HOMEアサーティブを深めたい > トレーナーブログ

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

「集団の中の自分」と「ひとりの人間としての自分」
~映画「ウィ・アンド・アイ」を見ました

カテゴリー:谷澤久美子

2013/07/04

フレームトップ
皆様、お久しぶりです。アサーティブジャパン認定講師、静岡在住の谷澤久美子です。

「The We and The I(ウィ・アンド・アイ)」というティーンエイジャーたちが主人公の映画を見てきました。

ニューヨークのブロンクスの高校から、子どもたちが飛び出て、次々とバスに乗り込みます。

campaign_photo243.gif
映画の舞台は、学年が終わり長い休みに入る日のバスの中。
市営のバスの中を我が者顔で乗っている高校生たちに、最初は腹立ちまくりの私。一番後ろの席に座っている小学生を座席からはがすようにどかせ、「俺らの席だから」と陣取ったり、それを注意する年を重ねた女性にセクハラまがいのふるまい。子どもの食べているプリンを横取りするし、大きな声であけすけな事をしゃべるし、顔に傷のある男性をからかい、赤ちゃんの前でタバコは吸うし、見てられない彼らの姿。

でも実はそれらは「The We」でいる時の彼ら。
集団でいる時は、その集団の中にいる自分をやるしかない、これが彼らの日常をやり過ごす方法なんだということが、一人また一人と仲間が降りていく度に、ちょっとずつあきらかになっていき、私はだんだんせつなくなっていったのです。

ティーンエイジャーの時代は、とにかく集団の中に自分の居場所を確保することが最優先。「素の自分自身」よりそっちの方がよっぽど大事なんですね。

バスは最後2人になります。2人になった時の一人一人は「The I」同士。さっき秘密の話をばらしたことを謝り、さんざん馬鹿にした詩や絵を認め合い、死んでしまった仲間を思って慰め合います。

この映画のテーマを3つのアサーティブな視点で考えてみました。

「集団の中にいる時の自分」と「素の自分自身」の間にズレがあると、なかなか生きづらいのが人生。

経験を積むことで、割り切ったり折り合いつけたりして生きていくことができるようにもなりますが、同時に、集団の中にいても「自分自身」を、せめて自分の中では大切にしていられたらいいなということがひとつ。

その時にはきっと、アサーティブの12の権利の
「1.私には日常的な役割にとらわれることなく、ひとりの人間として、自分の要求をはっきりと伝え、自分のための優先順位を決める権利がある」や

「11.私には、まわりの人からの評価に頼ることなく、人と接する権利がある」

なんかが後ろ盾になるんじゃないかな。

2つ目は、そのズレを小さくしたり、なくしたりすることに、アサーティブは役立つ!ってこと。

「アサーティブとは?」という質問にアン・ディクソン氏が答えた「自分自身に真実であること」とは、どこにいても誰といても、自分自身そのものであること(もちろん相手の権利を侵害しないで)。
そしてアサーティブは精神論だけでなく、スキルがあることが超現実的。ティーエイジャーの時代に「自分自身でいること」は結構ハードル高いけれど、でも、大人たちにはぜひぜひ挑戦してほしいな。

3点目、「集団の中の役割を演じる自分」ではない、「The I」でいられる他者や場をもっておくといいかも。

身近にそういう人がいたり、場があったりするととってもいいし、今思い当たる他者や場がない方には、アサーティブ・カフェをおすすめしたいです。東京と大阪で定期的に開かれているアサーティブ・カフェは、そういう場になっている模様!!!
(静岡でも3ヶ月に一度開催してます。AJ認定講師の講座をご覧くださいね)

バスの中、少人数になった時に、しみじみ語りあっていた彼らが、とっても頼もしくて、集団で傍若無人に振る舞っていた時より、ずっと強くみえました。

不安やさみしさを隠して横柄にふるまうより、不安やさみしさを認め、助けを乞うことの強さ!!!いろいろ考えた映画でしたよ。

映画「ウィ・アンド・アイ」公式サイト

アイコン
フレームアンダー

即答できない自分もOK

カテゴリー:牛島のり子

2013/06/11

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン専属講師の牛島のり子です。

先日ふと小学校低学年の頃の出来事をありありと思い出しました。
学校の音楽発表会で何の楽器をやるか決めるとき、先生に「ピアノをやってみたい人」と言われて、一瞬「やりたい。やってみようかな」と思ったものの、「自分にできるかな・・・」という不安もあって手を挙げずにいたところ、他の子がサッと手を挙げてそのまま演奏者に決まってしまった場面でした。
そのときの、なんともいえない複雑な気持ち。

結局私はその後どの楽器にも手を挙げることができず、しかたなく最後に残ったトライアングル役になりました。

その場面をもう何十年もたった今、仕事に向かう電車の中でなぜか思い出して
「ああ先生、私本当はピアノがやりたんです!」
と心の中で叫んでしまいました(いやあ、気づくのが遅すぎですね・・・笑)

私はこんなふうに、けっこう即断即決がむずかしい人間でした。
昔に比べれば仕事上の決断はかなり素早くなりましたが、それでも「自分はどうしたいんだろう?」と迷うこともよくあるし、「本当はこうしたいだけど、まわりの反応も気になるな」と一瞬逡巡することもあります。

そう、たとえばそんなときにもアサーティブが役に立っています。
アサーティブと出会って良かったと思うことのひとつは、即断即決できない時でもそんな自分をいつわらずに正直に言えるようになったことでしょうか。

「○○したいという気持ちはかなりあるんだけど、××の点で迷っているんだよね」
「7割方Yesなのですが、3割Noなんです。なぜならば・・・」

いつも白黒はっきり決まっている人間ってそうそういないと思います。
「自分は今グレーです」
「正直、迷っています」
「気持ちは半々です」
「返答まであと30分時間を下さい」
そんなふうに伝える選択肢もあるということ。

もし今、小学校3年生の自分に戻れたら、
「先生、やってみたい。ちゃんとできるかはちょっと不安だけど、でもやってみたい」
と伝えられそうな気がします。

アイコン
フレームアンダー

いつものパターンを変えてみる

カテゴリー:谷水美香

2013/05/10

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の谷水美香です。

みなさん、例えばこんなことはないでしょうか?

職場で。
同僚から休みの電話連絡が入った。理由を聞くと発熱とのこと。何度?と問えば37度とのこと。自分の発熱の範囲は38度以上。
(私はそれくらいで休まなかったのに休むなんて!自分に甘すぎるんちがうの!と思いながらも、「お大事にね〜」と言い電話を切る。)

地域の活動で。
行事開催の際は、最終時間まで関わることが責任ある行動だと思い、他の用事があっても帰ることが出来ないでいる。そんな中、時間を区切って参加し、「お先に」と帰って行くメンバーを見て。
(「お疲れさま〜」と言いながら、心の中では、いつも、あの人はお気楽でええよね〜と、帰っていく相手の後ろ姿に心の中でイヤミを投げかける。)

恋人に。
会いたいと言われれば、何よりも恋人を優先する。しかし、こちらが同じように会いたいと言っても、相手は「今日は用事があるから会えない」との返事。
(なんや!こっちはいつも合わせているのに、勝手なやつ!許せない!と文句を言う。)

これらはどれも、自分もそうしたかったのにできなかった。なのに、相手は、いとも簡単にその行動をしている。そんな時に、わき起こる感情なのですね。

実は、2つめの例は、5年程前までの私のことなのです。

自分に「誠実」になると、他に用事があるときは帰りたいと思っているのですが、最後まで関わるのが責任ある行動であるとも思っていた私。いつも前者より後者を優先していました。(毎回この事になると同じパターンでいる私)

そこで、いつもと違うことをしてみることで、どう感じるかを一度試してみようと思ったのです。

考えとしは「最後までいるのが、責任ある行動である」との思いが強かったのですが、自分の役割の時間が終われば、思い切って帰ってみることにしました。

実際に帰るときは、後ろ髪を引かれる思いで、罪悪感を持ちながら帰りました。が、その思いを持ったまま、前から行きたいと思っていた新しくできた雑貨屋さんに寄ったりして、自分の時間を過ごしました。

すると、罪悪感がだんだん薄れていき、雑貨を見たり、好きなお店でお茶を飲んだりしているその時間がとても心地いいと感じるようになりました。

この経験をしてからは、無理をせずに、自分の役割を終えると帰ることができるようになりました。それと同時に、帰って行くメンバーに対する声かけが、心からの「お疲れさま!」に変化しました。

そうは言っても、うまくいくことばかりではありません。
「それが人生というもんや!」と自分で自分にツッコミを入れながら、少しずつ少しずつではありますが、変化を楽しんでいます。

自分が断れずにいることを、相手がいとも簡単に断ったり、自分の行動と違う選択をする人を見ると、たちまち「何でやのん?!」(怒)という気持ちになる時は、もしかすると、無理をしている自分への要注意のサインが出ている時かもしれません。

時には、違う行動を選択することで、自分の気持ちに気付くことができるかもしれません。一度お試しください。

アイコン
フレームアンダー

若い人は大人の対等感を映しだす鏡

カテゴリー:矢田早苗

2013/04/10

フレームトップ
こんにちは、アサーティブジャパン専属講師の矢田早苗です。

日頃、自治体や病院、企業など、いろいろなところへ研修に伺いますが、昨年度よりある短期大学の授業を長期にわたり担当させていただきました。

対象となる学生はある学科の1年生と2年生。前期の選択科目で「アサーティブコミュニケーション」を選択してくれた学生24名が集まりました。最初はぎこちない雰囲気がありましたが、自然と打ち解けて最後のほうでは学年を超えて本音で話をしてくれるようになりました。

毎回、私はこの授業が楽しみで楽しみで、「みんなになに話そうかな」とワクワクしながら通いました。もちろんメインの話はアサーティブですが、生徒の興味がわくように、恋愛の話や就職の話、家族との話を自分のリアル事例を交えながら話しました。各回は短い一コマの授業時間ですが、生徒に飽きずに集中してもらうためにはこちらも真剣勝負です。失敗談や恥ずかしい話、今現在葛藤していることなど、等身大の自分で向き合いました。

そうすると不思議なことにテキストにそって話をしているときよりも、生徒たちの目がキラキラと輝くのです。居眠りする子もいないし、私語もありません。授業の終わりに書いてもらうアンケートには「実は私も...」と自分の話を書いてくれたりもします。

授業を通じて学んだことは、若い人たちは大人の対等感を映しだす鏡であるということ。こちらがどう向き合うかによって、返ってくるものが変わってきます。決して見下すことなく、しかし教える立場に威厳をもって真剣に向き合えば、時間がかかったとしても信頼関係が築けるのではないか、ほんの1ミリ程度の興味かもしれないけれど、なにかしらのアサーティブのカケラが心に届いているのではないか、そんな希望をもてた日々でした。

今思えばあっという間の数カ月でした。一人一人がいとおしく、今でもよく顔を思い出してはひそかにエールを送っています。遠くからがんばって通っていた子、バイトを2つも3つもかけもちしていた子、就活のことで悩んでいた子、ほかにも彼氏のこと、友達のこと、親のこと、いろんな悩みを抱えながらも彼女たちは輝いていました。

きっと長い人生、つまずくこともあるでしょう。失敗したり間違ったり、つらくてどん底に落ち込んでしまうこともあるかもしれない。それでもOK! 間違いを素直に認めたりまわりに助けを求めたりしながら、アサーティブとともにぼちぼち歩んでいってくれればいいなと思っています。これからの彼女たちの人生にいつもアサーティブがありますように...。心から応援しています。

そして今年度も新しい学生たちが入り、アサーティブの授業が始まります。
どんな出会いがあるのか、今からわくわくしています。

アイコン
フレームアンダー

「俯瞰(ふかん)する視点」 ―トレーナー研修より―

カテゴリー:堀田美保

2013/03/18

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の堀田美保です。

先日、アサーティブトレーナー対象のフォローアップ研修に参加してきました。
毎回様々なテーマでスキルアップに取り組むのですが、今回のメインテーマは、体を使って表現することを通じて、身の回りにある問題を考えてみようというものです。

6人程度のグループで「変えたいと思っていること」を出し合い、その中からテーマを1つ選びます。
社会のこと、自分のこと、なんでもOKです。

手順は以下の通り。

(1)問題のショット作り
そのテーマについての現状を「写真で切り取る」とどんな光景になるか、グループメンバーで表現します。

たとえば,「会社でのパワハラ」という問題だと、
     ある日のオフィス
     課長が,新人のAさんを呼びつけて罵詈雑言を浴びせ叱り飛ばしている
     離れたデスクでは同僚がビクビク。でも知らないふり

その瞬間をみんなで表現します。

(2)解決のショット作り
そのことが解決されたときには、どんな風になっていて欲しいのか、やはり、同じように表現します。

     課のみんなが,円陣を組んで肩を抱き合い
     「がんばろー!」と一丸になっている

(3)過程のショット作り
(1)から(2)に至ったのは、どんなことが起きたからか、を表現します。

     同僚が薦めてくれた社内のコーディネーターが間に入り、
     課長と新人Aさんが,話し合いの場をもっている
     課長が言い過ぎたという気持ちを持ち始めた。解決に向けての第一歩
     部署では同僚が心配して、そわそわ

(1)から(3)を順に作り発表していきます。

誰が、どこにいて、どんな表情でいるか、どんなことを感じていて、何を言うか、
メンバーで、あーでもない、こーでもないと、細かなところまで決めていきます。
いろいろな案が飛び交い、作業自体とても楽しいものですが、楽しいだけではなく、多くの気づきがありました。

中でも、最大の気づきは、

        1つの問題には、多くの人がからんでいる

ということ。

私達が何かをなんとかしたいと思うとき、どうしても,「問題の人」を思い浮かべ、
その人に怒りを感じたり、変わってほしいという要求をつきつけたりします。
アサーティブ・トレーニングでは、通常、誰か特定の人に対するコミュニケーション、つまり1対1の対話を練習するので、どうしても自分とその相手に意識が集中します。

でも、このワークでは、グループメンバー全員が何かの役をする、というルールがあるために、
いくつもの役を考えなければなりません。
つまり、当事者以外の存在に意識を促されます。

たとえば、パワハラは課長と新人Aさんだけの問題ではなく、
        見て見ぬふりをする同僚B、C
        課長のやり方に賛同するおつきの部下D
        課長にノルマを強いる上司E         など、

多くの人が絡んで成立している現状であることに気がつきます。
それは、解決や過程のショットでも同じです。
それぞれの人に、何かできること、やらねばならないことがあるのです。

この「過程のショット作り」では、パワハラに直接的間接的に関わった多くの人たちが、それぞれどんなアクションを起こすことによって解決に結びつくことができるのか、を真剣に議論し表現しました。

アサーティブ・トレーニングの中で、自分に向き合う時は、主に、
対象に近寄り五感を活用してじっくり見つけ出す、いわば「虫の目」。

このワークショップでは、主に、
高い所からより広い範囲を俯瞰し、さまざまな場所や状況に視界を広げる 「鳥の目」。

この2つの目、両方が問題をとらえ、解決を探るには不可欠である。
そんなことを改めて確認した週末でした。

ちなみにビジネスでは、
     世の中の流行や時間の流れを感じとる「魚の目」や、
     固定観念から抜け出て物事を反対から見る「コウモリの目」なんていうのも、
     重要とか!

いろいろな目が使えることは有用そうですね。


※なお、このワークショップはthe Philippine Educational Theater Association (PETA) によるプログラムにヒントを得て行われたものです。アサーティブジャパンではPETAとの交流があり、これまでフィリピンより二度トレーナーを招いてワークショップを開催した実績があります。

アイコン
フレームアンダー
前のページへ   4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る