HOMEアサーティブを深めたいトレーナーブログ > 森田栄子

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

相手に「反省させたい!」と思ったときこそ、アサーティブに

カテゴリー:森田栄子

2017.10.06

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の森田栄子です。

アサーティブトレーニングを実際に体験された方はおわかりかと思いますが、アサーティブとは「伝え方」だけでなく、「人と向き合うときの心構え」を大事にしています。
そのなかでも、相手と「対等」に向き合うということは、本当に難しいものです。
特に相手と立場の違い・上下関係があるときや、思いがけない批判を受けたときなどは、人として対等に接すること自体が大きなチャレンジとなります。

そんなとき、よく思い出す出来事があります。
昔のことですが、祖父が亡くなった際、位牌に書かれた文字に間違いがあることに気が付いた時のことです。
亡くなった祖父を思うと「長年の檀家である寺の住職の手によって書かれたものなのに、ここを間違える!?」と怒りがこみ上げてきました。

頭に血が上った私は、「寺に文句を言って住職に謝罪と反省をしてもらわねば!」と思い、どうすれば一番効果的かを考えました。

そこで思いついたのが、我が家の相談役で、社会的信用がある大叔父から「大事な位牌の文字を間違えるとは、一体どういうことだ!」とガツンと苦情を入れてもらうことでした。
当時若かった私が伝えるよりも、大叔父から厳しく注意してもらったほうが、住職が深く反省するのではないかと思ったのです。

それを伝えると大叔父は私の期待に反して、穏やかに「では、お寺に失礼にならないようにお話しましょう」と言ったのです。
私はそれを聞いて、「失礼にならないようにってどういうこと?だって失礼なのはお坊さんのほうでしょう?」と納得できない思いでした。

とりあえず大叔父が住職に話をする場に同席させてもらったのですが、そのときの大叔父は上から威圧的にガツンと言うのでもなく、かといって下手に出たりご機嫌をとるのでもなく、住職の話を聞きながらも丁寧にこちらの気持ちや要望を伝えていました。

その姿を見て、私は感動してしまったのです。

『どんな人でも間違うことがある。だからこそ、相手の立場を思いやって、相手の話に耳を傾けながら自分の意見を伝えることが大切なんだ』
ということを目の当たりにした瞬間でした。

上から言うのでもなく、卑屈になるのでもない。相手と対等に向き合うということは、こういうことなんだと教えてくれたような気がします。

対等な心の姿勢は、言葉や行動に表れる。
だからこそ心の中で相手を責めたり、犯人探しをするのではなく、どんな相手に対しても敬意を捨てずに向き合っていくことで、関係を壊さずに問題を解決していくことができることを学びました。

ことあるごとに、あのときの大叔父の姿に「対等」であることの凛々しさと優しさが蘇り、新たな気持ちで相手と向き合う勇気となっています。
アイコン
フレームアンダー

相手への見方が変わると関係が変わる

カテゴリー:森田栄子

2016.09.15

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の森田栄子です。

私はアサーティブの考え方の中で、特に好きな言葉があります。それは
「コミュニケーションパターンはその人の本質ではなく、クセである」
という考え方です。
そのことに関して、思い出したエピソードを書いてみます。

先日、親族の一人から強い口調で批判をされました。高齢の親の介護方針をめぐって、私たち夫婦を一方的に責めるような内容で、正直かなりびっくりしました。

昔の私だったら即座に感情的に反論するところですが、アサーティブを学んだおかげで、相手の言い分に耳を傾けて冷静に話をすることができました。

しかし、話し合いが終わった後で、自分の中にまだかなりの怒りがあることに気づきました。

たしかに冷静に相手の話を聴いて話をすることはできたかもしれません。でも内心私は
「そんな言い方はないでしょう?」
「なんでこちらの苦労をわかってくれないの?」
と、相手へのネガティブな感情で心も頭も一杯になっていたのです。

翌日、アサーティブの仲間たちにこの話をすると、「きっとその親族の方は不安でたまらなかったのよね」「なんとかしたいと焦っていたのかもしれないね」という視点で率直な感想を言ってくれました。

たしかにそうかもしれない。
相手は私を責める意図ではなく、きっと不安でたまらなくて、でもなんとかしたいという気持ちで、言い方がキツくなってしまっただけかもしれない。
そんなふうに相手へのポジティブな視点が得られると、自分の中の怒りがすーっと軽くなっていきました。

翌日、その親族の方と話す機会があったとき
「詳しい情報を伝えていなかったから、きっと不安でしたよね」
という言葉がするっと口から出てきました。
するとその方も
「そうなのよ。この前は感情的になって悪かったわね」
という言葉が返ってきたのです。

私自身の相手への見方がかわったことで、相手の反応がこんなにも変わるなんて。
苦手な相手の「攻撃的な」言い方は、その人の「本質」ではなかったのです。

「コミュニケーションパターンは、その人の本質ではなく、クセである」

アサーティブで大切にしているこの言葉の意味を、あらためてかみしめている今日この頃です。

アイコン
フレームアンダー
  1  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る