HOMEアサーティブを深めたいトレーナーブログ > 谷澤久美子

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

自分の意見や要求をないがしろにしない

カテゴリー:谷澤久美子

2017.05.02

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師、静岡の谷澤久美子です。

私は、定期的にある勉強会に参加しています。

その勉強会に参加しているとき、『自分の気持ちや要求をないがしろにしないこと』の大切さを実感する出来事が2つありました。

1つ目は、隣の研修室から講師の声が聞き取りにくくなるほど熱のこもった声が漏れ聞こえてきた時です。
私はそっと部屋を出て、隣の研修室のドアをノックし、事情を話してマイクのボリュームを下げていただきたいとお願いしました。アサーティブに頼んだことで、その後、隣の研修室から声が聞こえることはなくなり、集中してレクチャーを受けることができました。

2つ目は、勉強会の参加者AさんとBさんと三人で話していた時のことです。
私は二人の意見に同意できないなあと感じ、聞き逃すことができませんでした。この勉強会に参加していない方々のことを、人として劣っているかのような意見に聞こえたのです。

そこで二人がその話題で盛り上がっている中、勇気を出して「私には別の考えがあるんです」と伝えました。すると二人は「そうなんですね」と私の発言を受け止めてくださいました。(反論されるかと思っていたので、意外な反応にびっくりしました)

その場では一旦その話は終わり、読書会が終了した後、Aさんが声をかけてくれました。

Aさん「さっきは意見が対立してしまいましたね」
私「人それぞれいろいろな考えがありますよね」
Aさん「そうそう。この勉強会の素晴らしさを強調したいがばかりに、あんな言い方になってしまいました」
私「そういうお気持ちだったんですね。いろんな意見を伝え合える場に、みんなでできたことが素敵ですね。これからもそうしていきましょうね」

こうして、爽やかに会話を終わらせることができました。

かつての私だったら、自分の中に湧いた小さな気持ちや意見(「講師の声が聞き取りづらい時の困惑」や「他者を見下すような発言への違和感や自分はそう思わないという意見」)を、何事もなかったかのように、また気付かないフリをしてスルーしていたと思います。

例えば、「聞こえなかったところは、後で他の人に聞けばいいか」とか、「自分と意見が違うだけで別に大したことじゃない」「わざわざ自分から事を荒立てる必要もない」など、言い訳をいっぱい頭に浮かべていたと思うんです。

アサーティブと出会い、自分の意見や要求をないがしろにしないことで、自分のことを前よりもっと好きになれたような気がします。


アイコン
フレームアンダー

察する力と質問する力

カテゴリー:谷澤久美子

2016.06.24

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師谷澤久美子です。

先日、休みの日に転んで怪我をしてしまいました。
当番医でレントゲンを撮ってもらった結果、左手薬指が脱臼しているとのことで、総合病院の救急で受診するよう紹介を受けました。

18時半に受付を済ませた後も、左手はどんどん腫れてきます。
薬指が中指の方に大きく曲がり、グロテスク...しかし19時になっても19時半になっても診察してもらえません。

私のあとで受付された方が、どんどん診察室に呼ばれます。

私はだんだん不安になりました。
思い切って受付の方にうかがうと、
「もうすこしお待ちください」とのこと。

私 : 「もう少しというのは、だいたいあと何分くらいでしょうか?」
受付の方 : 「それははっきりとは言えないんです。申し訳ありません」
私 : 「私より後に受付された方が名前を呼ばれるので、受付していただいてるかどうか心配になってしまったんですが、名前はありますか?」
受付の方 : 「はい、それは大丈夫です。専門医が診察室に入る順でお呼びしているので、順番が後先になるんです。ただいま、整形外科の専門医が救急車で入って来られた方の処置をしてまして、手が空いたらすぐに診察室に入ります。そしたらお呼びしますので。お待ちください」

私は待つ訳が分かりホッとしました。

受付の方に質問する前は、心の中で、(私のこと忘れてるんじゃないでしょうね)と勝手に相手を責めたり、不注意で転んでしまった自分を責めたりと落ち着かなかったのですが、質問をして相手の事情が分かった途端(こうなったら、腰を落ち着けて待とうじゃないの)と考えました。

アサーティブトレーニングのステップアップ講座まで進まれた方は、相手に問いかける質問の練習をします。察する力も大事だけど、質問する力をつけておくのも、本当に大事ですよね。

結局診てもらえたのは22時15分。待つ間何台もの救急車が来ました。

私 : 「先生、何台も救急車来て、大変でしたね」
医者 :  「とはいえ、長い時間お待たせしてすみませんでした」
私 :  「いやあ、待ってる間、脱臼ごときで先生の大事な時間を使ってもらうこと、だんだん申し訳ない気持ちにもなってたんですよ。」
医者 :  「脱臼ごときじゃないですよ。谷澤さんの大切な指じゃないですか。脱臼はそのままにしておいて治るものじゃないので、こうして来ていただいて治療できて、良かったですよ。」
私 :  「ありがとうございます」

左薬指の3つ目の関節が大きく外れ中指の関節の方に寄ってしまっていたものを、2人がかりで元に戻していただきました。そりゃ痛かったけど、なんだか最後は笑顔!

受付の方にも、詳しく説明をしていただいたおかげで落ち着けたお礼も言えて暖かい気持ちで帰宅したのです。

アイコン
フレームアンダー

あらためて『人をほめる』ということ

カテゴリー:谷澤久美子

2015.12.15

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師谷澤久美子です。

少し前に、基礎講座のテキストに載っている「アサーティブ・チェックリスト」を自分のためにチェックしてみました。
そして、驚きました。
初めて基礎編を受けて以来、
いつでも、どこでも、このチェックリストにトライする時は、
必ず「5」を、多分疑いもなく、堂々とつけていた「人をほめることができる」。
これが「3,5」だったんです。

恥ずかしいし、トレーナーとして言いにくいのですが、
今までは、「人をほめること」を「得意」と思い込んでいたと思います。

冷静に自分を振り返ってみると、
私が「ほめることができる」方は、
① 好きな方や、価値観や考え方、方法論が似ている方、関係を大事にしたい方
② 肯定的なメッセージを伝える必要があるなと思った方
だったなと、気付いてしまいました。
こんなふうに言語化すると、なんだか、自分のいやらしい一面を明らかにしてしまったようで愕然。

愕然ついでに告白してしまうと、
一緒に住む義理の父が、
ポルトガル旅行から帰り、旅先で買ってきたメッシのユニフォームを着ていた時、すごく似合ってたしかっこよかったけど、それをまるで見えてないようにふるまったりしました。
それは多分「いつも食事の世話をしてあげているんだから」とか、「いろいろできないっていう体(てい)なのに、そういうことはちゃっかりとする」という考えがあったと思うんです。(←これを言葉にするのは、かなり勇気がいりました)

深く振りかえってみると、
私はどうやら、
苦手な方、してほしくない指示を出す方などに対しても、ほめ言葉を伝えていないことが多かったようです。
素敵だな、かっこいいな、真似したいなと思ったとしても、
見なかったこと、知らなかったことにしたこと、あったんですよね。

おお!「対等」の大切さを伝えている私が、それいいのか!!!

しかし人間って、たいしたものだと思います。こうやって意識した途端、それをやりそうになると、「待った!」がかかるんですね、自分自身に。そして「ほんとにそれでいいの?」というアサーティブの女神の声がきこえてきます。

おかげ様で、再チェック以来、胸をはって「対等」を伝えられるようにとぼちぼちチャレンジしております。

つい先日、義理の父に「お父さん、ダンディーですね」と言うと、にっこり。最近彼はベストを着てるんです。半袖のカットソーの上に、えんじ色のベスト。これが似合うんです。で、言ってくれました、「おまえ、メガネを変えたな。似合うぞ」と。

あ〜アサーティブ道は続きます。

アイコン
フレームアンダー

私は自分の可能性を十分に生かしているだろうか?

カテゴリー:谷澤久美子

2015.06.16

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師谷澤久美子です。

静岡では2013年から3ヶ月に1回開催している「アサーティブカフェ」。
前回の「アサーティブカフェin静岡」では<自己信頼>をテーマに、学び合い&おしゃべりをしました。

その際、アサーティブジャパン代表の森田が汐生書いた本「怒りの上手な伝え方」(すばる舎/発行)の本の中からワークをやってみたのですが、ファシリテーターを務めた私にとっても良い時間となりました。

本を持っていらしたら、ぜひ188ページを開いてください。

「自分をどのぐらい肯定できているのか、チェックしてみるのもいいでしょう。
 鏡の前に立って、自分自身を眺めながら正直に問いかけてみます」
 『この人と友達になりたいですか?』・・・」

この問いを含め全部で7つの問が書かれています。
参加者の皆さんには、持参いただいた鏡の中に自分の顔を映し、その顔をみながら、私が読み上げる問いに応えていただきました。

静かな静かな時間でした。

読み上げながら私自身、もやもやする問いがありました。
それは
「この人は、自分の可能性を十分に生かしているでしょうか?」
という問いです。

よくよく考えてみると・・・

(だって時間がないもん)
(どうせ、うまくいく訳ないし)

などと頭の中で言い訳爆発!!!

もやもやしていたのは、そういう状態の自分を自分自信で認識したくなかったからだと気がついたのです。

私にはやりたいことがあります。

それは17年前に、アサーティブトレーニングを受講しようと考えた動機にもつながっている「子どもたちにアサーティブを伝えたい」という想い。

新しい年度はこのことに、もっともっとどん欲になろうと決めました。

本の中で森田は言っています。

「もしも答えがノーであったら、その理由や打開策を探してみましょう。
 どうすれば、イエスと気持ちよく応えられるのか。
その理由を探るうちに、『本来、こうなりたい自分』を思い出すかもしれません。
そして、「じゃあ、これから○○しよう」という一歩を踏み出すきっかけが見つかるのではないでしょうか』

 「私には大切にしたいことがある」そのことを思い出させてくれたワーク。

みなさんも、鏡をみながら、自分自身と向き合う時間をもってみたら、いかがでしょう?

さて、後日談。
そう考えた途端、中学生への授業の依頼がありました。
まずはトレーナー仲間たちと、授業のアイディアを話し合うことから始めようと思います。

アイコン
フレームアンダー

アサーティブなインスピレーション!映画「ライフ」

カテゴリー:谷澤久美子

2014.11.21

フレームトップ
こんにちは!アサーティブジャパン認定講師谷澤久美子です。

昨年の春3度目の来日をされたアン・ディクソン氏(ヨーロッパでのアサーティブのトレーナーの第一人者)は、今回もたくさんのメッセ−ジを残してくれました。
私が印象に残っていることのひとつに、「インスピレーションの不足が、アサーティブであろうとする力を制限してしまう可能性がある」というもの。アンさんがこの言葉を説明してくれている最中、私は、講座などで出会った参加者の方々が、ロールプレイで勇気を振り絞って言葉を発しようとしている姿や、アサーティブの仲間達が、自分自身の困難な事例に立ち向かったり、社会の課題の解決に継続的に努力している姿を思い出していました。誰かがアサーティブであろうとする姿に接すると、「よし!私もやろう」と勇気がわきます。

life.jpgさて、今日は大いなるインスピレーションを与えてくれた映画を紹介します。ヒラリー・スワンク主演の「ライフ」です。

学校ではいじめにあい、家の中ではゲームに依存する息子(ジョージ)を元気づけようと、母親マリーは息子と長期旅行に出かけます。場所はアフリカ。そこで本来の力を取り戻し、元気に遊び学ぶ息子と幸せな日々を送るマリー。しかし、ジョージはマラリアにかかり命を奪われます。なぜ、ジョージがこんな目に合わなくてはならないのか!マリーは、その持っていき場のないような感情、怒りを、最初は自分の父親にむけ、そして夫にむけ、自分自身にむけ、もがき苦しみます。
失意の毎日の中、マリーは同じようにアフリカでマラリアによって命を失った息子をもつイギリス人の母親マーサに出会います。そして、二人は悲しみを分かち合いながらも、マラリアによって多くの子どもたちが命をなくす現状を食い止めるべく活動を始めるのです。

私は2つのことでインスピレーションを感じました。

1つは、二人の母親が、子どもを失った原因への「怒り」を、怒りで終わらせるのではなく、その裏にある「希望」をみつけ、それに向かって立ち上がったこと。
毎年50万人もの子どもたちをマラリアで亡くしてはならない!という二人の想いは、ついには予算委員会への出席に繋がり、そこで発言の機会を与えられ、さらには現状以上の予算を勝ち取り、息子たちがイキイキと暮らしたアフリカへ、たくさんの蚊帳(マラリア予防のための)を寄付することができたのです。

もう1つは、活動を進めていく中で、マリーは身近な人間関係の中でできていた溝を、自分から歩みより修復したことです。
まずは子どもの頃から関係の悪かった父親(政治家)に、活動を手伝ってほしいと依頼にいきます。ジョージの葬儀の日でさえ、父親からのお悔やみを受けようとしなかったマリーが、父親の家の扉をたたいたことだけでも勇気ある行動ですが、活動を共にしていく中で、父親の生き方を理解していくのがステキです。仕事ばかりに夢中でちっともかわいがってもらえなかったという事実は、自分の側からだけの見方だった・・・と気づき、そうして、父からのアドバイスを真摯に受け取り、プレゼンに向かったんです。
また、夫に詫びるシーンがあります。アフリカ旅行に関しても、活動に関しても、ほぼ独断でやってきたこと、また、夫もジョージを亡くしてつらい思いをしているのは同じなのに、自分の悲しみでいっぱいで思いやれなかったこと、それらを本当に自分に誠実になりあやまるのです。

アサーティブであることは、エネルギーもいるし、時間もかかるし、なかなかしんどいことでもあります。しかし、素晴らしいインスピレーションをもらうと、よし、もうちょっとがんばってみよう!って思えます。

この映画は、そんな映画でした。

見終わったとき、私はアンさんが残してくれた別のメッセージ、「自分が周りを照らす光であれ」を噛み締めました。

アイコン
フレームアンダー
  1 / 2 / 3 / 4  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る