HOMEアサーティブを深めたい > トレーナーブログ

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

アサーティブなインスピレーション!映画「ライフ」

カテゴリー:谷澤久美子

2014/11/21

フレームトップ
こんにちは!アサーティブジャパン認定講師谷澤久美子です。

昨年の春3度目の来日をされたアン・ディクソン氏(ヨーロッパでのアサーティブのトレーナーの第一人者)は、今回もたくさんのメッセ−ジを残してくれました。
私が印象に残っていることのひとつに、「インスピレーションの不足が、アサーティブであろうとする力を制限してしまう可能性がある」というもの。アンさんがこの言葉を説明してくれている最中、私は、講座などで出会った参加者の方々が、ロールプレイで勇気を振り絞って言葉を発しようとしている姿や、アサーティブの仲間達が、自分自身の困難な事例に立ち向かったり、社会の課題の解決に継続的に努力している姿を思い出していました。誰かがアサーティブであろうとする姿に接すると、「よし!私もやろう」と勇気がわきます。

life.jpgさて、今日は大いなるインスピレーションを与えてくれた映画を紹介します。ヒラリー・スワンク主演の「ライフ」です。

学校ではいじめにあい、家の中ではゲームに依存する息子(ジョージ)を元気づけようと、母親マリーは息子と長期旅行に出かけます。場所はアフリカ。そこで本来の力を取り戻し、元気に遊び学ぶ息子と幸せな日々を送るマリー。しかし、ジョージはマラリアにかかり命を奪われます。なぜ、ジョージがこんな目に合わなくてはならないのか!マリーは、その持っていき場のないような感情、怒りを、最初は自分の父親にむけ、そして夫にむけ、自分自身にむけ、もがき苦しみます。
失意の毎日の中、マリーは同じようにアフリカでマラリアによって命を失った息子をもつイギリス人の母親マーサに出会います。そして、二人は悲しみを分かち合いながらも、マラリアによって多くの子どもたちが命をなくす現状を食い止めるべく活動を始めるのです。

私は2つのことでインスピレーションを感じました。

1つは、二人の母親が、子どもを失った原因への「怒り」を、怒りで終わらせるのではなく、その裏にある「希望」をみつけ、それに向かって立ち上がったこと。
毎年50万人もの子どもたちをマラリアで亡くしてはならない!という二人の想いは、ついには予算委員会への出席に繋がり、そこで発言の機会を与えられ、さらには現状以上の予算を勝ち取り、息子たちがイキイキと暮らしたアフリカへ、たくさんの蚊帳(マラリア予防のための)を寄付することができたのです。

もう1つは、活動を進めていく中で、マリーは身近な人間関係の中でできていた溝を、自分から歩みより修復したことです。
まずは子どもの頃から関係の悪かった父親(政治家)に、活動を手伝ってほしいと依頼にいきます。ジョージの葬儀の日でさえ、父親からのお悔やみを受けようとしなかったマリーが、父親の家の扉をたたいたことだけでも勇気ある行動ですが、活動を共にしていく中で、父親の生き方を理解していくのがステキです。仕事ばかりに夢中でちっともかわいがってもらえなかったという事実は、自分の側からだけの見方だった・・・と気づき、そうして、父からのアドバイスを真摯に受け取り、プレゼンに向かったんです。
また、夫に詫びるシーンがあります。アフリカ旅行に関しても、活動に関しても、ほぼ独断でやってきたこと、また、夫もジョージを亡くしてつらい思いをしているのは同じなのに、自分の悲しみでいっぱいで思いやれなかったこと、それらを本当に自分に誠実になりあやまるのです。

アサーティブであることは、エネルギーもいるし、時間もかかるし、なかなかしんどいことでもあります。しかし、素晴らしいインスピレーションをもらうと、よし、もうちょっとがんばってみよう!って思えます。

この映画は、そんな映画でした。

見終わったとき、私はアンさんが残してくれた別のメッセージ、「自分が周りを照らす光であれ」を噛み締めました。

アイコン
フレームアンダー

突然の批判を受けた時こそ、アサーティブチャンス

カテゴリー:桜沢信江

2014/10/17

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の桜沢信江です。

先日実家に立ち寄った時のことです。
突然何の前置きもなく83歳の元気な父から
「もう走るのはやめろ!自分が何歳かわかってるのか!」
と怒鳴られました。
「え?」...一瞬私の頭は真っ白に。
私はここ数年、年に1度のフルマラソン大会に出場することを楽しみに日々少しずつジョギングをしています。それを一方的にやめろとはどういうこと?と。

突然攻撃されたり批判されたりすると、何も言えずに落ち込むか、あるいは「倍返しだ!」とこちらも攻撃的になり言い争いになるというパターンが多いと思います。

私はどちらかというと「何も言えずに落ち込む」傾向が強かったのですが、なぜか父に対してだけは攻撃を攻撃で返すパターンで喧嘩になることが多かったので、昔の私なら「ほっといてよ!」と強く言い返していたと思います。
ですがこの時の私は、気持ちをクールダウンしつつ
「それはショックだなあ。理由があるなら教えてくれる?」
と落ち着いてきくことができました。

すると父は冷静さを取り戻し
「仕事もして体は大丈夫なのか。もう心配で心配でしょうがない」
とのこと。

あぁそうか。心配している気持ちをどう表現していいかわからなかったんだ。

私は、心配してくれて嬉しかったこと、ゆるく走ることは私のストレス発散法の1つだし若返りの秘訣でもあること、走ることを楽しんでいること、そして
「こういうこと、もっと早く話しておけばよかったね。ごめんね」
と伝えました。
すると
「そうか。じゃ、ちゃんと自己管理しながら走りなよ」
と穏やかに言った父。

突然の批判には一度受け止めた上で、疑問点は落ち着いてきいてみること。
その上で自分の伝えたいことはアサーティブに伝えること。
そうすることで相手との関係性にも何かしら良い変化が起こる。

この出来事を通じて、そんな大切なことを再認識させてくれた父に、感謝したいと思います。

アイコン
フレームアンダー

もう一度原点にもどって

カテゴリー:中野満知子

2014/09/18

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の中野満知子です。
asagao1.jpg
今年の夏、たくさんの花をつけて楽しませてくれた朝顔たちを見ていて、数年前に朝顔市で買った朝顔のことをふと思い出しました。
それは直径は8センチメートル以上ありそうな大輪の朝顔で、花びらもフリルのように広がり濃いブルーに白の斑入りでした。

大きな種は植木鉢からプランターにこぼれおち、毎年花を咲かせました。開花時期は遅くなり、今では9月から10月まで楽しめるほど。ただし花は年々小さくなり、色も薄いブルー一色、花の様相は昼顔のようでもあります。
年を重ねるごとに原種に戻っていったとしか思えないその姿。ひょっとしたら、野の花だった頃にはそんな姿だったのかもしれません。

その素朴な姿がかわいらしくもあり頼もしくもあり、まるでアサーティブをはじめて知った時の私のようでもあります。

自分の気持ちに誠実に、思ったことは率直に伝えていいということ。そんなアサーティブの教えが、当時我慢しては爆発するを繰り返していた私を救ってくれました。

asagao2.jpgその後トレーニングを重ねるほどに、アサーティブを仕事に活かすには・・・、組織の中での運用は・・・、難しい相手に向き合うときは・・・と課題はどんどん膨らんで、アサーティブの活用の仕方も大輪となっていったように思います。

でも、ここで今一度原点に返ってみたいと思うのです。

今、私は何を感じているのだろうか? 楽しいことも辛いことも、私の気持ちが教えてくれる事に耳を傾けよう。そして、隣にいる人を大事にしよう、と。

季節外れの朝顔の素朴さに、原点に返ろう、初心に戻ろうと思うこの頃です。

アイコン
フレームアンダー

夏の終わりに ~人を近づけるコミュニケーション~

カテゴリー:堀田美保

2014/08/27

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の堀田美保です。

お盆も終わり、赤とんぼが飛び交う季節となりました。

みなさん、今年の夏は花火大会にはいかれましたか?
夜空に広がる大輪の光は夏の風物詩ですね。

ぼんやりと空を眺める時間、私も大好きですが、
実は、もっと大好きなのは線香花火。

大輪の花火が真夏のものなら、線香花火は夏の終わりのもの、でしょうか。

先日、昔ながらの線香花火にこだわる職人さんの話をテレビでみかけました。
火薬、それを包む紙、それを染める染料、どれにも強いこだわりが見られます。

    どうして、線香花火なんですか?

という問いに

    他の花火は、「危ないから離れて、離れて」となるのですが,
    線香花火は、人を近づける花火なんです。

        風で消えてしまわないように、肩を寄せあったり
        先にできた玉の行方をみんなで見守る

    そんな、〆の花火なんです。

なるほど! 確かにそうだ、と、感動してしまいました。

ドッカン、ドッカンと派手ではないですが、
小さなオレンジの玉は、しっかりと美しい「牡丹」「松葉」や「菊」を咲かせます。

大きな花火に比べると、線香花火の火はほんとうに小さく、はかなげにも見えますが、
うるうると震えるようなオレンジの玉は、決して弱々しくはなく、むしろ力強さが伝わってきます。
その凛とした光に人は引き寄せられるのですね。

声高な自己主張ではなくても、最後までしっかりと伝えてみる。
       人々がそれに耳を傾け、知恵を出し合うために、歩み寄る。

アサーティブは、線香花火のイメージに近いのかもしれないな、
       と、ふと感じたりしました。

そろそろ夏も終わり、線香花火の季節かも。
ちょっと高めではありますが、こだわりの線香花火、いかがでしょうか。

senkouhanabi_tokimasa.jpg
(写真:筒井時正玩具花火製造所ホームページより)

アイコン
フレームアンダー

相手の力を信頼するからこそ、伝えてみる

カテゴリー:谷水美香

2014/08/12

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の谷水美香です。

もう随分前のことになりますが、ことあるごとに思い出す出来事があります。それは、教育実習(中学校)に行ったときの事です。

毎朝、教員は校門で生徒を迎えるのですが、きょうだいを保育所に送ってから登校してくる生徒がいて、よく遅刻をしてきます。もちろん理由は承知していますが、教員はその生徒が遅刻をするたびに、他の生徒と同じように注意をします。
その様子を見ていた私に、校長が話してくださいました。
「理由がわかっているのに、なぜ毎回注意をするのだろうと思っていませんか?しかしこれは、生徒自身の希望なのです」と。
『どんな理由があっても、遅刻をするのはよくないことなので、必ず叱ってほしい』と言ったようです。
自分のおかれている状況からして、こうなるのは当然とするのではなく、自ら他と同じような対応を望む、生徒自身の高い自己信頼に感心しました。

それ以降、どのような場面においても、まずは率直に伝え、その次に原因や理由を明確にし、今後どうするかを一緒に考えることをしてきました。
相手を「○○だから仕方がない」「おまけをしてあげなければ」ではなく、まずは、してもらいたいこと、しなければならないことを伝えるのは、相手を尊重しているからこそだと思います。
その当時、私はまだアサーティブに出会っていなかったのですが、今、アサーティブな視点で考えると、まさに「4つの柱」の実践ではないかと思っています。

また、日常生活のさまざまなシーンで、自分が相手に「伝えにくくて伝えない(言わない)」ことの理由を、「相手が○○だから」やめておこうとなるときにも、この事を思い出します。

もちろん、相手が今、聴ける準備ができているかを考えるのは重要ですし、何でも伝えなければならないものではありません。しかし、本当に大切なことなのに、自分が「伝えられなくて伝えなかった」ことの理由を、相手のセイにするのはやめたいのです。

自分の要求を伝えても相手はできないだろう。そもそも、こちらのお願いに耳を傾けるような人ではないと、伝えることなく取り下げてしまうとき、自分の中では、相手を「力(おきている物事に対応できる力)のない人」として見ているのではないかと思うのです。
自分と同じように「力をもっている人」であり、相手をひとりの人間として尊重していればこそ、やはり伝えたいと私は思います。

伝えあうことで、お互いにどう感じているのか、何を考えているのかを知ることができます。自分の力と相手の力を信じているからこそ、これからもあきらめることなくコミュニケーションを続けていきたいと思っています。

アイコン
フレームアンダー
前のページへ   1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る