HOMEアサーティブを深めたいトレーナーブログ > 中野満知子

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

アサーティブの小さな実

カテゴリー:中野満知子

2016.04.18

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の中野満知子です。

1年前のある日のこと。店頭にただ一つ売れ残り、半額以下になっていたので買ってきたピーマンの苗を、雑多に花の鉢やプランターが並ぶベランダの、あいたひとつの鉢に、その苗を植えてみました。

買ってきたのは梅雨入り前。雨が続けば、根ぐされするかな?と乾いたところへ移し替え、猛暑の夏にはたっぷり水やり。でもなかなか実をつけてくれず、ひょっとしてこれは半額だったから...?とか、最初からダメな物を買っちゃったせい...?と、だんだんあきらめの気分が大きくなっていきました。

pmana_small.jpgそれが秋の気配が漂い出したある日、やっと小さな実をつけたのです。

思わず心の中で「やった―!」と叫び、その後も毎日静かに水やりを続けた結果、その実はだんだん大きくなり、ついに店頭で売られているくらいの大きさになっていきました。

じゅうぶんに大きくなったそのピーマンは、茎から採るのにも力がいるほど固く、実はびっくりするくらい肉厚! 原種はトウガラシかも?と感じるほどに辛みもあって、ほんとうに味があります。

大げさだけど、これほどにピーマンを愛おしくおいしく味わったのはかつてないほどのこと。

たかがピーマンのことで大げさだと家族には笑われたけど、私の中では大きな大きな出来事でした。まるでこれまでの人生を圧縮したような気がしたからです。

かつて家族がバラバラで互いに気持ちが通じ合わず、どうしたらよいのだろうと葛藤していた時期がありました。それが、今ではこんなに楽しくひとつの食卓で笑い合える日を迎えているのです。

pman_large.jpgかつて、アサーティブが通じない相手についカッとなったり、自分の中のむなしさを抑え込んで明るくふるまったり、どう見てもそれアサーティブじゃないよという自分のふるまいに自分自身が苦しんだり...。

アサーティブの伝え手として、私自身が本当にアサーティブなのだろうかと葛藤する日々は、昔も今もかわらず続いています。

それでもあきらめずに水をやり、猛烈な暑さに日陰を作り、繰り返し繰り返しアサーティブの花を咲かせれば、きっと大きな実は実るのだと信じること。そして小さな実が実ったからこそ、たったひとつのピーマンで笑いあえる家族と食卓を囲める今の自分がいるのだから、あきらめずに少しずつ、アサーティブの可能性を明日も伝えていきたいと、気合の入った私がいます。



アイコン
フレームアンダー

時代が変わってもアサーティブの本質は変わることなく

カテゴリー:中野満知子

2015.05.14

フレームトップ
schefflera.jpgこんにちは。アサーティブジャパン認定講師の中野満知子です。

娘の部屋のシェフレラの鉢植え、見るたびに大きくなっていて、葉もたくさん茂り、今やその丈は80センチを超えんばかりに育っています。初は数センチ、「かわいい」と思わず購入したという気持ちが良くわかるほど、その姿はキューピーさんの手のような小さな葉がぱっと広がったものでした。育てやすく、挿し木で簡単に増えると、あとで知ったそう。
なかなか植物が育たない、「何でもすぐ枯れちゃうの」という妹の所へ、枝を切っておすそわけ、根元を水で包んで~などと説明してるのをほほえましく眺めつつ、さて根は出てくるのかと親木を見ながら話しかけたりしています。

アサーティブに出会った20年前、その言葉の響きは新鮮で、自分に誠実であることや対等であることという教えに、目からうろこが落ち、私の中に小さなアサーティブの葉が開きました。その当時の私は、女性であることや妻や母親・嫁としての役割で生きていることに違和感を覚えていました。
自分に誠実に、なおかつ相手を尊重するとはどうすることなのか? もっとアサーティブを深めたくて、伝えたくて他の団体事務所の一角をお借りし、机一つと電話一本から始めたアサーティブジャパン。あれから17年の時を経て、今や全国に120名近くの会員を抱える団体となりました。

アサーティブという言葉も、当時は公民館などの主催者側からは「よくわからない言葉なので他の言葉で表現してほしい」と頼まれたものですが、最近ではぐっと言葉の知名度があがってきました。

でも言葉が広がった分、「アサーティブって私に合わない」「アサーティブは嫌い」などの否定的な声も時として見聞きするようになりました。
「アサーティブが嫌いってどうしてなのかなあ?」と不思議に思いその方に尋ねてみると、一言でアサーティブといっても相手に「イエス」と言わせるものだったり、講座の中で「アサーティブになりなさい」と強要していたりと、私たちが大事にしているアサーティブの本質とは違う形で教えられていたりや伝えられている現実があるということも知るようになりました。

シェフレラは葉をそのまま挿し木で増やしてゆきますから、形を変えることはありません。
アサーティブの真髄も、何一つ変えることなく正しく伝えてゆきたい。

だから、いちいち「今の私誠実だったかな?」「対等に伝えるとしたらどう表現すればいいかな?」と常に自分に問いかけながら、襟を正しつつ、「アサーティになりたい」「アサーティブっていいよね」そんな言葉がもっともっと多く聞こえるように、まだまだアサーティブの枝葉を茂らせてゆきたいと思うのです。

アイコン
フレームアンダー

もう一度原点にもどって

カテゴリー:中野満知子

2014.09.18

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の中野満知子です。
asagao1.jpg
今年の夏、たくさんの花をつけて楽しませてくれた朝顔たちを見ていて、数年前に朝顔市で買った朝顔のことをふと思い出しました。
それは直径は8センチメートル以上ありそうな大輪の朝顔で、花びらもフリルのように広がり濃いブルーに白の斑入りでした。

大きな種は植木鉢からプランターにこぼれおち、毎年花を咲かせました。開花時期は遅くなり、今では9月から10月まで楽しめるほど。ただし花は年々小さくなり、色も薄いブルー一色、花の様相は昼顔のようでもあります。
年を重ねるごとに原種に戻っていったとしか思えないその姿。ひょっとしたら、野の花だった頃にはそんな姿だったのかもしれません。

その素朴な姿がかわいらしくもあり頼もしくもあり、まるでアサーティブをはじめて知った時の私のようでもあります。

自分の気持ちに誠実に、思ったことは率直に伝えていいということ。そんなアサーティブの教えが、当時我慢しては爆発するを繰り返していた私を救ってくれました。

asagao2.jpgその後トレーニングを重ねるほどに、アサーティブを仕事に活かすには・・・、組織の中での運用は・・・、難しい相手に向き合うときは・・・と課題はどんどん膨らんで、アサーティブの活用の仕方も大輪となっていったように思います。

でも、ここで今一度原点に返ってみたいと思うのです。

今、私は何を感じているのだろうか? 楽しいことも辛いことも、私の気持ちが教えてくれる事に耳を傾けよう。そして、隣にいる人を大事にしよう、と。

季節外れの朝顔の素朴さに、原点に返ろう、初心に戻ろうと思うこの頃です。

アイコン
フレームアンダー

苦しいままで寄り添ってみる

カテゴリー:中野満知子

2014.02.13

フレームトップ
kiku.jpgこんにちは。アサーティブジャパン認定講師の中野満知子です。

暮れに飾った菊がまだ咲き続けています。玄関を出入りする度、自然に目に入ってくる凛とした姿に感嘆せずにはいられません。

高齢の母が入院して4ヶ月が過ぎようとしています。大変理解ある先生にめぐり合い、入院生活にもなじんでいるようです。
「寂しい」「寂しい」と一人暮らしていたころを思えば、入れ替わり立ち替わり看護師さんや介護士さんが話しかけてくれる環境や、他の患者さんたちとの交流は、社交家である母にはありがたい環境なのでしょう。

ただ病院であるからには、さまざまな規則があり、食事の制限や、物をあげたりもらったり、金銭の貸し借りなどはもちろん禁止事項です。
病気のせいか母は喉が渇くと言い、甘い飲み物や飴がほしいと訴えます。たまにしか行けない私は罪滅ぼしのように、つい母にあげてしまうのですが、そうして余分に持たせたものは、母の生きがいとでもいうように、他の患者さんに譲ってしまうのです。
この行為はちょっとした波紋を呼びます。
 
頭では病気がそうさせるとわかっているのですが、病院の規則を説明し、言って聞かせようとすると怒りだす母に、だんだん感情をエスカレートさせてゆく家族。その場に居合わせた私は、あっちによしよし、こっちによしよし、そうして病気なんだからとなだめたり、すかしたり、こうしたらいい、ああしたらいいと、思いつく限りの方法をいくつも並べたて、母や家族を説得しようとしていました。

あることがきっかけで、ふと気づいたことがあります。
病気に対する知識をふりかざし、もめごとを回避するための方法ばかりを言っている自分にハッとしたのです。

その場ではどうすることもできず、茫然と立ち尽くす私、泣きたいほど悲しい気持ちで起きていることを眺めている私、病気を何ともできず情けなく思っている、腹立たしく思っている、辛い、せつない私がそこにいます。

いつのまにか自分の感情に蓋(ふた)をしていたのではないだろうか? 自分の気持ちを感じつつ、逃げもせず、巻き込まれもせずに、ただそばに居続けること、解決ばかりに走ろうとせずとも、その場に起きていることに、その辛くて苦しい感情にどっぷりつかりながらただ寄り添うことも、また大切なことではないだろうか、と。

強くたくましく咲き続ける菊の姿に、今覚悟を決めて立ち続けようする自分を重ねています。

アイコン
フレームアンダー

眠れない夜をすごす、大切なあなたへ

カテゴリー:中野満知子

2013.09.03

フレームトップ
lavender.jpgこんにちは。アサーティブジャパン認定講師の中野満知子です。

先日ある会合に参加した時、ロビーに売られていた商品に目がとまりました。

「ラべンダーポプリの枕」・・・

それは手のひらサイズで、ラベンダーの花びらが布につつまれた小さな包み。ラベンダーの香りはリラックス効果があり、睡眠をさそうといわれています。
そのときとっさに、この頃眠れぬ夜を過ごしているという大事な人を思い浮かべ、購入しました。いろんな模様の中から、私は大きな白モクレンの花が描かれたのを選び、その人に贈ろうと考えたのです。

人が眠れぬ夜を過ごすにはいろんな理由あります。

私も長い間眠れずに、悶々と過ごした日々がありました。
どう乗り越えてきたのかといえば、原因となる出来事を、丁寧にみじんも責めることなく、ただ「うん、うん」と心に寄り添い、聴き続けてくれた仲間のおかげと思っています。
 
具体的にその人に何が起こっているのかは想像するしかないのですが、社会的弱者の方たちを支援する施設でありながら、経営方針と現場で起きていることとのかい離が激しいことに原因がありそうです。

支援する立場の人が、その働き方で疲弊し、使い捨てにされてゆく・・・
もちろん、しっかり自分の意見や考えを主張することは大事なことですが、残念なことにそうした人ほど、組織の中では孤立することもあるようです。

子どもを育てながら、お年寄りの世話をしながら、また働く人の権利も守ろうと一人何役もがんばってきたその人も、ついに心が折れそうな今を迎えています。
痛んだ身体が復活するまで、せめてぐっすり眠ってもらいたいと、私の気持ちが届くことを願っています。

アイコン
フレームアンダー
  1 / 2 / 3 / 4  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る