HOMEアサーティブを深めたい事務局ニュース > アサーティブあれこれ

事務局便り

イベントの告知や講座の報告など、事務局からの最新ニュースをお届けします。
過去の記事はこちらからどうぞ。

アサーティブジャパンのユニークな講座の数々をご紹介

カテゴリー:アサーティブあれこれ

2017.04.04

フレームトップ
4月になり、やっと春らしい陽気が訪れてきました。
ここ東京・国立(くにたち)も桜が見頃となっています。

新年度がスタートし、職場も学校も新しい体制になりますね。関係者の皆さんは今まさに大忙しのシーズンだと思います。

私たちアサーティブジャパン(AJ)も年度替わりとともにスタッフの一部が入れ替わり、新体制でのスタートとなります。
2017年度も皆さんにさまざまな形でアサーティブトレーニングをご提供していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

AJでは様々な立場、職業、年齢の皆さんにアサーティブをお伝えしていますが、今回はその中でもちょっとユニークな講座の一部をご紹介したいと思います。


「U29のためのアサーティブトレーニング」

DSCF9399.JPG

仕事やバイト先、サークル関係友人関係家族関係でのやりとりなど、20代の学生、社会人はコミュニケーションもいろいろ大変。

そこで、U29(アンダー29)世代の皆さんにアサーティブトレーニング。

この世代ならではのコミュニケーション上の課題を出し合い、仲間同士でわいわいとおしゃべりしながらアサーティブを学びました。

DSCF9405.JPG

↑「いや〜上手に断るのってむずかしい!」リアルにロールプレイ中。

最後はみんなで記念撮影。

DSCF9410.JPG

若い世代にこそ、どんどんアサーティブを活用して可能性を広げていってほしいものです。


「小児がん経験者のためのアサーティブ講座」

 小児がんを経験された皆さんが、就労時にぶつかるであろう様々な課題について、コミュニケーションでどう解決していけるかをテーマにアサーティブトレーニングを担当いたしました。

IMG_20170404_141420.jpg

たとえば、受診するために休みがほしいことを上司に伝える時。
病気の症状によって仕事中に配慮が必要なことを、具体的に伝える必要がある時。
「申し訳ない、迷惑をかける」という思いで、伝えたいことをついガマンしてしまう時。

自分のからだを大切にしながら仕事をしていくために、アサーティブなコミュニケーションが役に立ちます。

IMG_20170404_141529.jpg

病気を抱えながら仕事をす続けていくのは不安なものです。
しかし、アサーティブという伝え方の選択肢を持つことによって、少しずつ自信をもってまわりに協力を得られるようになります。


「アジア諸国の農村女性のためのアサーティブ」

アジア農協振興機関(IDACA)からのご依頼で、アサーティブトレーニングを担当しています。

225.JPG

参加者はインド、インドネシア、カンボジア、ミャンマー、タイ等から研修のため来日しているNGO、政府関係の女性管理者たち。

224.JPG

国は違ってもコミュニケーション上の悩みは意外と共通しているもの。

アジアの女性たちがもっと自分らしくリーダーシップをとっていけるように、アサーティブなコミュニケーションを学んでいただきました。
この講座については代表ブログ「アジアの女性リーダーとの時間」でも内容を紹介しております。



アサーティブジャパンでは、上記講座の他にも

「薬物依存症の家族のための講座」
「上司をうまく巻き込むアサーティブ研修」
「障がい当事者の就労に活かすアサーティブ」etc...

などなど、多様なテーマで皆さんのニーズに合ったアサーティブ講座をお届けしております。

また機会がありましたら随時ご紹介していきたいと思います。
今年度もどんな出会いがあるのか、ほんとうに楽しみです!



アイコン
フレームアンダー

老いる不安と恐怖に向き合うーー(トレーナー対象フォローアップ研修にて)

カテゴリー:アサーティブあれこれ

2016.10.06

フレームトップ
誰しも自分が老いていくのは怖いものです。
老いに関するメディアの情報はなにやら不安をかりたてるものばかり目につきますよね。

・老後の貯金は最低3,000万円必要...とか
・○年後は認知症○○万人になる...とか
・介護難民・老後貧困etc...とか

そういう情報にばかり日々接していると、悲観的になったり焦燥感にかられたりして、年を重ねることをネガティブなものととらえがちです。

さて唐突ですが、ここで「アサーティブ」の登場です。

老いへの不安とアサーティブ? いったいどんな関係が???

と思われる方もいらっしゃるはず。
でもアサーティブジャパンの講座を一度でも受けられた方は、きっとおわかりですよね。

どんな自分であっても敬意を払って自分を大切に扱うこと。
同じように他者のことも人として対等に尊重し、協力しあえる信頼関係を築いていくこと。
何歳になってもどんな境遇やバックグラウンドであっても。

それがアサーティブの基本姿勢だからです。

2016-10-02 08.11.34.jpgのサムネール画像

年をとった自分、シワがふえて見た目が変化した自分、身体がうまく機能しなくなった自分、仕事をリタイヤした自分、社会的な役割がなくなってしまったかのような自分。

そんな自分自身であっても大切な存在として尊重し、誇りを手放さないで生きていくためにはどうしたらいいのでしょうか。

そんなテーマを中心にすえ、「自己信頼とエイジング」というタイトルで、大阪にてアサーティブトレーナー対象の内部研修を行いました。

2016-10-02 10.59.53.jpg

自己信頼とは、うまくいっている自分をほめることだけではなく、自分自身の不安や恐怖ときちんと向き合い、感情にふりまわされずに「私はどうしたいのか・どうありたいのか」に正直になっていくこと。

参加したトレーナー会員同士で、老いていく自分自身に向き合いながら、自己信頼とアサーティブな力を取り戻していく濃厚な研修となりました。

2016-10-02 07.52.26.jpg


今回はトレーナー向けの研修でしたが、このテーマでの講座に興味・関心のある方、リクエストが多いようでしたら、今後一般向けの講座も企画していきたいと思います。

アイコン
フレームアンダー

2015年もアサーティブな日々を【年頭のご挨拶】

カテゴリー:アサーティブあれこれ

2015.01.07

フレームトップ
新しい年がスタートしました!

私たちアサーティブジャパンは、2015年も全国各地にアサーティブトレーニングをお届けしてまいります。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、写真はアサーティブジャパンの事務所がある東京国立市の新年の街頭です。
毎年この時期に掲げられるのは国立(くにたち)の子どもたちによる書き初め。

IMG_4013.jpg


新年からどーーん!と「未来」の文字が目に入る駅前。
思いっきり書いた文字がのびのびしていて素敵。
子どもたちにとってやさしい未来がつくれるといいなあ!という気持ちになります。

一方こちら↓↓は「ひたすら前進!モチベーションアップ!」系の書き初めですね。

IMG_4777.jpg

今年も子どもたちの「やってみたい!」を応援できる大人でありたいものです。

とはいっても景気が冷え込む昨今、大人たちは仕事も人間関係も冷え込んで、ますますストレスフルな状況に陥りがちです。
その鬱憤やとばっちりを子どもたちや高齢者、マイノリティの方々に向けるのではなく、まずは私たちが人間らしさ取り戻し、尊重し合える関係を少しずつ作っていく方向にエネルギーを使っていきたい! そんなことを思った2015年初頭でした。

今年も自他尊重のコミュニケーション=アサーティブをもっともっと広げるために、皆さんの街にも出かけていきます。

2015年もどうぞよろしくお願いいたします。


アイコン
フレームアンダー

常に勉強と研鑽の日々です <トレーナーのための研修開催>

カテゴリー:アサーティブあれこれ

2014.08.05

フレームトップ
毎日暑い日々が続いていますが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか。

アサーティブジャパン事務局はトレーナー&スタッフ一同、大忙しの日々です。
特に夏〜秋は、アサーティブトレーニングのご依頼がかなり集中するシーズン。
この夏は、沖縄から北海道まで、様々な職業、年齢、立場の皆さんにアサーティブをお届けしておりました。
(そんななか次から次へと襲ってくる台風や大雨の影響で講座・研修日程が延期になることも多々あり、スケジュール調整に追われる日々でもありました)

さて大忙しの事務局も、お盆休み前後はほっと一息つけそうです。
ほっと一息つけるわずかな期間に私たちが取り組むのは、トレーナーたちの研修や勉強会の開催です。

先日は東京・国立のアサーティブジャパン研修室にて、アサーティブトレーナー対象の研修を開催いたしました。

DSCF7942.JPG


テーマは「子どもとのかかわりにアサーティブをどう活かすか」そして「短い時間でアサーティブのエッセンスをいかに伝えるか」。

DSCF7934.JPG

トレーナーとして日々勉強することが山ほどある私たち。
勉強と研鑽の成果を皆さんにお届けできる日を楽しみに、夏の間はトレーナーのトレーニングが続きます。




アイコン
フレームアンダー

アサーティブとは問題解決につながる「道具」のひとつ

カテゴリー:アサーティブあれこれ

2014.02.26

フレームトップ

2月上旬に、アサーティブトレーナーが全国から集まって宿泊研修を行いました。

研修では10年以上のキャリアがあるトレーナーから昨年トレーナー資格を取得したての人まで、さまざまな立場のメンバーが京都に集まり充実した2日間を過ごしました。


IMG_1562.jpgのサムネール画像

(↑会場は景観が素晴らしい京都の聖護院にて開催)

今回のトレーナー研修のメインテーマは「個人の問題解決に(アサーティブの手法も含めた)様々な解決手法をどのように選択し、活用するか」。
たっぷり時間をかけてこの内容に取り組みました。


私たちは日常の中で様々な問題や悩みを抱えています。


職場の人間関係、親子や夫婦の関係、組織上の問題点、社会的な差別や偏見の問題、むずかしい感情の取り扱いなど。

それらの問題を解決につなげる考え方や方法は、何通りもあるはずですが、私たちはつい自分のなじみ深い方法やこだわりにとらわれて、同じ思考をぐるぐると悪循環させたりひとりで迷路にはまってしまいがちです。

そこで今回取り組んだ研修での内容は、

・解決につながる考え方や方法を「使える道具(ツール)」としてたくさん出し合い、常に複数の選択肢を持っておくこと。
・その中から自他尊重のアサーティブな方向性が実現できそうな目標に向かって、自らの責任で選択できること。
・選択した方法論をグループの力を借りて実際に試してみること。

このような流れで、個人の問題から社会や組織上の問題までからむような問題まで、実際にどのように解決できるか取り組んでみました。

DSCF7502.JPG


一口に「アサーティブを活用する」と言っても、その伝え方や伝える内容については何通りもの選択肢があります。
しかし「こうすべきではないか」「こう伝えた方が良いにちがいない」という枠にとらわれすぎると、かえって柔軟さがなくなり解決から遠ざかるという落とし穴にはまってしまいがちです。


「こうすべき」という枠にとらわれずに、柔軟に主体的に、解決のツールを選択しながら
自分も相手も尊重できる道をあゆんでいくこと...簡単そうで実はとてもむずかしいこのテーマに、トレーナー同士で自身の問題を事例として取り上げながら学び合いました。


アサーティブな関係づくりの正解はひとつではありません。


そのときそのときで自分と相手にとってベストな選択をしていける力が、関係づくりには必要なのかもしれません。

アイコン
フレームアンダー
  1 / 2  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る