HOMEアサーティブを深めたい > トレーナーになりたい

トレーナーになりたい

AJのめざすトレーナーとは? トレーナーになりたい方必見です!

2014年度トレーナー養成講座いよいよ応募開始!&よくある質問について

カテゴリー:トレーナー養成講座【よくある質問】

2013.12.13

フレームトップ
アサーティブトレーナーをめざしている皆さん、大変お待たせいたしました。
これまでもたびたび告知してまいりましたが、アサーティブトレーナー養成講座の開催が正式に決定いたしましたのでご案内いたします。

2014年度【第10期】トレーナー養成講座の募集要項をウェブ上にアップいたしました。
本日より応募を開始しております。
参加希望の方は、下記URLにてぜひとも内容をご確認下さい。


 ■ 2014年度【第10期】アサーティブトレーナー養成講座ー募集要項


本日より応募受け付けを開始しております。




さてさっそくですが、次回のトレーナー養成講座について多数のご質問をいただいております。
そのなかから今回は二つのご質問についてQ&Aとしてご紹介いたします。


Q:これまでのトレーナー養成講座は1年くらいかけて学ぶ講座だったと思いますが、次回は受講期間が6ケ月と短くなったのですね。以前と何がちがうのですか?


A:前回までの養成講座では、「中級トレーナーレベル(※)」まで取得できるカリキュラムを実施しておりましたので、1年という長い時間をかけておりました。
しかし長期間の日程確保が難しい方や、この不況下の経済的負担をかんがみ、養成講座の規模を大幅に縮小しての開催といたしました。

そのためカリキュラムも「初級トレーナーのレベルが取得できるカリキュラム」へと変更し、期間が短くなった分受講料も値下げいたしました。

(※)中級トレーナーはロールプレイのファシリテート(進行)が適切にできるスキルを有するものであり、初級トレーナーはロールプレイを含まない初歩的な講座進行ができるスキルを有するものとなります。



Q:アサーティブトレーナー資格を取得したら、仕事としてやっていくことはできますか?

A:はい、可能です。
個人のトレーナーとしてお仕事をしていただくことができますし、職場内でのトレーニングや地域で講座を企画するなど多様な活動をしていただけます。
ただしその際は、アサーティブジャパンのプログラムおよびトレーナー規定を遵守していただくことが条件となります。

トレーナー養成講座についてのご質問やご不明な点につきましては、遠慮なく事務局宛にお問い合わせ下さい。

皆さんからのご応募をお待ちしております!

アイコン
フレームアンダー

次回2014年度トレーナー養成講座について

カテゴリー:お知らせ

2013.11.15

フレームトップ
今年6月に終了したトレーナー養成講座からはや5ヶ月あまり。
次回のトレーナー養成講座開催について、多数のお問い合わせをいただいております。

大変お待たせしてしまいましたが、次回の養成講座の開催時期や開催地、受講料等について現段階での情報をご案内いたします。


   -----------------------------------------------------------

  【 第10期・アサーティブトレーナー養成講座 】


●開催時期:2014年7月よりスタート〜2015年1月に終了予定

       2014年12月を除いた毎月1回(土日の2日間)×全6回
       第1回目の講座日程は7月26日(土)27(日)となる予定。
     
●会場:東京都内を予定
●費用:23万円(別途消費税)となる予定
    (奨学金制度(参加費減免制度)も設ける予定です)
●参加資格:アサーティブジャパン主催の基礎講座・応用講座・ステップアップ講座を修了された方

●選考について:応募者多数の場合は書類選考とさせていただきます。
●養成講座の最終審査において一定の基準をクリアされた方は、アサーティブジャパンのトレーナー会員として活動していただけます。

【応募方法】:2013年12月にウェブにて告知いたします。所定の応募書類にご記入の上、お申し込み用紙を送付していただきます。


   -----------------------------------------------------------


上記内容は、現段階での予定ですので、若干変更される可能性もございます。
来月(12月)には詳細情報をご案内いたしますので、何卒ご了承ください。




アサーティブジャパンはこれまで100名をこえるアサーティブトレーナーを育成してきました。

アサーティブの考え方を講座で学んで身につけるだけではなく、自分の地域や職場で「伝えていける人」を増やしていくことで、自分も相手も尊重できる社会に一歩ずつ近づいてけることを望んでいるからです。

現在全国で活躍しているアサーティブトレーナーたちの中には、プロのトレーナーとして独立している人もいれば、主婦業のかたわら公民館で市民向けに講座を開いている人、勤務する職場内で社内教育として実施している人など、まさに100人100様の「アサーティブの伝え方」を実践しています。



私たちは年齢性別学歴を問わず、多様な立場の方々にアサーティブの伝え手として活躍していただきたいと願っています。

IT化や合理化が押し進められる社会状況の中で、人が人間らしさを取り戻して関係をつくっていくひとつの方法として、アサーティブの考え方と方法はとても有効であることを確信しているからです。

私たちアサーティブジャパンのミッションに共感し、一緒に「伝え手」としてやっていきたいと思われる方、アサーティブトレーナー養成講座にご参加いただき、ぜひともトレーナーをめざしていただきたいと思っております。



アイコン
フレームアンダー

新しいトレーナーたちが続々と誕生しました

カテゴリー:トレーナー養成講座のご報告

2013.08.06

フレームトップ
今年度のトレーナー養成講座が終わり、アサーティブジャパンの認定を受けたトレーナー会員たちが続々と新しく仲間に加わりました。

トレーナー養成講座修了者の中から、養成講座受講期間1年を通しての感想をいただきました。下記に掲載いたします。

______________________________

これまで様々な講習やワークショップ、リーダー養成研修などに参加してきましたが、ここまで大きな影響を受けたのは初めてのことでした。

当初、アサーティブトレーナーになるには、「教え方」とか「ファシリテートの仕方」とかアサーティブの知識とか、そういうものを学んでいくのだろうと思っていました。

もちろんそれらはどれも大切な知識とスキルで、習得するのに四苦八苦しましたし、仲間と協力し合って勉強したり実習したりという日々は大変でしたが楽しい日々でもありました。

しかしそれ以上に自分自身のチャレンジだったのが、それまでは思いもしなかった自分自身の意外な内面に向き合う作業でした。
アサーティブを伝えるために「人前に立つ」というトレーニングは、思った以上に自分自身の内面があらわれてくるものなのですね。

それは単に人が怖いとか失敗するのが怖いとか、そういうことではなく(いやそういうことももちろんありますが)、自分がずっと封印してきた感情や生い立ちにおいて小さな頃から繰り返してきた行動パターンが、アサーティブを伝えようと人々に向き合った瞬間、繰り返しあらわれてくるという体験でした。

参加者の皆さんに安心してアサーティブトレーニングを受けてもらうためには、トレーナー自身が常に落ち着いて、自他尊重のまなざしでアサーティブであることが大前提。
なのになかなかそうはいかない自分自身へのいら立ちとの格闘。。。

日常生活ではなかなか直面しない自分の内面について取り組むことができたのは、貴重な体験でした。
トレーナーー養成講座は、私の生活を大きく変えました。
トレーナーになるかならないかは置いておいたとしても、受講して本当に良かったと思います。


______________________________

アサーティブジャパンでは、これからもアサーティブトレーナーを育成していくことをミッションの大きな柱としています。

次回のトレーナー養成講座は来年2014年5月スタートを予定しています。今年の秋(11月頃)には募集要項をアップする予定です。

トレーナー養成講座については下記ページをどうぞ。



アイコン
フレームアンダー

【第9期】アサーティブトレーナー養成講座、終了しました!

カテゴリー:トレーナー養成講座のご報告

2013.06.12

フレームトップ

【第9期】アサーティブトレーナー養成講座は、約1年間の長期に渡る研修を経て2013年6月9日をもって無事終了となりました。

ともに学びチャレンジしてきた20名の受講生の皆さん、本当にお疲れさまでした。

(↓2012年春。養成講座スタート直後の様子)

120628養成2.JPG

昨年の5月、研修会場にたくさんの不安や期待で足を踏み入れた受講メンバーたち。講座前半の数か月は自分自身を見つめ直し「人生の中でアサーティブを真摯に実践していくこと」に時間とエネルギーを注いできました。

養成講座ではトレーナーとしてのスキルを磨くだけではなく、ゲスト講師による「障がいを持つ人の虐待防止」や「アディクション」等の様々なテーマでのトレーニング等、アサーティブを伝える際に必要な【社会的な視点を持つ】ことにも力を入れてきました。

それは、さまざまな年齢・職業・人種や性別・障がいの有無など、「この社会に生きる多様な立場の人たちにアサーティブを届けたい」という私たちアサーティブジャパンが大切にしている思いがあるからです。

(↓「障がいを持つ人の虐待防止」トレーニングの様子)

120808養成2.JPG


養成講座後半からは、集中的にプレゼンテーション演習に取り組む日々。

(↓プレゼンテーション演習の様子)

 DSCF6700.JPG

養成講座の受講とは別に、アサーティブジャパンの主催講座に「インターン」として参加し、実地訓練も同時進行で行いました。

講座の中でもインターン参加の中でも、先輩トレーナーや仲間たちからのフィードバックに勇気をもらったり落ち込んだり。葛藤しながらもチャレンジした日々だったと思います。

(↓たくさんの参加者を前に「語る」トレーニング)

 DSCF6685.jpg

そしてついに養成講座最終回の6月。

最終プレゼンテーション(試験)を終えて、アサーティブジャパンのトレーナーとしての大切なポイントを最後に確認しあいました。

DSCF7334.JPG

「個人の問題だけにフォーカスするのではなく、常に多様な立場に置かれている人々のことを理解し、社会的な視点を持ちながらアサーティブを伝えていくこと」

「今後もトレーナーとして、またひとりの人間として、言いづらいことでも真摯に伝えフィードバックしあえる関係を築いていくこと」etc。

時間と回を重ねるごとに、へこみながらも輝きを増していった養成講座受講生の皆さんに、私たちもたくさんの学びと感動をいただいた時間でした。

IMG_2845.jpg

 【第9期】アサーティブトレーナー養成講座は終了し、トレーナーの卵たちはいよいよ卵の殻を破って一歩外に踏み出し歩き始めるスタートとなります。

アイコン
フレームアンダー

ダメ出しと葛藤の日々!?...トレーナーの卵たち、がんばっています!

カテゴリー:トレーナー養成講座のご報告

2013.05.15

フレームトップ
このブログでご紹介しているトレーナー養成講座の様子ですが、先日、最終プレゼンテーションの第二回目が行われました。

プレゼンテーションは実際の講座さながらの会場設定で行うので、かなり緊張感があります。
その緊張を乗り越えて、いかに自然体でプレゼンを行えるかはなかなか難しいところ。

130515養成講座1.jpg
↑ロールプレイのデモンストレーションをプレゼン中!

これまで何回も参加者を前にしたプレゼンをやってきたトレーナーの卵たちは、そのたびに自分の課題に取り組み、自分自身の内面から変えていくことにチャレンジしてきました。 
トレーナーになるには講座をうまくファシリテートするだけではなく、アサーティブを伝える者として人権尊重の感覚をさらに磨き、多様な立場の人々と対等に対応できる柔軟さが必要です。

130515養成講座2.jpg

まだまだ改善する点はあれども、トレーナーの卵たちの、その果敢なチャレンジに拍手です。

痛いフィードバックやダメ出しを受け取りながらも、まだまだ前に進むメンバーの皆さん、これまで約1年かけてやってきたトレーナー養成も来月でいよいよ最終回となります。

アイコン
フレームアンダー
前のページへ   1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る