HOMEアサーティブを深めたいみんなのアサーティブ日記批判に対処する > 「なんか気持ち悪い」と言われたとき

みんなのアサーティブ日記

日々アサーティブに生きたいと願う人々による、リレー日記形式の「ちいさなつぶやき」「ささやかな実践記」です。「アサーティブネスっておもしろい!」「自分のことがだんだん好きになってきた」という「うふふ」なものから、「アサーティブに生きたい!のに、なぜかトホホな日々…私って変?」「もっとアサーティブにコミュニケートしたいな♪ と思っていたのに、おっと大失敗!」という「とほほ」な声まで、定期的に更新していきます。たまにはずっこけながら、それでも楽しんでアサーティブに生きていきたいあなたのためのコーナーです。どうぞお楽しみに!
過去の記事はこちらからどうぞ。

「なんか気持ち悪い」と言われたとき

カテゴリー:批判に対処する

2018.04.02

フレームトップ

このまえ、夫に家事を頼んだとき、思わぬ言葉で批判された。

「なんか気持ち悪いな。はっきり言ってよ」と。

「え? なになになんのこと? 気持ち悪いって何に対して?」と
びっくりしつつ、夫に何のことかきいてみた。

すると夫、洗濯物を畳みながら教えてくれた。

「さっき『洗濯物、たたんでほしんだけどムリだよねぇ・・・』って言ったじゃない?
なんかそういう言い方、多い気がするんだよね。

『今度の休日に出かけるの、どうせダメだよねぇ・・・』とか。
なんか、もやっとするというか、『どうせダメだよね』という言い方は、言われたほうが気持ち悪いよ」

夫の言葉には、正直グサっときたしカチーン!ときた。
でも実は内心、

「そうなのか・・・!!」
「なるほど!なんかわかるかも!」

と、膝を打つ(?)ような感覚があった。

私って、そういうものの言い方をしていたのだ。
夫に対して、完全にオロオロした卑屈な態度になっていたのかもしれない。
これはものすごく心当たりがある。

もっと率直にアサーティブに
「洗濯物を畳んでほしいんだ」
「今度の休日に出かけようよ」
って、頼めばいいだけなのに、自分から下になって「どうせダメだよね」「ムリだよね」という前置きをすることがクセになっていた。

夫の言い方にはちょっとカチンとはきたけど、言ってくれてよかったと思う。

よし、これから私も仕切りなおしだ。
もっとアサーティブを活用して、気持ちの良い関係になりたい。

アイコン

フ
レームアンダー

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る