HOMEアサーティブを深めたい > AJ代表日記

AJ代表日記

アサーティブジャパン代表の森田汐生が、講座での感想や、日々の生活の中で感じたアサーティブネスにまつわるエピソードをアップしていきます。
過去の記事はこちらからどうぞ。

等身大の人に勇気をもらう

カテゴリー:出張から

2016.05.12

先日アメリカで受けた研修の中で、とても印象的なビデオを観ました。

中学2年生の子どもたちの様子を撮影した、ドキュメンタリーです。

10代の子どもたちにとって「ピアプレッシャー(同質からの圧力)」は、本当に大きなものです。はねのけるには巨大なエネルギーが必要なる。それに直面するティーンズの様子を撮影したものでした。

実験はこんな風に進みます。

教室にいる二十数名の生徒たちは、3つの図形を見せられます。3つの選択肢の中にははっきりとわかる正解が一つあります。しかし、最初にサクラとして存在する数名の子どもたちが間違った答えを発表すると、他の生徒のなんと7割が、サクラの生徒と同じ答えを言ってしまうのです。違うということがわかっていても、です。

そこに、もう一人のサクラ生徒が出てきます。彼(彼女)は、誠実に、でもはっきりと「自分は違う」と発言します。3つの選択肢の中の正しい答えを示して「自分はこれだと思う」と発言するのです。

そのあとが面白い展開となります。

他の生徒たちにもう一度、「どれが答えだと思いますか?」と尋ねると、今度は次々と正しい答えを発言し始め、全体の9割の子どもたちがこれまでの意見を覆して正しい答えを出す結果になりました。

子どもたちにとってピアプレッシャーがどれほど大きいかということ示すビデオであると同時に、例え他の生徒と違っていたとしても自分の考えをはっきりと主張できる生徒が一人いれば、他の生徒たちも同じように自分の考えを伝えられるようになる、というビデオだったのです。

決して大声で居丈高に伝える必要もなく、正しさを証明するために説得調になる必要もなく、ただアサーティブに落ち着いて、「私はこう思います」と発言するだけ。性格がどうかという問題ではなく、自分の意見の伝え方は、学習することで身につく。その重要性を、改めてかいま見ることができました。

目に見えるモデルの存在はとても重要です。「自分の望みは○○だ」「自分は○○を求めている」と、等身大で表現する姿を間近で見ることは、本当に、本当に勇気をもらうことになる。

アン・ディクソンさんが来日した時に、「変化を起こすためには、私たちにはインスピレーションが必要だ」言っていたことを思い出します。インスピレーションとは、自分が刺激を受け、勇気をもらえる人やストーリーのことです。

私自身を振り返ってみても、アサーティブの原点はそこにあります。とても近しい友人が、権威ある人(その時は医師)に向かって、攻撃的でも受身的でもなく、自分の存在の権利を認識したうえで、誠実に対等に話をする姿を見たことが、私にとってのアサーティブを形作る象徴的な出来事となりました。その場の光景は20年近くたった今も、まざまざと思い出すことができます。

ひとが自分を信頼して立ち上がる姿を目の前で見ることは、「わたしも自分自身でいいんだ」と思えるきっかけと、「自分も発言してみよう」という勇気を与えてくれるものですね。それは、決して有名な人でも、地位や年齢の高い人や、学歴が高い人、経験が多い人のことではなくて、ごく普通の人が、自然にできていることが、周りを変えていく力になるのでしょう。

AJではそうした、身近なインスピレーションを与える人たちを増やしていきたい。

アメリカ滞在を通じて、さらに強く感じました。来週には総会があります。深い議論になるとよいなと、願っております。

アイコン

時代の変化を肌で感じて

カテゴリー:出張から

2016.05.02

新年度となりました。皆様ご無沙汰しております。

ほぼ半年の間、こちらのエントリーに書くことができませんでした。実は昨年冬にプライベートでとても大変なことがあり、息つく暇もないほど忙殺された数か月を過ごしておりました。やっと落ち着きましたので、久しぶりにブログを再開したいと思います。

さて、先週私は、アメリカ西海岸のサンディエゴで、ユニークな研修を受けておりました。それについては、また改めてご報告をさせていただこうと思います。

短い滞在期間ではありましたが、とても新鮮な体験をいたしました。今流行りのAirBnB(民泊)をしたことも新鮮でしたし、ホストのインド人IT技術者にスマホを駆使した様々なことを紹介してもらったこともとても刺激的でした。

その一つに、Uberというタクシーサービスがありました。

「タクシーで市内を移動するならUrberが一番だよ」。そう彼が言うので、言われるままにスマホにアプリをインストールし、指示通りタクシーを呼び、近くのビーチまでUberを使って観光に行きました。運転手さんがとても楽しく道案内してUberの仕組みを教えてくれたので、「なるほど〜」と感心することしきり。観光先も良かったのですが、Uberシステムの便利さには心底驚きました。調べてみれば、欧米で拡大しつつあり、従来のタクシー業界を破壊しかねない存在だとか。

そもそも空港からホスト先にタクシーで行く段階で、運転手さんが「行き先の住所を入力して」とスマホをポンと渡してくれ、そこにホストの住所を入力して連れて行ってもらったことも驚きでした。市内観光もすべてがスマホによるナビでの移動。下車後に送られてきたメールには、正確な移動のルートが示され、現金のやり取りはなく、領収書も工程もメール、しかも通常のタクシー利用の半額程度で済んだのでした。

いやはや、本当に、本当に驚きます。

地図が頭にあり、道と運転のプロとして抜け道をすいすい行くのが常識だと思っていたのですが、どっこい今や、「はい、これに入力して」と差し出されるスマホに乗客が自分で住所を入れ、それを運転席がそばに置いて運転する。それがもう当たり前の風景として展開していることに仰天しました。

そこで思い出すのが、ロンドンの素晴らしいタクシー運転手さんたち。ロンドン市内の道を隅から隅まで知っている紳士的なロンドンキャブの運転手さんは、まさに「その道のプロ」です。でも、そうした運転手さんは、今後スマホを使ったナビシステムを活用する人や車にとって代わっていくのでしょうか。

久しぶりのアメリカ滞在で、信じられないくらいの社会の変化を肌で感じて、これからどうなっていくのだろう、われわれはどの方向に進んでいくべきなのだろうかと、本来の研修と同じくらい、深く考えさせられた数日間となりました。

なお、近くのビーチで見たのが、アシカたち。とてもとても癒されました。

seals.jpg

アイコン

差別発言にどう向き合うか

カテゴリー:汐生の思い

2015.09.18

パワハラ、セクハラ、アカハラ、マタハラ、家事ハラ、オワハラ、デブハラ...。ハラスメントにかかわる社会の意識が高まってきています。言葉の認知が高くなり、「これを言ってはいけない」「あの言葉はNG」という認識は広まってきましたが、実際に差別発言を受けたり、見聞きしたりした時の、その場の対応は簡単ではありません。

ハラスメントで共通しているのは、社会的に「優位」とされる側に立った人から、そうでない立場の人への、対等ではない(下に見た)関わり方です。従って、ハラスメントの防止とは、本質的に私たちが、尊厳ある一人の人間として自分と相手を対等に扱い、お互いの人権を尊重できるかどうか否か、という私たちの意識と深く結びついています。

ハラスメント予防を「言葉狩り」としてとらえるのではなく、私たちの他者と関わる姿勢として、アサーティブ的に考えるとどうなるのでしょうか。つらつら考えておりますが、コミュニケーションの点とマインドの点で次のようなものなのかな~と、現段階では思っております (あくまで、何気ない差別発言について述べていきます)。

〇差別発言を直接言われた時には、なるべく早い段階で相手に自分の正直な思いを伝える

相手が悪意を持って攻撃してくるとき(明らかに"ブラックの"ハラスメント発言)は別として、何気ない差別的な一言を言われることでも私たちは傷つきます。そんな時は、発言した本人に直接自分の気持ちを、早い段階で伝えた方がいいでしょう。

「その言葉、私は嫌です」「それって、正直傷つくんだよね」「その言い方、自分は好きじゃないな」など。相手が一人である時をねらって、直接本人に、率直に伝えます。

伝える時は、なるべくサラリとさわやかに。怒りに燃えて反撃したり、ねちっこく責める言い方ではなく、明るく"サラリ"、がポイントです。

早い段階でというのは、回数が重なってくるほどに、伝えるためのエネルギーが大きくなり、思い切って言おうとすると攻撃的になってしまうからです。言わなかった回数が過去に多いほど、「あの時も、この時も」と過去をひっくるめて相手に反撃したくなり、その結果、相手の態度を硬直化させてしまいますので、ご注意を。

〇別の人への差別発言は、きっぱりはっきり「No」と伝える

ハラスメントは当事者同士の問題にとどまらず、それを許している環境、見て見ぬ振りをしている周囲の人たちが、問題を更に悪化させます。なので、発言を見たり聞いたりしたときは、これも早い段階で本人に直接伝えます。

関西弁には「それはアカン」という素敵な表現があるのですが、東京弁ではなかなか難しくて迷いますが、妥当なのは「それは、まずいよ」などという感じでしょうか。事実をはっきりと指摘し、率直に、対等に、そして思いやりをもって伝えてみて下さい。

上の二つは、伝え方がとっても難しく、責め口調か遠回しな言い方になってしまうので、アサーティブに言うには練習が必要となります。

〇自分をおとしめない

差別発言を受ける側になるということは、ある意味社会的に「優位ではない立場」に置かれるために、たとえ言った側と言われた側が一対一であったとしても、必然的に一対多の構造の中に投げ込まれます。差別発言は社会的な優位性と多数性とともに発せられますので、受ける側にとってはとてもとてもダメージが大きいのです。

アサーティブに差別発言に向き合うためには、何よりも自分という存在に対する誇りを忘れないことが大前提です。たとえ社会的に劣位である(立場や職位、年齢が下、少数者・マイノリティである、所有や経験が少ないなど)場合であっても、どんな時でも自分への"人間としての誇り"を失わないこと。

そこに立っていれば、相手の「優位vs劣位」のパラダイムに足をすくわれることなく、毅然として相手と対等に向き合うことができるようになるでしょう。

〇相手を責めない

差別発言をしてしまう人を、「人としてどうなの?」と批判したり、思い知らせるために攻撃し返すことは、あまり効果的ではありません。発言者を批判的な目で見るのを止めて、「この人は単に知らないだけかも」というくらいの慈しみの目で見てみる(難しいですが!)。

相手の差別発言や弱点、欠点、無知が本当の問題ではありません。問われるのは、それに対して私たちがどう振る舞い、どんな対応を選択して、将来に対して何をするのか、ということ。

差別発言に対して、攻撃的に反応することもできれば、言葉を飲み込んで恨みをじっと抱えることもできる。でも、相手を責めることなく思いやりを持って、その発言がどんなに人を傷つけるかを、誠意を持って教えることもできるのです。

アサーティブでお勧めしているのは、「相手を味方につけるつもりでコミュニケーションを取る」ことです。攻撃し返して相手を更なる敵に仕立て上げるのではなく、相手をこちらの味方にする。その意識を持つだけでも、こちらの伝え方は大きく変わります。

〇自分も加害者になる可能性があることを意識しておく

ハラスメントや差別発言から全てにおいてクリアーになることは、この社会に生きている限り難しいんじゃないかと、私自身は思っています。どんなに気をつけていても、意識していても、自分が相手との関係の中で「優位」に立ってしまうことは、充分にあり得ること。

なので、自分も加害者になるかもしれないことを意識しておきましょう。

思わぬところから「あなたは加害者だ」と言われることもあります。その時に、防衛的に反撃するのではなく、どんなに心当たりがなくても、相手の感じたことを尊重し、「それくらいのことは許容すべきだ」という考えは捨てて、「それは申し訳なかった。あなたの気持ちを傷つけてしまったことは、本当にごめんなさい」と、誠実に答えることができるように、心の準備をしておく必要があるのでしょう。

以上が、現在のところ考えていることです。
もう少し考えながら、11月の短時間の講座に臨みたいと思います。


アイコン

信頼の架け橋は自分からかける

カテゴリー:講座から

2015.09.03

先日のアドバンス講座の時に、大変印象的なお話を聞きました。1年くらい私たちの主催講座に参加し続けている方です。印象的であったというのは、半年前の彼と今回の彼が、劇的というほど変化していたからでした。

半年前、彼がアサーティブに伝えたい相手として出した課題は、「上司」でした。全ての課題が、上司とのやりとりに限定されていました。

「上司は、敵、なんです」

最初に課題について出してもらった時に、彼は鼻息荒くそう言いました。上司には言い負かされたくない、こっちの意見を飲んでもらいたい、だからいつも上司の言葉をカキーンと打ち返してしまう。でも、いつもいつも反撃してしまう自分をコントロールして、上司との関係を何とか改善したい、だからアドバンス講座まで来たのだと。

アドバンス講座では、アサーティブのスキルの部分ではなく、マインドに重点を置いてお話しています。相手を「敵」として見ないこと。相手を本当の意味で大切に思う気持ちがない限り、どんなに冷静に話をしたとしても、"アサーティブに"伝えてみたとしても、それは攻撃的であることに変わりないということについて、講座の中でたくさん議論します。

それでも彼は心の中で、「上司は敵だ」という思いをぬぐうことができないまま、半年前の講座は終わったように思います。

その後、彼はもう一度基礎講座から受け直し、自分の課題に取り組み続けました。そして先月講座に来たときは、なんだかとても穏やかになっていて、人が変わったようでした。

「どうされたんですか、ずいぶん変わりましたよね」
と話しかけると、彼は
「そうなんですよ、例の上司との関係が激変しまして」

今年度に入った6月頃のこと、これまで腹を立ててばかりいた上司を見ていた時に、ふと、「この人も大変なんだよな」と思ったそうなのです。そうしたらその場で、自然に言葉が出てきました。「Aさんも、これまで大変だったんですね」。すると上司は、「そうだよ、わかってくれるか」と答えたというのです。

それ以降、その上司とはいがみ合うことが全くなくなりました。

上司も大変な思いをしていたんだ、この人もこの人なりに苦労したんだ、と彼自身が思えるようになったことで、上司に対する敵対心が消えてなくなったそうなのです。それ以降、二人はいがみ合うことなく、穏やかに仕事をするようになりました。

小さな問題であれば、伝え方のスキルを変えることで問題を解決することは可能です。職場でも家族とのやりとりの中でも、自分の言い方を変えることで相手への伝わり方が変わり、その結果問題が解決できることは、様々な場面で見られます。

しかしながら、長年にわたる複雑な人間関係、例えば、怒りや悲しみが澱のようにたまっている家族や職場の人間関係においては、言い方を変えるという小手先のやり方では全く歯が立ちません。どんなに言い方を変えても、言葉尻に気をつけても、その人との信頼関係を本当に築こうと思ってアプローチしない限り、こちらの思いを理解してもらうことは不可能なのです。

前述の彼の場合、上司が苦労していることを心から理解し、相手の立場に寄り添ったことが、信頼関係の架け橋を自分からかけることになったのでしょう。その結果、相手は心のガードをおろし、立場でのいがみ合いではなく、対等な人間同士として向き合うことができたのかもしれません。

信頼という土台があってこそ、対等な対話が可能になる。そして信頼の土台を築くための架け橋は、自分自身からかけるということ。

それを彼の話から実感したのでした。

アイコン

「自分への尊厳」と「相手への敬意」

カテゴリー:講座から

2015.08.20

「ノー」を相手に伝えようとする時、反論されることを恐れるあまり、私たちは「ノー」の結論だけを伝えて、相手の説得にかかろうとします。「私の気持ちはノーです!」とはっきりきっぱり伝えて会話を終わりにし、その場を立ち去ろうとするのです。

それは、本当にアサーティブなのでしょうか。

はっきり「ノー」を伝えることは、アサーティブな振る舞いの基本ではありますが、一歩間違えば、自己満足の、とても自己チューの「ノー」になる危険性があります。

自己満足の「ノー」にならないために、気をつけなければならない大切なことは二つ。

一つは、「ノー」は相手という"人"に対して言うのではなく、お互いのためを思ってこそ伝えること。

もう一つは、「ノー」を伝えるプロセスで、相手への敬意を絶対に忘れない、ということです。

ひとつ例をご紹介しましょう。

高齢者の施設でケアマネージャーとして仕事をしてきたA君。大学を卒業後7年の間、その施設で仕事をし、今は職場のリーダー的な役割を持っています。施設長からも信頼され、スタッフ指導からシフトの調整まで、たくさんの業務をこなしていました。

最近A君は夜間の専門学校で、教員の資格を取るために学び始め、人を育成する仕事にとても興味を持つようになりました。可能であれば福祉の人材の育成をしていきたい。ゆくゆくは、福祉現場に良い人材を送り込めるようになりたい。それがA君の夢になりました。

A君は、施設長に自分はキャリアチェンジをしたいので仕事を辞めたいと告げました。
「自分は新しい仕事をしたいんです。自分の後任も育てますし、自分は研修の講師となって、今の施設のサポートもしますので。だから辞めることにします」

A君の意思が固いことを、施設長は理解するでしょう。しかし「自分は辞めることにします」という主張は、かなり一方的な印象はないでしょうか。ここでA君が伝えているのは、自分の事情、自分の利益、自分の都合であって、相手への思いやりやお互いのためという視点がすっぽりと抜けていることに気づきませんか。

自信をもって「ノー」をはっきりと伝えることは、アサーティブの大事な一歩であることには変わりません。しかし、それだけでは必要条件であっても十分条件にはならないのです。もう一つの視点、つまり本当にお互いを大切に扱うという視点抜きの「ノー」は、わがまま以外のなにものでもないでしょう。

アサーティブな「ノー」は、"自分への尊厳"と同時に、"相手への敬意"の両方を持って初めて成り立つ。自分と相手の双方を本当に大切にしてこそ、対等な「ノー」になる、ということです。
 
それでは、どのような言葉を伝えることで、相手への思いやりを含んだ「ノー」になるのでしょうか。

例えば、こんな言葉です。
 ・自分はこの施設で本当にたくさんのことを学ばせてもらった
 ・これまでの業務経験があるからこそ、今の自分がある
 ・それについては感謝の気持ちでいっぱいである
 ・今の自分を土台に、次のステップに進もうと思うようになった
 ・自分を一から育ててくれた施設長や先輩職員には、心から感謝している
 ・それを考えるととても胸が痛くなる
 ・自分は福祉の人を育てるという別の道を選ぶことで、この分野に貢献したい
 ・これまで本当にお世話になりました。これからも引き続きよろしくおねがいします

以上のような言葉が十分条件であり、相手への敬意となると思うのです。

相手は尊厳を持った一人の人間であるとして、心の底から尊重し、相手の存在に敬意を表することを忘れないこと。自分のノーの強い意思と、相手への思いやりの両方のバランスを取ってこそ、私たちのノーが温かい血の通ったメッセージとなって相手に届くのではないでしょうか。

アイコン
  1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る