HOMEアサーティブを深めたい > トレーナーブログ

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

気になることは、自分の中にしまい込まずに言葉にしてみる

カテゴリー:谷水美香

2016/07/14

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の谷水美香です。

この4月からお料理教室に通い始めました。
料理の内容に興味があるのは当然ですが、そこで一緒に学ぶ人たちとのコミュニケーションもとても興味深いものがあります。

ある日のこと。後片付けの時間に、洗った食器を私が拭き、Aさんがそれを戸棚にしまう作業をしていた時のことです。

AさんがBさんに目配せし、食器を指して少し困った顔をされました。
それを、とっさに察知した私。

私:    「拭けてないですか?」
Aさん:(少し申し訳なさそうに)「私も以前小さな布巾を持って来ていたのだけど、どうやら間にあわないので、普通のタオルにしているの〜。コレ使う?」
私:    (明るく)「ありがとうございます。お借りします!」

どうやら私が拭いた食器は、拭きが足りなかったらしく、少し食器に拭きあとが残っていたようでした。私の持っている布巾が、水をあまり吸わない状態になっていたためでしたが、感覚の違いもあり、自分では許容範囲内でしたので、気にも止めていませんでした。(苦笑)

この一連の出来事で、ちょっとしたコミュニケーションについて考えました。

Aさんは、注意をすることになるのが言いにくかったようで、私から「拭けてないですか?」と声を掛けなかったら、この状況を知ることなく、私は同じことをこれ以後も繰り返していただろうと思います。
またAさんとBさんのやりとりを見てはいても、あの場で何もきかずに言葉をのみ込んでいたら、2人をなんだか嫌な雰囲気の人と決めつけていたかもしれません。

何か起きているけれど、「わからない」と思った時にすぐ、アサーティブに訊ねることができて良かったと思いました。

気になることは、自分の中にしまい込むのではなく外に出すこと。わからないことは訊ねること。何か違うな〜〜なんて思ったら率直に言語化することで、相手と対話ができ、その後の結果も全く違ってきます。

このことがあってから私は、薄い布巾ではなくタオルを食器拭き用に持参し、しっかり水滴を拭うことができていますし、人間関係にストレスを溜めることなく、楽しく教室に通っています。

日常のほんの些細なことから齟齬が生じ、それがストレスとなってしまうことは、このように身近なところにあります。
小さなストレスを積み重ねないためにも、率直に伝えるアサーティブなコミュニケーションは本当に役立つとしみじみ感じました。

アイコン
フレームアンダー

察する力と質問する力

カテゴリー:谷澤久美子

2016/06/24

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師谷澤久美子です。

先日、休みの日に転んで怪我をしてしまいました。
当番医でレントゲンを撮ってもらった結果、左手薬指が脱臼しているとのことで、総合病院の救急で受診するよう紹介を受けました。

18時半に受付を済ませた後も、左手はどんどん腫れてきます。
薬指が中指の方に大きく曲がり、グロテスク...しかし19時になっても19時半になっても診察してもらえません。

私のあとで受付された方が、どんどん診察室に呼ばれます。

私はだんだん不安になりました。
思い切って受付の方にうかがうと、
「もうすこしお待ちください」とのこと。

私 : 「もう少しというのは、だいたいあと何分くらいでしょうか?」
受付の方 : 「それははっきりとは言えないんです。申し訳ありません」
私 : 「私より後に受付された方が名前を呼ばれるので、受付していただいてるかどうか心配になってしまったんですが、名前はありますか?」
受付の方 : 「はい、それは大丈夫です。専門医が診察室に入る順でお呼びしているので、順番が後先になるんです。ただいま、整形外科の専門医が救急車で入って来られた方の処置をしてまして、手が空いたらすぐに診察室に入ります。そしたらお呼びしますので。お待ちください」

私は待つ訳が分かりホッとしました。

受付の方に質問する前は、心の中で、(私のこと忘れてるんじゃないでしょうね)と勝手に相手を責めたり、不注意で転んでしまった自分を責めたりと落ち着かなかったのですが、質問をして相手の事情が分かった途端(こうなったら、腰を落ち着けて待とうじゃないの)と考えました。

アサーティブトレーニングのステップアップ講座まで進まれた方は、相手に問いかける質問の練習をします。察する力も大事だけど、質問する力をつけておくのも、本当に大事ですよね。

結局診てもらえたのは22時15分。待つ間何台もの救急車が来ました。

私 : 「先生、何台も救急車来て、大変でしたね」
医者 :  「とはいえ、長い時間お待たせしてすみませんでした」
私 :  「いやあ、待ってる間、脱臼ごときで先生の大事な時間を使ってもらうこと、だんだん申し訳ない気持ちにもなってたんですよ。」
医者 :  「脱臼ごときじゃないですよ。谷澤さんの大切な指じゃないですか。脱臼はそのままにしておいて治るものじゃないので、こうして来ていただいて治療できて、良かったですよ。」
私 :  「ありがとうございます」

左薬指の3つ目の関節が大きく外れ中指の関節の方に寄ってしまっていたものを、2人がかりで元に戻していただきました。そりゃ痛かったけど、なんだか最後は笑顔!

受付の方にも、詳しく説明をしていただいたおかげで落ち着けたお礼も言えて暖かい気持ちで帰宅したのです。

アイコン
フレームアンダー

アサーティブの小さな実

カテゴリー:中野満知子

2016/04/18

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の中野満知子です。

1年前のある日のこと。店頭にただ一つ売れ残り、半額以下になっていたので買ってきたピーマンの苗を、雑多に花の鉢やプランターが並ぶベランダの、あいたひとつの鉢に、その苗を植えてみました。

買ってきたのは梅雨入り前。雨が続けば、根ぐされするかな?と乾いたところへ移し替え、猛暑の夏にはたっぷり水やり。でもなかなか実をつけてくれず、ひょっとしてこれは半額だったから...?とか、最初からダメな物を買っちゃったせい...?と、だんだんあきらめの気分が大きくなっていきました。

pmana_small.jpgそれが秋の気配が漂い出したある日、やっと小さな実をつけたのです。

思わず心の中で「やった―!」と叫び、その後も毎日静かに水やりを続けた結果、その実はだんだん大きくなり、ついに店頭で売られているくらいの大きさになっていきました。

じゅうぶんに大きくなったそのピーマンは、茎から採るのにも力がいるほど固く、実はびっくりするくらい肉厚! 原種はトウガラシかも?と感じるほどに辛みもあって、ほんとうに味があります。

大げさだけど、これほどにピーマンを愛おしくおいしく味わったのはかつてないほどのこと。

たかがピーマンのことで大げさだと家族には笑われたけど、私の中では大きな大きな出来事でした。まるでこれまでの人生を圧縮したような気がしたからです。

かつて家族がバラバラで互いに気持ちが通じ合わず、どうしたらよいのだろうと葛藤していた時期がありました。それが、今ではこんなに楽しくひとつの食卓で笑い合える日を迎えているのです。

pman_large.jpgかつて、アサーティブが通じない相手についカッとなったり、自分の中のむなしさを抑え込んで明るくふるまったり、どう見てもそれアサーティブじゃないよという自分のふるまいに自分自身が苦しんだり...。

アサーティブの伝え手として、私自身が本当にアサーティブなのだろうかと葛藤する日々は、昔も今もかわらず続いています。

それでもあきらめずに水をやり、猛烈な暑さに日陰を作り、繰り返し繰り返しアサーティブの花を咲かせれば、きっと大きな実は実るのだと信じること。そして小さな実が実ったからこそ、たったひとつのピーマンで笑いあえる家族と食卓を囲める今の自分がいるのだから、あきらめずに少しずつ、アサーティブの可能性を明日も伝えていきたいと、気合の入った私がいます。



アイコン
フレームアンダー

相手の態度がどうであれ

カテゴリー:桜沢信江

2016/03/23

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の桜沢信江です。

先日友人と二人で、お互いの誕生日を祝う会と称して、いつもより少しだけ高級なレストランで食事をしました。

「いらっしゃいませ」と迎えて下さった方は、おそらく20代後半~30代前半の女性、ところが彼女に笑顔はなく、ちょっと怖い感じ、真剣そのものという様相だったので、友人は席に着くなり私に「予約時間に遅れてないよね」と心配そうに話しかけてきました。

アサーティブを知らない頃の私なら「遅れてないよ、まったくもっと愛想よくしてほしいよね」と言っていたと思います。が、その時は「このレストラン少し高級だし失礼のないようにって緊張してるのかもよ、一生懸命なのかもしれないね」と笑って友人に話しました。友人も笑って頷いていました。

その後、又々真顔でオーダーを取りに来た彼女に、私たちは「どれも美味しそうで迷っています、お勧めは何ですか?あなたはどのメニューが好きですか?」と気軽に話しかけ、食べた後には「ほんと美味しいですね」と笑顔で話しかけていたところ、彼女の表情は徐々に和らぎ笑顔が見られるようになりました。

帰り際に「色々とアドバイスしてもらえたおかげで美味しくいただけました」と伝えると「そう言って下さると救われた思いです。まだまだ至らない所だらけで申し訳ございません。またのご来店を心よりお待ち申し上げております」と笑顔で応えてくれて。「その素敵な笑顔でこれからも頑張ってください」と伝え友人と満たされた気持ちで帰りました。

もちろん接客のプロとしてはどうなのか、という意見もあるでしょう。
それは承知の上で、今回は相手の態度がどうであれ「自分はどうしたいのか」に焦点を置き、対等な態度で率直に表現していくことで、相手に何かしらの変化がおこることもあることを友人と共有できた有意義な時間でした。

アイコン
フレームアンダー

自分が呼ばれたい名前を『自分で決める』ということ

カテゴリー:谷水美香

2016/02/23

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の谷水美香です。

アサーティブジャパン主催の講座にご参加いただいた方はご存知ですが、講座内ではお互いに(講師も含めて)、ニックネームで呼び合います。

講座が始まり間もなくして、
「ここでは自分が呼ばれて嬉しい呼び名を"ニックネーム"とします。
人から付けてもらうのではなく自分で付けてもらいたいのです」
とお伝えすると、早速考え始められる方と、
「えつ!?そう言われても・・・」
と困られる方と、反応としては大きく2つに分かれます。

この「ニックネーム」ですが、人によっては「あだ名」という認識があり、それは呼ばれて嬉しくない「あだ名」だったり、人からつけられる「レッテル」だったり・・・というイメージを持っている方も多いように思います。

そういう意味で、「自分が呼ばれたい」ニックネームを「自分で」つけた経験がない方は、一瞬困惑されるのも無理はないかなあと思います。

しかし、丁寧にその主旨を説明すると、多くの方はすぐに自分のニックネームを考え始められます。

私が担当する講座では
「最後の敬称(さん、ちゃん、くん等)を付けるのかどうかまで、ご自身で決めてくださいね」とお伝えします。
それは講座がスタートする時に、「まず、自分で決定すること」の第1弾としての、大切なお願いでもあるのです。

私たちは、今までいつも、自分のことより人のことを優先し、自分自身がどう感じるかより、人がどう考えどう感じるか。人が自分に何を求めているかにより、自分の行動を決めてきたことはなかったでしょうか。

ここで突然ですが、茨木のり子さんの詩『自分の感受性くらい』をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後の言葉に一瞬ドキッとさせられますが、何事も人に委ねがちで自分が主体であることを忘そうになっている時は、私自身を凛とさせてくれる詩です。

私たち個人の中でおきている様々なことは、その人個人に原因があるだけではもちろんありません。「人は社会化されている」というように、社会の問題と結びついているのは言うまでもありませんが、自分の心構えとして、こうありたいと私は思います。

「自分を大切にし、そして相手を大切にする」アサーティブコミュニケーションでは、まず自分がどう感じているのか、相手にどうして欲しいと思っているのかが主軸にあり、それが本当に大切だから相手に伝えていく。そして、相手も自分と同じように、ご自身を大切な存在であると思っている人だから、互いに尊重しあうことが重要になってくるのです。

講座では、そんなことをみなさんと共に学び合いたいと思っています。どんなことをするのだろうと思われている方は、どうぞ、各講座のご案内ページをご覧ください。みなさんのご参加を心からお待ちしています。

アイコン
フレームアンダー
  1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る