HOMEアサーティブを深めたい > トレーナーになりたい

トレーナーになりたい

AJのめざすトレーナーとは? トレーナーになりたい方必見です!

【第9期】アサーティブトレーナー養成講座、終了しました!

カテゴリー:トレーナー養成講座のご報告

2013.06.12

フレームトップ

【第9期】アサーティブトレーナー養成講座は、約1年間の長期に渡る研修を経て2013年6月9日をもって無事終了となりました。

ともに学びチャレンジしてきた20名の受講生の皆さん、本当にお疲れさまでした。

(↓2012年春。養成講座スタート直後の様子)

120628養成2.JPG

昨年の5月、研修会場にたくさんの不安や期待で足を踏み入れた受講メンバーたち。講座前半の数か月は自分自身を見つめ直し「人生の中でアサーティブを真摯に実践していくこと」に時間とエネルギーを注いできました。

養成講座ではトレーナーとしてのスキルを磨くだけではなく、ゲスト講師による「障がいを持つ人の虐待防止」や「アディクション」等の様々なテーマでのトレーニング等、アサーティブを伝える際に必要な【社会的な視点を持つ】ことにも力を入れてきました。

それは、さまざまな年齢・職業・人種や性別・障がいの有無など、「この社会に生きる多様な立場の人たちにアサーティブを届けたい」という私たちアサーティブジャパンが大切にしている思いがあるからです。

(↓「障がいを持つ人の虐待防止」トレーニングの様子)

120808養成2.JPG


養成講座後半からは、集中的にプレゼンテーション演習に取り組む日々。

(↓プレゼンテーション演習の様子)

 DSCF6700.JPG

養成講座の受講とは別に、アサーティブジャパンの主催講座に「インターン」として参加し、実地訓練も同時進行で行いました。

講座の中でもインターン参加の中でも、先輩トレーナーや仲間たちからのフィードバックに勇気をもらったり落ち込んだり。葛藤しながらもチャレンジした日々だったと思います。

(↓たくさんの参加者を前に「語る」トレーニング)

 DSCF6685.jpg

そしてついに養成講座最終回の6月。

最終プレゼンテーション(試験)を終えて、アサーティブジャパンのトレーナーとしての大切なポイントを最後に確認しあいました。

DSCF7334.JPG

「個人の問題だけにフォーカスするのではなく、常に多様な立場に置かれている人々のことを理解し、社会的な視点を持ちながらアサーティブを伝えていくこと」

「今後もトレーナーとして、またひとりの人間として、言いづらいことでも真摯に伝えフィードバックしあえる関係を築いていくこと」etc。

時間と回を重ねるごとに、へこみながらも輝きを増していった養成講座受講生の皆さんに、私たちもたくさんの学びと感動をいただいた時間でした。

IMG_2845.jpg

 【第9期】アサーティブトレーナー養成講座は終了し、トレーナーの卵たちはいよいよ卵の殻を破って一歩外に踏み出し歩き始めるスタートとなります。

アイコン
フレームアンダー

ダメ出しと葛藤の日々!?...トレーナーの卵たち、がんばっています!

カテゴリー:トレーナー養成講座のご報告

2013.05.15

フレームトップ
このブログでご紹介しているトレーナー養成講座の様子ですが、先日、最終プレゼンテーションの第二回目が行われました。

プレゼンテーションは実際の講座さながらの会場設定で行うので、かなり緊張感があります。
その緊張を乗り越えて、いかに自然体でプレゼンを行えるかはなかなか難しいところ。

130515養成講座1.jpg
↑ロールプレイのデモンストレーションをプレゼン中!

これまで何回も参加者を前にしたプレゼンをやってきたトレーナーの卵たちは、そのたびに自分の課題に取り組み、自分自身の内面から変えていくことにチャレンジしてきました。 
トレーナーになるには講座をうまくファシリテートするだけではなく、アサーティブを伝える者として人権尊重の感覚をさらに磨き、多様な立場の人々と対等に対応できる柔軟さが必要です。

130515養成講座2.jpg

まだまだ改善する点はあれども、トレーナーの卵たちの、その果敢なチャレンジに拍手です。

痛いフィードバックやダメ出しを受け取りながらも、まだまだ前に進むメンバーの皆さん、これまで約1年かけてやってきたトレーナー養成も来月でいよいよ最終回となります。

アイコン
フレームアンダー

いよいよ大詰めー「最終プレゼンテーション」が始まりました

カテゴリー:トレーナー養成講座のご報告

2013.04.10

フレームトップ
昨年5月からスタートしたトレーナー養成講座。
トレーナー修行中の卵たちは、アサーティブ講座にインターンとして勉強に入ったり、自主勉強会を開いて練習を重ねたりと、日々アサーティブトレーナーへの道を歩んでいます。

そんな養成講座もいよいよ大詰め。
残すところは三ヶ月にわたる「最終プレゼンテーション」のみとなりました。

「最終プレゼンテーション」とは、本番の講座さながらの環境の中で、与えられたテーマで約30分間プレゼンテーションを行う研修です。
プレゼンテーションが終わった後は、一人ひとりについて良い点・評価できる点や今後取り組むべき改善点についてフィードバックされます。

130409養成1.jpgのサムネール画像

↑プレゼンテーションの様子はビデオに撮られ、のちほど自分の姿を客観的にふり返ることになります。

改善点のフィードバックを受けることは、なかなか「痛い」体験です。

講座内での単なる「伝え方」「進行の仕方」だけではなく、
「人として本当に人間の対等性にコミットしているか」
「多様な人々との違いを恐れずにまっすぐ向き合おうとしているか」
など、アサーティブの根幹が問われるからです。

痛い。でも、成長できる。

それがトレーナー養成講座の醍醐味。

130409養成2.jpg

先日の4月6日・7日は、7名の方がプレゼンにチャレンジしました。
1年前に比べたら素晴らしく進化(?)したその立ち姿に、一同ほれぼれ。
そしてここまでくるのにどんなに葛藤し試行錯誤しただろうかということに思いをはせました。

次回のプレゼンテーションは、来月5月に開催されます。

アイコン
フレームアンダー

いよいよインターン生としての実地訓練へ【トレーナー養成講座】

カテゴリー:トレーナー養成講座のご報告

2012.12.27

フレームトップ
2012年5月よりスタートした第9期トレーナー養成講座、ついに講座本編が12月で終了し、残すところ2013年4月からの最終プレゼンテーションを残すのみとなりました。

さてこの2カ月間の養成講座ではプレゼンテーションを中心とした訓練の連続でした。

DSCF6676.JPG


アサーティブジャパンが提供するアサーティブトレーニングは、体験型・参加型の講座であるため、参加メンバー全員が安心して参加できる場をつくることが大切です。
そのためにグループ全体に目を配りながらクラスを運営することは、アサーティブトレーナーとしては欠かせないスキルとなります。

この11~12月の講座では、今グループに何が必要なのか、全員が安全に参加できているかなど、いくつものことを同時に考えながら進行していけるトレーナーになるための学びと訓練に時間を費やしました。

12月に行った回では、「子育て中の親」「組織の管理職」「支援職」「医療従事者」などの対象者別講座を想定し、アサーティブを伝えるプレゼンテーションも行いました。

DSCF6700.JPG

しかしプレゼンテーションを何回も体験して痛感するのは、アサーティブを伝えるうえで大切なことは、伝え方の技術(スキル)だけではなく、トレーナーとしてまたひとりの人間として「どんな参加メンバーに対しても敬意を持って、対等に、そして真摯に参向きあっていく心の持ち方」であることを再確認をした2ヵ月間でした。

DSCF6685.jpg

これからの3か月間は、トレーナーの卵たちがアサーティブジャパンの主催講座に「インターン」として参加し、訓練を重ねながら更に学びを深めていく予定です。

そして2013年4月から始まる「最終プレゼンテーション」では、アサーティブに関するさまざまなテーマについて20名を超す参加者を前にしてファシリテート(進行)していただきます。

いよいよ大詰めに入ったトレーナー養成講座。新しい年はさらなるチャレンジの日々となることでしょう。

アイコン
フレームアンダー

「理解してもらえるように伝える訓練」トレーナー養成講座、順調に進行中!

カテゴリー:トレーナー養成講座のご報告

2012.10.25

フレームトップ
今年5月よりスタートしたアサーティブトレーナー養成講座、順調に進んでいます。

この8月から10月までの3ヶ月は、ひたすら「プレゼンテーション」にチャレンジし、講座参加者である仲間同士、対等に研鑽しあう切磋琢磨の講座でした。

121025養成講座2.JPG

8月、9月はアサーティブトレーニングの基礎編・応用編における基本的な理論を、トレーナーとしてどう伝えるのかをテーマに取り組みました。

トレーナーがアサーティブの理論を伝えるときは、理解を促す事例を交えたり、共感を呼ぶ体験談を語ったりと様々な工夫をこらしています。
年齢も立場も職業も多様な方々にアサーティブを理解してもらうためにはどんな知識とスキル、そしてマインドが必要なのか、プレゼンテーションの実践を通して学びました。

10月の講座は、アサーティブトレーニングの中でも最大のハイライトでもある「ロールプレイのファシリテート」に取り組みました。
アサーティブジャパンのトレーニングの特徴は、参加者自身の生の事例を取り扱うロールプレイ。テレビ番組に例えるならドキュメンタリーの生放送のようなもの。

「ロールプレイを成功に向けてファシリテートしていくために、トレーナーに必要なことは何か?」。

プレゼンテーションには少しずつ慣れてきたメンバーたちですが、まだまだこれからがファシリテート力の鍛えどころ! 回を重ねるたびに新たなテーマに果敢に取り組んでいくメンバーたちでした。

121025養成講座3.JPG

トレーナー養成講座は、年内はあと2回を残すのみとなりました。残された時間も仲間と支え合いながら、トレーナーの卵たちの奮闘は続きます。


アイコン
フレームアンダー
前のページへ   2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る