ代表日記

AJ代表日記

アサーティブジャパン代表の森田汐生が、講座での感想や、日々の生活の中で感じたアサーティブネスにまつわるエピソードをアップしていきます。
過去の記事はこちらからどうぞ。

新しいいのちと共に

カテゴリー:汐生の思い

2012.02.15

大変個人的なことで恐縮なのですが、先月1月31日に、男の子と女の子の双子を出産いたしました。超ハイリスク妊婦だったので、年明けからずっと入院しておりましたが、私の心配をよそに、二人ともとても元気に生まれて来てくれました。

今も、この世に生まれてきた奇跡のようないのちに、心の中で手を合わせているところです。

未曾有の大震災の年に妊娠し、出産したということが、不思議な巡り合わせのような気がしてなりません。大震災は胸のつぶれるような体験ではありましたが、同時に生きることの意味や自分にとっての大切なものについて、もう一度考えるきっかけにもなりました。

絶望的な状況の中でも、人と人とが助け合い、つながりあい、手をさしのべあって生きることが可能なのだということ。人との関わりの中にこそ、希望はあるのだということ。日々を丁寧に生きていくことが、実は希望の火を絶やさないことにつながるのだということ。

当たり前のことではありますが、そうした「希望」を忘れないで生きていくことが、私たち大人の責任なのだと思わずにおれません。

今回の出産に伴い、本当にたくさんの、たくさんの方々から祝福の言葉をいただきました。一つひとつの言葉に、涙がこぼれそうになります。そんなたくさんの愛情とサポートをいただいて、いのちと希望と生きることの大切さを、改めてかみしめている毎日です。

私自身、高齢、初産、双子というハイリスク妊娠の3乗くらいだったこともあり、同じ時期に入院していた部屋には、様々なリスクを抱えていらっしゃる方々が大勢いました。重い心臓病を抱えている子どもを持つ方、双子で切迫早産になっている方も。NICUのある総合病院だったこともあり、同室の方々と抱えている不安について話すこともできました。

いのちが生まれるということは、文字通り「奇跡」であり、生まれてくるということは、無条件で喜ばれ、歓迎されることである、ということを、これほど強く感じたことはありません。生まれてくるいのちに価値の上下などないのだと、どの子どもも社会の宝物であるということを、改めて痛感した日々でもありました。

今は新しい生活に慣れることに精一杯の日々で、一日があっという間に過ぎていきます。この年齢になって、こんな新しいチャレンジを与えてくれた二人に心から感謝です。きっと想像もつかなかったような世界の広がりを、見せてくれるに違いありません。そして自分自身がアサーティブになることも、きっと試されることがたくさんあるでしょう。

希望を忘れない。震災からもうすぐ1年になる今、新しいいのちとともに、歩んでいきたいと思います。

アイコン

子どもに対するアサーティブはあるのか

カテゴリー:講座から

2012.01.17

最近ある方からご質問をいただきました。それは、「子どもに対してなかなかアサーティブになれない。どうしたらいいのか」というものです。これは、講座の中でも実に多く質問を受けることなので、今日はそれについて書いてみます。

子どもに対してキレてしまう、落ち着いて話したいのについ感情的になってしまう、何か言おうとすると小言や文句になってしまって、そんな自分に自己嫌悪。そういう時に「子どもにアサーティブに言う」にはどうすればいいのか、ということです。

私の考えは、「ノー」であり、「イエス」でもあります。

「ノー」の理由としては、「"対等性"について十分理解する前に、一番言いやすい相手(子ども)を相手にアサーティブのスキルを使うのは、ちょっと待ったほうがいい」ということです。

アサーティブの大きな柱の一つに「双方の対等な関係を目指す」というものがあります。親と子ども(未成年者)の場合、経済的にも精神的にもあまりにも大きな力関係の差があり、残念ながら親子の対等性は担保されておりません。そういうときに、親が自分の要望をアサーティブに伝えようとしても、子どものコントロールや管理になってしまう危険性があります。

私たち大人は心の中で「親の言うことには従ってもらいたい」「宿題をちゃんとやってもらいたい」「(大人の望む)"良い子"でいてほしい」などの要望や期待を持っています。それを言葉にすることは実に簡単です。しかしそのような要望をアサーティブに伝えたとしても(みなさんがすでに何度も試した通り)、望み通りの結果になることはほとんどないのではないでしょうか。

したがって、子どもに対してアサーティブに何かを要求する「前に」、アサーティブという奥の深い理論とスキルを、まずは自分自身に対してと、周りの大人との人間関係の中で、十分に使えるようになってから、子どもと向き合うことを考えていただけないか、ということなのです。

私が考えているのは、次のようなことです。

一つは、親自身が自己信頼を持つことです。
罪悪感に飲み込まれたり周りを責めたりすることなく、周囲の大人と誠実で対等な関係を築く力をつけること。親が子どもにあたってしまうときは、自分に余裕がなかったり、自信をなくしていたり、仕事や家事で疲れていたりする場合がほとんどです。「子どもが○○だから言わなくちゃ」の前に、「自分は何を感じ、何に腹を立てているのか」「本当の問題はどこにあり、向き合うべき相手は誰なのか」を考えて、自分自身と正直に向き合って考えることが先です。その上で、「自分はベストを尽くして精一杯やっている」ということを忘れることなく、自信と誇りをもって子育てにかかわってほしいということです。

もう一つは、パートナーや友人など周りの人に、子育てを一人で抱え込むことなく、上手に助けを求めて協力体制を作ることにアサーティブの理論とスキルを使えるようになることです。相手を責めることなく自分が卑屈になることもなく、率直に、誠実に、そして対等に自分の求めることを言葉にしていくこと。これはまさに日々の実践で練習できることですね。

日本の子育てをめぐる状況は、決して豊かなものではありません。
それは絶対に変えていく必要があると思っています。

アサーティブは直接的に社会を変えていくアクションであるというよりも、親が孤立感や罪悪感に足もとをすくわれて自責や他責、非難等に走ることなく、リラックスして自分を愛し、子どもを愛し、周りの人と協力できる「自分の内側の力」を鍛えていくことに役立ちます。社会を変えていくには知恵も仲間も経済も政治も必要です。社会的な活動をするグループの中でも、メンバー同士が敬意を持って協力し合い、アサーティブに話し合って問題解決ができるようになることこそ、長い目で見てよりよい状況へと変えていく力になるのではないでしょうか。

大人の私たちが、本当の意味で自分も相手も大切にできるようになれば、きっと子どもたちと向き合う姿勢も変わってくると思います。気づいたら「自然に」アサーティブな会話ができるようになっているはずです。その時は、「子どもにどう伝えよう」ということの答えは、すでに自分の中で見えているに違いないと、私自身は思っています。

アイコン

問題解決のための対話の力

カテゴリー:事務局から

2011.12.24

アサーティブトレーニングの中で行うロールプレイでは、「相手に〇〇を伝えたい」という思いを具体的な要求にして、攻撃的でもなく受身的でもなく誠実に率直に対等に伝えていくということを練習していきます。しかし、どんなにアサーティブに伝えたいという思いを持っていても、必ずしもそれが本当に問題解決につながっていかない場面に遭遇することがたびたびありました。

私たちの主催講座の「アドバンス講座」の中では、「相手を攻撃しない感情の伝え方」、「立ち位置を対等にする」などのテーマで、そうした「問題解決に向けての対話」を進めていくことに時間をかけて取り組んでいきます。どんなにアサーティブな姿勢であっても、結局は相手を一方的に責めてしまうという「おいしいワナ」に陥ってしまうことは、本当に、本当によくあることだからです。

アサーティブは、単に、「話す」「聞く」だけではなく、「対話を通じて問題解決をしていく視点を持つ」ことが不可欠なのですよね。

ところが、アサーティブのスキルを手に入れると、自分の思いに一生懸命になるあまりに、自分にとっても相手のとっても最良の解決策を一緒に探っていくことよりも、「伝えきる」ことに注力が注がれてしまうことは、よくあることなのです。

実は、来年度4月に学習会を企画しています。それは、まさに「問題解決に向けてのアサーティブ」ともいえる視点を、私たちが持つための時間です。

本当に自分の意見をしっかり伝えているか、その際、相手の立場をしっかりと踏まえているか、感情と事実認識を区別して伝えているか、相手のいいところまで否定していないか、対話をすることはお互いの成長に貢献したか(対話することで、自分が傷つき、相手を傷つけていないか)」、と問いかけているのは、稲葉一人先生。稲葉先生は、元大阪地方裁判所判事で、現在、中京大学法科大学院教授、久留米大学医学部客員教授、熊本大学大学院客員教授をされています。この先生を呼んで「メディエーション」についての学習会をする予定です。

「メディエーション」とは、一般的には「調停」とか「あっせん」とか言われますが、民事上の紛争を第三者が入って「対話で問題を解決する」というものです。例えば、マンションでのトラブル、医療事故の問題解決など、裁判まで行かなくても当事者同士が話し合って問題の解決をしていく必要があるときに、対話で当事者が問題解決できるように、第三者がファシリテーターとして介入して問題解決を促進してくものです。

そこに求められているのは、お互いを理解しながら粘り強く対話を促進していく心の力、そして個人の対話の力です。

この研修については、年が明けましたらウェブ上でアップしますね。興味のある方、ぜひぜひご参加を検討ください。

さて、今年もあと1週間程度となりました。皆様には本当にお世話になりました。来年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

アイコン

もう一歩踏み込む勇気を

カテゴリー:汐生の思い

2011.12.18

傷つきやすい人が増えている、というのは、ここ数年の傾向です。何気ない一言に過剰に反応して、腹を立てたり、キレたり、関係を切ったり。一方で、自分が傷ついたのはあなたのせいだという「他責」の傾向も増えています。傷つけた相手を執拗に恨んだり、謝罪を要求したりという「モンスター〇〇」も、確実に増えてきているように思います。

こういう時代だからこそ、私は次の2つのことを心にとめておきたいと思っています。

一つは、伝える側として、「言いさえすれば相手はわかってくれるという思い込みを捨てる」ことです。相手は自分とは全く違う「他者」ですから、たとえ共に暮らす身近な人であっても、言葉を尽くして表現しないと伝わらないし、たとえ言葉にしたとしても理解に至らないことはたくさんある、という前提に立ってみるのです。

もう一つは、受け取る側として、「言葉の裏にある思いにもう少し踏み込んでみる勇気を持つ」ことです。相手の言葉尻をとらえて腹を立てたり、表面的な言葉にいちいち傷ついたりしないだけの心の余裕と、「どうしてなんだろう」と相手を深く理解しようと思って向き合ってみるのです。

同時に、誰かを傷つけるとか、自分が傷つくことが、「人間としてダメでいけないこと」と思いこんでいるかもしれない自分自身を、丁寧に検証する必要もあるように思います。相手を傷つけた私はひどい人、私を傷つけたあなたは悪い人、となってしまう限り、「もう一歩踏み込んでお互いの理解を深める」という地点にはたどり着かないのではないでしょうか。

社会が多様化するということは、自分の経験値だけでは「わからない」人が増えていく、ということですよね。価値観がまったく違う、文化や背景が異なる人と対話をしなければならないという機会が増えてくることを、覚悟することでもあります。そういう時代だからこそ、傷つくのも当然、傷つけるのも当然のこと、「だから、何?(So, what?)」くらいに構えて、その痛みを超えてもっと深い人間関係を築くという方向に進んでいく。そうして初めて、私たちの社会は、「寛容さ」を身につけることができるようになるのではと、最近つくづく思うようになりました。

痛みは、とても意味のあるシグナルです。自分と相手との違いがはっきりする「境界線」が見えることであるし、「ああ、自分はこういうところで傷つくんだ」と自分を知る機会にもなります。相手の言葉や態度が嫌だったら、きちんと「〇〇の言葉はやめてほしい」と、誠実に、率直に、相手を尊重しながら伝えましょう。同時に、相手が嫌な顔をしたら、「私の言葉の何が嫌だったか、教えてもらえないだろうか」と、率直に聞いてみることで、相手の理解も進んでいくでしょう。

人はみな違って当然。頭でわかっていることですが、実際に起こる不協和音に対処できる力を、少しずつつけていきませんか。もう一歩踏み出して、言葉を尽くして対話をしていく勇気を、一緒にはぐくんでいきましょう。

アイコン

アサーティブであればすべての人とうまく行くわけではない

カテゴリー:講座から

2011.11.16

自分がアサーティブになれば、嫌いな人はいなくなる、と思われている方がいらっしゃるようです。残念ながら、アサーティブになるということは、周りの人すべてを好きになったり、すべての人との関係がよくなる、ということではありません。

私たちは、今まで以上に価値観も文化も考え方も多様な社会の中に生きています。今回の大震災の後でも、身近な人たちとの思わぬ価値観の相違に改めて驚いたという人もいたのではないでしょうか。従って、ウマが合う、合わない、好き、嫌い、という感情は、自分と違う「他者」と共に生きている中で、必然的に生じるものであるのです。

むしろ、アサーティブに振る舞うことで、これまで問題がない(かのように見えた)関係に「波風が立つようになる」ということは、大いにあることです。

アサーティブなコミュニケーションを取ることは、相手を好きになることでは必ずしもありません。問題がなくなるということでもありません。目の前にいる相手が好きか嫌いか、得意か苦手か、ということについて正直に自分の気持ちを認識したうえで、その、好き・嫌いの感情に振り回されないで、アサーティブに振る舞い、問題解決に取り組んでいける、ということなのです。

相手のことが嫌いだからといって、ぞんざいな態度をとってもいい、バカにしてもいい、ということでは、決してありません。どうしても好きになれなくても、苦手であっても、逃げ腰になることも斜に構えることもなく、誠意をもって率直に、対等にコミュニケーションを取ることを忘れない、ということなのです。

自分がこうなるのは、あなたのことが嫌い(苦手)だからだ、と、自分の行動を相手のせいにして責めることもしません。苦手な相手であっても、向き合って話をするときには、お互いを尊重し、自信をもって、話し合いをあきらめないで続けていこうと、覚悟を決めるということでもあるのです。

最初は苦手でも、話し合いを続けていく中で、相手のことが理解できるようになって、好きになったり、許せたり、ということは、いくらでもあることです。その反対ももちろんあります。人間の感情はそれくらい、不確実で変化するものである、と思って、おつき合いする方が、世界の奥行きは広がっていくのではないでしょうか。

大事なことは、自分の感情に振り回されることなく、反対に感情を殺してしまうこともなく、あきらめずに粘り強く対話を続けていけるようになること。引き続き、チャレンジしていってくださいね。

アイコン
前のページへ   4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る