HOMEアサーティブを深めたい > トレーナーになりたい

トレーナーになりたい

AJのめざすトレーナーとは? トレーナーになりたい方必見です!

「理解してもらえるように伝える訓練」トレーナー養成講座、順調に進行中!

カテゴリー:トレーナー養成講座のご報告

2012.10.25

フレームトップ
今年5月よりスタートしたアサーティブトレーナー養成講座、順調に進んでいます。

この8月から10月までの3ヶ月は、ひたすら「プレゼンテーション」にチャレンジし、講座参加者である仲間同士、対等に研鑽しあう切磋琢磨の講座でした。

121025養成講座2.JPG

8月、9月はアサーティブトレーニングの基礎編・応用編における基本的な理論を、トレーナーとしてどう伝えるのかをテーマに取り組みました。

トレーナーがアサーティブの理論を伝えるときは、理解を促す事例を交えたり、共感を呼ぶ体験談を語ったりと様々な工夫をこらしています。
年齢も立場も職業も多様な方々にアサーティブを理解してもらうためにはどんな知識とスキル、そしてマインドが必要なのか、プレゼンテーションの実践を通して学びました。

10月の講座は、アサーティブトレーニングの中でも最大のハイライトでもある「ロールプレイのファシリテート」に取り組みました。
アサーティブジャパンのトレーニングの特徴は、参加者自身の生の事例を取り扱うロールプレイ。テレビ番組に例えるならドキュメンタリーの生放送のようなもの。

「ロールプレイを成功に向けてファシリテートしていくために、トレーナーに必要なことは何か?」。

プレゼンテーションには少しずつ慣れてきたメンバーたちですが、まだまだこれからがファシリテート力の鍛えどころ! 回を重ねるたびに新たなテーマに果敢に取り組んでいくメンバーたちでした。

121025養成講座3.JPG

トレーナー養成講座は、年内はあと2回を残すのみとなりました。残された時間も仲間と支え合いながら、トレーナーの卵たちの奮闘は続きます。


アイコン
フレームアンダー

「社会的な視点を持つこと」トレーナー養成講座第3回目の報告

カテゴリー:トレーナー養成講座のご報告

2012.08.08

フレームトップ
7月14日〜16日の3日間、トレーナー養成講座第3回目が開催されました。
今回はゲストスピーカー3名を迎えてお話しを伺い、アサーティブジャパンが大切にしている「トレーナー像」を掘り下げ、さらに自分と向き合うための3日間となりました。

120808養成1.JPG


初日は自分のためのロールプレイの時間を取り、自分から相手への要求についての内容についてディスカッション。

「相手の領域に踏み込んでいないだろうか?」
「伝える際の自分の責任とは何だろう?」
「相手を責めていないだろうか?」

などいくつかのポイントに沿ってしっかりと確認し、ロールプレイにチャレンジ。

2日目には一歩先を行く「先輩トレーナー」をゲストスピーカーに迎え、「アサーティブを伝える際に必要な、社会的な視点を持つこと」について、体験談をたっぷり話しをしていただきました。
その後、ゲスト講師による「障がいを持つ人の虐待防止ワークショップ」を開催。
私たちアサーティブジャパンの講座には、様々なバックグラウンドを持った方がご参加してくださいます。社会に存在する「差別」「偏見」「虐待」などにも目を向け、自らが体験することでたくさんの気づきと学びがあり、トレーナーを目指すメンバーにとっては、大変有意義で貴重な時間でした。

120808養成2.JPG

3日目は、メンバー自身が自分の人生を振り返りながら「トレーナーとしてなぜ、何を伝えていきたいのか?」を再度自分に問いかける時間。
本当に自分と向き合い、深く考え悩んだ3日間。
「来月まで持ち帰る」「う~ん、アサーティブって深い!」など口ぐちにつぶやきながらの最終日でした。

120808養成3.JPG


さて、来月からはいよいよ実践的な内容に入ります。
実際のアサーティブ講座を想定してレクチャーやグループワークを使って「発表」の場を持ち、ひたすら「プレゼンテーション」を行う猛練習の日々に突入です。

まだまだ、新たな課題にチャレンジする「トレーナーの卵の修行の日々」は続きます。

アイコン
フレームアンダー

トレーナー養成講座第二回目を開催しました

カテゴリー:トレーナー養成講座のご報告

2012.06.29

フレームトップ
さる6月16・17日に、トレーナー養成講座の第二回目が開催されました。

前回から1ヶ月ぶりに再会したトレーナー養成講座のメンバーは、
「元気だった?」「会いたかった~。」と再会を喜び合い、
そしてこの間の「アサーティブに生活するための工夫」や、
「わかってるけど、やっぱり難しいこと」などをシェアすることからスタート。

120628養成1.JPG

今回は「応用講座」の内容をメインテーマに取り上げました。
特に「批判への対処」や「怒りの感情の取り扱い」については、
トレーナーとしての視点をプラスし、深く広く学ぶことにチャレンジしました。

「批判への対処」や「怒りの感情の取り扱い」をどのように行っているのかを理解しておくことは、トレーナーを目指す者にとっては必須条件です。

メンバーからは「自分に誠実になることが第一歩」「今まで感情に蓋をしてきた自分を再発見した」など、気づきがあったようです。

そして二日目の最後には再度「ロールプレイのフィードバック」の実践練習に突入。先月より厳しい指導のもと、奮闘した2日間でした。

120628養成2.JPG

真摯に自分に向き合い、スキルだけではなく、「自分がアサーティブに生きること」に日々チャレンジしているトレーナーの卵たちへの厳しく、楽しいトレーニングの日々はまだまだ続きます!

来月は、先輩トレーナーをゲストスピーカーに迎え、3日間の学びとなります。

アイコン
フレームアンダー

2012年度トレーナー養成講座、スタートしました!

カテゴリー:トレーナー養成講座のご報告

2012.05.23

フレームトップ
第9期アサーティブトレーナー養成講座が、2012年5月より無事スタートいたしました。

北は宮城から南は九州・沖縄まで総勢23名の参加となり、年齢や職業も様々なメンバーの初顔合わせです。

120523yousei1.JPG

初日の朝は緊張気味でしたが、さすが、トレーナーを目指して集まったメンバーたち。
お昼すぎにはすっかり仲良くなり、明るく元気な雰囲気での講座進行となりました。

まず講座の冒頭では、アサーティブジャパン(AJ)が最も大切にしている「AJが求めるトレーナー像」について共有しました。
またトレーナーのスキルとして重要な「良いフィードバックとは?」「NGなフィードバックとは?」を議論し、各自のロールプレイに取り組みながら、学びを深めました。

二日目の終了が近づくとともに、皆さんの疲労もピークの様子へ。
「ふぅ~、自分自身の問題こそ難しい~(汗)!」
「トレーナーって、こんなにいろんなこと考えてるんだぁ」
「あー、ふー。(ため息のみ)」
など口ぐちにつぶやきながらも、頑張っていました。

そんな中でも、
「明日からまた、厳しい現実が待っているけど、来月またこのメンバーに会えることを楽しみに頑張る!」
「これから、自分自身と向き合い、トレーナーとして、一人の人間として成長できると思うと嬉しい!」
など前向きな発言あり、別れをおしんでの終了となりました。

120523yousei2.jpg

来月の(6月)の養成講座も、アットホームなAJ国立研修室での開催です。美味しいランチとトレーナーを目指しての苦しい学び。
トレーナー養成講座は期待とともに始まったばかりです。来月も切磋琢磨する仲間との素晴らしい時間になりそうな予感です!


アイコン
フレームアンダー

トレーナー養成講座、いよいよスタートします。

カテゴリー:お知らせ

2012.05.10

フレームトップ
2012年度のトレーナー養成講座には、全国各地から多数のご応募をいただきました。心よりお礼申し上げます。

今回の養成講座も定員以上のお申し込みがあったため、やむをえず書面にて選考させていただきました。その結果、お申込み者の半数以上の方には参加をお断りしなければならず、事務局一同心苦しい気持ちでいっぱいでした。
(今回受講できなかった方、ほんとうに申し訳ありません)

しかしアサーティブの伝え手になるということに、これだけたくさんの方に関心を持っていただいたことには、ほんとうにうれしく思っています。

今週末(5月12日・13日)から、2012年度のトレーナー養成講座がいよいよスタートします。
今回は、南は九州・沖縄から北は宮城県まで、さまざまな職種やバックグラウンドを持ったメンバーたちが、これから約1年をかけて学び始めます。

講座ではまず、トレーナーとして以前にひとりの人間として、真摯にアサーティブに生きていくことをめざして、自分自身としっかり向き合うところから始まります。
トレーナー自身がアサーティブな日々を実践することと同時に、それを多様なバックグラウンドを持つ方々の前に立って、どのように伝えていくのか、豊富な学びの連続になることでしょう。

トレーナーの卵たちの新たなスタートです。

120510トレーナーブログ.jpg
アイコン
フレームアンダー
前のページへ   2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る