HOMEアサーティブを深めたい > トレーナーブログ

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

相手の力を信頼するからこそ、伝えてみる

カテゴリー:谷水美香

2014/08/12

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の谷水美香です。

もう随分前のことになりますが、ことあるごとに思い出す出来事があります。それは、教育実習(中学校)に行ったときの事です。

毎朝、教員は校門で生徒を迎えるのですが、きょうだいを保育所に送ってから登校してくる生徒がいて、よく遅刻をしてきます。もちろん理由は承知していますが、教員はその生徒が遅刻をするたびに、他の生徒と同じように注意をします。
その様子を見ていた私に、校長が話してくださいました。
「理由がわかっているのに、なぜ毎回注意をするのだろうと思っていませんか?しかしこれは、生徒自身の希望なのです」と。
『どんな理由があっても、遅刻をするのはよくないことなので、必ず叱ってほしい』と言ったようです。
自分のおかれている状況からして、こうなるのは当然とするのではなく、自ら他と同じような対応を望む、生徒自身の高い自己信頼に感心しました。

それ以降、どのような場面においても、まずは率直に伝え、その次に原因や理由を明確にし、今後どうするかを一緒に考えることをしてきました。
相手を「○○だから仕方がない」「おまけをしてあげなければ」ではなく、まずは、してもらいたいこと、しなければならないことを伝えるのは、相手を尊重しているからこそだと思います。
その当時、私はまだアサーティブに出会っていなかったのですが、今、アサーティブな視点で考えると、まさに「4つの柱」の実践ではないかと思っています。

また、日常生活のさまざまなシーンで、自分が相手に「伝えにくくて伝えない(言わない)」ことの理由を、「相手が○○だから」やめておこうとなるときにも、この事を思い出します。

もちろん、相手が今、聴ける準備ができているかを考えるのは重要ですし、何でも伝えなければならないものではありません。しかし、本当に大切なことなのに、自分が「伝えられなくて伝えなかった」ことの理由を、相手のセイにするのはやめたいのです。

自分の要求を伝えても相手はできないだろう。そもそも、こちらのお願いに耳を傾けるような人ではないと、伝えることなく取り下げてしまうとき、自分の中では、相手を「力(おきている物事に対応できる力)のない人」として見ているのではないかと思うのです。
自分と同じように「力をもっている人」であり、相手をひとりの人間として尊重していればこそ、やはり伝えたいと私は思います。

伝えあうことで、お互いにどう感じているのか、何を考えているのかを知ることができます。自分の力と相手の力を信じているからこそ、これからもあきらめることなくコミュニケーションを続けていきたいと思っています。

アイコン
フレームアンダー

ふと顔をあげたときに見えたもの

カテゴリー:矢田早苗

2014/07/17

フレームトップ
こんにちは、アサーティブジャパン専属講師の矢田早苗です。

みなさんは落ち込んだとき、どんなものから励まされ、力をもらっていますか?
友人や家族、ペットの存在に励まされることもあるでしょうし、スポーツ選手の頑張りをみて力をもらうこともあるかもしれません。

私は、意外と景色から励まされることが多くあります。
地面にめり込むほど落ち込んだとき、ふと顔をあげたその先に・・・きれいな富士山が。
そうすると、その雄大さにふっと肩の力が抜けるのです。もう少し、どーんと構えて、腹を据えてみようかなと。

また、前職では都内のお客さんのところへ訪問することが多かったのですが、お客さんに怒られたときなどは帰り道にしょんぼりしてしまい、とぼとぼと下を向いて歩くことがよくありました。そんなとき、ふと、交差点を曲がると、都心のビル群の中で、すっくと立っている東京タワーが・・・。その立ち姿に励まされ、背筋を伸ばしたことが何度もあります。

最近ではこんなこともありました。病気の母を沖縄旅行に連れて行った帰り道、リムジンバスの車窓から観覧車の夜景が見えました。母との旅行はきっとこれが最後。観覧車のきらめきが、最期まで自分らしく生きようとする母と重なり、涙がでてきました。そして、命には限りがあること、私には母の残り少ない時間を支えることしかできないということを、静かに決意させてくれました。

落ち込んだときに、一人で抱え込んでしまうとなかなかそのループから抜け出せなくなってしまうものです。そんなときほど周りの助けが必要です。自分に力を与えてくれる"人"や"物"のほかに"景色"というのも加えると、思わぬところであなたを励ましてくれるかもしれません。通勤電車の窓から見える景色でもよし、遠くにそびえる山でもよし、風雪に耐える樹木でもよし。意外とあなたの心にフィットする景色が身近にひそんでいるかもしれません。ぜひ探してみてください。

アイコン
フレームアンダー

ささいなことほどアサーティブに

カテゴリー:竹崎かずみ

2014/06/19

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン専属講師の竹崎かずみです。

先日訪れたレストランでの出来事です。

私は全くお肉が食べられません。
先日入ったお店の方に
「この料理にはお肉が入っていますか?」
とお尋ねしたところ
「私はフロア担当で料理は作っていませんから、料理に関することはお答えしかねます」とのお返事!

このような対応は初めてだったので、一瞬耳を疑い「え?」ではなく「へ?」と言葉が出そうになるほど驚きました。
私の聞き間違いかと思い再び同じ質問をしたところ、お相手からは全く同じ言葉が返ってきました。さすがに2回目は、とっさに怒りの感情がむくむくと私に忍び寄ってきました。

アサーティブを知らなかったら、もしかしたらこの時点で面倒になり、聞くのを諦め違うメニューを頼むか、もしくは「あなたがフロア担当だって見ればわかります!」なんてやや怒り気味に言ったかもしれません。

でもこんなちょっとした場面で、アサーティブが役に立ちます。
感情的になったときは一旦自分自身をクールダウンさせてから、落ち着いて要望を伝えること。なぜその要望を伝えたいのか、理由も短く簡潔に。

そこで冷静になって、もう一度。
「私、お肉が全く食べられないんです。残すのはもったないので料理を作っている方に聞いてもらえますか?」
内心、ここまで具体的に聞かなきゃいけないのか?!という思いがありつつも、落ち着いて伝えることに注力しました。
すると3回目にして「わかりました。確認してきます」とのお返事。
これで私自身の怒りもすっとおさまり、その後は食事を楽しむことができました。

こんな日々の身の回りに起こるささいな場面でアサーティブを意識してみるだけで、自分の気持ちにちょっとした変化が起こります。アサーティブを続けるコツのひとつとして「小さなことからコツコツと!」を実感する日々です。
私たちの周りにはアサーティブチャンス満載です。
みなさんも、小さなことからチャレンジしてみませんか?

アイコン
フレームアンダー

人生の夢リスト

カテゴリー:堀田美保

2014/05/15

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の堀田美保です。

以下の数字は、あるアンケートへの中高校生からの回答です。

    選択肢        比率
    60歳くらい    10.7%
    70歳くらい    20.5%
    80歳くらい    34.0%
    90歳くらい    18.8%
    100歳以上    15.9%

アンケートの問いは、なんだかわかりますか?

    「あなたは何歳まで生きたいと思いますか」です。

これを見た瞬間、違和感を感じました。

    中高生にこれを問う意図はなんだったんだろう
    こんな問いを中高生に放り投げて、その後どうしたんだろう

と、そもそも設問自体に戸惑いました。
この問いは裏返せば「あなたは,何歳で死にたいですか」ということです。

そして、それ以上に、私の中で何ともやるせない思いが湧き上がってきました。

    どうして、60歳、70歳、80歳なの? 
    できるだけ長生きしたい、とはみんな思わないんだ...と。

そこには,中高生から見た「高齢者」「加齢」というものが反映されているように思います.年をとれば「幸せではない」「死んだ方がいい」といったことなのでしょうか。

これは、何も中高生に限ったことではなく、おそらく私たちの社会でそんなイメージを持っている人は少なくはないでしょう。「サクセスフル・エイジング」という言葉が使われるようになってしばらく経ちますが、どうやらそれは社会では実感されるまでには至っていないようです。

年を重ねるにつれて、もちろん、身体的な機能や認知的な機能は弱ってきます。俊敏な動きや筋力、視力や聴力、記憶力など、低下していくことはいくつもあります。でも、精神的機能や社会的機能は、必ずしもそうではないはずです。賢さや穏やかさ、人とのつながり、あるいは、いろいろな縛りからの解放感、自己信頼、そして愛情や幸せといったものは、増えていくことだってあるはずです。でも、今、そう感じることが難しい社会なのでしょう。

「年を重ねる」「老いを生きる」という問題に対して、私たちが伝えている、アサーティブなコミュニケーション、アサーティブな生き方はどんな力になるのでしょうか。

「らしさ」やステレオタイプなどから自由になり、主体的に生きていくこと、自分の時間を大切にすること、自己を尊重し、他者を愛せること、お互いを大切にした関係を作ること、そのための1つの道具として、アサーティブネスは私たちを支えてくれる、そんな気がしています。

その答えに確信を持てるようになるには、まだこれからですが...。

でも、その予感を持ちながら毎日を過ごし、その連続である人生を進めたらな、と思います。

    60歳になったら!
        70歳になったら!
            80歳になったら!

    あれをしよう、これをしよう、あんな風になっていたい。

今から「人生の夢リスト」を描いてみようと思います。

アイコン
フレームアンダー

「まわりからの評価」と「人としての自分の価値」を分けてみること

カテゴリー:寺地典子

2014/04/17

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の寺地典子です。
今回から「トレーナーブログ」に参加します。どうぞよろしくお願いいたします。

私には中学1年生の時に担任の先生から言われた、忘れられない言葉があります。

初めての中間テストを終え、テスト結果が返却された時、私たち生徒は「何点やった!?」とみんなで見せ合いをして、「めっちゃ点数いいやん!すごいな~」「私、全然あかんかった!」などと騒いでいました。私はというと、表面上明るく振舞っていたものの、実は点数が悪くて落ち込んでいました。

そんな様子を見ていた先生が、全員のテストを返却し終えた時、生徒一人ひとりの顔を見ながら、静かに話し始めました。

「私は教師という立場上、テストを行い点数をつけました。
しかし、それはあなたたちの"人としての点数"ではありません。
人には得意・不得意があって"たまたま今回の点数が良かった・悪かった"、というだけです。
人の価値はテストで決まりません。ですから、自分に自信と誇りを持ってください。」

正直、その時はあまり理解できませんでした。

社会に出ると、テストで点数を付けられることはなくなりましたが、その分、毎日がテストのようなものでした。経験の少ない自分の意見に自信を持てず、「若手の自分がこんなことを言ってはいけない」と思い、職場(特に会議)では発言しないようにしていましたし、失敗するのが怖くて新しいことにチャレンジできないことが続き、自己嫌悪に陥っていました。

しかし、アサーティブジャパン主催の基礎講座を受けた時に、「人からの評価が全てではない」ということにはじめて気づかされました。
「たとえ失敗したとしても、まずはやってみることに価値がある。だから自分の意見や価値観をないがしろにせず、素直に感じたり、考えたり、率直に表現してもいいのだ」ということを講座の中で学び、やっと担任の先生から言われた言葉の意味が自分の中に落ちてきました。

今でもどうしようもなく落ち込んだり、自信がなくなることがありますが、そんな時は、先生の言葉と「人からの評価が全てではない」ということを思い出し、「自分には価値があるんだ」と勇気をもらっています。

「ダメだな~と思う部分もあるけれど、素敵なところも沢山ある、愛おしい存在」
そうやって、自分だけでなく相手も大切にしながら、誇りを持って、アサーティブに生きていきたいと思っています。

アイコン
フレームアンダー
前のページへ   2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る