HOMEアサーティブを深めたい事務局ニュース > 講座の報告

事務局便り

イベントの告知や講座の報告など、事務局からの最新ニュースをお届けします。
過去の記事はこちらからどうぞ。

子どもとアサーティブにかかわるには?「より良い親子関係講座レポート」

カテゴリー:講座の報告

2016.12.06

フレームトップ
2016年12月3日(土)に、東京国立市のアサーティブジャパン研修室にて、「より良い親子関係のためのコミュニケーション講座」を開催いたしました。
関東地域はもちろん、遠くは愛知県、兵庫県からはるばるご参加いただいた方もいらして、皆さんの関心の高さを感じました。

参加者の半数は男性で、親の立場の方、教職員の方、シングルの方、青少年育成に携わっている方など、多様な立場の皆さんにご参加いただきました。

IMG_20161205_094436.jpg

子どもとかかわる立場は様々であっても、「子どもたちとの関わりをより良くしたい / もっと互いに信頼関係を築けるかかわりがしたい / 子どもの成長を適切に支援できるかかわりがしたい」という思いは共通でした。

↓ 対象となる子どもたちの年齢も様々です。

Cx6eBf5WIAAeOPW.jpg

講座の中では、上の写真のように、ターゲットとなる子どもの年齢を書いていただき、より具体的な場面でのかかわりを練習できるよう、グループワーク形式の演習でトレーニングに取り組みました。

大人同士のコミュニケーションと違って、子どもへのかかわりで大事なことは、目先のことだけではなく、長期的に子どのも成長への目標を常に意識しておくことがあげられます。

つい目の前のことにカッとなったり落胆したりして、感情的なふるまいに走りがちな大人側の私たち。

子どもとかかわる全ての皆さんが、自分の感情を適切にコントロールしながら、子どもたちを勇気づけ、成長を促していく良き仲間となれますように。

「より良い親子関係のためのコミュニケーション講座」は、来年も引き続き開催していく予定です。
____________________________

参加者のアンケート・感想より

■「大人同士であれば少しずつアサーティブな会話ができるようになってきたのですが、子どもに対してはどうしてもつい感情的に怒ってしまうことが多くて、難しいなあと思っていました。
 今回子どもへのアサーティブなかかわり方を学んで、対大人とはまったく違う視点(子どもの成長を支援するという視点)が必要であることがよくわかりました。
 まずはその視点を忘れないように常に意識しながら、子どもたちと接してみたいと思います」

■「楽しかったです。子どもには建前が通用しないので本音のぶつありあいになりがちだけど『そういうやりとりにも良い点があるんですよ』という言葉をいただき、ほっと肩の力が抜けた感じがしました。また参加したいです」

■「親の立場と教師の立場では、なんというか立ち位置が全然ちがう面があるので、どちらも中途半端な対応になってしまっていました。まずは目の前の子どもから信頼してもらうために自分の行動や目線を変えていくこと。そして子どもにも自己主張する力をつけてもらうためのサポートという大事な役割を忘れないようにしたいと思います」
アイコン
フレームアンダー

「けんか」のネタを「対話」に変える
     __2時間講座【ケンカにならない夫婦関係】レポート

カテゴリー:講座の報告

2016.08.10

フレームトップ
猛暑の日々が続いておりますが、皆さん夏バテなどされていませんか?

夏真っ盛りの、さる8月6日(土)に東京・品川で開催した
2時間講座「けんかにならない夫婦間のコミュニケーション講座」
には、たくさんの方にご参加いただきました。

IMG_20160810_101154.jpg

「アサーティブはまったくはじめて」という方から、長年のアサーティブファンの皆さんまで、会場はほぼ満員!
夫婦でのご参加や若いカップルのご参加もあり、世代を超えてパートナーシップへの関心の高さを感じました。

197218_31-01musashikoyama.jpg
↑品川にある会場の「スクエア荏原」。広くてとてもきれいな施設です。

講座では、パートナーとの関係で不毛なエネルギーを使ってしまう「けんか」になってしまうとき、そのエネルギーをどうやって「建設的な対話」につなげていくのか、そのポイントを中心に学んでいただき、実際に「伝える演習」にも取り組んでいただきました。

大切なパートナーだからこそ、自分のことを「もっとわかってほしい」「なんとか良い関係になりたい」と強く願ってしまうもの。その願い(理想)が強くなればなるほど、現実とのギャップが広がってストレスになってしまいます。

IMG_20160810_101214.jpg

自分の願いを不満や愚痴、あきらめという形ではなく、建設的で誠実な話し合いにつないでいく具体的な方法を、「アサーティブ」という考え方をベースに学んでいただけたと思います。

今回のご参加いただいた皆さんが、少しずつ2人の関係の中で活用していただけることを願っています。

______________________

■参加者の感想より

「近い関係だけに、お互いストレートにぶつけ合わない方法のヒントがみつかったような気がします。相手からの反論につい感情的になりそうだという自分のクセも発見できました! あきらめずにコミュニケーションしてみようと思います」

「けっこう重い話になるのかと思ったら、楽しくておもしろくて、あっという間の2時間でした」

「会社での関係だとわりと建前で話せるけど、夫婦は本音がぶつかりあうのでほんとに難しい。でも、けんかにならないやり方があるということを知っただけで、かなり気持ちがらくになりました。」

「パートナーとの関係では、今目の前のことだけではなくて、長いスパンで【今後どういう関係でいたいのか】という目標を常に意識することが大切なのだと思いました。今回、その目標が言葉になったことが大きな収穫でした」


   _________________________


テーマ別の2時間講座、これからも東京と大阪で、続々開催予定です。

今後の開催予定はこちらをご覧下さい。

次回は大阪にて「苦手な人に向き合うアサーティブ講座」を開催します。


 開催予定日:2016年10月1日(土) 13:00~15:00
 会場          :大阪私学会館(大阪府大阪市)
 費用           :一般 5,400円(税込)
  +Aメンバー(基礎講座修了者) 4,320円(税込)

テーマ別の2時間講座今後の開催予定はこちら↓

関西地域の方、ぜひスケジュール帳にチェックしておいてくださいね。
アサーティブがまったく初めての方も大歓迎です。
どうぞお楽しみに。

アイコン
フレームアンダー

「苦手な人に向き合うためのアサーティブ講座」レポート

カテゴリー:講座の報告

2016.03.24

フレームトップ

さる3月12日(土)に、品川にて開催いたしました2時間で学ぶアサーティブ講座、今回は「苦手な人に向き合うアサーティブ」というテーマでお送りいたしました。

当日は定員をはるかに超えるお申し込みをいただき、満員御礼!
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

160312_04.JPG



講座では、相手への苦手意識が生まれる背景を理解し、具体的にどういう心がまえでどう伝えていくか具体的な方法を学んでいただきました。

ポイントとしては

1)「苦手!」と感じた瞬間に、相手とどう向き合うか

という方法論はもちろん、もうひとつ大事なこととして

2)「苦手!」と感じるモノの見方・考え方そのものを、どう変えていけるか

という2つの軸を中心に進行していきました。

人それぞれ苦手と感じる相手や状況は様々。
苦手な状況をなんとか避けようとするよりも、きちんと向き合っていけるようなヒントにしていただければうれしいです!

_______________________________

さて今年度(2015年度)、アサーティブジャパンでは1年を通して、下記の7つのテーマでアサーティブを学ぶミニ講座を開催してまいりました。
はじめてアサーティブを学ぶ方から、リピーターの参加者まで、たくさんの方にご参加いただきました。


 1.「ストレスをためない! 上司とのコミュニケーション講座」【大阪・8月】

 2.「より良い親子関係のためのコミュニケーション講座」【東京・6月と9月の2回開催】

 3.「けんかにならない 夫婦間やパートナーとのコミュニケーション」【大阪・10月】

 4.「職場の差別発言にどう対処する?」【東京・11月】

 5.「前向きな気持ちを失わない!キツイ一言への対処法」【大阪・12月】

 6.「意見の対立・葛藤場面でのアサーティブトレーニング」【東京・1月】

 7.「苦手な人に向き合うアサーティブ」【東京・3月】


職場で、家庭で、地域で、どんな相手どんな場面にも活用していただけるよう、今後も多様なテーマでアサーティブをご紹介していく予定です。

新しい年度でも、皆さんに講座でお会いできることを楽しみにしています!




アイコン
フレームアンダー

「意見の対立・葛藤場面でのアサーティブ」講座レポート

カテゴリー:講座の報告

2016.01.26

フレームトップ
毎回大好評をいただいているテーマ別2時間講座ですが、さる1月16日(土)には東京・渋谷にて「意見の対立・葛藤場面でのアサーティブトレーニング」というテーマで開催いたしました。

2h_Tokyo2_06.jpg

当日は遠くは九州・沖縄からもご参加いただき、満員御礼となりました。

今回の講座には、アサーティブというよりは「対立」というキーワードにひかれて、はじめて私どもの講座に参加された方も多く、「対立・葛藤におけるコミュニケーション」というテーマが、多くの方々に切実に必要とされているのだと感じました。

ひとくちに対立といっても、職場・ビジネスで、家庭や地域で、プライベートなサークルや友人関係で...etc、2人以上の人間が集まれば、大なり小なり利害や意見の対立はおこりがち。

目に見える対立(論争や口論など)も難しいのですが、目に見えない対立(沈黙や話し合いの回避)はもっと扱いが難しいものです。

今回の講座では目に見える対立・見えにくい対立事例を題材に、アサーティブに話し合うことによって、双方の問題解決・信頼関係に一歩近づくための目標設定と具体的なコミュニケーションスキルを学びました。

2h_Tokyo2_10.jpg

↑2人ペアになって、職場での対立場面を想定してのロールプレイの様子。
ノンアサーティブな相手に対するアサーティブな伝え方を演習中です。


2h_Tokyo2_11.jpg

↑一方こちらは夫役・妻役に分かれての「家庭内対立」場面でのロールプレイ。
あまりの事例のリアルさに、汗をかきながらの迫真のやりとりになりました。

相手を負かしてしまうのではなく、対立を避けるのでもなく、あえてアサーティブにコミュニケーションをとっていくことで、対立から協力関係にシフトしていくことは充分可能です。

対立が起こりがちな相手とコミュニケーションをとった際には、話をしたあとで

・お互いの理解が一歩深まったか? 
・信頼関係が一歩進んだか?
・双方が少しずつ問題解決への一歩を踏み出せたか?

この3点を常に点検することが大切です。
実生活の対立場面で、ぜひアサーティブを試してみてください。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

_______________________
参加者アンケートより

●自分が良いと思っていた話の進め方が、実は相手を追い込んでいたということに気づきました。2時間があっという間で、深刻な対立事例も楽しく演習をすすめることができました。(女性)

●演習の時間では、最初は対立関係で話し合いが全く成立しなかったのが、アサーティブのポイントを入れていくだけで協力的な関係に変わっていき、最後になんとかお互いの小さな一致点を見つけることができたときはほんとうにうれしかったです。これから実践してみます(男性)

●「目に見えない対立」という言葉にハッとしました。うまくいっているつもりだったけど、実は見えない対立を深めているだけだったかもしれません。小さな対立を大切に扱っていきたいです(女性)

●「相手にわかってほしい」と思うあまり、自分の主張ばかりに集中してしまう傾向があることがよくわかりました。相手の主張を受け止め・相手のニーズを訊き出していく具体的なポイントも学べて良かったです(男性)

●これまで自分は、なんとか合意点に至ろうとして強引な交渉をしていたと思います。たとえ合意に至らなくても、そこに至る道筋をつくれることや互いの状況が理解し合えることだけでも問題解決に一歩近づけるのだということを実感しました(女性)


次回のテーマ別2時間講座は、「苦手な人に向き合うためのアサーティブ講座」(2016年3月12日(土)13:00~15:00 会場:スクエア荏原(東京都品川区))を開催いたします。



アイコン
フレームアンダー

「パートナーとの関係・互いの<ちがい>を乗り越えるために」
     __【ケンカにならない夫婦関係2時間講座】レポート

カテゴリー:講座の報告

2015.03.31

フレームトップ
さる3月21日(土)に都内で開催した2時間講座「けんかにならない夫婦間のコミュニケーション」には、たくさんの方にご参加いただきました。
おかげさまで秋葉原の会場は満員御礼! 
皆さんありがとうございました。

アサーティブの講座ははじめてという方も多かったこの講座、やはり夫婦関係やパートナーシップへの関心の高さがうかがえました。

講座終了後は参加された方から
「30年前にこの講座を受けたかった!」
という声が出たほど(笑)。

身近であるがゆえに、より感情的になりやすいのがパートナーとの関係。

過去に戻ってやり直すことはできないにしても、今この瞬間からできることは実はたくさんあります。
今回の講座で学んだポイントを、少しずつ2人の関係の中で活用していただけることを願っています。

IMG_7941.jpg


今回の講座の中で特に盛り上がったのが「夫婦関係、その理想と現実のギャップ」について参加者の皆さんとわいわいとおしゃべりした瞬間でした(会場は爆笑と共感の渦!)。

人によってその理想像がちがっていたり、自分の高すぎる理想に思わず苦笑したり、女性と男性では価値観がずいぶんちがっていたり、そのちがいをどうしても受け入れられなくて相手に押し付けたり、逆に相手の言いなりになっていたり...。

夫婦間のコミュニケーションがうまくいかなくなる最大の要因は、この「ちがい」をいかに取り扱うかにあります。

ささいなことにカチンときたり、イライラしたりうんざりしたりあきらめてしまったり。

このような自分の感情の動きに丁寧に耳を傾けて、自分が実現したい理想と相手が実現したい理想とをすりあわせていく作業が、互いを尊重した関係を築いていくために大切な一歩となります。

相手との関係で感情が動いたら、それは2人の「ちがい」を知らせてくれる大切なサイン。

そのサインを受け取ったあとの具体的なコミュニケーションの仕方は、アサーティブの得意分野です。
時々私たちの講座やトレーニングに参加して、アサーティブを活用していただけることを心から願っています。

■参加者の感想より

「職場での関係に比べて、夫婦間は感情的になりやすい分難しいなあと感じて参加しました。でもその感情が教えてくれるメッセージや、2人の価値観のちがいがコミュニケーションのキーポイントになることが学べたことが、何よりの収穫です」

「アサーティブに伝えることだけではなく、問題を<すぐに解決してしまおうと焦らないスタンスも大事>とのお話に目からウロコでした」

「知らず知らずのうちに相手に合わせてばかりで我慢している自分に気づきました。自分の気持ちも大事にして相方との合意点を見つけていきたいです」


   _________________________


「けんかにならない夫婦間のコミュニケーション」、次は大阪で開催します!

♦「けんかにならない夫婦間のコミュニケーション講座」(開催予定)

 開催予定日:2015年10/3(土)13:30~15:30
   場所 :CANVAS谷町(大阪府大阪市)
   費用 :一般 5,400円(税込)
       +Aメンバー(基礎講座修了者) 4,320円(税込)

関西地域の方、ぜひスケジュール帳にチェックしておいてくださいね。
アサーティブがまったく初めての方も大歓迎です。

講座お申し込み等詳細については、のちほどウェブ上やメルマガにてご案内いたします。
どうぞお楽しみに。


アイコン
フレームアンダー
  1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る