HOMEアサーティブを深めたいみんなのアサーティブ日記 > 相手を尊重する

みんなのアサーティブ日記

日々アサーティブに生きたいと願う人々による、リレー日記形式の「ちいさなつぶやき」「ささやかな実践記」です。「アサーティブネスっておもしろい!」「自分のことがだんだん好きになってきた」という「うふふ」なものから、「アサーティブに生きたい!のに、なぜかトホホな日々…私って変?」「もっとアサーティブにコミュニケートしたいな♪ と思っていたのに、おっと大失敗!」という「とほほ」な声まで、定期的に更新していきます。たまにはずっこけながら、それでも楽しんでアサーティブに生きていきたいあなたのためのコーナーです。どうぞお楽しみに!
過去の記事はこちらからどうぞ。

母にひとこと言ってやりたい!と思ったけど

カテゴリー:相手を尊重する

2016.09.27

フレームトップ

離れて暮らしている母がいるんだけど、だんだん高齢になってきて、最近はちょっとした見守り介護が必要となってきた。

そこでケアマネージャーさんとも相談して、デイサービスに通うことを決定。母も少しずつ慣れてきたかなあと思っていた矢先のこと。
週1回のディサービスに、なんと1か月も行っていなかったことが判明!

なんで?!どういうこと??と、私は頭の中は怒りでいっぱいになった。
あんなに苦労して時間を作って、見学に行ったり手続きしたりして決めたデイサービスなのに。

かなり頭に来て、母にひとこと言ってやろうかといきり立っていったのだが、
「待て待て、ここは落ち着こう。アサーティブの出番だ」
と、ふと思った。

相手を内心責めているままで話をしても、かえって関係がこじれ、母のプライドを傷つけるだけだ。
これまで何回もそうやって、母を責めてはこじれてきた。

母には母の事情があり、言い分があるに違いない...と自分にいいきかせ、まずは話を聴いてみることを心がけてみた。責めずに深刻にならず、とにかく母の正直な気持ちを教えてもらうつもりで。

「ひょっとして、行きたくない理由があったりする?」
ときいてみると、母はとつとつと語りだした。

本当は気を遣う場が苦手で、ずっと前から行くのが苦痛だったこと。
すぐ慣れると言われたけど、全然慣れないしつらいだけだということ。
でも子どもたちに怒られると思って言えなかったということ。

話を聴きながら、私は自分の不安解消のために母に押し付けていたかもと思った。
そんなにイヤな思いをさせてまで、強制することじゃないかもしれない。
家族やケアマネージャーさんにも相談した結果、とりあえずデイサービスは一回やめることにした。
そのかわり、母の昔なじみの友人がいる近所の絵のサークルに入れてもらい、週1回通うことになった。知り合いが何人もいて、「ここなら気を使わなくていいわあ」とすごく嬉しそう。

これまでは母の友人やサークルの人たちに迷惑をかけると思って、デーサービスのほうが安心だし絶対にいいと思い込んでいたんだけど、母の気持ちを置いてきぼりにしていたなあ。

今後は近所の方やサークルの友人の皆さんと密に連絡をとりながら、母が通える範囲で様子を見ようと思う。家族メンバーが交代で送迎のローテーションを組むことも決めた。
なんだかかえって母にかかわる人がふえて、関係が広がった気もする。

これからも、自分や相手の気持ちを大事にしながら話し合ってひとつひとつを決めていきたい。

アイコン

フ
レームアンダー

彼のグチにカチンときた!

カテゴリー:相手を尊重する

2013.06.24

フレームトップ

我が家の家事の役割分担は、私が掃除と洗濯、夫が食器洗い担当。

食器洗いはやってくれるのだけど、その時の彼の口ぐせが
「あ〜あ、疲れてるけど洗ってあげるか」。

その一言を聴くたびに、「あ〜あ」とか「疲れてる」とか「洗ってあげる」は余計でしょ!とイラッとしてしまう私。
私は洗濯や掃除を「してやってる」とか思ってないのに、彼からは家事を「してやってる感」が満々に感じられるのだ。
最初はその言葉にいちいち反応して「うるさいなあ」とか「洗ってあげるとか言わないでくれる!?」とか噛み付いては険悪な雰囲気になってしまうことが続いていた。

でもさすがにこんなことでカリカリするのもエネルギーの無駄遣いだな、と思い、自分の考え方と行動を変えてみることにした。

「グチは言わずに黙ってさっさと食器を洗うべき」
という、相手への「理想」を少し見直してみることにした。
まあ、別にグチくらい言ってもいいかなって。
そして「グチを言いつつも食器洗いはちゃんとやってくれている」彼の行動のほうに注目してみることにした。

なんだかんだグチを言いつつも結局夫は食器を洗ってくれているし、実際そのことで私はとても助かっている。
そう思うと「そっか。疲れてるのにありがとね」の言葉が自然に出るようになった。
そして不思議と彼のグチが気にならなくなった。
知らず知らずに相手に高すぎる理想を求めていたのかもしれないなって思った。

アイコン

フ
レームアンダー

もっと聞かせて

カテゴリー:相手を尊重する

2011.01.18

フレームトップ

ある会合でのこと。

いつもながら一人でしゃべっている人がいる。
他の人の発言をすぐに否定して、なかなか他の人に意見を言う場を与えない。
みんな時計を気にしながら、うつむいたり、しらけたりしている。

今日こそアサーティブに言ってみようと、僕の心臓はどきどきし始めた。

何しろ僕は新参者、古参のしかもうんと年上の人に、とても言えない、って諦めてたんだ。
けど、アサーティブトレーニングのロールプレイを思い出して、何度もシミュレーションした一言を思い切って発した。

「〇〇さんのお話はとても大切なことだと思います。だからこそ、私は他の人の意見も聞きたいです。〇〇さんのお話は、また別の機会に聞かせてもらえませんか?」
少し口ごもったり、口がやけに渇いたけど、議長がすぐに引き取ってくれたので、会議の流れが変わった。

会議が終わってから、〇〇さんに「お疲れさまでした。お茶でもいかがですか?」と誘ってみた。
快く応じてくれて、その後、会議とは直接関係ないけど、人生の貴重な話をもっと聞くことができた。

アイコン

フ
レームアンダー

ゆるす力

カテゴリー:相手を尊重する

2010.10.19

フレームトップ

私がアサーティブネスを学んで良かったなあ、と思うことはたくさんある。

いろんなことをはっきりと伝えられるようになったし、何より自信がついてきた。
でも、一番良かったなあ!と思うのは、相手のことを「ゆるせる」ようになったことかな。

仕事でミスをしてしまう同僚、はっきり意見が言えない後輩、きつい物言いが多い上司や先輩etc・・・。そんなまわりの人間に、以前はいちいちイライラしたり不満をくすぶらせたりしていたんだけど、アサーティブネスを知ってから、それが変わってきた気がする。

ミスをするのも、自己表現が上手でないのも、マイナスな感情がわくのも、人間だから。
私たちは機械でもコンピューターでもない。

アサーティブネスの考え方を知って、そんな不完全さを自分自身に認められるようになってきた。
すると不思議。相手のこともゆるせるようになってきた。

アサーティブネスって、「伝える力」のことだけじゃない。
「ゆるす力」でもあるんだなあって思う今日このごろ。

アイコン

フ
レームアンダー

私も気をつけなきゃ。

カテゴリー:相手を尊重する

2010.08.10

フレームトップ

4月に入り、新しい人が地域の活動に入って来た。
今までの活動の経緯も知らず、「このやり方は、おかしいと思います!」ときっぱり言われた。

率直なもの言いであることは確かだが、"おかしい"の言葉に反応した私。

"おかしい"のではなく、より良くする為の"改善点"ではないの?
アサーティブトレーニングでのフィードバックの仕方が頭に浮かんだ。

「今後、よりよいものにするための改善点の提案です。」と言われたら、聞こうという気になる。

それに、一所懸命限られた予算や環境の中で、活動を続けて来た人への敬意はどこにあるのだろう?
相手への理解がないと、聞く方も耳を傾けられないことがわかった。

私も気をつけなきゃ。

アイコン

フ
レームアンダー

  1 / 2  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る