HOMEアサーティブを深めたい > トレーナーブログ

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

「すみません」から「ありがとう」へ

カテゴリー:桜沢信江

2015/04/22

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の桜沢信江です。

同居をしていたとても元気だった義母(87歳)が昨年9月、突然この世を去りました。
「ピンコロ(ピンピンコロリ)で逝きたい」と常々話していた義母。
彼女の願いは叶えられましたが、残された家族はあまりにも突然すぎて暫く現実を受け入れられず深い悲しみに浸りました。

義母との同居期間は4年と短い期間でしたが、その間私は彼女から沢山のことを学びました。
中でも「人として対等に向き合う」ことの大切さ。
人間関係を築く上で本当に大切なことだと教わった気がします。

同居を始めて以来、私が仕事で出かけている間、義母は家族全員分の洗濯や掃除を自ら率先してやってくれていました。
それが同居中の嫁としてはとても申し訳なく思えて、「いつもすみません、すみません」と
「すみません」ばかりを繰り返していたある日、義母が私に言いました。

「そんなにすみませんって謝られると、何か悪い事をしてる気がするな。適度な運動になると思って好きでやってること、謝らなくていいよ」と。

責めるのではなく穏やかな口調で。
私の「すみません」の連発が義母を心苦しく思わせていたことに、その時初めて気づきました。

誠実に率直に、そして対等な姿勢で気持ちを言葉にしてくれた義母。

それ以降、私は「すみません」ではなく「いつもありがとうございます」と伝えることに決めました。

そうすると義母も今まで以上に張り切って色々取り組んでくれている感じがしたし、私も嫁だからと必要以上に自分を下に置くことなく徐々に同じ女性どうし対等な姿勢で接することができるようになった気がします。その結果、日々起こる様々な問題にも腹を割って話し合える関係性もできたように感じていました。

「すみません」を「ありがとうございます」に変えることで、対等な関係性への第一歩を踏み出していくことができる、これは義母から学んだ一番のアサーティブだと感謝しています。

義母が天国からいつも見守ってくれていることを感じながら、ありがとうございますの言葉を胸に、これからもアサーティブな日々を心がけていこうと思います。

アイコン
フレームアンダー

責める心は相手に伝わる

カテゴリー:寺地典子

2015/03/19

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の寺地典子です。

アサーティブジャパンが大切にしている考え方の一つに「Diversity and Equality(多様な価値観の人と対等な関係を築けること)」があります。たとえ意見や価値観が違っても、諦めることなく自分の考えをきちんと伝え、相手の話にも耳を傾けて問題解決に向かってコミュニケーションをとっていくことを目指しています。
しかし相手や価値観がと意見が違うときほど、私たちはつい相手を責めたり自分を責めたりしがちで、そこを乗り越えて対等に向き合うことは本当に難しいことだと実感しています。

私がアサーティブを学び始めた当初、どちらかと言うと意見を言えないタイプだった私はアサーティブの伝え方(スキル)を身につけることによって少しずつ自分の思いを伝えられるようになってきました。
それまで言えずにため込むことが多かったので「スキルを使えば意見を言える!」と感動したのを今でも覚えています。

しかし、しばらくすると「伝えることによる弊害」が起きだしました。
相手がだんだんと自分の意見を言わなくなっていったのです。

「あなたはどう思う?」と聞いても「ごめん」としか返事が返ってこず、「私に改善できる所があれば教えて」と言っても「特にない」と言われ、問題解決どころか泥沼にはまっていきました。

私が伝えれば伝えるほど、相手は心を閉ざしていったのです。

自分では言葉を選んで優しく話しているし、相手の話を聞こうとしているつもりでした。しかし、心の中では「私がこんなにアサーティブに話しているのに、どうしてあなたは何も言ってくれないの?そもそもあなたが××だから...」と相手を責めて立てていたのです。
口先だけで「あなたの話を聞くよ」「教えて」と言ってはいても、心の中では相手のことを攻撃していたそのまなざしが相手に伝わって、結局相手は心を閉ざしていったのだと思います。

そのことがあってから、言葉だけではなく心の中でも相手を責めずに向き合うことを心がけるようになりました。しかしそれはなかなか難しいことで、今でも内心感情的になって相手を責めてしまうことがあります。
でもそんな時には、気づいた時点で「ごめんなさい。言い過ぎました」と率直に謝ったり、日頃から挨拶や雑談もコミュニケーションとして大切にするなど、ここぞという時にきちんと話ができる関係を日頃から築くようにもなりました。

たとえ相手の意見や価値観が自分とは違っても、そのことで相手を攻撃しないと心に決めること。難しいけれどアサーティブであり続ける大切な第一歩かな、と感じています。

アイコン
フレームアンダー

「自分の責任を手放さない」ということ

カテゴリー:谷水美香

2015/02/17

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の谷水美香です。

私が最初にアサーティブを学んだ時に一番衝撃的だったのは、コミュニケーションにおける半分の責任を自分で担う「自己責任」という考え方です。
これは自分側にある「半分の責任」を放棄しないということ。
自分にはものごとに応答できる力があり、その力を自ら手放さないというものです。

アサーティブを学ぶ前までは、コミュニケーション上で、何か不都合が起きた時「原因のほとんどは相手にある」とみなしていたことが多々ありました。
何度も同じことを伝えているのに状況が改善されないのは、「相手の理解不足」であり「相手が行動を変えようとしていないからだ」などと思っていました。

なので、アサーティブにおける「自己責任」の意味合いを知った時には、まさに目から鱗が何枚もはがれ落ちました。

それからは「伝えている内容が相手にとってわかりやすかったか?」「相手が耳を傾けられるような、言い方をしていたか?」と、自分が伝える内容や伝え方ついて振り返るようになりました。

そのうえで自分の行動がまずかったと思ったのならば、それを率直に認めて言葉で伝えることも大事だと思うようになりました。

しかし、初めはそれがなかなかできませんでした。

「誤解を与える言い方をして、申し訳なかった」などの「申し訳ない」「ごめんなさい」がなかなか言えないのです。なぜなら「謝ったら負け」という考え方を持っていたからだと思います。

コミュニケーションは最終的に勝ち負けを決めることが目的ではないはずなのに、つい勝ち負けにこだわってしまう自分・・・。
難しいけれど、この意識を変えていくこともアサーティブな対話をしていくうえでは必要なことです。

自分の責任も認めて、それをも含めて相手に伝えること。

自分の行動パターンや考え方を変えていくには、葛藤もあります。しかしそれでも自分の行動を少しずつ変えていくことで相手との関係がよくなっていく経験をすると、「よし。次もアサーティブにいこう!」というやる気が出てきます。

こんなふうに行きつ戻りつをくり返しつつ、変化を楽しみながら日々アサーティブの実践をしている毎日です。

アイコン
フレームアンダー

人気の秘密はアサーティブマインドにあり

カテゴリー:矢田早苗

2015/01/22

フレームトップ
こんにちは、アサーティブジャパン専属講師の矢田早苗です。

最近、なにかと話題のジャニーズ事務所のアイドルグループ、TOKIOをご存知でしょうか。
TOKIOのファンは女性だけにとどまらず、小さな子どもからお年寄りまで幅広い年齢層に人気があるのが特徴です。

なぜこんなに人気があるのか。
私はその秘密はTOKIOの誠実さにあるのではないかと思っています。

毎週日曜日に放映されている「鉄腕ダッシュ」という番組では、全国を飛び回り、いろいろな地域で職人さんに出会ったり、地元の農家さんをお手伝いしたりと、アイドルグループらしからぬ活動をしています。そのときのメンバーの一般の方に接する態度は、ちっとも偉ぶったところがなく、どんな世代の人に対しても、尊重し、垣根を作らず向き合うのです。その姿からは誠実さと対等感を感じます。

また、あるときこんなワンシーンがありました。

無人島のちいさな港に船屋を作っているときのこと。リーダーである城嶋さんが痛恨のミスをしました。二階の床板をはる際に、通常出入り口用のスペースを確保しておかないといけないのに、床を全部ふさいでしまったのです。これでは一階と二階で行き来ができません。ひとりぽつんと座り込み、落ち込むリーダー。そこへメンバーである松岡さんと山口さんが戻ってきます。「やってしまった・・・」とつぶやき肩を落とすリーダーに、松岡さんが、

「でも、まずさ、まずだよ、たしかにやってしまって失敗はしたけど、
まずここをほめようよ!! これすごいよ、この空間、広いよ、これ宴会できるよ」
と力説します。

リーダーは「優しいな、松岡は」「優しすぎんねんけど・・・」といって思わず涙。
それをみた松岡さんも「テメエ、なに泣いてんだよ」と笑ってツッコミを入れながら、もらい泣き。
山口さんも「あぶない、あぶない、オレも泣きかけたわ(笑)」と目頭を押さえる。
失敗しても、まずほめてくれる仲間がいるっていいなあ、と私も思わず涙。

失敗すると、どうしてもマイナス点ばかりに目が向いてしまいがちです。
よい点にもフォーカスしてそれを言葉に出すのは、簡単そうでいて、実はとても難しい。
おだてやヨイショではなく、アサーティブにまっすぐほめるためには、誠実さは欠かせません。
彼らの人や自然を敬い仲間を信頼する姿から、私たちは誠実さを感じ、希望をもらうのではないでしょうか。

(このワンシーン、Youtubeでも見ることができます。興味のある方は、検索キーワード「鉄腕ダッシュ TOKIOの友情」で探してみてください)

歌を聞きたいというよりは農作業する姿を応援したくなる、ちょっと変わったアイドルグループですが、誠実で人間味のある独自路線で、これからもがんばってほしいです。

アイコン
フレームアンダー

壁を乗り越えるために必要なこと

カテゴリー:竹崎かずみ

2014/12/19

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン専属講師の竹崎かずみです。

先日、タクシーの運転手の方から聞いた素敵な話をご紹介します。

全盲のお客さんを乗せた時、ふとした会話がきっかけで運転手さんが
「乗り越えられない壁があった時、どうすればいいのでしょうね?」と相談したところ、その方からこんな意見をいただいたそうです。

「必死になりその壁に近づきすぎると壁全体が見えないし、助走する距離もないので壁にぶつかってしまい、乗り越えるのは難しいですよね。

そんな時、私はまず謙虚な気持ちで壁全体が見えるまで下がります。
そして、壁にぶつかるのでも壁を壊すのでもなく、乗り越えられるための十分な距離はどのくらいか考えて、乗り越えるために必要な助走をつけることを心がけてます。
私は全盲ですから【心の目】で見ますけどね」

とにっこり微笑まれたそうです。

アサーティブとも共通点がある素敵なストーリーだなあと思いました。

人間関係という壁にぶつかった時、つい感情的になって怒りをぶつけてしまったり、何が問題かわからず混乱したりしてしまいます。

そんな時も「本当の問題はなんだろう?」とその問題を整理してみる。
「相手が悪い!」と思い込むのではなく、謙虚な気持ちで「私の伝え方にも問題はなかっただろうか?」と問題から少し距離をおいてみることも大切です。

そんなことを考えさせられ、今後も「乗り越えたい壁」に出会った時、このストーリー思い出したいと思う心温まる時間でした。

アイコン
フレームアンダー
前のページへ   1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る