HOMEアサーティブを深めたい > トレーナーブログ

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

私は自分の可能性を十分に生かしているだろうか?

カテゴリー:谷澤久美子

2015/06/16

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師谷澤久美子です。

静岡では2013年から3ヶ月に1回開催している「アサーティブカフェ」。
前回の「アサーティブカフェin静岡」では<自己信頼>をテーマに、学び合い&おしゃべりをしました。

その際、アサーティブジャパン代表の森田が汐生書いた本「怒りの上手な伝え方」(すばる舎/発行)の本の中からワークをやってみたのですが、ファシリテーターを務めた私にとっても良い時間となりました。

本を持っていらしたら、ぜひ188ページを開いてください。

「自分をどのぐらい肯定できているのか、チェックしてみるのもいいでしょう。
 鏡の前に立って、自分自身を眺めながら正直に問いかけてみます」
 『この人と友達になりたいですか?』・・・」

この問いを含め全部で7つの問が書かれています。
参加者の皆さんには、持参いただいた鏡の中に自分の顔を映し、その顔をみながら、私が読み上げる問いに応えていただきました。

静かな静かな時間でした。

読み上げながら私自身、もやもやする問いがありました。
それは
「この人は、自分の可能性を十分に生かしているでしょうか?」
という問いです。

よくよく考えてみると・・・

(だって時間がないもん)
(どうせ、うまくいく訳ないし)

などと頭の中で言い訳爆発!!!

もやもやしていたのは、そういう状態の自分を自分自信で認識したくなかったからだと気がついたのです。

私にはやりたいことがあります。

それは17年前に、アサーティブトレーニングを受講しようと考えた動機にもつながっている「子どもたちにアサーティブを伝えたい」という想い。

新しい年度はこのことに、もっともっとどん欲になろうと決めました。

本の中で森田は言っています。

「もしも答えがノーであったら、その理由や打開策を探してみましょう。
 どうすれば、イエスと気持ちよく応えられるのか。
その理由を探るうちに、『本来、こうなりたい自分』を思い出すかもしれません。
そして、「じゃあ、これから○○しよう」という一歩を踏み出すきっかけが見つかるのではないでしょうか』

 「私には大切にしたいことがある」そのことを思い出させてくれたワーク。

みなさんも、鏡をみながら、自分自身と向き合う時間をもってみたら、いかがでしょう?

さて、後日談。
そう考えた途端、中学生への授業の依頼がありました。
まずはトレーナー仲間たちと、授業のアイディアを話し合うことから始めようと思います。

アイコン
フレームアンダー

時代が変わってもアサーティブの本質は変わることなく

カテゴリー:中野満知子

2015/05/14

フレームトップ
schefflera.jpgこんにちは。アサーティブジャパン認定講師の中野満知子です。

娘の部屋のシェフレラの鉢植え、見るたびに大きくなっていて、葉もたくさん茂り、今やその丈は80センチを超えんばかりに育っています。初は数センチ、「かわいい」と思わず購入したという気持ちが良くわかるほど、その姿はキューピーさんの手のような小さな葉がぱっと広がったものでした。育てやすく、挿し木で簡単に増えると、あとで知ったそう。
なかなか植物が育たない、「何でもすぐ枯れちゃうの」という妹の所へ、枝を切っておすそわけ、根元を水で包んで~などと説明してるのをほほえましく眺めつつ、さて根は出てくるのかと親木を見ながら話しかけたりしています。

アサーティブに出会った20年前、その言葉の響きは新鮮で、自分に誠実であることや対等であることという教えに、目からうろこが落ち、私の中に小さなアサーティブの葉が開きました。その当時の私は、女性であることや妻や母親・嫁としての役割で生きていることに違和感を覚えていました。
自分に誠実に、なおかつ相手を尊重するとはどうすることなのか? もっとアサーティブを深めたくて、伝えたくて他の団体事務所の一角をお借りし、机一つと電話一本から始めたアサーティブジャパン。あれから17年の時を経て、今や全国に120名近くの会員を抱える団体となりました。

アサーティブという言葉も、当時は公民館などの主催者側からは「よくわからない言葉なので他の言葉で表現してほしい」と頼まれたものですが、最近ではぐっと言葉の知名度があがってきました。

でも言葉が広がった分、「アサーティブって私に合わない」「アサーティブは嫌い」などの否定的な声も時として見聞きするようになりました。
「アサーティブが嫌いってどうしてなのかなあ?」と不思議に思いその方に尋ねてみると、一言でアサーティブといっても相手に「イエス」と言わせるものだったり、講座の中で「アサーティブになりなさい」と強要していたりと、私たちが大事にしているアサーティブの本質とは違う形で教えられていたりや伝えられている現実があるということも知るようになりました。

シェフレラは葉をそのまま挿し木で増やしてゆきますから、形を変えることはありません。
アサーティブの真髄も、何一つ変えることなく正しく伝えてゆきたい。

だから、いちいち「今の私誠実だったかな?」「対等に伝えるとしたらどう表現すればいいかな?」と常に自分に問いかけながら、襟を正しつつ、「アサーティになりたい」「アサーティブっていいよね」そんな言葉がもっともっと多く聞こえるように、まだまだアサーティブの枝葉を茂らせてゆきたいと思うのです。

アイコン
フレームアンダー

「すみません」から「ありがとう」へ

カテゴリー:桜沢信江

2015/04/22

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の桜沢信江です。

同居をしていたとても元気だった義母(87歳)が昨年9月、突然この世を去りました。
「ピンコロ(ピンピンコロリ)で逝きたい」と常々話していた義母。
彼女の願いは叶えられましたが、残された家族はあまりにも突然すぎて暫く現実を受け入れられず深い悲しみに浸りました。

義母との同居期間は4年と短い期間でしたが、その間私は彼女から沢山のことを学びました。
中でも「人として対等に向き合う」ことの大切さ。
人間関係を築く上で本当に大切なことだと教わった気がします。

同居を始めて以来、私が仕事で出かけている間、義母は家族全員分の洗濯や掃除を自ら率先してやってくれていました。
それが同居中の嫁としてはとても申し訳なく思えて、「いつもすみません、すみません」と
「すみません」ばかりを繰り返していたある日、義母が私に言いました。

「そんなにすみませんって謝られると、何か悪い事をしてる気がするな。適度な運動になると思って好きでやってること、謝らなくていいよ」と。

責めるのではなく穏やかな口調で。
私の「すみません」の連発が義母を心苦しく思わせていたことに、その時初めて気づきました。

誠実に率直に、そして対等な姿勢で気持ちを言葉にしてくれた義母。

それ以降、私は「すみません」ではなく「いつもありがとうございます」と伝えることに決めました。

そうすると義母も今まで以上に張り切って色々取り組んでくれている感じがしたし、私も嫁だからと必要以上に自分を下に置くことなく徐々に同じ女性どうし対等な姿勢で接することができるようになった気がします。その結果、日々起こる様々な問題にも腹を割って話し合える関係性もできたように感じていました。

「すみません」を「ありがとうございます」に変えることで、対等な関係性への第一歩を踏み出していくことができる、これは義母から学んだ一番のアサーティブだと感謝しています。

義母が天国からいつも見守ってくれていることを感じながら、ありがとうございますの言葉を胸に、これからもアサーティブな日々を心がけていこうと思います。

アイコン
フレームアンダー

責める心は相手に伝わる

カテゴリー:寺地典子

2015/03/19

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の寺地典子です。

アサーティブジャパンが大切にしている考え方の一つに「Diversity and Equality(多様な価値観の人と対等な関係を築けること)」があります。たとえ意見や価値観が違っても、諦めることなく自分の考えをきちんと伝え、相手の話にも耳を傾けて問題解決に向かってコミュニケーションをとっていくことを目指しています。
しかし相手や価値観がと意見が違うときほど、私たちはつい相手を責めたり自分を責めたりしがちで、そこを乗り越えて対等に向き合うことは本当に難しいことだと実感しています。

私がアサーティブを学び始めた当初、どちらかと言うと意見を言えないタイプだった私はアサーティブの伝え方(スキル)を身につけることによって少しずつ自分の思いを伝えられるようになってきました。
それまで言えずにため込むことが多かったので「スキルを使えば意見を言える!」と感動したのを今でも覚えています。

しかし、しばらくすると「伝えることによる弊害」が起きだしました。
相手がだんだんと自分の意見を言わなくなっていったのです。

「あなたはどう思う?」と聞いても「ごめん」としか返事が返ってこず、「私に改善できる所があれば教えて」と言っても「特にない」と言われ、問題解決どころか泥沼にはまっていきました。

私が伝えれば伝えるほど、相手は心を閉ざしていったのです。

自分では言葉を選んで優しく話しているし、相手の話を聞こうとしているつもりでした。しかし、心の中では「私がこんなにアサーティブに話しているのに、どうしてあなたは何も言ってくれないの?そもそもあなたが××だから...」と相手を責めて立てていたのです。
口先だけで「あなたの話を聞くよ」「教えて」と言ってはいても、心の中では相手のことを攻撃していたそのまなざしが相手に伝わって、結局相手は心を閉ざしていったのだと思います。

そのことがあってから、言葉だけではなく心の中でも相手を責めずに向き合うことを心がけるようになりました。しかしそれはなかなか難しいことで、今でも内心感情的になって相手を責めてしまうことがあります。
でもそんな時には、気づいた時点で「ごめんなさい。言い過ぎました」と率直に謝ったり、日頃から挨拶や雑談もコミュニケーションとして大切にするなど、ここぞという時にきちんと話ができる関係を日頃から築くようにもなりました。

たとえ相手の意見や価値観が自分とは違っても、そのことで相手を攻撃しないと心に決めること。難しいけれどアサーティブであり続ける大切な第一歩かな、と感じています。

アイコン
フレームアンダー

「自分の責任を手放さない」ということ

カテゴリー:谷水美香

2015/02/17

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の谷水美香です。

私が最初にアサーティブを学んだ時に一番衝撃的だったのは、コミュニケーションにおける半分の責任を自分で担う「自己責任」という考え方です。
これは自分側にある「半分の責任」を放棄しないということ。
自分にはものごとに応答できる力があり、その力を自ら手放さないというものです。

アサーティブを学ぶ前までは、コミュニケーション上で、何か不都合が起きた時「原因のほとんどは相手にある」とみなしていたことが多々ありました。
何度も同じことを伝えているのに状況が改善されないのは、「相手の理解不足」であり「相手が行動を変えようとしていないからだ」などと思っていました。

なので、アサーティブにおける「自己責任」の意味合いを知った時には、まさに目から鱗が何枚もはがれ落ちました。

それからは「伝えている内容が相手にとってわかりやすかったか?」「相手が耳を傾けられるような、言い方をしていたか?」と、自分が伝える内容や伝え方ついて振り返るようになりました。

そのうえで自分の行動がまずかったと思ったのならば、それを率直に認めて言葉で伝えることも大事だと思うようになりました。

しかし、初めはそれがなかなかできませんでした。

「誤解を与える言い方をして、申し訳なかった」などの「申し訳ない」「ごめんなさい」がなかなか言えないのです。なぜなら「謝ったら負け」という考え方を持っていたからだと思います。

コミュニケーションは最終的に勝ち負けを決めることが目的ではないはずなのに、つい勝ち負けにこだわってしまう自分・・・。
難しいけれど、この意識を変えていくこともアサーティブな対話をしていくうえでは必要なことです。

自分の責任も認めて、それをも含めて相手に伝えること。

自分の行動パターンや考え方を変えていくには、葛藤もあります。しかしそれでも自分の行動を少しずつ変えていくことで相手との関係がよくなっていく経験をすると、「よし。次もアサーティブにいこう!」というやる気が出てきます。

こんなふうに行きつ戻りつをくり返しつつ、変化を楽しみながら日々アサーティブの実践をしている毎日です。

アイコン
フレームアンダー
前のページへ   1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る