HOMEアサーティブを深めたいトレーナーブログ > 堀田美保

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

夏の終わりに ~人を近づけるコミュニケーション~

カテゴリー:堀田美保

2014.08.27

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の堀田美保です。

お盆も終わり、赤とんぼが飛び交う季節となりました。

みなさん、今年の夏は花火大会にはいかれましたか?
夜空に広がる大輪の光は夏の風物詩ですね。

ぼんやりと空を眺める時間、私も大好きですが、
実は、もっと大好きなのは線香花火。

大輪の花火が真夏のものなら、線香花火は夏の終わりのもの、でしょうか。

先日、昔ながらの線香花火にこだわる職人さんの話をテレビでみかけました。
火薬、それを包む紙、それを染める染料、どれにも強いこだわりが見られます。

    どうして、線香花火なんですか?

という問いに

    他の花火は、「危ないから離れて、離れて」となるのですが,
    線香花火は、人を近づける花火なんです。

        風で消えてしまわないように、肩を寄せあったり
        先にできた玉の行方をみんなで見守る

    そんな、〆の花火なんです。

なるほど! 確かにそうだ、と、感動してしまいました。

ドッカン、ドッカンと派手ではないですが、
小さなオレンジの玉は、しっかりと美しい「牡丹」「松葉」や「菊」を咲かせます。

大きな花火に比べると、線香花火の火はほんとうに小さく、はかなげにも見えますが、
うるうると震えるようなオレンジの玉は、決して弱々しくはなく、むしろ力強さが伝わってきます。
その凛とした光に人は引き寄せられるのですね。

声高な自己主張ではなくても、最後までしっかりと伝えてみる。
       人々がそれに耳を傾け、知恵を出し合うために、歩み寄る。

アサーティブは、線香花火のイメージに近いのかもしれないな、
       と、ふと感じたりしました。

そろそろ夏も終わり、線香花火の季節かも。
ちょっと高めではありますが、こだわりの線香花火、いかがでしょうか。

senkouhanabi_tokimasa.jpg
(写真:筒井時正玩具花火製造所ホームページより)

アイコン
フレームアンダー

人生の夢リスト

カテゴリー:堀田美保

2014.05.15

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の堀田美保です。

以下の数字は、あるアンケートへの中高校生からの回答です。

    選択肢        比率
    60歳くらい    10.7%
    70歳くらい    20.5%
    80歳くらい    34.0%
    90歳くらい    18.8%
    100歳以上    15.9%

アンケートの問いは、なんだかわかりますか?

    「あなたは何歳まで生きたいと思いますか」です。

これを見た瞬間、違和感を感じました。

    中高生にこれを問う意図はなんだったんだろう
    こんな問いを中高生に放り投げて、その後どうしたんだろう

と、そもそも設問自体に戸惑いました。
この問いは裏返せば「あなたは,何歳で死にたいですか」ということです。

そして、それ以上に、私の中で何ともやるせない思いが湧き上がってきました。

    どうして、60歳、70歳、80歳なの? 
    できるだけ長生きしたい、とはみんな思わないんだ...と。

そこには,中高生から見た「高齢者」「加齢」というものが反映されているように思います.年をとれば「幸せではない」「死んだ方がいい」といったことなのでしょうか。

これは、何も中高生に限ったことではなく、おそらく私たちの社会でそんなイメージを持っている人は少なくはないでしょう。「サクセスフル・エイジング」という言葉が使われるようになってしばらく経ちますが、どうやらそれは社会では実感されるまでには至っていないようです。

年を重ねるにつれて、もちろん、身体的な機能や認知的な機能は弱ってきます。俊敏な動きや筋力、視力や聴力、記憶力など、低下していくことはいくつもあります。でも、精神的機能や社会的機能は、必ずしもそうではないはずです。賢さや穏やかさ、人とのつながり、あるいは、いろいろな縛りからの解放感、自己信頼、そして愛情や幸せといったものは、増えていくことだってあるはずです。でも、今、そう感じることが難しい社会なのでしょう。

「年を重ねる」「老いを生きる」という問題に対して、私たちが伝えている、アサーティブなコミュニケーション、アサーティブな生き方はどんな力になるのでしょうか。

「らしさ」やステレオタイプなどから自由になり、主体的に生きていくこと、自分の時間を大切にすること、自己を尊重し、他者を愛せること、お互いを大切にした関係を作ること、そのための1つの道具として、アサーティブネスは私たちを支えてくれる、そんな気がしています。

その答えに確信を持てるようになるには、まだこれからですが...。

でも、その予感を持ちながら毎日を過ごし、その連続である人生を進めたらな、と思います。

    60歳になったら!
        70歳になったら!
            80歳になったら!

    あれをしよう、これをしよう、あんな風になっていたい。

今から「人生の夢リスト」を描いてみようと思います。

アイコン
フレームアンダー

「俯瞰(ふかん)する視点」 ―トレーナー研修より―

カテゴリー:堀田美保

2013.03.18

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の堀田美保です。

先日、アサーティブトレーナー対象のフォローアップ研修に参加してきました。
毎回様々なテーマでスキルアップに取り組むのですが、今回のメインテーマは、体を使って表現することを通じて、身の回りにある問題を考えてみようというものです。

6人程度のグループで「変えたいと思っていること」を出し合い、その中からテーマを1つ選びます。
社会のこと、自分のこと、なんでもOKです。

手順は以下の通り。

(1)問題のショット作り
そのテーマについての現状を「写真で切り取る」とどんな光景になるか、グループメンバーで表現します。

たとえば,「会社でのパワハラ」という問題だと、
     ある日のオフィス
     課長が,新人のAさんを呼びつけて罵詈雑言を浴びせ叱り飛ばしている
     離れたデスクでは同僚がビクビク。でも知らないふり

その瞬間をみんなで表現します。

(2)解決のショット作り
そのことが解決されたときには、どんな風になっていて欲しいのか、やはり、同じように表現します。

     課のみんなが,円陣を組んで肩を抱き合い
     「がんばろー!」と一丸になっている

(3)過程のショット作り
(1)から(2)に至ったのは、どんなことが起きたからか、を表現します。

     同僚が薦めてくれた社内のコーディネーターが間に入り、
     課長と新人Aさんが,話し合いの場をもっている
     課長が言い過ぎたという気持ちを持ち始めた。解決に向けての第一歩
     部署では同僚が心配して、そわそわ

(1)から(3)を順に作り発表していきます。

誰が、どこにいて、どんな表情でいるか、どんなことを感じていて、何を言うか、
メンバーで、あーでもない、こーでもないと、細かなところまで決めていきます。
いろいろな案が飛び交い、作業自体とても楽しいものですが、楽しいだけではなく、多くの気づきがありました。

中でも、最大の気づきは、

        1つの問題には、多くの人がからんでいる

ということ。

私達が何かをなんとかしたいと思うとき、どうしても,「問題の人」を思い浮かべ、
その人に怒りを感じたり、変わってほしいという要求をつきつけたりします。
アサーティブ・トレーニングでは、通常、誰か特定の人に対するコミュニケーション、つまり1対1の対話を練習するので、どうしても自分とその相手に意識が集中します。

でも、このワークでは、グループメンバー全員が何かの役をする、というルールがあるために、
いくつもの役を考えなければなりません。
つまり、当事者以外の存在に意識を促されます。

たとえば、パワハラは課長と新人Aさんだけの問題ではなく、
        見て見ぬふりをする同僚B、C
        課長のやり方に賛同するおつきの部下D
        課長にノルマを強いる上司E         など、

多くの人が絡んで成立している現状であることに気がつきます。
それは、解決や過程のショットでも同じです。
それぞれの人に、何かできること、やらねばならないことがあるのです。

この「過程のショット作り」では、パワハラに直接的間接的に関わった多くの人たちが、それぞれどんなアクションを起こすことによって解決に結びつくことができるのか、を真剣に議論し表現しました。

アサーティブ・トレーニングの中で、自分に向き合う時は、主に、
対象に近寄り五感を活用してじっくり見つけ出す、いわば「虫の目」。

このワークショップでは、主に、
高い所からより広い範囲を俯瞰し、さまざまな場所や状況に視界を広げる 「鳥の目」。

この2つの目、両方が問題をとらえ、解決を探るには不可欠である。
そんなことを改めて確認した週末でした。

ちなみにビジネスでは、
     世の中の流行や時間の流れを感じとる「魚の目」や、
     固定観念から抜け出て物事を反対から見る「コウモリの目」なんていうのも、
     重要とか!

いろいろな目が使えることは有用そうですね。


※なお、このワークショップはthe Philippine Educational Theater Association (PETA) によるプログラムにヒントを得て行われたものです。アサーティブジャパンではPETAとの交流があり、これまでフィリピンより二度トレーナーを招いてワークショップを開催した実績があります。

アイコン
フレームアンダー

「新型うつ」の裏側に・・・

カテゴリー:堀田美保

2012.10.23

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の堀田美保(みほ)です。

「新型うつ」ってご存知ですか?
最近、多くの企業にとって悩ましい問題としてとりあげられています。

従来のうつ病は
    ストレスや長時間労働が原因で
    引きこもってしまったりやる気を喪失してしまい
    活動レベルが下がってしまう
    不眠や食欲減退
こんな一連の症状を示す病名です。
そしてそんな風になってしまった自分を責めるといった自責傾向が典型的とされています。
特に「真面目だったり、頑張り屋さん」な人に起きやすいと言われています。

これに対して「新型うつ」とは
    仕事に対する活動性は下がってしまうが、それ以外のことはできる
    (たとえば、休職中に、海外旅行やライブにでかけるなど)
    過食や過眠
そして「そんな風になってしまったのは周囲の責任だ」と考える他罰傾向が特徴と言われています。

つまり仕事はできないけど自分の趣味などなら元気だし、仕事ができなくなってしまったのは職場のせい、上司や同僚のせいと考えてしまうというもの。
これって「わがまま」「甘え」と思われることもしばしば・・・専門家の間でさえ「病気」とするのか「性格的傾向」とするのか、議論の分かれるところです。

この「新型うつ」に関心を持っていろんなケースを見ているうちにわかってきたことは、なんでも周りのせいにする一見傲慢で自己中心的な態度は、実は「自己肯定感」の低さから来ているらしいということ。

症状が始まるきっかけの多くは「職場で叱られた」ということ。
叱った人にすれば仕事上の注意なのだが、本人には非常に理不尽なものと感じられて傷ついてしまい、脅威に思えるらしい。

もしかしたら自分にとんできた「批判」や「注意」を、丸ごと自分に貼りつけてしまっている状態なのかもしれません。
批判されている内容がほんとうに自分にあてはまるのか、あてはまらないのかを考えてみたり、「批判」や「注意」の中身について相手に具体的に尋ねてみたり、「不当だと思う批判」については自分の考えを相手に伝えてみたり。
そういったことができないがために、批判や注意の言葉に即座に傷つき、相手を憎んでしまうのではないでしょうか。

もしそうであれば、アサーティブな「批判への対処」
は、この問題に貢献できるのではないかな、と考えたりしています。

たとえばそれは、批判と自分自身をはっきり分けて考え、相手の言葉を受けとめる力。そして自分の気持ちや考えを適切に伝える力。さらに自分への批判を問題解決や自分の成長につなげていける力。
それらの力が身につくことで、少々のことを言われたとしても、自分や相手を責める方向ではなく、自己信頼感(自己肯定感)が育っていく方向に進めるのではないかと思っています。

アイコン
フレームアンダー

心の余裕

カテゴリー:堀田美保

2012.08.23

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の堀田美保(みほ)です。

1年で一番、暑い、熱い時期ですね。
ここ徳島では、阿波踊りの本番が近付いてきて、なんとなくみんなソワソワしています。

さて、今日はこの間学生さんたちと盛り上がった話。

● スカートに糸くずがついていたので、とってくれたんだけど、それって裾のまつり縫いの糸でスカートがおりちゃった。
● 休んでいた授業のノートを友だちが貸してくれたけど、内容が間違っていて、それが試験に出てばってんをくらった。
● 人間関係で悩んでいるときに、先輩が話をきいてあげるとご飯に誘ってくれたが、アドバイスの嵐でぐったり疲れてしまった。
●  友人の家を出る時、おばちゃんが「遠慮しないでもっていき」と傘を貸してくれた。ショッキングピンクのハイビスカス模様の傘ではずかしかった。
● 口内炎でしみると思って、せっかく冷ましておいたスープを電子レンジで「チン」された。
● 試験の前日になるのでバイトのシフトの変更を店長に言い出せないでいるときに、同僚が気の毒に思って店長に「休みたいそうです」と伝えといてくれたのだが、理由をきかれ「たぶんデートだと思います」と言ったらしく、店長に叱られてしまった。

これって何の話かわかりますか?

答えは「ありがた迷惑」

本人は「よかれ」と思ってしてくれているんだろうけど、結果的には困った事態になってしまうこと。
    
    「ある、ある!」
    「うわぁ~、サイアク~~!」
    「それってほんと困るよね~」

とみんなでうなづきながら、次々と例がでてきました。

ところが、盛り上がっている中、私の中では、ふと「してもらう立場」から「する立場」へと頭が切り替わっていきました。

上で出てきたようなことに遭遇したとき、私たちが取り出すのは「困った」「むっとした」「やれやれと疲れた」など、結果についてのマイナスの感情がほとんどですよね。
それらは、場合によっては「あの人はおせっかいだ」「分かっていない人」など、その人に対する評価もマイナスになってしまうこともあります。

でも、「ありがた迷惑」って、後半の「迷惑」だけではなく、やはり前半の「ありがたい」も含まれている言葉です。

    「ありがたいけど、迷惑だ」
だけど、
    「迷惑だけど、ありがたい」

でもあるはずですね。

    「よかれと思ってくれたこと」
    「心配してくれたこと」
    「なんとかしてあげたいと思ってくれたこと」

そんな相手の気持ちに対しても、少し反応できれば、最終的に私たちが抱く感情や相手への評価や、その次に私たちがとる行動も変わってくるように思います。

「ありがた迷惑」をありがたいと思える、ちょっとした心の余裕ができればいいですね。

 アイコン
フレームアンダー
  1 / 2 / 3 / 4  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る