HOMEアサーティブを深めたいみんなのアサーティブ日記 > 怒りの感情

みんなのアサーティブ日記

日々アサーティブに生きたいと願う人々による、リレー日記形式の「ちいさなつぶやき」「ささやかな実践記」です。「アサーティブネスっておもしろい!」「自分のことがだんだん好きになってきた」という「うふふ」なものから、「アサーティブに生きたい!のに、なぜかトホホな日々…私って変?」「もっとアサーティブにコミュニケートしたいな♪ と思っていたのに、おっと大失敗!」という「とほほ」な声まで、定期的に更新していきます。たまにはずっこけながら、それでも楽しんでアサーティブに生きていきたいあなたのためのコーナーです。どうぞお楽しみに!
過去の記事はこちらからどうぞ。

絶対謝らせてやる!と思ったとき

カテゴリー:怒りの感情

2017.06.16

フレームトップ

コンサートに行くため仕事帰りの彼と駅で待ち合わせていたんだけど、時間になってもなかなかこない!しかも電話もメールもなく開演時間が迫っている!

「一体どういうつもりなの!? ほんとに非常識なんだから!」
正直私はかなりイライラしていた。

その時、先に会場に入っていた友人から、彼が会場にいるとの連絡があった。

「ええええ!? なんで? どうして連絡しないの!」

頭の中は怒りでいっぱい。どうやって反省させてやろうか謝らせようかと考えをめぐらせながら会場に急いでいると、怒りは増幅するばかり。
雨の中ひとり坂道を登る私の怒りはどんどんエスカレートしてゆく。
... そのとき、ふとアサーティブのことを思いだした。

「あ。またやってるわ。私(苦笑)」

このまま話をするとぜったい険悪なけんかになってしまう。これはいつものパターン、もうくり返したくない。
過ぎてしまったことは変えられないよね。
でも「次からどうしてほしいのか」を落ち着いて、的を絞ってアサーティブに伝えることはできそうだ。

ひょっとしたら彼にも何か事情があったのかもしれない。仕事のことでいっぱいいっぱいで勘違いしたり、連絡のことがふっとんでいたのかもしれないし...彼だって完璧な人間ではない。彼にも間違う権利があるんだ。
などと相手の立場に思いを巡らせてみたら、だんだん落ち着いてきた。

会場に着く頃には、ドッカンの顔ではなく、かなりアサーティブな顔つきになっていたような気がする。

話してみると、案の定、彼は待合せ場所を勘違いしていたみたい。
じゃあ今後こんな行き違いをなくすためにはどうしたらいいか、コンサート後にご飯を食べながら話すことができた。

頭ごなしに責めなくてほんとに良かった。

アイコン

フ
レームアンダー

何度指導しても、仕事が遅れる後輩

カテゴリー:怒りの感情

2016.04.12

フレームトップ

後輩のK君は今日も残業。もう少し仕事の段取りや優先順位を考えれば時間内に充分終わるはずなんだけど。

この半年、彼が異動して来てから毎朝のミーティングで進捗確認したり、優先順位をつけたりわからないことは聞くように言ったり、自分なりに気をつかって手をつくして指導してきたつもりなのに、K君の仕事は常に周回遅れでどんなに残業しても変わらない。

いよいよこっちも我慢の限界で、昨日はついぶちギレてみんなの前で本人に暴言を吐いてしまった。

その瞬間一斉にフロアーが凍り付き、まるでキレた自分がパワハラしてるみたいで後味悪い。

もう限界。アサーティブ無理...。
でもこの悪循環を何とかしたい。

そこまできて、ふと自分が相当行き詰まっていることに気がついた。
自分ひとりでなんとかしようとがんばって抱え込むのをやめよう。もう限界だ、と。

そこで、上司に相談してみることに。

これまで後輩に関することを上司に相談するのは、指導能力がないヤツと評価が下がるのでは?と思ってなかなかできなかったけど、今回は上司に仕事上の相談の一つとして話をしてみることにした。

とても言いづらいことだが、K君への指導で困っていること。
K君担当の仕事がこれ遅れてしまうと、フォローが難しくなり具体的な損害等危機感を感じていること。
仕事の割り振りで可能な案や、指導上のアドバイスがほしいこと。

事前に相談したいことを紙に書き出して、上司に時間をとってもらった。

意外にも上司は忙しい中、わりと親身になって話をきいてくれた。
(これだけでも、かなり肩の荷がおりた気分)
具体的な対策や可能な案については、これから徐々に上司と話していくことになり、これまでの足踏み状態から一歩前進した。
そう感じた瞬間から、自分のK君へのまなざしが、なぜかちょっと柔らかくなった気がする。

きっと相手(K君)のせいだと思っていたことが、実はイライラをひとりで抱え込んで煮詰まっていた自分の側にも問題があったのだろう。
煮詰まる前にまず相談。これからもやっていきたい。

アイコン

フ
レームアンダー

イライラの感情は、自分への警告サイン

カテゴリー:怒りの感情

2015.09.30

フレームトップ

今日も気がついたら眉間にしわが寄っている。
トイレで鏡を見たら、顔にイライラが出ていてものすごい形相の自分に、さすがに「ヤバい」と思った。
そのときはじめて「私はけっこうイライラしている」と、自分の感情に気づいたのだ。

山積みの書類にイライラ。
まわりのスタッフの声の大きさにイライラ。
頼んだ仕事がなかなかあがってこなくてまたイライライラ...o(`ω´*)o

そのたびに
「なんでこんなに仕事が多いの?仕事を断れない上司のせいだわ」
「なんでまわりに配慮しないスタッフばかりなの?迷惑だわ」
「なんで期限守れないかなー!責任感なし!?」
と、まわりや相手を心の中で責めては自分のイライラに自分で油を注いでいた。

イライラの積み重ねってドラムの音によく似てる。
どんどん音が大きくなってきたら危険信号。
だからイライラのドラム音が小さいうちに、頭にのぼった血を下げておくほうがいい。
ちょっと席を外して鏡を見たり、お昼は外に食べに行ったり、少しだけ立ち上がって同僚の雑談に加わったり。

頭に血が上ったままだと、相手を責める思考に拍車がかかる。
しかし、いったんクールダウンして落ち着いてみれば、起きている問題に対しての自分の責任が見えてくる。
そうすると不思議なことに「問題は何か/自分にできることは何か/誰に何をお願いしたいのか」、そんなことを建設的に考えることができる。

イライラの感情を瞬時に消すことはできないけど、でもそれは自分が「そのままのやり方じゃダメだよ。別のやり方や考え方にシフトすることが必要だよ!」という警告のサインなんだ。

今日も仕事中にサインが出るだろう。
そのサインを受け取れる自分でいたいもんだとあらためて感じた。

アイコン

フ
レームアンダー

家事ハラ発言に激怒!

カテゴリー:怒りの感情

2015.04.27

フレームトップ

洗濯物のしわを伸ばさずに干す。
しかも干し方がぐちゃぐちゃ。
お皿を洗えばうっすら汚れが残っている。

家事をやってくれるのは助かるけど、正直言って夫の家事はすべてが雑・・・。

自分なりに気をつかって
「しわを伸ばしてから干してね。それから干すときはこちら向きにね」
「汚れが残ってるからきれいに洗ってくれる?」
などと伝えたら、
「うるさいなー。そういうの家事ハラっていうんだぞ!」
と夫に逆ギレされた。

ムキーー!!(激怒!!)

そのときはあまりにもむかついて「なにが家事ハラだー!おまえこそ妻ハラだー!!」と、ひとり月に吠えた自分だったが・・・(とほほ)。

あとで時間をおいて冷静になって振り返ってみると、私の言い方もたしかにまずかったかもしれない・・・と思うようになった。

自分の要求だけを一方的にいくつも言ってしまったからなあ。
それにどこかで「私はちゃんとやっているんだから、あなたもやって当たり前」と思っていた。
そういうのがきっと彼には攻撃的に聞こえたのかもしれない。

どんなに仕事で忙しくても家事をやってくれていることは本当にありがたいので、その感謝の気持ちは言葉にして伝えなくちゃね。
そのうえで、やり方を変えてほしい点はひとつだけリクエストしよう。
もしできないと言われたら、そのとき考えたり話し合ったりすればいい。

まあこんな感じでぼちぼちやるかな。

アイコン

フ
レームアンダー

感謝されて怒り爆発!

カテゴリー:怒りの感情

2015.02.24

フレームトップ

先日夫が帰ってくるなり、ソファーにもたれかかって言った。
「うちは落ち着くよなー。ほんと片付いてるしきれいだし」

これって妻である私へのほめ言葉だよね。
正直悪い気はしなかったけど、なんかちょっと妙な気持ちになった。

それから子どもを抱っこして
「かわいいなあ。」
とも一言。

正直な気持ちだよね。
普通、きいて悪い気はしないよね。

でも、その時の私はちがった。

その瞬間、カチンときて腹が立ったのだ。

自分でもびっくりして、そのときは「そう?」とだけ言ってやりすごした。
夫の言葉を素直に受け取れない自分にも腹が立った。

でも、そのあと少し冷静になって自分の気持ちを整理してみたら、私のなかで夫に対する大きな不満と要求が渦巻いているのが見えてきた。
それは、

「じゃあ、あなたも家事をやってよ!!」
「私は子どもとずっと2人でいて、煮詰まっているの。
 素直に子どもがかわいいって思えない時もある!子育て手伝ってよ」

という要求。

正直自分でも彼に対してそんなに不満がたまっていたのかと驚いた。

日々のもろもろの家事のなかの、ほんのひとつでいい。
彼にも責任をもって家の事をやってほしい。
子どもの面倒を半日でいいからみてほしい。
私はひとりの時間をもちたい。

でもそれを私は、彼にちゃんと言葉で伝えた事がなかったのだ。

「こんなことで怒りを感じるなんて私って変??」
とちょっと悩んだけど、怒りは私に大事な事を教えてくれた気がする。

自分のなかの気持ちや要求が見つかったから、あとはそれを彼に誠実に伝えて話し合ってみるだけだな。

とにかくアサーティブに伝えてみよう。
そう思ったら気持ちがすっきりした。

アイコン

フ
レームアンダー

  1 / 2  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る