HOMEアサーティブを深めたいAJ代表日記 > 事務局から

AJ代表日記

アサーティブジャパン代表の森田汐生が、講座での感想や、日々の生活の中で感じたアサーティブネスにまつわるエピソードをアップしていきます。
過去の記事はこちらからどうぞ。

法人11年目から目指すこと

カテゴリー:事務局から

2015.05.27

先日の5月23日は、アサーティブジャパンの社員総会でした。昨年は"これまでの10年"を振り返る時間でしたが、今年は"これからの10年"を考える総会となりました。

NPO法人アサーティブジャパンは市民活動団体です。なので、定款の第3条にはこんなことが書かれています。

「本法人は...(中略)...市民のコミュニケーション能力の向上を通じて、対話を土台とした暴力のない社会、国籍、人種、性別などで差別されることのない社会(中略)の実現に貢献することを目的とする」。

これまで私たちは、アサーティブを広げ、アサーティブの伝え手を増やすことを第一の目的としてきました。どれくらいの人たちにアサーティブを伝えることができたかが、活動の目的の中心にあったと思います。事務局だけでも3年前から、年間1万人を超える人たち(昨年度は1万2千人)に、アサーティブのエッセンスをお伝えできるようになりました。

伝えた人数はOK。でも、私たちが本当に目指すものは何なのでしょうか。

アサーティブを伝え、"伝え手"を増やすことで、「社会の何を変えたいのか」を、本当にしっかりと考える時期に来ているように思います。アサーティブを知る人が増えることで、どんな変化が生まれるのか、社会のどんな問題が解決されるのか、あるいは解決する可能性が広がるのか。
そんな議論ができたことが、今回の総会でとても有意義な時間となりました。

例えば。

発達障害を持つ当事者の人たちの就労支援の現場で、職場で自分の状況を的確に伝えられる(「自分は〇〇ができないので待ってほしい」など)ようになることで、自信と誇りをもって仕事ができるようになる。その結果、当事者の人たちの就労が増え、離職が減った。

仕事の悩みを話したり、上司や部下との人間関係を見つめ直すためのサロンが会社内で開かれるようになり、職場で率直にモノが言える雰囲気ができてきた。

HIV陽性の当事者の人たちが、自己表現の権利に基づいて周りと対等な人間関係を築くことで、より前向きな人生を生きられるようになってきた。

小さな子どもを持つ母親たちが、夫や家族、地域の中でコミュニケーションを取るようになり、孤立しなくなることで、子どもへの虐待を減らすことができた、などなど。

相手を「敵」として見るのではなく、問題を共有し解決していく「協力者」として見ること、そして誠実・率直なコミュニケーションを重ねていくことで、相手との関係はより対等なものに変わっていくのですね。どんな状況であっても私たちは無力ではない、「変わる」ことは可能であるという希望。そんなプレゼントを、たくさんいただくことができました。

もう一つ、総会で確認したことは、「私たちは一人ではない」ということです。

以前山形の会員さんが虐待防止ワークショップを行った際、問題解決のためには、"知識"と"勇気"と、そして"仲間"が必要であると言っていました。そのことを今回も、仲間同士で感じる時間になったと思います。

「NPO法人アサーティブジャパン」の歴史は10年しかありませんが、アサーティブトレーナー養成の受講生は、15年以上も前からつき合ってきた大事な仲間たちです。その間に人生が大きく転換した人たちもいます。たとえ生活や職場は変わっても、アサーティブを学ぶ"仲間"であることは変わりません。「役割を離れた素の自分として、認め合える仲間」がいることは、私たちが厳しい現実に向き合う時に、どれほど心の支えとなっていることか。どこにいても「仲間がいて、話を聴いてくれ、支えてくれる」関係があることは、本当に、本当に心強いことなのだなと、私自身感無量になりました。

今年の総会は、一人ひとりが人間としての尊厳を失うことなく、お互い助け合って生きていける社会を目指すことを、改めてじっくり考える貴重な時間となりました。11年目も引き続き、軸がぶれないよう意識しながら歩いていきたいと思います。

アイコン

新入社員が必要な力:対人関係能力を

カテゴリー:事務局から

2015.04.08

年度末から新年度にかけて、国立の桜が今年も美しく咲きました。

今年はちょうど、国立の桜の時期が二人の子どもたちの卒園式に重なりました。私事ではありますが、我が家の双子が3月末に保育所を卒園し、4月から新しい保育園に通うことになりました。毎朝見送る二人の後ろ姿に"成長"を感じて、私もがんばらねば!と感じるこの頃です。

さて本題です。

新年度といえば、新入社員の方々の新入社員研修。今年はこれまでとは少し様相が変わっています。というのも、コミュニケーション力を重視し、「対人関係力」をつけてほしいというニーズが高まってきているように感じるからです。

これまでのビジネス上のコミュニケーションといえば、情報を正しく伝達するためのコミュニケーションのノウハウが主でした。報告書やレポートの書き方、ロジカルシンキング、プレゼンテーション術、傾聴法、及び報連相の方法などが、中心だったように思います。

ところが昨今、新人さんたちの対人関係力が弱くなり、「自分はできるはず」という間違った自己認識もあいまって、自分勝手に仕事を進めてしまう、大丈夫でないのに「大丈夫です」と言ってしまう、相談ができない、上司や先輩からのきつい一言に折れてしまう、などのことが顕著になってきました。人事担当者からは、情報伝達のIQ的なコミュニケーション能力だけではなく、人間の感情を取り扱えるEQ的なコミュニケーション能力の欠如に対する危機感があるように感じます。

今月は何件か新人研修を担当いたしますが、主に上司とのコミュニケーションの力をつけていただくことにしています。

具体的には
・早めに相談できる関係を作るスキル
・上の立場の人にも、時には「モノ申す」ことができるスキル
・関係を悪化させることなく「No」を伝えるスキル
・上司からの批判に落ち着いて対処できるスキル
などの力です。

ゆっくりと会社の文化に慣れながら、対人関係の力をつけていく時間も余裕もなくなってきた今の時代。だからこそ、対人関係のコミュニケーションを「スキル」として持っておくことが、新人さんにも必要になってきたのかもしれません。

がんばれ、新人さん。心からエールを送っています。

アイコン

フラットな組織こそアサーティブを

カテゴリー:事務局から

2014.05.21

最近ご縁があって、外資系の企業の人事の方と社内のコミュニケーションの課題についてお話をお伺いする機会が立て続けにありました。最近増えてきた、ハラスメント予防やメンタルヘルスの一時予防に関するコミュニケーションの課題は、どちらかと言えば上下関係のはっきりした旧来の日本型組織でよく見られることです。「立場が上」の上司が「立場が下」の部下に、(ハラスメントになることなく)相手を尊重しながらはっきりと注意をする必要性については、上下関係のある組織において管理職に共通した課題のようです。

ところが最近は、上下関係をむしろ排除した"フラットな"組織の中でのコミュニケーションの課題が注目されるようになってきました。肩書や力関係がそれほど明確ではない組織、社員の関係がフラットであり、管理職の肩書があったとしてもそれほど意味をなさない組織などで、実は「ものが言いづらい」という問題が起きているのです。

従来の日本の組織はいくつもの階層に分かれ、上下関係が明確であり、上司が部下を指導するというヒエラルキー型です。上司が部下に対して「相手を尊重しながらもきちんと叱る」という場面で、アサーティブの持つノウハウが大変役に立ちます。「立場でものを言う」ことは、その立場の人が腹をくくって、言いづらいことを言い、嫌われることを覚悟で伝えることを含んでいるからです。その意味で、これは「簡単」、なのです。

ところがフラットな組織では、立場の上下がないために、かえってモノが言いづらくなっているというのです。

フラットな組織でのコミュニケーションの課題は大きく分けて二つあります。一つは、友だち同士のように率直に言い合える関係であるにも関わらず、肝心なことが言えない、という課題。親しい関係であるがために、余計に注意をしづらくなっているケースです。もう一つは、独立した対等な関係であるために、お互いの専門性に踏み込めず、会議の場で誰も発言しないという課題。いずれにしても、立場の上下がないために、お互いに踏み込みあえなくなるケースです。

欧米式のフラットな組織のあり方を日本に導入することは、大いに賛成なのですが、日本の伝統的なマインドを払しょくすることなく組織形態だけを導入することには、大きなリスクが伴うのだということを、深く考えてしまいました。上下関係があるからこそ、実は言える場面がたくさんあるのですよね。上は上なりに、「上司だから仕方がない」と腹をくくって話さざるを得ず、部下も「自分は部下だから仕方ない」とあきらめがつくことがあるわけです。

ところが上下関係がない場面では、本当の意味でお互いが自律した「個」として、対等に率直に、建設的な形で意見を述べていかないと、業務の進行、及び組織の成長につながっていかない。「相手にどう思われるか」「場の空気を壊さないか」「関係が悪化するのではないか」という怖れに振り回されていては、本当の意味で成長することができない。アサーティブに、自分の意見を堂々と伝え、相手の意見をきちんと受け止める覚悟とマインドがあってこそ、フラットな組織を日本という場で運営することができるのかもしれません。

たとえ対立しても、一時的に関係が悪化しても、それでもお互いを尊重しながら言うべきことをアサーティブに伝えることを、組織のメンバーの一人一人が"腹落ち"して取り組む必要があるのでしょう。

アサーティブなマインドとスキルは、フラットな組織でこそ必要なのかもしれません。メンバーそれぞれが、本当に自立したアサーティブな人間であること。そんなことも、これからはご提案していきたいと思います。

アイコン

自分が変わり、周りが変わる

カテゴリー:事務局から

2014.02.12

私たちアサーティブジャパンには、全国に100人を超える会員さんがいます。一人ひとりが自分の現場で、地道にアサーティブを広げていってくれています。
その中の一つで、とても感動した話がありました。

「発達障がいをもつ親の会」の主催者でありメンバーでもある、会員のSさん。アサーティブを学んで5年になるのですが、その「親の会」の中で少しずつ、アサーティブについての話をしてきたそうです。ブックレットを一緒に読んだり、ちょっとしたロールプレイをやってみたりする中で、確実にメンバーの人たちと担任の先生との関係が変わってきたそうです。

初めのうちは、メンバーは自分の悩みを共有することで精一杯でした。「うちの子はこういう子だからと話したいが、忙しい先生に色々頼むのは申し訳なくて話せない」「何度言っても先生はあれをやってくれない、これをやってくれない」と、自分の立場を低めたまま、お互いに悩みや愚痴を話していたのですが、アサーティブを学ぶうちに少しずつ、「担任の先生にアサーティブに言ってみよう」という方向になってきました。

「うちの子が〇〇という支援を受けられれば、より良い学校生活を送れるようになります。なので、是非とも〇〇をお願いしたいんです」。適切な支援を受けられるように、具体的に、率直に必要な支援を要望すること。
まずは、それが第一歩でした。

その中で徐々に、「相手の立場の理解」ができるようになってきます。つまり、「先生はこちらの要望を聞いてくれない悪い人で、自分は犠牲者である」として考えてきたのですが、徐々に「先生も忙しい中でできる限り精一杯がんばってくれている一人の人間なんだ」と、先生のことも理解しながら話ができるようになってきます。その結果、担任の先生ともっと対等に話ができるようになったというのです。
それが第二歩です。

その上で、これまで要望ばかりをしていた自分自身の「責任」について、思いをはせるようになりました。つまり、「自分も、これまできちんと要望を伝えてこなかった」という自分の「言わなかった責任」を認められるようになってくる。その結果、自分ばかりが先生に要望する一方的な関係になるのではなく、自分もできることは精一杯やりますから先生もどうか言って下さいね、と、対等な立場で、一緒に子どもの成長に向き合っていく大人同士として、協力的に話し合いができるようになった、というのです。

社会の差別や偏見、問題の渦中にいると、どうしても「当事者」=ものが言えない被害者 v.s.「相手」=こちらを抑圧する悪者、としての構図に飲み込まれてしまいがちになります。しかし、アサーティブを知ることで、たとえ差別や理解のなさの対象であったとしても、だからといって自分は被害者でも犠牲者でもなく、自己卑下しないで振る舞えるようになる。同時に、相手を「悪者」として見るのではなく、問題を解決していく「協力者」として、対等に話ができるようになってくる。

そんなストーリーをSさんから聞いて、本当に感動し勇気をいただきました。

Sさんだけでなく、自分の現場で少しずつ、アサーティブを広げていってくれる全国の会員さんにも、頭が下がります。自分自身と周りとを、少しずつ少しずつ変えていくこと。自分も相手も尊重しながら、粘り強く対話を続けていくこと。

そんな取り組みを、社会の様々な場所で展開していく力をつけていかなくちゃ。私もあきらめないで地道にやっていこう、という大きな勇気をもらった年明けとなりました。

アイコン

子育て支援団体でのアサーティブ

カテゴリー:事務局から

2013.12.18

私たちはNPO法人として、ミッションに沿った活動をしています。その中でも清瀬市にある子育て支援団体『NPO法人ウイズアイ』では、ここ数年にわたって「アサーティブ」を様々なグループ活動の中で活用していただいています。

役員の一人でありアサーティブジャパンの会員でもあるMさんに、「アサーティブって、どんな風にお母さんたちに役に立つの?」と聞いたことがありました。

Mさんはこんな風に答えてくれました。

「子育て支援のグループの多くは、情報の交換や交流の場であることが特徴なのだけど、そこに集まってくるお母さんたちがアサーティブを知っていることで、すごくいい関係ができてくるのよ。

今の若い親の世代って、相手に合せすぎる傾向があるし、言いづらいことがあってもメールで済ませて、きちんと向き合って関係を作ることが苦手な人が多いのよね。でもね、アサーティブを知っていると、『あの人が〇〇だから、自分は言えない』などと、自分が言えないことを誰かのせいにするんじゃなくて、『やっぱり顔を見てきちんと伝えなくちゃね』というように、しっかりしてくるの。

パートナーとの関係も、そう。グループで集まると、どうしても夫の愚痴が多くなってしまうのよね。でも、アサーティブトレーニングをして、小さなことでも言葉にしてきちんと伝えよう、というスタンスとスキルを身につけることで、お母さん同士が愚痴を言うだけじゃなくて、建設的な関係を作れるようになってくるの。困っていることを話したら、『じゃ、なんて言ったらいいかしら?』『だったら、"手伝って"って、頼んでみたら?』と、建設的なアドバイスもできるようになるし。

つまり、お母さんたちが、一人の人間として自律するようになってくるわけ。夫が協力してくれないとか、お義母さんが何かをするからと愚痴を言いながら待つという受け身の姿勢から出るようになる。そして、自分から行動を起こす責任を自分は負っているんだと、背筋を伸ばして積極的に、そして対等に、他人と関われるようになってくる。

それがグループに、ちょっとピリッとした緊張感を与えてくれていて、すごくいいのよね」と。

活動に参加するメンバーがアサーティブを知っていることで、お互いの自立した対等な関係作りが進みやすくなるんですね。気持ちを言えずにため込んだり、遠回しに態度で伝えようとすると、せっかくのよい活動でも中の人間関係がぎくしゃくしてしまう。でも、アサーティブの知識とスキルが、団体内の人間関係のベースとして機能するということが、活動をより建設的に進めていく力になる。

そんな話を聞いて、とても勇気づけられました。

ちなみにNPO法人ウイズアイは、昨年度、住友生命/第6回「未来を強くする子育てプロジェクト」未来賞を受賞しています。すばらしい活動にいつも本当に頭が下がっています。

これからも長いおつき合いをしていきたいです。

アイコン
  1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る