HOMEアサーティブを深めたいみんなのアサーティブ日記伝えるときのポイント > 職場の悪口大会にて

みんなのアサーティブ日記

日々アサーティブに生きたいと願う人々による、リレー日記形式の「ちいさなつぶやき」「ささやかな実践記」です。「アサーティブネスっておもしろい!」「自分のことがだんだん好きになってきた」という「うふふ」なものから、「アサーティブに生きたい!のに、なぜかトホホな日々…私って変?」「もっとアサーティブにコミュニケートしたいな♪ と思っていたのに、おっと大失敗!」という「とほほ」な声まで、定期的に更新していきます。たまにはずっこけながら、それでも楽しんでアサーティブに生きていきたいあなたのためのコーナーです。どうぞお楽しみに!
過去の記事はこちらからどうぞ。

職場の悪口大会にて

カテゴリー:伝えるときのポイント

2016.02.10

フレームトップ

職場で4人の同僚たちと楽しくランチをしていたが途中から上司の悪口大会に発展!
確かにそうだよな〜と思うこともあって、しばらくつきあって聞いていたけど、上司の苦労も垣間みて知っている私としては、安易にあいづちをうつこともできない。

こういうとき、適当に笑って盛り上がってればいいのかもしれないけど、なんか気持ちがモヤモヤして...。かといって、「そういうのやめようよー」と正義づらするもの気が引けるし。

その気持ちをその場でどう言ったらいいのか全くわからなかったけど、はっきりわかっていたのは、「とりあえず今はちがう話題にチェンジしたい」ということだけ。
なので、それだけ気軽に言ってみた。

「ねえ、突然だけど話変えていい?
あのさ、スポーツジムっていくらぐらいするの? ...ていうのはさあ、〜〜」

と、唐突に話題を変えた。
いや、たまたまたジムに興味あったからその話題にしただけなんだけど。

単純なもので、話題を変えると私たちは延々とその話題で盛り上がった。
ひょっとしたら、4人のうちの何人かは「悪口大会の話題変えたいなあ」って感じていた人がいたのかもしれない。まあ、わからないけどね。

「悪口やめようよ」は言えない(言う勇気ない)けど、「ちがう話題にしていい?」だったら気負わずにできそうだなって思ったできごとでした。

アイコン

フ
レームアンダー

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る