HOMEアサーティブを深めたいトレーナーブログ > 牛島のり子

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

即答できない自分もOK

カテゴリー:牛島のり子

2013.06.11

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン専属講師の牛島のり子です。

先日ふと小学校低学年の頃の出来事をありありと思い出しました。
学校の音楽発表会で何の楽器をやるか決めるとき、先生に「ピアノをやってみたい人」と言われて、一瞬「やりたい。やってみようかな」と思ったものの、「自分にできるかな・・・」という不安もあって手を挙げずにいたところ、他の子がサッと手を挙げてそのまま演奏者に決まってしまった場面でした。
そのときの、なんともいえない複雑な気持ち。

結局私はその後どの楽器にも手を挙げることができず、しかたなく最後に残ったトライアングル役になりました。

その場面をもう何十年もたった今、仕事に向かう電車の中でなぜか思い出して
「ああ先生、私本当はピアノがやりたんです!」
と心の中で叫んでしまいました(いやあ、気づくのが遅すぎですね・・・笑)

私はこんなふうに、けっこう即断即決がむずかしい人間でした。
昔に比べれば仕事上の決断はかなり素早くなりましたが、それでも「自分はどうしたいんだろう?」と迷うこともよくあるし、「本当はこうしたいだけど、まわりの反応も気になるな」と一瞬逡巡することもあります。

そう、たとえばそんなときにもアサーティブが役に立っています。
アサーティブと出会って良かったと思うことのひとつは、即断即決できない時でもそんな自分をいつわらずに正直に言えるようになったことでしょうか。

「○○したいという気持ちはかなりあるんだけど、××の点で迷っているんだよね」
「7割方Yesなのですが、3割Noなんです。なぜならば・・・」

いつも白黒はっきり決まっている人間ってそうそういないと思います。
「自分は今グレーです」
「正直、迷っています」
「気持ちは半々です」
「返答まであと30分時間を下さい」
そんなふうに伝える選択肢もあるということ。

もし今、小学校3年生の自分に戻れたら、
「先生、やってみたい。ちゃんとできるかはちょっと不安だけど、でもやってみたい」
と伝えられそうな気がします。

アイコン
フレームアンダー

社交的でなくてもOK

カテゴリー:牛島のり子

2013.01.16

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン専属講師の牛島のり子です。

「日常会話でちょっとした気の利いた会話ができるようになりたいんですけど、アサーティブトレーニングで上達しますか?」
「学校の友だちと会話がはずまなくて気まずい時があるんです。アサーティブを学んだら社交的になれますか?」

時々そんな質問を受けることがあります(特に10代~20代の若い方々から)。
そのたびに、楽しい会話が無理なくできるようなそんな社交性を身につけたいという方が結構いらっしゃるのだなーと思うのですが、かくいう私も昔はそうでした。

会話上手になりたい、この人と話すと楽しいって思われたい、長い間そんな社交的な人に憧れてきました。

私はどちらかというと、休みの日は家で昼寝をしていたいタイプだし、みんなでわいわい騒ぐよりはひとりで本でも読みながらまったりしたいタイプ。
近所の人たちとも世間話・立ち話で盛り上がるということはほとんどなく、どちらかというと世間話は苦手部類。
お世辞にも社交的とはいえません。

こんな私がアサーティブを学んで良かったと思うことの一つは、

「社交的でない自分も素敵。そのままでOK」

と思えるようになったことでしょうか。

昔は「会話上手で明るくて、社交的でなければ人としての魅力や価値がない」とまで思いつめていたことが、今ではそのままの自分をリラックスして受け入れることができます。
その違いはとても大きいなあ、と思うのです。

たとえ社交的でなくても明るいキャラでなくても、伝えたいこと・伝えるべきことを相手を尊重して率直に伝えられること。

そんなアサーティブに出会って本当に良かったと思う今日このごろです。

アイコン
フレームアンダー

若い栄養士さんにエール!

カテゴリー:牛島のり子

2012.05.23

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン専属講師の牛島のり子(牛やん)です。

先日、管理栄養士の資格を持つ若いチーフの皆さんを対象にした講演会を担当させていただきました。
会場に集まった300名近い参加者の皆さんは、通常は各病院や施設に常駐して患者さんや利用者さんのために献立を考え、食事をつくって配膳する一連の流れに責任を持つプロフェッショナルです。

そんな彼女たち=若きチーフの皆さんのもうひとつの大事なお仕事が、調理スタッフのマネジメントです。調理をする人、配膳する人など、彼女たちは数人のスタッフをかかえて働いています。そのスタッフたちは彼女たちの親よりも年上であることが多く、キャリアもずっと長い。そんな年上のベテランスタッフに対して、若いチーフたちが指示や指導、注意をするとなると、いちいち気を使ってしまいます。実際、ちょっとしたものの言い方でスタッフの機嫌を損ねたり関係がぎくしゃくしたり、ということもよくあるようで職場でのコミュニケーションにはとても神経を使っていらっしゃるようでした。

講演会ではアサーティブのエッセンスを使って、「年上の、気難しい、プライド高めのスタッフに、やさしくきっぱり注意をする」という事例に実際に取り組んでいただきました。ロールプレイは笑いあり涙ありで大変に盛り上がり、そこに彼女たちの人知れぬ苦労と辛抱強さがにじんで見えて、私はとても感動していました。

一見、おしゃれで今どきのメイクやヘアスタイルの20代の女性たち。そんな彼女たちの食事づくりにかけるプロ魂と、あきらめずに良い仕事・良い関係を築きたいという姿勢に心底敬服しました。

大変なこと、つらいこと、きっとたくさんたくさんありますよね。でも遠く離れたところから、がんばる管理栄養士さんたちに応援エールを送っています。

アイコン
フレームアンダー

イエスとノーの仕分け作業は

カテゴリー:牛島のり子

2012.02.23

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン専属講師の牛島のり子(牛やん)です。

不意な頼まれごとをされたとき、その場でイエスかノーかを瞬時に判断できなくて返答に迷ってしまうということ、ありませんか?

最近プライベートなあることで「この依頼を受けるべきか・断るべきか」と悩んだことがありました。
依頼された瞬間は、「うわ、大変そうだから断りたい!」と思ったのですが、それでも完全に「ノー」とは言い切れない迷いがありました。

とりあえずその場では「迷っているので少し考えさせてください」と返答したのですが、その後しばらく考えてみても、イエスなのかノーなのか、なかなか気持ちが決まりません。

「私はいったい何に対してノーで何に対してイエスなんだろう?」

そう思って、しばし自分の中に混在している意思や気持ちを、ひとつずつ「イエス」と「ノー」に仕分け作業をしてみることにしました。

その結果、今回の依頼を引き受けることは・・・
・時間的体力的に負担が大きい→ノーと言って断りたい
・でも自分自身の成長のチャンスになる→イエスと言って引き受けたい


最後にこの二つの葛藤が明確になりました。
ここまでくるとこれまでの迷いの正体が良く理解でき、自分の意思を固めることができました

結局、私は自分の成長を優先することに決め(つまり、依頼を「引き受ける」)、
しかし時間的体力的負担を軽減するために、引き受ける際の条件を提示することにしました。
ようするに、条件付きの「イエス」です。

こうやって自分自身の奥深い意思や感情に耳を傾けて整理してみると、自分が本当は何を大事にしたいのかが良く見えてきます

アサーティブの基本である「自分自身に誠実であること」って、なかなか難しいものですが、こういうことがあるからこそ、アサーティブは面白い!と思います。

アイコン
フレームアンダー

天職との出会い方

カテゴリー:牛島のり子

2011.08.08

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン専属講師の牛島のり子(牛やん)です。

先日、とある老人介護施設の職員さん対象の研修を担当させていただきました。
当日参加されたのは、介護職、看護職、事務職、調理関係の方など多岐にわたる職種の皆さんでしたが、どの職種の方も、利用者の皆さんに親身になって、より良いサービスを提供しようという情熱が感じられてとても感動しました。

特にその時の、ひとりの物静かな若い男性職員のことが強く印象に残っています

彼は現在その施設の調理場で働いているのですが、調理の仕事が楽しくてしょうがないと言います。
「どういうところが楽しいの?」ときくと、
「僕が一生懸命作った料理を、利用者さんがおいしかったよって喜んでくれること」さらに、「食べることって、利用者さんにとっては喜びなんですよね。歯が弱い方にどうやったらおいしく食べてもらえるだろう? 今元気がないあの方に喜んでもらうには、どんな工夫がいるかなあ?」と、一人ひとりの利用者さんに喜んでもらうために、旬の食材で工夫を重ねるのが何よりも楽しみとのこと。

「すごい!今の職業、天職なんですね」と言うと、「はい!」と笑顔で即答。

こんなに仕事にやりがいと楽しさを見出している若い男性に、久しぶりにお会いできて、私は心底うれしくなりました。

いろいろ話をきくと、彼は最初から調理の仕事をめざしたわけではなかったそうです。
最初は三交代制の部品工場で数年働き、体を壊して別の工場に転職してはまた腰を故障してしまい、仕方なく今の施設の調理場にアルバイトとして入ったところ、その仕事の面白さに開眼したのだとか。そして資格をとり、今も調理の世界を勉強中とか。

「たまたまた出会ったこの仕事に、僕は心底感謝してるんですよねー!」
と、仕事について語りだすと、止まらない彼。

調理が好き、工夫が好き、お年寄りが好き、人間が好き・・・そんな彼のたくさんの「好き」が重なって、かけがえのない天職につながったのでしょう。

こんなふうに自分を活かして人の役に立てるようなお仕事に、たくさんの若者(いえ若くない人も)出会えますように!と心から願った1日でした。

アイコン
フレームアンダー
  1 / 2 / 3  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る