HOMEアサーティブを深めたい > トレーナーブログ

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

アサーティブの小さな実

カテゴリー:中野満知子

2016/04/18

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の中野満知子です。

1年前のある日のこと。店頭にただ一つ売れ残り、半額以下になっていたので買ってきたピーマンの苗を、雑多に花の鉢やプランターが並ぶベランダの、あいたひとつの鉢に、その苗を植えてみました。

買ってきたのは梅雨入り前。雨が続けば、根ぐされするかな?と乾いたところへ移し替え、猛暑の夏にはたっぷり水やり。でもなかなか実をつけてくれず、ひょっとしてこれは半額だったから...?とか、最初からダメな物を買っちゃったせい...?と、だんだんあきらめの気分が大きくなっていきました。

pmana_small.jpgそれが秋の気配が漂い出したある日、やっと小さな実をつけたのです。

思わず心の中で「やった―!」と叫び、その後も毎日静かに水やりを続けた結果、その実はだんだん大きくなり、ついに店頭で売られているくらいの大きさになっていきました。

じゅうぶんに大きくなったそのピーマンは、茎から採るのにも力がいるほど固く、実はびっくりするくらい肉厚! 原種はトウガラシかも?と感じるほどに辛みもあって、ほんとうに味があります。

大げさだけど、これほどにピーマンを愛おしくおいしく味わったのはかつてないほどのこと。

たかがピーマンのことで大げさだと家族には笑われたけど、私の中では大きな大きな出来事でした。まるでこれまでの人生を圧縮したような気がしたからです。

かつて家族がバラバラで互いに気持ちが通じ合わず、どうしたらよいのだろうと葛藤していた時期がありました。それが、今ではこんなに楽しくひとつの食卓で笑い合える日を迎えているのです。

pman_large.jpgかつて、アサーティブが通じない相手についカッとなったり、自分の中のむなしさを抑え込んで明るくふるまったり、どう見てもそれアサーティブじゃないよという自分のふるまいに自分自身が苦しんだり...。

アサーティブの伝え手として、私自身が本当にアサーティブなのだろうかと葛藤する日々は、昔も今もかわらず続いています。

それでもあきらめずに水をやり、猛烈な暑さに日陰を作り、繰り返し繰り返しアサーティブの花を咲かせれば、きっと大きな実は実るのだと信じること。そして小さな実が実ったからこそ、たったひとつのピーマンで笑いあえる家族と食卓を囲める今の自分がいるのだから、あきらめずに少しずつ、アサーティブの可能性を明日も伝えていきたいと、気合の入った私がいます。



アイコン
フレームアンダー

相手の態度がどうであれ

カテゴリー:桜沢信江

2016/03/23

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の桜沢信江です。

先日友人と二人で、お互いの誕生日を祝う会と称して、いつもより少しだけ高級なレストランで食事をしました。

「いらっしゃいませ」と迎えて下さった方は、おそらく20代後半~30代前半の女性、ところが彼女に笑顔はなく、ちょっと怖い感じ、真剣そのものという様相だったので、友人は席に着くなり私に「予約時間に遅れてないよね」と心配そうに話しかけてきました。

アサーティブを知らない頃の私なら「遅れてないよ、まったくもっと愛想よくしてほしいよね」と言っていたと思います。が、その時は「このレストラン少し高級だし失礼のないようにって緊張してるのかもよ、一生懸命なのかもしれないね」と笑って友人に話しました。友人も笑って頷いていました。

その後、又々真顔でオーダーを取りに来た彼女に、私たちは「どれも美味しそうで迷っています、お勧めは何ですか?あなたはどのメニューが好きですか?」と気軽に話しかけ、食べた後には「ほんと美味しいですね」と笑顔で話しかけていたところ、彼女の表情は徐々に和らぎ笑顔が見られるようになりました。

帰り際に「色々とアドバイスしてもらえたおかげで美味しくいただけました」と伝えると「そう言って下さると救われた思いです。まだまだ至らない所だらけで申し訳ございません。またのご来店を心よりお待ち申し上げております」と笑顔で応えてくれて。「その素敵な笑顔でこれからも頑張ってください」と伝え友人と満たされた気持ちで帰りました。

もちろん接客のプロとしてはどうなのか、という意見もあるでしょう。
それは承知の上で、今回は相手の態度がどうであれ「自分はどうしたいのか」に焦点を置き、対等な態度で率直に表現していくことで、相手に何かしらの変化がおこることもあることを友人と共有できた有意義な時間でした。

アイコン
フレームアンダー

自分が呼ばれたい名前を『自分で決める』ということ

カテゴリー:谷水美香

2016/02/23

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の谷水美香です。

アサーティブジャパン主催の講座にご参加いただいた方はご存知ですが、講座内ではお互いに(講師も含めて)、ニックネームで呼び合います。

講座が始まり間もなくして、
「ここでは自分が呼ばれて嬉しい呼び名を"ニックネーム"とします。
人から付けてもらうのではなく自分で付けてもらいたいのです」
とお伝えすると、早速考え始められる方と、
「えつ!?そう言われても・・・」
と困られる方と、反応としては大きく2つに分かれます。

この「ニックネーム」ですが、人によっては「あだ名」という認識があり、それは呼ばれて嬉しくない「あだ名」だったり、人からつけられる「レッテル」だったり・・・というイメージを持っている方も多いように思います。

そういう意味で、「自分が呼ばれたい」ニックネームを「自分で」つけた経験がない方は、一瞬困惑されるのも無理はないかなあと思います。

しかし、丁寧にその主旨を説明すると、多くの方はすぐに自分のニックネームを考え始められます。

私が担当する講座では
「最後の敬称(さん、ちゃん、くん等)を付けるのかどうかまで、ご自身で決めてくださいね」とお伝えします。
それは講座がスタートする時に、「まず、自分で決定すること」の第1弾としての、大切なお願いでもあるのです。

私たちは、今までいつも、自分のことより人のことを優先し、自分自身がどう感じるかより、人がどう考えどう感じるか。人が自分に何を求めているかにより、自分の行動を決めてきたことはなかったでしょうか。

ここで突然ですが、茨木のり子さんの詩『自分の感受性くらい』をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後の言葉に一瞬ドキッとさせられますが、何事も人に委ねがちで自分が主体であることを忘そうになっている時は、私自身を凛とさせてくれる詩です。

私たち個人の中でおきている様々なことは、その人個人に原因があるだけではもちろんありません。「人は社会化されている」というように、社会の問題と結びついているのは言うまでもありませんが、自分の心構えとして、こうありたいと私は思います。

「自分を大切にし、そして相手を大切にする」アサーティブコミュニケーションでは、まず自分がどう感じているのか、相手にどうして欲しいと思っているのかが主軸にあり、それが本当に大切だから相手に伝えていく。そして、相手も自分と同じように、ご自身を大切な存在であると思っている人だから、互いに尊重しあうことが重要になってくるのです。

講座では、そんなことをみなさんと共に学び合いたいと思っています。どんなことをするのだろうと思われている方は、どうぞ、各講座のご案内ページをご覧ください。みなさんのご参加を心からお待ちしています。

アイコン
フレームアンダー

料理が教えてくれた自己信頼の回復法

カテゴリー:竹崎かずみ

2016/01/21

フレームトップ
koredeiinoda_seo_gohan.jpgこんにちは。アサーティブジャパン専属講師の竹崎かずみです。

最近とてもステキな一冊の本に出会いました。
これでいいのだ!瀬尾ごはん」(瀬尾幸子著 ちくま書店)という料理本です。

目次にはこんなタイトルが。(以下一部抜粋)
  「家のご飯はこれでいいのだ」
  「手に負える料理は必ずある」
  「自分のおいしいは誰にも否定できない」
  「自分で考える力をつける」
  「頑張って作る料理は、体と心をくたびれさせる」

「料理をする。
少し前まであたりまえにしていたことが、今は、やるぞ!と決意しなきゃできないことになっているようです。
料理をするなら、ちゃんとしなくちゃ、って思うから。
料理をすることがいつのまにか、頑張らなければならないことになっているのは大間違い!
日々のご飯は、手のかからない「なんてことない」料理でいい」
         (「これでいいのだ!瀬尾ごはん」より)

そんな出だしから、「レストランのような料理でなくていい、人と比べなくていいし、自分の心や身体が喜びそうな食事でOK!」という内容です。

その文章を読んだ時「まるで私のことみたい」と、ふっと肩の力が抜けました。

何を隠そう、私は料理に苦手意識があります。
自分がお肉を食べられないのでレパートリーが少ないというのも大きな理由ですが、それでも菜食の自分やお肉大好きな家族が満足できるよう、何冊も料理本を読んではチャレンジしてはいるものの、努力や工夫を重ねるたびに結果(味)は悲惨になる・・・という失敗をくり返して、私はすっかり自信を失っていました。

でもこの本を読んだ時に、落ち込み気味だった自己信頼感が回復していくのを感じました。
料理の本なのに、アサーティブとの共通点を感じたのです。

「自分の手に負える料理から、チャンレンジする」
   →「コミュニケーションも、ちょっとした小さなできるところからチャレンジする」
「おいしいに正解はない」
   →「コミュニケーションの取り方に『こうであらねば!』という正解はない」

料理もコミュニケーションも「もっと頑張らなくちゃ」「こうあるべき」ではなく、
自分の心や体からのメッセージに耳を傾け「私はどうしたいのか」を大切にして、自分で考える力をつけていくことが大切ですね。

その日は、いつもより何倍も楽しく料理ができた夜でした。

アイコン
フレームアンダー

あらためて『人をほめる』ということ

カテゴリー:谷澤久美子

2015/12/15

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師谷澤久美子です。

少し前に、基礎講座のテキストに載っている「アサーティブ・チェックリスト」を自分のためにチェックしてみました。
そして、驚きました。
初めて基礎編を受けて以来、
いつでも、どこでも、このチェックリストにトライする時は、
必ず「5」を、多分疑いもなく、堂々とつけていた「人をほめることができる」。
これが「3,5」だったんです。

恥ずかしいし、トレーナーとして言いにくいのですが、
今までは、「人をほめること」を「得意」と思い込んでいたと思います。

冷静に自分を振り返ってみると、
私が「ほめることができる」方は、
① 好きな方や、価値観や考え方、方法論が似ている方、関係を大事にしたい方
② 肯定的なメッセージを伝える必要があるなと思った方
だったなと、気付いてしまいました。
こんなふうに言語化すると、なんだか、自分のいやらしい一面を明らかにしてしまったようで愕然。

愕然ついでに告白してしまうと、
一緒に住む義理の父が、
ポルトガル旅行から帰り、旅先で買ってきたメッシのユニフォームを着ていた時、すごく似合ってたしかっこよかったけど、それをまるで見えてないようにふるまったりしました。
それは多分「いつも食事の世話をしてあげているんだから」とか、「いろいろできないっていう体(てい)なのに、そういうことはちゃっかりとする」という考えがあったと思うんです。(←これを言葉にするのは、かなり勇気がいりました)

深く振りかえってみると、
私はどうやら、
苦手な方、してほしくない指示を出す方などに対しても、ほめ言葉を伝えていないことが多かったようです。
素敵だな、かっこいいな、真似したいなと思ったとしても、
見なかったこと、知らなかったことにしたこと、あったんですよね。

おお!「対等」の大切さを伝えている私が、それいいのか!!!

しかし人間って、たいしたものだと思います。こうやって意識した途端、それをやりそうになると、「待った!」がかかるんですね、自分自身に。そして「ほんとにそれでいいの?」というアサーティブの女神の声がきこえてきます。

おかげ様で、再チェック以来、胸をはって「対等」を伝えられるようにとぼちぼちチャレンジしております。

つい先日、義理の父に「お父さん、ダンディーですね」と言うと、にっこり。最近彼はベストを着てるんです。半袖のカットソーの上に、えんじ色のベスト。これが似合うんです。で、言ってくれました、「おまえ、メガネを変えたな。似合うぞ」と。

あ〜アサーティブ道は続きます。

アイコン
フレームアンダー
  1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る