HOMEアサーティブを深めたい > トレーナーブログ

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

人生の夢リスト

カテゴリー:堀田美保

2014/05/15

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の堀田美保です。

以下の数字は、あるアンケートへの中高校生からの回答です。

    選択肢        比率
    60歳くらい    10.7%
    70歳くらい    20.5%
    80歳くらい    34.0%
    90歳くらい    18.8%
    100歳以上    15.9%

アンケートの問いは、なんだかわかりますか?

    「あなたは何歳まで生きたいと思いますか」です。

これを見た瞬間、違和感を感じました。

    中高生にこれを問う意図はなんだったんだろう
    こんな問いを中高生に放り投げて、その後どうしたんだろう

と、そもそも設問自体に戸惑いました。
この問いは裏返せば「あなたは,何歳で死にたいですか」ということです。

そして、それ以上に、私の中で何ともやるせない思いが湧き上がってきました。

    どうして、60歳、70歳、80歳なの? 
    できるだけ長生きしたい、とはみんな思わないんだ...と。

そこには,中高生から見た「高齢者」「加齢」というものが反映されているように思います.年をとれば「幸せではない」「死んだ方がいい」といったことなのでしょうか。

これは、何も中高生に限ったことではなく、おそらく私たちの社会でそんなイメージを持っている人は少なくはないでしょう。「サクセスフル・エイジング」という言葉が使われるようになってしばらく経ちますが、どうやらそれは社会では実感されるまでには至っていないようです。

年を重ねるにつれて、もちろん、身体的な機能や認知的な機能は弱ってきます。俊敏な動きや筋力、視力や聴力、記憶力など、低下していくことはいくつもあります。でも、精神的機能や社会的機能は、必ずしもそうではないはずです。賢さや穏やかさ、人とのつながり、あるいは、いろいろな縛りからの解放感、自己信頼、そして愛情や幸せといったものは、増えていくことだってあるはずです。でも、今、そう感じることが難しい社会なのでしょう。

「年を重ねる」「老いを生きる」という問題に対して、私たちが伝えている、アサーティブなコミュニケーション、アサーティブな生き方はどんな力になるのでしょうか。

「らしさ」やステレオタイプなどから自由になり、主体的に生きていくこと、自分の時間を大切にすること、自己を尊重し、他者を愛せること、お互いを大切にした関係を作ること、そのための1つの道具として、アサーティブネスは私たちを支えてくれる、そんな気がしています。

その答えに確信を持てるようになるには、まだこれからですが...。

でも、その予感を持ちながら毎日を過ごし、その連続である人生を進めたらな、と思います。

    60歳になったら!
        70歳になったら!
            80歳になったら!

    あれをしよう、これをしよう、あんな風になっていたい。

今から「人生の夢リスト」を描いてみようと思います。

アイコン
フレームアンダー

「まわりからの評価」と「人としての自分の価値」を分けてみること

カテゴリー:寺地典子

2014/04/17

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の寺地典子です。
今回から「トレーナーブログ」に参加します。どうぞよろしくお願いいたします。

私には中学1年生の時に担任の先生から言われた、忘れられない言葉があります。

初めての中間テストを終え、テスト結果が返却された時、私たち生徒は「何点やった!?」とみんなで見せ合いをして、「めっちゃ点数いいやん!すごいな~」「私、全然あかんかった!」などと騒いでいました。私はというと、表面上明るく振舞っていたものの、実は点数が悪くて落ち込んでいました。

そんな様子を見ていた先生が、全員のテストを返却し終えた時、生徒一人ひとりの顔を見ながら、静かに話し始めました。

「私は教師という立場上、テストを行い点数をつけました。
しかし、それはあなたたちの"人としての点数"ではありません。
人には得意・不得意があって"たまたま今回の点数が良かった・悪かった"、というだけです。
人の価値はテストで決まりません。ですから、自分に自信と誇りを持ってください。」

正直、その時はあまり理解できませんでした。

社会に出ると、テストで点数を付けられることはなくなりましたが、その分、毎日がテストのようなものでした。経験の少ない自分の意見に自信を持てず、「若手の自分がこんなことを言ってはいけない」と思い、職場(特に会議)では発言しないようにしていましたし、失敗するのが怖くて新しいことにチャレンジできないことが続き、自己嫌悪に陥っていました。

しかし、アサーティブジャパン主催の基礎講座を受けた時に、「人からの評価が全てではない」ということにはじめて気づかされました。
「たとえ失敗したとしても、まずはやってみることに価値がある。だから自分の意見や価値観をないがしろにせず、素直に感じたり、考えたり、率直に表現してもいいのだ」ということを講座の中で学び、やっと担任の先生から言われた言葉の意味が自分の中に落ちてきました。

今でもどうしようもなく落ち込んだり、自信がなくなることがありますが、そんな時は、先生の言葉と「人からの評価が全てではない」ということを思い出し、「自分には価値があるんだ」と勇気をもらっています。

「ダメだな~と思う部分もあるけれど、素敵なところも沢山ある、愛おしい存在」
そうやって、自分だけでなく相手も大切にしながら、誇りを持って、アサーティブに生きていきたいと思っています。

アイコン
フレームアンダー

本当に話し合いたいことは何?

カテゴリー:谷澤久美子

2014/03/18

フレームトップ
こんにちは。静岡在住のアサーティブジャパン認定講師谷澤久美子です。

映画「ビフォア・ミッドナイト」を見ました。
beforemidnight.jpg
18年前の第一作「恋人までの距離」で出会ったアメリカ人男性ジェシーとフランス人女性セリーヌ。9年前の第二作「ビフォア・サンセット」で再会し、その後一緒に暮らし結婚をして、双子の女の子をもうけ、彼は作家として、妻は環境問題の専門家として働いていることが、この第三作目「ビフォア・ミッドナイト」で分かります。

さてこの「ビフォア・ミッドナイト」、108分の上映時間中、ほとんどの時間、このカップルはおしゃべりしてます。

夫と息子(元妻との間の子どもで、元妻と一緒に暮らしている)とのこれからについてが発端となり、せっかくの休暇の最終日、ラブラブに過ごせそうだったのに、ついには言葉の暴力の応酬になるんです。あ〜これは思ってもみないことまで言ってしまっているなとか、今までの鬱憤をはらしているななど、まるでホントの夫婦?というリアルさで二人は会話のバトルをし続けます。

「もういい、出てく」と言って妻は部屋を出、パートナーがおいかけてこないと、戻ってきてまた罵倒を繰り返す場面では、妻の「私の気持ちはわかってよ」という怒りの裏の悲しい気持ちが、見ているほうにはイタいくらい伝わってきます。途中、妻が双子を出産した時の、寄る辺ないような不安な気持ちを吐露した場面があります。「二人のこどもを前にして、どうしていいかわからなかった」という、自分に誠実になった瞬間、夫もすこし心のジャッターが開いたかな?というシーンは、私は心の中で「いいぞ!いけ!アサーティブ」。

しかし、すぐにお互いの権利を主張し合うことに戻るんです。がっかり。

夫が話し合いたかったのは、元妻が育てている息子との地理的な距離のこと。多分、その心許なさを分かち合い、どうしたらいいのか建設的に話し合いたかったはずなのです。でも、妻としては、「その話題=引っ越し(しかもフランスからアメリカへ)」と飛躍して捕らえてしまい、その恐ろしさから、今までの子育ての不公平を攻撃的に並べ立てることで、自分を守ろうとしてるんですね。
それらが売り言葉に買い言葉、ドッカンがドッカンを呼んで、ついには「私はもう愛してない!」と。

冷静になった二人には、映画の中では次の展開が生まれます。
ただ、「息子との関わり方」という問題は棚上げ。

私は、この3部作の監督リンクレイターさんに提案したいです。

確かに近しい人との関係の中では、時には激しい喧嘩もいいし、こういうことを繰り返しながら、だんだんと考えが交わる箇所が大きくなっていけばいいけど、次回作では対話で物事を解決していくお手本になるような、そんな会話劇を見せてもらえませんか?

二人の関係が始まったところから見守り続けてきた観客に、お互いのことを大切にしながらも、自分の考えは表現しあう熟成した関係を、会話劇でみせてもらえたら、それは希望だと思うんです。

手始めに、どちらかが「このままじゃ、問題は解決しない」と、アサーティブ・トレーニング受けちゃうとか・・・!

映画「ビフォア・ミッドナイト」公式サイト

アイコン
フレームアンダー

苦しいままで寄り添ってみる

カテゴリー:中野満知子

2014/02/13

フレームトップ
kiku.jpgこんにちは。アサーティブジャパン認定講師の中野満知子です。

暮れに飾った菊がまだ咲き続けています。玄関を出入りする度、自然に目に入ってくる凛とした姿に感嘆せずにはいられません。

高齢の母が入院して4ヶ月が過ぎようとしています。大変理解ある先生にめぐり合い、入院生活にもなじんでいるようです。
「寂しい」「寂しい」と一人暮らしていたころを思えば、入れ替わり立ち替わり看護師さんや介護士さんが話しかけてくれる環境や、他の患者さんたちとの交流は、社交家である母にはありがたい環境なのでしょう。

ただ病院であるからには、さまざまな規則があり、食事の制限や、物をあげたりもらったり、金銭の貸し借りなどはもちろん禁止事項です。
病気のせいか母は喉が渇くと言い、甘い飲み物や飴がほしいと訴えます。たまにしか行けない私は罪滅ぼしのように、つい母にあげてしまうのですが、そうして余分に持たせたものは、母の生きがいとでもいうように、他の患者さんに譲ってしまうのです。
この行為はちょっとした波紋を呼びます。
 
頭では病気がそうさせるとわかっているのですが、病院の規則を説明し、言って聞かせようとすると怒りだす母に、だんだん感情をエスカレートさせてゆく家族。その場に居合わせた私は、あっちによしよし、こっちによしよし、そうして病気なんだからとなだめたり、すかしたり、こうしたらいい、ああしたらいいと、思いつく限りの方法をいくつも並べたて、母や家族を説得しようとしていました。

あることがきっかけで、ふと気づいたことがあります。
病気に対する知識をふりかざし、もめごとを回避するための方法ばかりを言っている自分にハッとしたのです。

その場ではどうすることもできず、茫然と立ち尽くす私、泣きたいほど悲しい気持ちで起きていることを眺めている私、病気を何ともできず情けなく思っている、腹立たしく思っている、辛い、せつない私がそこにいます。

いつのまにか自分の感情に蓋(ふた)をしていたのではないだろうか? 自分の気持ちを感じつつ、逃げもせず、巻き込まれもせずに、ただそばに居続けること、解決ばかりに走ろうとせずとも、その場に起きていることに、その辛くて苦しい感情にどっぷりつかりながらただ寄り添うことも、また大切なことではないだろうか、と。

強くたくましく咲き続ける菊の姿に、今覚悟を決めて立ち続けようする自分を重ねています。

アイコン
フレームアンダー

まわりの目が気になってしまうとき

カテゴリー:桜沢信江

2014/01/21

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の桜沢信江です。

皆さんは一人で外食したりカフェでお茶を飲んだりしますか?
私はどこでも一人で外食やお茶をします。今では。

実は以前は、一人では外食もカフェへ入ることもできなかったのです。
一人食事をしている人を見ると"かわいそうな人"という視点で見ていました。だから私自身も一人で食事をしていると"かわいそうな人"と周囲から思われるのではないかという思いがあったのでしょう。つまり他者からの評価をとても気にしていたのです。

一時期「ランチタイム症候群」という言葉が流行りました。食事を一人でするなんて周囲は自分を魅力のない価値のない人間と思うのではないかと不安を抱き、誰もいない図書館やトイレでこっそり食べる、更には職場や学校に行けなくなるというものです。
程度の差はあれ、もしかしたら私もこれに近かったのかもしれません。

しかしアサーティブを学びトレーニングを実践し続けている過程の中で、私の行動は少しずつ変化していきました。

アサーティブは自分に軸を置き、まずは「自分はどうしたいのか」を確かめ認めることが出発点です。それを意識し続けてきたこと、またアサーティブでいうところの「自分の行動を自分で選択する権利」も後ろ盾となり「私は今このレストランでご飯を食べたいのだ」と素直に認めることができるようになり、徐々に一人で行動に移せるようになっていったのです。

周囲の人が様々な感情を持つことはOKだし、私が周囲の評価に頼ることなく人と接するのもOKなこと。他者も私もどちらもOKと心から思えてきた結果、一人外食の不安も感じなくなったのでしょう。今では立ち食い蕎麦屋にも堂々と入れます(笑)。

一人で外食することが苦手だと感じている方、まわりの目がどうしても気になってしまう方、アサーティブを学び体験してみませんか。

自分軸を持ち、そして自分も他者も誰もがかけがえのない価値ある存在だと大切に思えるようになることで何か変化があるかもしれません。講座でお待ちしています。

アイコン
フレームアンダー
前のページへ   2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る