HOMEアサーティブを深めたい > トレーナーブログ

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

医師と交わしたさわやかなコミュニケーション

カテゴリー:桜沢信江

2015/11/17

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の桜沢信江です。

先日、右目が飛蚊症(黒い線状の物がちらちら見える)かもしれないと軽い気持ちで眼科を受診しました。
すると検査で網膜に穴が開いている状態の網膜裂孔だと判明。すぐにレーザー手術で周囲を固める必要があるとのこと。

「え? これからすぐ手術ですか?」
「そうです、網膜剥離にならないために今すぐやります。1か月は激しい運動は控えてね」
「え! 実は10日後に夫と一緒にマラソン大会で走る予定があるんです。この日のために練習を積んできたので、どうしても参加したいんです。手術はマラソン後にできませんか」
と私は必死にお願いしました。

すると医師からこのような返答が。

「夫婦2人で走るの! それは楽しみだよね。何とか出場させてあげたい。でもね、手術の延期はできないよ、今日行うことは決定、これは譲れない。明日にでも網膜剥離になる可能性はあってそうなったら入院して手術でとても危険です、理解してもらえますか?」と。
 
「確かにそうですね、わかりました、手術は今日お願いします。ただ10日後の大会出場は絶対に無理なことでしょうか?」と聞きました。すると、

「1か月運動がだめという規定があるわけではない。だから1週間後に経過が良好かどうか確かめて大丈夫だったら私の判断でOKしましょう。但しこの1週間は絶対走っちゃだめ、大会に出られたとしても全力はだめ、途中で異変を感じたら棄権すること、約束できますか?」と。
「はい、約束します!」ということで即手術の運びとなりました。

私はこの時の医師との後味の良いコミュニケーションをとても嬉しく感じました。

医師は私の気持ちを尊重しきちんと受け止めてくれた上で、医師として今とるべき行動を明確に示して下さった。私は説得させられた感は全くなく、今回大会を諦めることになっても仕方ないと覚悟でき、納得した上で手術に臨むことができました。

患者は医師からこうして下さいと強く言われた場合、自分の気持ちを正直に言えず何も聞けず気持ちがざわついたまま過ごす時があると思います。もちろん役割上は専門知識をもって治療をする医師とそれに従う患者という上下関係はあります。

ただ、医師や患者である前に一人の人としてお互いを尊重し合った態度で誠実に率直に対話ができたなら、患者としては無理やり説得されたと沈むことなく、そういうことならと納得できる結果が得られるのだということを実感できた出来事でした。

お陰様で経過良好につき夫と二人ゆるゆると楽しみながら走れたマラソン大会。とても嬉しかったです。
素晴らしい医師との出会いに感謝します。

アイコン
フレームアンダー

小さな変化が自分を救う

カテゴリー:寺地典子

2015/10/15

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の寺地典子です。

皆さんは困ったり助けてほしいと思った時、素直に「助けてほしい・手伝ってほしい」と相手に伝えることができますか?遠慮がちで遠回しなやり方ではなく、また一方的に押し付けたりせずに伝えるのは、場面によってはけっこう難しいものです。

私は今でこそ
「お忙しいところすみません。○○について教えていただけますか?」とか、
「○○の件でご相談があるので10分ほどお時間をいただけませんか?」
率直にと声をかけられるようになりましたが、アサーティブを学ぶ前は

「がんばれば一人でできるかも...」「できない人だと思われたくない」とか、
「相手も忙しいと分かっているので迷惑をかけてはいけない」
などと思い、困っていてもなかなか声をかけられずに一人で抱え込み、仕上がりの完成度が低くなったり、提出期限に間に合わずに周りに迷惑をかけてしまうことがありました。

先日仕事で使っているパソコンが壊れたので新しく買い替えてもらったのですが、できる人には簡単なことも、機械が苦手な私には壊れかけのパソコンからデータのバックアップを取ったり、新しく設定をすることは雲をつかむくらい難しいことでした。

アサーティブを学ぶ前の私なら、何もかも自分でやろうとして膨大な時間を費やし、仕事は進まず頭を抱えていたと思います。

しかし、今回は自分で調べたり実際にやってみたうえで、それでもできなければ一緒に操作をやってもらったりお願いして、無事に新しいパソコンに移行することができました。(ヘルプしてくださった方々に感謝感謝です)

「助けてほしい・手伝ってほしい」と伝えられるようになることで仕事の効率がアップしたり、クオリティが上がったり、ストレスが軽減されたり、助け合える関係が構築できるなどのメリットが沢山あります。

それはほんの小さな変化かもしれません。
でも人生を長い目で見てみると、それはきっと大きな変化をもたらすことにあると思うのです。

もし、ヘルプを求める声かけがしづらいという方や、反対に一方的にお願いしてしまうという方がいらっしゃいましたら、是非アサーティブジャパンの講座にお越しください。

アサーティブな伝え方のヒントがたくさんありますので、きっと解決の糸口が見つかるはずです。

アイコン
フレームアンダー

プラスのメッセージを言葉にして伝えたい

カテゴリー:谷水美香

2015/09/17

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の谷水美香です。

アサーティブジャパンの基礎講座のなかでは、「プラスのメッセージ(ほめ言葉や感謝の気持ち)を伝える」というテーマのプログラムがあります。その時の参加されているみなさんの表情は、本当にニコニコされていて、いい笑顔です。

「日常あまりほめられたことがないので嬉しいです!!」と、よく言われます。

よくよく考えてみると、ほめられることがないのではなく、ほめる側がつい後回しにして、口に出していないのではないかと自身を振り返っても思います。

ほめ言葉なんて、いざ伝えるとなるとなんか恥ずかしいし。
またの機会に言おう。今じゃなくても...。

そうしているうちに時は過ぎていきます。

でも大人とは異なり子どもたちは本当にストレートにいろんなことを伝えてきます。ほめ言葉も同じです。

私は高校で国語の授業を担当しています。
生徒から
「先生の授業わかりやすいよ」
「今まで嫌いな教科やったけど、好きになったわ」
なんて言われると、とっても嬉しくなります。これは教える側にとっては最大のほめ言葉です。

もちろんほめられて、否定はしません。
「ありがとう!そう言われるの、とても嬉しい!!」とアサーティブに受け取ります。
その時、自分の体が温かくなっているのを感じます。心地良い感覚です。

日常生活が多忙な中、ともすれば、プラスのメッセージをつい伝えそびれてしまいがちですが、丁寧に言葉にして、相手に伝えていきたいと思います。

その時は、お世辞やヨイショではなく、もちろんアサーティブに。

アイコン
フレームアンダー

自分への要求も"小さく的を絞って"

カテゴリー:矢田早苗

2015/08/20

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン専属講師の矢田早苗です。

最近、疲れてくるとなぜかコツコツと手を動かす"手仕事"をしたくなります。
そんなとき本屋さんで一目ぼれしたのが「大人の塗り絵」。自分で絵を描くなんてできないし、そもそもセンスがないから塗り絵がぴったりだと思い、すぐに購入しました。
 
romantic_country.jpg(購入したのは「Romantic Country ロマンティック・カントリー 美しい城が佇む国「COCOT」のファンタジー塗り絵ブック グラフィック社 Eriy (著)」)

毎日少しずつ塗っていきました。
色を選んで丁寧に塗っていくと心が落ち着いてきて、不思議と頭の中もからっぽになります。
100円ショップで買った12色の色鉛筆では物足りなくなり、36色の色鉛筆も購入しました。とくに木々の緑を塗っていると無心になって、心がシーンとしてくるのがわかります。そうやって毎日せっせと塗っていたら、だんだん自分でも絵を描いてみたくなりました。
しかしその瞬間、自分の頭の中で声がしてきます。

「描けるわけない」
「そもそもセンスがない」
「どうせ挫折するにきまってる」etc...

頭の中のおしゃべりが止まりません。

でも、そんなときでも自分に誠実に、できるかどうかは度外視して
「自分はどうしたいのだろう」
と考えててみたら・・・やっぱり描いてみたい。

まず簡単なスケッチからしてみよう、ということで家の中を見回して、まず目の前に持ってきたのが小さなサボテン。

しかし、いろんな角度から眺めてみるもデコボコ、イガイガの多さに「こりゃあ無理だわ」と断念。
次に持ってきたのがヒヤシンス。
小さなお花がいっぱい・・・ これも「無理」。
でも待てよ、これ全部は無理かもしれないけど、小さなお花ひとつなら書けるかもしれない。

ひとつだけに注目して描いてみました。

すると、できはあんまり良くないけど、描けました。
それに、すごく楽しい!
遠近感やバランスがいまいちだけど、我ながら味があっていいと思う。

ふと、これってアサーティブと一緒だなと思いました。

アサーティブでも相手に出す要求は一度にひとつ。現実的な小さな的に絞ります。
今回、私が自分に課したのは「絵を描くこと」。
でもいきなり複雑なのは書けません。そこで目標(自分に対する要求)を小さくして取り組んでみたら・・・! なんとかできました。

私たちは、ついつい自分に厳しく大きな目標を立てて、それに対して「できるわけない」「こんなんじゃだめだ」と辛口の批評を出し続けることがあります。

それで必要以上に自信をなくしたり、自分はだめなやつと思い込んでしまったり...。
でももしかしたら設定した目標がものすごくあいまいで、ハードルが非常に高いのかもしれません。
そんなときは、自分に対する要望も小さく的を絞るといいかもしれませんね。

今日も家の中を見回して、シンプルな形のものをスケッチしてみます。
小さなことからコツコツと、気長にやっていこうと思います。

アイコン
フレームアンダー

それは本当にわがままな行動なの?

カテゴリー:竹崎かずみ

2015/07/14

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン専属講師の竹崎かずみです。

先日、応用講座(アサーティブジャパン主催)のスタッフとして参加した時のことです。
「批判に対処する」というテーマで、トレーナーからの「今まで言われた批判の言葉で覚えている言葉は?」に対して、一番先に頭に思い浮かんだ言葉は

「お肉が食べられないなんて、わがままだ!」

という批判の言葉でした。
今でも時々耳にしますが、小さいときから私が何度も言われてきた言葉です。

物心ついた時には肉類を食べようとすると吐き気がして、どうしても食べられなかったので、私のお肉嫌いは生まれつきなのかもしれません。

何と言っても一番苦労したのは「学校給食」でした。
私の小学校では「給食は残さず食べきるまでは帰れない」ルールがありました。
同じような経験をお持ちの方もたくさんいるのではないでしょうか?

今でも目に浮かぶ光景は、掃除が始まっている埃だらけの教室の片隅で、食べられないお肉を目の前にして汗だくになり格闘している自分の姿です。

高学年になってからは多少の知恵もつき、お肉の日は給食の時間が近づくと保健室に逃亡。またはパンにはさみ、そっとすばやく給食袋に入れて、帰り道に近所のかわいい秋田犬に差し入れ、などの技を駆使して生き延びていました。

今でこそ「ベジタリアン」という言葉が周知され、お肉を食べないこともひとつの選択肢として肯定的に認められるようになりましたが、40年以上前の小学生の私にはその情報もありませんでした。

なので、私の中では「お肉を食べられない=わがまま(ダメな人間)」という思考回路が出来上がっていました。

お肉が出る頻度も高い時代ですから、自分にダメだしする回数も多かったと思います。
「そんなことをしている自分はダメ!」「叱られる自分は情けない!」
「自分はわがままな人間なんだ~」と。

今は自分の身体に向き合い選択して生きていけるので、食べ物で苦労することは物理的には少なくなりましたが、今でも時々顔を出す癖があります。
それは、必要以上に自分で自分を否定する癖です。

その癖から抜け出すことは簡単ではありませんが、アサーティブトレーナーとして日々講座を担当させていただきながら、同時に皆さんと共にたくさんのことを学ぶ日々です。

「お肉は食べられない」けれど、だからといってそれは決して「わがまま」ではないということ。

何度も確認することは「相手からの批判の言葉を、自分自身がすべて取り込まなくて良い」ということ。この情報がなければ、今でも批判の言葉を取り込み、肉が食べられない自分はわがままなのだと思い込んでいたかもしれません。

批判をきっかけに自分を全否定することをやめるということは、自分自身に勇気と自己信頼を育んでいくことでもあります。
アサーティブトレーニングを伝えていくなかで、日々そのことを再確認している私です。

アイコン
フレームアンダー
前のページへ   1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る