HOMEアサーティブを深めたいみんなのアサーティブ日記 > 率直に頼む

みんなのアサーティブ日記

日々アサーティブに生きたいと願う人々による、リレー日記形式の「ちいさなつぶやき」「ささやかな実践記」です。「アサーティブネスっておもしろい!」「自分のことがだんだん好きになってきた」という「うふふ」なものから、「アサーティブに生きたい!のに、なぜかトホホな日々…私って変?」「もっとアサーティブにコミュニケートしたいな♪ と思っていたのに、おっと大失敗!」という「とほほ」な声まで、定期的に更新していきます。たまにはずっこけながら、それでも楽しんでアサーティブに生きていきたいあなたのためのコーナーです。どうぞお楽しみに!
過去の記事はこちらからどうぞ。

保育園のお迎えがだんだん負担になって...

カテゴリー:率直に頼む

2017.02.20

フレームトップ

昨年の4月から、孫が保育園に通い始めました。

仕事をしながら子育てをする娘に協力したいと思い、自ら保育園のお迎えを担当すると申し出ました。

最初は、孫の可愛さと娘が喜んでくれている様子を見て張り切っていましたが、
私もパートで週4日働いているので、徐々に毎日のお迎えがしんどくなり、負担に感じるようになってきました。

しかし、娘は私をとても頼りにしてくれているし、自分からやると言ったのだから、今さらやめたいとは言いにくい...

どうしたものかと考えていた時、ふとアサーティブの基本のひとつである「誠実」といういうキーワードを思い出しました。

『まずは自分がどうしたいかを考える』んだったよなぁ。

今後も毎日お迎えにいけるのだろうか?
毎日はキツイけど、週に何日だったら行けるかな?
そもそもお迎えに行くこと自体やめたいのかな?

娘や孫の顔がチラつきながらも、何度も自分に問いかけ、出た答えは

『3月末までは責任を持って毎日やる。
でも4月からは週3日にして欲しい』
でした。

ちょっと言いづらかったけど、勇気を出して娘に伝えてみました。

「自分からやるって言ったのに本当に申し訳ないんだけど、正直言って毎日のお迎えは体力的にしんどくなってきたの。
だから、4月からは週3日にしてほしいと思っているんだけど、どうかな?」
と。

すると
「分かったよ~。今まで甘えちゃってごめんね」
と、あっさりした返事が返ってきました。

(「え~!?お母さんがやるっていったじゃん」などと言われると思ってドキドキしていたから、びっくり!!)

自分に誠実になるって、相手との関係がよくなる第一歩なんだなと実感しました。

アイコン

フ
レームアンダー

丸投げ質問についカチン!

カテゴリー:率直に頼む

2017.02.02

フレームトップ

新入社員Aさんが部下になってはや1年。
かねてから「わからないことがあったら何でも聞くようにしてね」
と話していたこともあり、よく質問をしてくる。

まあ最初のうちはそれでよかったのだけど、そろそろ1年も経つのだから、ききたいことがあれば自分である程度下調べしたり、自分なりの考えを持った上で聞きに来てほしいところ。

そう思っていた矢先、
「これどうしたらいいですかね~」
と、また丸投げで聞いてきたので、ついカチン!ときて

「もう少し自分で考えてから聞いてくれる?」
「それくらいわかるはずでしょ」

と冷たく言ってしまった。
すると、Aさんは「すみません...」としょんぼり自席に戻っていった。

その瞬間「あ~あ、やっちゃったな」と反省。
つい自分のイライラをぶつけてしまった。
そもそも私はAさんに、自分の要望をきちんと伝えていただろうか?

答えは「ノー」。
これくらいわかるでしょ、と察してもらおうとしていたのは自分のほうだ。

さて、そうとわかれば即行動。

今後のAさんに期待していることを整理したうえで、帰り際に話しかけてみた。

「さっきはキツい言い方しちゃってごめんね。
ちゃんと伝えていなかった私も悪かったんだけど、実はね...」
と話し始めた。

・今後はわからないところがあったら、一度自分で考えたり下調べしてから質問に来てほしいこと
・もし考えてもわからないようだったら、その点も含めて説明してほしいこと
・日頃の仕事の正確さと熱意に対しては、本当に評価していること

この3点を落ち着いて伝えると、Aさんも理解してくれた。

こういうときにアサーティブを知っていると、話が早い。
相手が100%悪いと思わず話せたのもアサーティブのおかげかな。
アイコン

フ
レームアンダー

残業回避のアクションをやってみた

カテゴリー:率直に頼む

2016.06.30

フレームトップ

朝一番でいやなメール。
子どもの学童保育へのお迎えに、いつもお願いしている方が行けなくなってしまったとの連絡があった。

あ〜...今日は絶対に定時に帰らないといけない。
そうしないとお迎えに間に合わない。
出勤する道すがら、すでに気が重かった。

「残業を頼まれたらどうしよう」
「どう言って断ろうか」
「どんな理由で断ろうか」

いろいろ考えるけど堂々巡りに。
そこで、「断る」のを待つのではなく、自分から「お願いする」アクションを起こすことにした。

出社後すぐにリーダーのところへ。
「おはようございます。 実は大変言いづらいことなのですが」
と前置きしてから、事情を説明した。

今日子どもの学童保育のお迎えに行かなければならなくなったこと。
17時には退社しないと間に合わないこと。
今日中にやるべき仕事が急に発生した場合は、15時くらいまでに指示いただきたいこと。
急なお願いで申し訳ないと思っていること。

話が長くならないように、短く簡潔にお願いしてみたら、リーダーは拍子抜けするくらいに快諾してくれて、みんなにも事情を説明して声かけしてくれた。
良かった〜〜。

時には「待つ」よりも、自分からアクションを起こすことが自分を救うよなあ、と痛感した。

アイコン

フ
レームアンダー

さわやか対応に何も言えず・・・

カテゴリー:率直に頼む

2016.03.10

フレームトップ

先日友人たちと食事に行ったステキなお店でのこと。

食べたいものをいろいろ注文してみんなで分け合って食べていたんだけど、まだお皿に食べものがちょっとだけ残っているのに、「お下げしますね」とさわやかにお皿を下げてしまう店員さんがいた。
そのとき、あまりのさわやかさに何も言えなかった私。

でも内心
「(え〜っ、まだ残っているのに。レタス2枚とパスタ3本だけど...でも食べる気だったのに!)」
という心の叫びが炸裂(笑)。無念...。

そして、その店員さんが目に入るたびに恨みがましく見てしまう私...わたしって心狭すぎ!?
いやいや、これは伝えるべきことをきちんと伝えなかった自分の責任と気持ちを立て直し、ほどなくしてアサーティブチャンスがやってきた。

肉片とミニトマトが残ったお皿に近づいてきたさわやか店員さんに、すかさず
「これ、まだ食べたいのでお皿は下げないでもらえますか?」と、さらりと言ってみた。

店員さんは「はい、大丈夫ですよ〜。失礼しました〜」とさわやか対応。
言った自分もさわやか。

そして友人たちも小声で「言ってくれて良かった。お肉の残り、食べたかったんだよね」と笑っていた。

ほんのささいなことだけど、自分に誠実に伝えてみるって気持ちいい。

アイコン

フ
レームアンダー

何度伝えても取り合ってもらえない時

カテゴリー:率直に頼む

2016.01.12

フレームトップ

子どもが宿題をやっていないことを、何度相談しても
「おれもそうだったから」と、ちっとも本気で相談にのってくれない夫。

「塾にいかせないと、まずいと思うんだよね」と話しかけても、
「押し付けてもなあ」と取り合ってくれない。

テスト前に「ちょっと数学みてあげて」と頼んでも、
「おまえ、親に教えてもらったか?」と質問で返される。

「ユーチューブばかりみてるから、タブレットを取り上げたいんだけど、あなたからいって」と頼んでも、
「おまえがそう思うんだろ!」とつっぱねられる。

ついに、私もキレました。
「なんで子どものことをちゃんと考えてくれないの? どうでもいいんでしょ!」

あまりにイライラするので、お風呂に入るとき
「こういうときは、自分を大切にすることしていいんだっけ」
と基礎の最後にやったことを思いだし、
ラベンダーの入浴剤を多めにいれてゆっくり湯船につかった。

涙が出てきた。

夫と、子どものことを、ゆっくり話したかっただけだ。
それが本当にほしかったもの。

私が子どものことを思うと心配でたまらないことをきいてほしいし、
夫が子どもの現状をどう思っているのか教えてほしい、それだけだったのに・・・。

今日は照れくさいから、明日、まずはキレたことをあやまろう。
そして、相談したいことがあるから時間ちょうだいってお願いしてみよう。

アイコン

フ
レームアンダー

  1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る